14

アフリカに行く

<br /> TitleDPNY.jpg

***

先週カールくんがアフリカに旅立った。
アフリカの医学生に彼の専門の医療を講義するためである。

アフリカに友達が滞在している!
ということは、これからの人生ないかもしれない!
またカールくんも遊びにおいで〜と言われたので、この機会を逃すわけにはいかない!
ということで、今晩、ニューヨークを発ち、約3週間、アフリカに行く。

***

アフリカについて(wikipediaからの転載)

世界全体の22.3%を占めるが、人口は8億5,000万人で、世界人口比では13.7%を占めるに過ぎない。現在は53の独立国によって形成されている。

余談だが、中華人民共和国の人民の方々の方が5億人も多い。さすが中国!!

***

アフリカと言っても広大で、53の独立国がある。
カールくんはエチオピアの大学の医学部で教鞭を執る。
最初にエチオピアにカールくんを訪ね、それからタンザニアにカールくんと一緒に行く。

ハロウィンでは女装してして春麗になり、クラブでは踊りまくるカールくんだが、
実は立派なお医者さまなのだ。

***

千円札にもなっている我が故郷の偉人、野口英世博士は黄熱病研究の途中で、自ら黄熱病にかかり亡くなった。
黄熱病の予防注射を受けることは必須で、先月、既に接種した。
180ドルもしたが、命には代えられない。

マラリアの予防の薬も滞在中に服用しなければならない。

健康面ばかりでなく、外務省の海外安全ホームページを読むと緊張する。
エチオピアも地域によっては外務省から退避勧告や渡航延期が出ているが、
カールくんがいるところは安全ではないが、退避勧告が出るまでではない。

日本人だと目立ってしまうかもしない。
が、私は日本人でも貧乏な日本人なので、私を誘拐しても脅しても何にも出て来ないのだが。

***

エチオピア料理は何度か食べたことがある。
手で食べるのが楽しい。
少々弾力があり茶色薄いクレープのようなものの上におかずがのっていって、クレープのようなものをちぎって、
おかずを包んで食べるのである。
なぜかは分からないが首都ワシントンDCにはエチオピア人の移民が多く、最初のエチオピア料理はDCで食べた。
ニューヨークにも2軒のエチオピアンのレストランに行ったことがある。


手で食べる!本場の味はどうなのだろう!ニューヨークのヘルズ・キッチンのレストランで!

***

アフリカの独立国のひとつ、ウガンダはゲイに対して極刑である死刑に処するという法案が議会に提出されたことがある。
可決はされていないが、現行の法律では終身刑。
アフリカ各国はゲイに対して非常に厳しい。
ゲイだけでなく、なんでも激しい印象がある。

エチオピアではどうなのか?
タンザニアではどうなのか?

フレンドリーではないというのだけは分かるが、どうなのだろう。

ゲイ・クラブが堂々と営業しているはずはなく、YAY!クラビング!というのは全く考えてもいない。

***

直行便はないので、まずドイツに飛び、そこから乗り換えてエビオピアに行く。

アフリカからブログがアップができたらしようと思う。
12月の上旬にはニューヨークには帰ってくる予定なので、もしかしたらそれまでアップできないかもしれない!!
ごめんなさい!!

しばし留守にする!

***

バブリー・チャイナくんからは「Miss you!」というテキストが来た。
帰って来たら会いたいとも書かれて、うきうきしてしまったが、エチオピアとタンザニアの治安を考えると
緊張してドキドキしている。

***

2

あばたもエクボ!情人眼里出西施! LOVE IS BLIND!!

<br /> TitleDPNY.jpg

***

人民ゲイ男子4人(中国語では四个人)と夕食を一緒にする。
大和撫子は私1名!

***

突然ですが、菊楽恵の中国語から学んだこと!!

中国語では人を数えるのに「个」(Simplify)を使う。
「個」がもともとの漢字なのだが、現代の簡体字で「个」になった。
日本語だと「個」は物を数える漢字だが、中国語では人にも使用!
というか、昔の日本人が間違えて、個を抜かして人を数えるようにしたのだと推測!
それとも面倒くさかったのかもしれない。
学者が既に調べているとは思うが・・・。

中国語学習の楽しみのひとつに、日本語と中国語との比較がある。
我々日本人が「どのように漢字を間違って輸入」したかを想像するのが楽しいのだ!
輸入した人々は超優秀で、超エリートもエリートの遣隋使や遣唐使!!
速達も国際宅配便もそれこそ電話もインターネットもない時代で伝達の間に
ぽろりとこぼれてしまったのかもしれない。

***

最近、ご無沙汰だった呉くんも来た!
以前ほど遊ばなくなってしまったので、嫌われてしまったのかなぁ〜と思ったが単に忙しかっただけで、友情を再確認!
私は呉くんの顔も姿形も大好きで、彼を見ると幸せになる♥♥♥♥

呉くんの他に、ジャッキー、彼のデートの相手の中国人大学院生、そして新バブリー・チャイナくんの4人であ〜る。
ジャッキーのデートの相手は英国オックスフォードの大学院も入学許可されたが
アメリカに学びに来たという秀才くんである。
新バブリー・チャイナくんも秀才だ。
中国のベスト3に入る大学を卒業後、アメリカでは修士号を修了し、ジャッキーは歯科医師を目指しているし、
「私のバブリー・チャイナくん♥♥♥」は奨学金を獲得して留学しているし、みんな超優秀な人民男子だ!

***

アジアで辛いものを食べるのは韓国とタイだけだと思っていた。
それと、中華料理では麻婆豆腐だけが辛いものだと思っていた。

しかし、それは違った!

中華人民共和国では地域によって辛いものを食べるのだ。
バブリー・チャイナくんと知り合い、そして人民ゲイ男子と遊ぶようになって
飲茶は香港生まれのもので、中国人だからみんな飲茶をしたことがあるとは限らないことも知った!!
広大な国土!それに13億の民がいるわけで、ひとつの流行に一斉に行ってしまう日本人の感覚では分かり難い。

今回のディナーは英語ではHot Pot、中国語では火鍋と呼ばれる鍋をチャイナタウンの四川料理店で食べた。
ウキペディアの説明をどうぞ!
(「しゃぶしゃぶ」もやはり中国から来たものなのね!日本はなんでも中国から学んだなぁ〜。)

***

全部、辛いものにすることもできるが辛くないスープとのハーフ・ハーフに。
辛い物が食べられるようになったとはいえ、まだまだ私の胃袋は堪えられない。
これで火鍋は3回目だが、日本の鍋と比べると、やはり中国!ダイナミックで大味で繊細さが全くない!
素材の切り方も鍋道具も全てにおいていい加減!
褒め言葉に聞こえないだろうが、そこが中国の良さであり、私が大好きなところである。


沸騰前の鍋であ〜る!唐辛子が浮いている!病み付きになる味だ!大雑把で繊細のかけらもないダイナミックな鍋!!

***

ところで、火鍋を囲みながら、バブリー・チャイナくんと会った時に、こんなことやあんなことをしたよ〜と
みんなに報告。

四人の人民男子は迷いは全くない100%全員ゲイである。
女子とはキスぐらいはできるが、チクビを吸うのは「絶対できない!!!」とみんな!
しかし、バブリー・チャイナくんはできる(笑)
しかし、彼は私にはっきり言った「ボクはゲイ」だと。

「バイセクシャルなのだろう」とジャッキーは言う。
それに北京では人民女子を連れ込んでメイクアウトをするという事件を起こしている。
が、女子のチクビを吸うことができるが、私独自の比較行動論からいえば、バブリー・チャイナくんはゲイである。

カールくんが言ったのを思い出した。
「男性とセックスをしたいのではなく、男性が男性と恋愛関係を結びたいのがゲイである」。
バブリー・チャイナくんは男子と恋愛関係になりたいはずだ。

先週、ジャッキーとカールくんがデートに忙しく、私は孤独感にさいなんだ時、バブリー・チャイナくんに
「さみしいぃ〜よ〜!孤独だよ〜!みんな遊んでくれないよ〜」とテキストを送った。

すると「ボクはメグミちゃんと一緒にいることができないけど、いつも心は一緒だよ」
という予想もしてない内容のテキストが送られて来て、膠着してしまった。
「いつも心は一緒だよ」って、そんなハートマークが見えるような内容、有り得ない!!!
でも、ゲイガイズは「甘く優しい言葉」を掛けてくれる。
だからだろう。

それとも、中国語をそのまんま訳した英語で、人民の民の間でも割と普通に言うのかもしれないと
みんなに聞いてみたが、「それはないよ!愛の言葉だよ〜」とみんな口を揃えて言う。

***

カールくんはメディカル・スクール時代に同級生の女子が大好きだったという。
友情ではなく、ロマンチックな感情だった。
東南アジアやインドを一緒に旅行をして、一緒の部屋に泊まったが何も性的なことはなかったが、
好き!好き!大好きだったらしい!
彼女の振る舞いが男らしくて惚れたんじゃないかなぁ〜とカールくんは分析していたが、
ゲイガイズだから女子のことを恋愛的に好きにならないわけではないということを証明しているわけだが、
好きになったのは彼女だけで、その後は一切ないという。

***

メールやテキストでは何とでも言える。

しかし、私が過去にメールで書いたことを本人の私はすっかり忘れていたのにもかかわらず、
彼は覚えていてくれているような嬉しい発言も多々あり、ゲイ!で、それに興味があるのは腰を抜かすくらい
歳が離れているという一般的ではない趣向の彼だから、そんな変わり者の彼だから、ロマンチックに私を好き!?!?!?
というのは無きにしも非ずなのかもしれないが・・・。
熟女にとっては嬉しい存在の若者ではあるが・・・(あははは〜)

でも、有り得ない!!

人のセクシャリティーとはどれくらいのバリエーションがあるのだろうか?
それにしてもバブリー・チャイナくんは不可解であ〜る。
彼といるといろいろ考えさせられる。

***

ところで、ジャッキーの新しいデートの相手くんはバブリー・チャイナくんにもちろん会ったことがない。
ジャッキーは「全然かわいくない!不細工!恋しているとあばたもエクボ!!」とバブリー・チャイナくんのことを
いつも言うので、私は赤西仁の写真を見せてから、「彼が★10だとすると、バブリー・チャイナくんは?」
と彼に聞いてみた。
彼は迷わず、★6つ。

ううう〜、やっぱり恋をすると「あばたもエクボなのね〜」と私は苦笑したが、
バブリー・チャイナくんの写真を見ると彼の背後に薔薇の花や星がきらきら〜少女マンガ如く妄想の背景が見えてしまう。

折り合いをつけたはずだった。
でも、やはり、ドキドキさせられるようなテキストをもらうとアドレナリンが再放出してしまう!!
ドドドドーーーーーン!!

ところで、中国語で、あばたもエクボとは、情人眼里出西施という。
ジャッキーから教えてもらった。
西施が四代美女のひとりの名前である。
つまり、恋人には不細工な人でも西施に見えてしまうという意味らしい。
英語ではLOVE IS BLIND。
恋は盲目である。
悪い所が見えない!!

あははは〜〜〜!!!

***

夕食後、新バブリー・チャイナくんのアパートにみんなでお邪魔してまた飲んだ!!
楽しい一夜であった!!

***

みなさま!
1,000回のお祝いメッセージをありがとうございます!
これまで通り、どうぞよろしくお願い致します!

菊楽恵

***

韓国料理ばかり食べていた昨年、そして四川・湖南料理ばかり食べている今日この頃。辛いものばかりずっと食べている。おいしいお寿司が食べた〜〜い!

35

祝1,000回! 「男の子が好きな男の子を好きな女の子」

<br /> TitleDPNY.jpg

***

今日、カールくんのアパートを訪ねた。
そして一緒にカールくんの愛犬の散歩をした。

私達の前を白人男性が横切った。
歩き方は腰を左右に振り、バッグの持ち方も肩からではなく、腕に掛けている。

「うわぁ〜〜、かわいいぃ〜♡♥♡♥」と私は思ったことを口にすぐに出した。
「メグミは本当に根っからのFaghagだよね〜。どこから見ても思いっきりゲイじゃん!!」とカールくん!!
ゲイのカールくんから私は正真正銘のFaghagの太鼓判を頂いた(笑)!!

男子を見るとゲイダーが自然と作動し、ストレートかゲイかを勝手に判断してしまう。

***

バブリー・チャイナくんが泊まった時に、朝、化粧水を使わせて欲しいと言われて、化粧水を渡した。
すると顔に塗る仕草が手慣れたもので女の子そのもの。
私よりは女らしかったのは言うまでもないが、その姿を見てときめいた私。

大抵のゲイガイズは女の子以上に女の子らしい仕草をする。
実は、男性の女性らしい仕草に私はときめいてしまう。

これは子供の頃からで、DNAのひとつがそうさせているのではないかと思う。
ゲイ遺伝子を残すためにストレートの女子が萌えるようにプログラミングされているのではないかというのが私の解釈。
残念ながら私は自然には妊娠できない体。
ルームメイト氏との間に人工授精で子供をと思い、専門医のところに行ったこともあったが・・・。

***

カケル青年から本をいただいた。
Girls Who Like Boys Who Like Boys
訳せば「男の子が好きな男の子を好きな女の子」

ゲイ友を持つストレート女性とストレートの女友達を持つゲイガイズ、数人の「エッセー」のコレクションだ。
サンダンス・チャンネルではリアリティー・ショーとして放映が決まったことも教えてもらった。
「まさにメグミさんのことだと思って」というのがカケル青年がこの本を私にくれる時の言葉だった。
現在、途中まで読んだが、同じFaghagとして共感できる部分が多々ある。

エッセーのひとつに、ファッションについて女友達とは違う方向でポジティヴにしてくれるゲイ友
というのがあった。
私も同感である!
ストレート女子との友情とはまた別のゲイ友との友情。
例えば、私の今年のハロウィンの仮装ルチャ・リブレ(メキシコのプロレス)。
ストレートの女友達は決して積極的に応援してくれない。
口には出さないが「一緒に歩くのが恥ずかしい」や「いい歳をして止めなよ〜」と思っているはずだ。
しかし、ゲイ友は「面白い!!」と背中をガンガン押してくれる。

いろんな友情がある。
私の変な部分を好きで応援してくれるのも友情だと思っている。

私の知っているゲイガイズはみんなたくさんの女の友達を持っている。
ゲイガイズでストレートの男子友達を持っている人は少数派だ。
バブリー・チャイナくんも友達は女子ばかりと言っている。
女性はゲイであることを拒否せず受け入れるし、ファッションに恋愛にグルメに話しが合う。

ストレートの男子は女友達がたくさんいるゲイが羨ましいらしいが、
お互い性欲の対象になってしまうストレートの男子との間の友情もないことはないが難しいとは思う。
このエッセー集にはゲイガイズのストレート女性との友情についても書かれている。


ゲイガイとセックスした女性の話はあるかどうか気になるところだが、今のところまだ出て来ていない!!

***

ところで、この記事で、1,000回を迎える。
丸4年で達成だ!
ブログを始めた時は、ストレート男性とのデートのことを書いていたが、いつの間にかゲイガイズを探し、
出会い、ゲイガイズと友情を築き、2人のゲイガイズに恋に落ちて苦しんだ・・・。
今、思うと、エール大の君も京大ダーリンもストレートではなくゲイだったのではないかと思っている(笑)!!

***

さて、今後、拙ブログはどんな展開になっていくのだろうか?と考えてみた。

「男の子が好きな男の子を好きな女子」を自覚して自覚しているようで
「男の子が好きな男の子を好きな女子」を否定する気持ちは常にある!
ゲイガイズだけが好きなんじゃない!!
正直に言えば、毎日必ず思っている。

このままでは幸せになれないと思うからだ。
私の親友のアドバイス通り、それは私の性(サガ)だと受け入れた方が楽なのかもしれない。
が、抗うのも私の自然な気持ちなので、抵抗しながらもゲイガイズとも仲良くし、
いつか私を慈しんでくれるストレートのMr. Rightに出会う日が来ることを願い、今夜も魔法ノートに書く(笑)。

***

ゲイガイズが好きなため、ブログ開始以来、性的な行動は健康な女性と比較したら皆無に近い。
主に私の脳内(それは妄想と言うが(笑))で、繰り広げられ、ルームメイト氏やバブリー・チャイナくん
のようなゲイに出会うといろいろあったりするわけだが(赤面)。

ストレート男性の激しい排泄欲の対象になるのが怖い。
何がなんでも射精しないと気が済まないという強烈な欲求に対応したいとは思うのだが・・・。

王くんのように一切連絡をくれないという悲しい出来事もあり、
やはりストレートの男性との付き合いは難しいと思う。
肉体的に結ばれたルームメイト氏とメイクアウト以上セックス未満のバブリー・チャイナくんは
共に連絡をくれる。
私を切り捨てたりはしない。

Fagfagの女性には私と同じようにストレート男性に対して怖いと思っている人もいることが
上記のエッセーから分かり安心した。

結局、今後の展開だが、これまでと変わらずでいけたらと思う。
1,000は節目ではあるが、変わらず、気負わず、このままで・・・。
「華麗なニューヨーク!華麗なのはニューヨークだけ。貧乏で情けないニューヨークFaghag物語」は続行ということだ!
しかし、野望は持ち続ける!!

将来、ドラマ化!!!
YAY!!
願えば叶う!!
あはははは〜(今夜も豪快に笑ってみた!!)

***

超大人気のブログではないので読者数は少ないが、実はほぼ毎日一定の人数の方が読んでくださっているのが
数字を見て分かる。
心の支えだ!!
続けて来られたのも読んでくださっている方々がいたからだ。

***

常連コメンテーターの方々、オフ会で会った方々、またコメントはくださらなくても読んでくださっている方々、
無事1,000回を迎えることができました!!
ありがとうございました!

これからもどうぞよろしくお願い致しま〜す!

菊楽恵

***


祝!1,000回!!! 運動は苦手で持久力はなくマラソンなんで絶対無理だが、こんな下らないつまらないブログでも、一応、記事を1,000回書いた!偉業でも誇れることでもないが、ちょっと我ながら感動している!!ジーン!!

12

999回 何度も何度もこの瞬間を夢見ていた。アナタと結ばれる今、この瞬間を!

<br /> TitleDPNY.jpg

***

バブリー・チャイナくんに会った。
2人でミュージカル、CHICAGOを観賞した。

***

☆★☆★突然ですが、菊楽恵のニューヨークお得情報☆★☆★

ミュージカルによって異なるが、Rush Ticketsというのがあり、ボックス・オフィスがオープンする
朝10時に割安でしかもかなり良い席の当日券が販売される。
1人につき2枚まで購入可だ。

Rush Ticketsについては、ウェブサイトでもチェックできるが、
直接劇場に行ってRush Ticketsの有無と値段と販売される曜日を教えてもらう方がいいかもしれない。
その方が確実だ。
Chicagoの場合、土曜日はRush Ticketsは販売されない。その以外の曜日は販売している!

☆★☆★

CHICAGOは初演から既に時間が経っているので、超大人気ではないから、
朝早くから並ばなくてもいいだろうという話を友達から聞いていたが、私は詳細を事前に劇場に出向いて係員に聞いた。
係員は朝の9時15分に来て並べば大丈夫だろうと言われ、当日の朝9時20分に劇場前に行った。

既に男性が1人並んでいた。
私は2番目!
友達と係員の言う通りだった。
これならチケットをゲットできるだろうと確信した通り、税金他込みで
1枚36ドル50セントでオーケストラの席をゲットできた!

***

バブリー・チャイナくんと観劇するため、私は事前に調査!
そして朝早起きして劇場に出向き、チケットをゲットした!!
この行動力は、言うまでもない。
彼が好きだからだ。

***


Chicagoは49丁目とブロードウェイにある劇場で上演中だ!

夜7時半に劇場の近くで待ち合わせる。
久しぶりに会うバブリー・チャイナくん!
痩せている。
ちょっと大人になった。

襟が毛皮のコートを着ていて、かわいいぃ〜〜〜!!!
背が高くて、笑顔がかわいいぃ〜♡♥♡
やっぱり、好きぃ〜〜〜♡♥♡♥♡♥と胸がときめく!!

会った途端、彼は話を始める。
止まらない(笑)!!!

***

ミュージカルの英語は難しい。
またバブリー・チャイナくんはCHICAGOの映画も観ていないし、またCHICAGOは舞台のセットが変わらないし、
衣装も囚人服など着ていないので見た目からストーリーが分かり難い。
バブリー・チャイナくんはうとうとし始めた。
ダンスは素晴らしいし、歌も素晴らしい、女優さんは綺麗だが、ストーリーについていけないから
退屈なのだろう。
私は腕を触って起こした!!

2年前、同郷の人民女子がCHICAGOを観たいと言ったが、チケットが高額で諦めた。
彼女は観劇して他の友達とタイムズ・スクエアをぶらぶらして待っていた。
でも、今回、観る事ができて嬉しい。わざわざチケット取ってくれてありがとう、とバブリー・チャイナくんから
初めて「ありがとう」と言われた。
人民は大和民族と違って「ありがとう」をあまり言わない。
貴重な「ありがとう」だと思った。

***

観劇後、イースト・ビレッジまで歩きたいという彼の要望に49丁目から歩く。
歩きながら、中国語の特訓だった!!

中国語のクラスで私は「是」の発音ができず、会話で「是」の発音になると、
老師もクラスメイトも全員私の方を注目するという恥ずかしい状況であり、
それを話すとバブリー・チャイナくんの特訓が始まった。

「四是四」と「十是十」の発音を特訓!
中国語の言葉遊びだそうだ。
「sì shì sì」(四声+四声+四声)「shí shì shí」(二声+四声+二声)

私の出来が悪く、厳しい特訓で涙が出そうになった(笑)
容赦ない!
人民は怖い!?

***

途中、マジソン・スクエア・パークに寄り、アートの展示に2人で感動する。
この状況って、「友達と会うというよりデート」と一人で興奮するが、
バブリー・チャイナくんのセクシャリティーを考えてしまった。
真相を確かめなければと思う。
どんなタイミングで聞こうか・・・。


人が走っているように見えるライトなのであ〜る!斬新なアイディアに驚くともに感動した!
JIM CAMPBELL: SCATTERED LIGHT。来年の2月まで展示されている。必見である!夜にどうぞ!

***

イースト・ビレッジのある日本食レストランに遅い夕食を食べに行く。
ジャッキーや他のゲイ友も時々行っているので私の名前も顔も知られている。
お店の女子に「うわぁ〜〜〜〜〜〜!!いつも男の人達と一緒だけど、
今夜はさらに超ぉ〜〜〜若い人と一緒ですね〜」と驚かれる。

男の人達とはもちろんゲイガイズだ!!!

「授業参観後の母と息子かな?」と聞いてみる。
一応、受けを狙っての問いだったが、「顔は似てないから親子じゃないですよ〜」と言われ、ちょっとはほっとするが、
年齢差四捨五入して20歳!!それも女が年上の場合は奇妙に映るのだろうな。

***

バブリー・チャイナくんが私のアパートに来た。

大陸で流行っている音楽の話などをしていると、バブリー・チャイナくんが「シャワー浴びないの?」と聞いてきた。
「それってシャワーを浴びて欲しいってこと?」と質問に質問で返した。
「うん。ボクもシャワー浴びるから」
「分かった!もちろん別々にね〜」

***

私が先に済ませて、先にベッドに入っていた。
そしてバブリー・チャイナくんがバスルームから戻って来た。
コンフォート(掛け布団)をめくり、私の隣に滑り込んで来た。
バブリー・チャイナくんは、なんと私を抱きしめた!!

ああああああぁぁぁぁ〜〜〜ん!
きゃぁ〜〜〜!!
そんなぁ〜〜〜〜

彼のセクシャリティーを知っているとはいえ、好きな男性に抱きしめられて、幸せな気分にならない女がいるだろうか?
バブリー・チャイナくんから、こうされる日を私は何度も何度も何度も妄想した!!!

彼のクチビルが私のクチビルを覆い、人民の彼の舌が私の口の中に・・・。
初めて会った時もキスはしているが、酔っていたのでほとんど記憶にない!
記憶のあるキス!
バブリー・チャイナくんの舌はフカヒレの如くおいしい!!

バブリー・チャイナくんは起き上がり、ベットの横のランプの電気を消した。
いやぁ〜!電気を消すっていうことは、もしかして???
私としては消さなくてもじっくりアナタのを間近で見させてくださいの心境だったが(笑)!!!

***

その夜・・・、

私は、とうとう、13億の民のひとりと結ばれた・・・

アナタが私の中に入ってきた瞬間、喜びと快楽が子宮を直撃し、全身に伝導し、涙が溢れた・・・

何度も何度もこの瞬間を夢見ていた。
3月からアナタに出会ってから。
北京でもアナタと結ばれることばかり考えていた。
アナタが人民女子とメイクアウトした時はどんなに辛かったか。
連絡が途絶えた2ヶ月どんなに苦しかったことか。
しかし、この瞬間、アナタと結ばれた今、この瞬間、全ての辛いことや苦しい思いが昇華され、愛おしさに変わった。

赤子のように激しくチクビをむさぼるアナタ!
荒い息づかい!
私の上で激しく動く。
そんなに動いたら、感じ過ぎて失神してしまうぅ〜〜

「ああ〜〜〜ん!バブリー・チャイナくん」

込み上げる快楽に堪えることができず、私はバブリー・チャイナくんの二の腕を掴み、
彼は私の声を消すように私のクチビルを塞ぐ・・・

***

ということは一切なかった!!

セックスはしなかった・・・

というのは真実ではない。
「できない!」というのが本当だ。

お互い無理だと思う。

今後もない!

***

翌日、バブリー・チャイナくんとチャイナタウンに行く。

些細なことで口喧嘩になった。
いつもならバブリー・チャイナくんが私の言う事を聞いていたが、初めての反論だ!!
私も負けない。

この状況に「これってカップル!?!?!?!?」と思った。
友達だったら、「へ〜」で終わることなのに口喧嘩になったからだ。

悲しいやら嬉しいやらやっぱり悲しい〜の複雑な心境だった。
仲良く一緒に同じベッドで睡眠を取ったから親しみが湧いたのだろう。

私は勇気を出して彼のセクシャリティーを前夜、確認していた。

やっぱり・・・
そうなんだ・・・
ふ〜ん(納得)
はぁ〜(ため息)

でも、一方で超年上の私に惹かれる己がいるという。
この点については、本当かどうかは非常に怪しいと思っている。口ではなんとでも言える。

***

対象になる年齢の幅が広い!!
素晴らしい!
人類愛か?
そんな冗談は言ってはいられない。

***

バブリー・チャイナくんはゲイだ。
昨晩、それを初めて私の前で認めた。
それもかなり一般的ではないゲイだ。

女性と性的交渉を持ったことがあるというが、女子とのセックスで身も心も幸せだったとは思えない。

つまり、軍隊や刑務所や昔の禅寺のように女子がいない状況下で、女子の代わりの男子のような存在が
彼にとっての女子なのだ。
もやもやしている女子がバブリー・チャイナくんを積極的に誘ってくるので(北京での人民女子)、
簡単に手に入る性の相手ということなのだと思う。
彼の性指向の相手とは簡単には性的交渉は難しい。
バブリー・チャイナくんが思いっきり自分の性欲をエンジョイできる相手は残念ながら
同じレベルでは性欲を満喫できる相手ではない・・・。

***

恋愛の悩みが、大多数であるストレートでそれも同世代人を好きになった場合、
堂々と公に相談できるが、そうでない場合はひたすら隠して自分ひとりで悩むしかない。

***

私はようやく彼への想いに折り合いをつけることができた。

彼といると大学時代付き合っていたボーイフレンドだと思っていた男子を思い出す。
セックスするまでに1年も掛かり、それもたった1回だけだった。
当時は比較する経験がなかったから分からなかったが、ストレートでは有り得ない性行動だったと
今なら分かる。
ある意味、クローゼットのゲイに私はモテるのだろうか(笑)???

これまでは脳内のケミカル、アドレナリンの分泌過多による「病」だったのだ(笑)。
それにしても一般的でない指向を持つ人と出会った!!
しかも好きになって始終、彼のことを思っていた。
これも私の運命なのだと思った。

バブリー・チャイナくんと地下鉄の駅でハグをして別れた。
今度、いつ会うかは分からない。
会うかもしれないし、二度と会わないかもしれない。

***

今度はどんな一般的ではない指向を持つ人に恋に落ちるのか、我ながら楽しみであ〜る!
ぐっははははははは〜!
(今日も豪快に笑ってみた!)

***

次回はなんと1,000回であ〜る!

***


割安のチケットで観賞できる!ニューヨークのブロードウェイ!

***

思わせぶりなタイトルでごめんなさい!

10

998回 幸せラッシュ!!しかし、私の心はEMPTY (ToT)(ToT)(ToT)

<br /> TitleDPNY.jpg

***

ふとJYJのライヴでのQ&Aを思い出した。

ジェジュンとジュンスはユチョンの髪が薄いことについて言っていたが、ユチョンの髪って薄いのだろうか?
例え、ハゲになったとしてもユチョンは格好いいと思うのだが。
はげネタを言いまくる2人ちょっといただけない!!!


こんな写真しかなくてスミマセン!ユチョン in New York! ジェジュン!髪が薄いって言わないで!!

***

生ジェジュンに会えた(本当は「見た」が正しいのは知っているが、妄想系は許していただきたい)!!
きゃ〜〜!きゃ〜!きゃ〜!
白い肌と立派なBICEPSを見て感動!!!
夢は叶うのね!
いつか「見る」じゃなくって対面できる日、文字通り「会える日を願おう」と思い、
激しく気分が高揚していたのも束の間、現在、ドーーーーーーーンとこれまでにない深いどん底に落ちてしまった!!
山の頂上から落下して、動けずに谷底でうずくまっている状況だ。

****

とっても仲が良かった友達に彼氏ができて、いつも一緒に遊んでいたのに、友達は彼氏中心になってしまい、
遊ぶことも会うこともなくなり、疎遠になっていく・・・
まずは彼氏ができたらから〜が理由だったのが、歳を重ねると結婚して出産して子育てに忙しくなり、
遊ぶことも会うこともなくなっている。

こういうことはアラフォーの人生!何回どころか何十回も経験してきた!
すっかり免疫がついていると思っていたのに、またもや彼氏ができて疎遠になった友を思い、涙しているのである。

***

私は歳だけは取ったがライフスタイルは大学生時代と全く変わっていない!
変わったのは悲しい哉、肌のはりと年齢だけだ!
あはははは〜(豪快に笑い飛ばしてみた(笑))

すっかり一般的な人生スケジュールから逸脱してしまっているので、我が子すらいないのに、
孫の顔は当然のこと見られないわけで、子孫はないまま生き続けるだろう。

そう、だからこそ、思う存分、イケメン男子に心をときめかせ生きて行くのだ!!
ジェジュンをはじめ、かわいい男子に!と決意したのだが、
仲がとっても良い友達に彼氏ができて、疎遠になっていくのはどんな時でもいつでも悲しい。
とても悲しい。

本物ジェジュンを見たことでも埋められない穴が心にぽっかり空いてしまった。

***

話の途中だが、ジュンスの画像をどうぞ!私が撮影したので、小さくて申し訳ない!


ジュンスの髪型!大好き!!

***

韓国人だと思って声を掛けたのはそれこそ運命のいたずらとしか思えない13億の人民のひとり、
バブリー・チャイナくんのことを好きになり、
彼をきっかけに人民の国に興味を持ち、中国語を勉強しているくらいCHINA LOVE(我喜欢中国)になった私は、
以前はそれほど親しくなかった人民ゲイ朋友ジャッキーとここ数ヶ月とても仲良しだった!!
毎日連絡を取り、チャイナタウンによく一緒に出掛けた。

そんな心の友、中国語では朋友のジャッキーに彼氏ができたのだ!

すると途端に連絡がなくなり、「会おうよ〜!ごはん、食べようよ〜」
といつもの如く連絡しても「ごめん!彼と一緒で、これから一緒に帰るから」
とテキストで何度も断られて、お邪魔虫の私は自分から連絡をするのは控えようと思った。
驚くことに先週までは電話もくれて、よく会っていたのだが、先週後半から彼氏ができたのである!
早いっ!

親しい気持ちの他にいわば同類のごとく連帯感と安心感があったのが、時間を掛けてではなく、一気に崩れてしまい、
心の拠り所を失ったようなそんな気分なのだ。

しかも、カールくんにもデートの相手ができて、カールくんからもお誘いはなし。
私から電話しても電話は取ってくれず、「いつ会おうか?」のテキストには返事はなく、
2人とも週末、私と会ってくれなくなった・・・。

***

またヨーハンにも新しい彼氏ができた。
2人で近所のゲイバーによく来るので連絡をくれる。
一緒に飲もうと言われるのはとても嬉しいのだが、
行くと30分ほどで「そろそろ失礼しまぁ〜す」と丁寧な日本語で言われて、2人で一緒に帰ってしまう。
「ええええええええ〜!!もう帰るの??」の心境であるが、付き合い始めたカップルは2人でいたいのである。
この週末にも同じことがあった。

ジャッキーにもカールくんもヨーハンにも相手にされず、
重なる時は同時に重なるようで、みーんな幸せで、一人者の私に付き合ってくれない!!
非常に取り残された気分だ・・・

うーーーーーーーーー

***

せつない・・・
悲しい・・・

***

ゲイ友達が幸せになり、特にジャッキーに彼氏ができたのが、悲しくて、3時間ずっと泣いてしまった。
JYJのコンサートの高揚感が激しかったこともあるのだろう。
反動で、悲しみは倍増である。
カールくんに対しては何度も同じ思いをしているのである意味慣れっこになってしまったので、落胆はしたが、
とっても悲しくはならなかった。
人民ゲイ友ジャッキーを思うと、涙が止まらなかった。

ジェジュンという人がヴァーチャルではなく実在していることについて確認できたのは嬉しかった。
しかし、私だけの妄想の彼氏ではなく、みんなのジェジュンなのが、急に悲しくなってしまった。
でも、一人暮らしのアパートでひとりでDVDを見て画面のジェジュンと目を合わせている方が幸せだ。

・・・と、ジャッキーに彼氏ができたことで、すっかりいじけモードになってしまったのであ〜る!
(客観的に見ると、あはは〜!おかしいね)!!

***

友達なら喜んであげるべきなのだろう。
ここのところ、彼に依存し過ぎていた・・・と反省!

***

いつか私も彼氏ができて、「ごめん!彼といるから忙しくって会えないわ〜」
とゲイ友に言える日がすぐ来ることを祈って998回のブログとする!

***

NYでの感動のオープング、Emptyをどうぞ!!
手ぶれがないので気持ち悪くなりません!
またもや観ながら涙してしまった!!
ジェジュン、格好いいね〜♡♥♡♥

この曲はJYJを代表する曲になるかもね!

9

997回 ユチョンはトリリンガル!今度は汉语の歌をリリースして欲しい!

<br /> TitleDPNY.jpg

***

★☆★☆★JYJライブ・レポートのつづき★☆★☆★

JYJのライブには途中で、ジェジュン、ジュンス、ユチョンへのファンからに答えるというQ&Aのコーナーがあった。
ファンからの質問は既に募集されていたので、会場のファンから直接というわけではなかった。
質問は全て英語で、司会者の女性が韓国語に通訳をした。
ユチョンは英語で答えていた。
アクセントもない素晴らしい英語だった!


子供の頃、アメリカに住んでいたというユチョンの英語は完璧!日本語も話せるし、トリリンガルだ!!おおお〜!素晴らしい!

***

ジェジュンとジュンスは韓国語で答えていたが、その通訳はなし。
大半の観客は歓声を上げたり、笑っていたので韓国語が分かる韓国系なのだろう。
さっぱり分からずだった。

やはりジュンスは面白い!
趣味は何ですか?の質問に「DRIVING」と英語で答えて、会場を沸かせた!

ユチョンとジェジュンは背中に刺青をしているということで、
「ぜひ見せてください」というリクエストにユチョンだけが、ちょっとだけ腰の部分を服をまくって見せてくれた。
「ニューヨークで何か刺青を入れようかなと思っているんです」とユチョン。

既に入れたのか気になるが、後日、雑誌など何かの媒体で入れたかどうかレポートされるといいな。
ジェジュンは刺青をちらりとも見せてはくれなかった。

また「ファンのtwitterは読んでますか?」という質問にジェジュンは「50%は読んでいます!」と正直な答えを。
ジュンスは「できるかぎり読んでいます!」というスターとしての模範解答だったというのを付け加えておこう!
この部分は通訳された!!


ジェジュンもニューヨークで刺青を入れたのかな? 私の近所はたくさんの刺青パーラーがあり、有名店もある。もしかして来たりして!?

***

曲の合間にLAのレコーディング風景や3人からのメッセージのビデオも流れる。
しかし、全部、サブタイトルが韓国語!
英語字幕がない!!
意味が分からず、その点も残念だった。

経費節約だったのだろうか?
全米ツアーなのに、英語の字幕もつけていないって、むむむむむ〜〜!
準備いい加減!!

***

興奮していてメモも取る余裕もなかったので、記憶がいい加減だが、下記の曲がアルバムThe Beginning から唄われた。
しかし、それぞれのソロの曲は披露されなかった。

曲目:
Empty・・・オープング!!これは確か!
Be The One・・・これも確かだ!
Be My Girl
Ayyy Girl

サビの部分が「サラン」という韓国語の曲も。
スミマセン、タイトルが分からない!

ラストの曲はEmpty!!
このアルバムでは一番大好きだ!
ライヴが終了し、Ayyy Girlのミュージック・ビデオが流れる中、会場を出る。


ジェジューーン!今度はいつ会える???また来てね!

***

ジェジュンを好きになって1年と2ヶ月。
ジェジュンからまさかニューヨークに会いに来てくれるとは思いもよらなかったが(スミマセン、妄想系で許して)、
全米デビューするとは全くもって想像すらしていなかった。

英語で唄うのもいいかもしれないが、次は完全・中国語アルバムをリリースするのはどうだろう。
13億人の人民パワー!
世界の人口の五分の一は人民であ〜る!
既に中華人民共和国でも大スターである彼らだ。
北京語の歌で大陸を制覇して欲しいと思った!!

***

ライヴの帰り、ジェジュン、ジュンス、ユチョンが泊まっているホテルの前に行った。
ホテルの前で待つ!ということはしなかったが、せめて同じ場所に立っていたい!というファン心だ。
Twitterで掲載されていた場所だ。


ライヴの時のジュンスの髪型はこの写真の髪型とは違うが、まるでアニメ・キャラみたいで私的には大好きだった!!ジュンスは「いい人オーラ」がステージから出ていた!


何気なく通っていた場所がジェジュンの力で特別になるから不思議だ!!

***

自宅アパートに帰り、眠ったのは午前4時!
ジェジュンの歌を聴く事ができて、本物を見ることができて、興奮して眠れなかった・・・!

今夜はラスベガスでライヴだ!
ファイティン!!!(韓国風だ!)

11

996回 憧れの王子さま、ジェジュンのBiceps(二の腕)はやっぱりセクシーだった♡♥♡♥♡♥ 

<br /> TitleDPNY.jpg

***

JYJライヴ前夜!

私はFACEBOOKでJYJ US TOURのメンバーになっている。
FACEBOOKにまめにアップデイトされるので、いろんな情報を即座に知ることができる。
ご存知の通り、ライヴはビザ申請がアメリカの移民局から却下されて発給されず、
つまり労働許可がおりず、無料になったのである。

席は来た順番で、チケットを持っている人は優先して入れるというお知らせをサイトで読んだ。
並ぶのは朝6時からOKとも書かれており、気合いのあるファンは朝から並ぶんだろうな。

またFACEBOOKでのお知らせでは、ツアーの費用はメンバー全員が負担すると書いてあった。
JYJ MEMBERSと英語であったので、ジェジュン、ジュンス、ユチョンが負担するということなのだろう。
彼らはスターなのでお金持ちだろうが、それにしても個人で負担するのは大変だと思う。
チケット代を寄付しようというアメリカ人のファンの書き込みを読んだ。

東方神起とJYJは、アメリカではアジア系には知られてはいるが、KJ-POP & K-POPというアメリカではおたくなジャンルであり、全米大ヒットを目指すならば先行投資と思えば安いのか、でも、結局、高くつくのか?

***

・ビザ却下!→→→JYJのみなさんは、ただ働き!!しかし、支払いはしなくてはいけない!
・ スターなら有り得ない高級じゃないホテルに宿泊!
・MTV K収録ライヴは年齢制限(アメリカでは明らかに違法!)
・Ayyyy Girlのミュージック・ビデオはアメリカでは知名度のある日本のヴィジアル系を目指しているのだろうかの
メイクアップだが、でもヴィジアル系すらなっておらず、残念ながら彼らの魅力半減!!

以上、ネガティヴ要素がたくさんのJYJ 全米ツアー!

***

しかし、去年の9月、拙ブログの常連コメンテーターのmomoたんから東方神起の存在を教えてもらい、メンバーのひとりの「かわいい」ジェジュンの虜になってしまい、昨年の年末にはソウルまで行き、飛行機では韓国語アクセントの日本語を話すパーサーのアナウンスにジェジュンを思い涙してしまうくらいで、しかも、ニューヨークのジェジュンを探そうと思ったら、半島を通り越して中華人民共和国のバブリー・チャイナくんに出会ってしまい、中国語のクラスを受講しているというかなり真剣に中国語を勉強している毎日で、バブリー・チャイナくんを想って「Stand by U」を毎日聴き、泣き悩む日々を現在も送っているという状況なので、JYJのツアーのネガティヴな要素を書き出したが、本物ジェジュンに会える(正確には見られる)のは非常に嬉しいのであ〜る!

妙なロジックだが許していただきたい!

チャートにしてみた(笑)

ゲイ親友・カールくん(韓国系アメリカ人)韓国系って背が高いし筋肉があってハンサムだし、面白い!!
 →→→ 東方神起 →→→ ジェジュン(かわいい!筋肉質!背が高い)→→→ 
バブリー・チャイナくん(韓国人だと思って声を掛けたらなんと人民の民だった!!) 
→→→ あなたのセクシャリティーは嘘だと言って!!!!!

***

ライヴ当日!

やはりライヴに行く前に韓国料理を食べて気合いを入れようということで、
コリア・タウンでスンドゥブを食し、ソジュを飲む!

最近は、四川料理や湖南料理など中華料理の激辛を食べているので、きっと大丈夫と「韓国人が食べる辛さと同じにしてください!」と注文!しかし、韓国料理の辛さは中華料理と違い、舌の先で辛さを感じるので食べるのに苦労したが、でも完食!!

***

ほろ酔い気分でいざ会場に!
コリアン・タウンからはとても近い!

会場に着いたのは7時半。

ひえぇ〜〜〜〜〜!

並んでいる!並んでいる!並んでいる!!
これで入れるのかと不安になり、係員に聞くと、「大丈夫!」と言われ、ほっとするが、
「チケットを持っている人は優先して入れますが、並んでください」と指示され、最後尾を目指して歩くが、
延々と列が続く!
9th Aveまで行っても列は続き、9th Aveの35th Street付近が最後尾だった。
無料と知ったファンが大挙して押し掛けているのだろう。
並んでいるファンの大半はアジア系の女子で、聞こえて来る言葉のほとんどは中国語だった。


開演時間は過ぎたが、列は動かない!!入れるのかと不安になる!!ワンブロック以上も続く列!!!!!

***

8時になっても会場に入れず、不安になったものの8時15分には入場することができた。
カメラは持ち込み可。
1階はオールスタンディグで、7割の客入りだ。
ペンライトは販売しているのかと思ったら、売っていなかった。
どこで、ファンのみなさんはどこで購入しているのだろう?? (お教えくださいませ)

ステージまでの距離はそれほど遠くないので、背は低いが、生ジェジュンは見えるはず。
ステージには大画面のスクリーンがあり、観客を映し出す。
映ったアメリカ人と思われる白人の男の子のダンスがとても上手で盛り上がる!

***

ライヴ前に司会者の2人が登場。
「それではライヴの始まりです!カウントダウンしましょう!100, 99, 98・・・」
と恐ろしくベタなギャグを披露し、会場が失笑!
そして” Five, Four, Three…”とカウントダウンが始まり、会場が暗くなり、私もみんな大絶叫!!!
「きゃぁ〜〜〜〜〜〜〜きゃぁ〜〜〜〜〜〜〜きゃぁ〜〜〜〜〜〜〜きゃぁ〜〜〜〜〜〜〜きゃぁ〜〜〜〜〜〜〜」

音楽が流れる!

これはEMPTYだ!

みんな大絶叫!!!

ジェジュンはどこ???
ジェジュンはどこ??
ジェジュンはどこ???

ステージのジェジュンを探す!!

大画面のスクリーンではなく、本物を肉眼で見たい!
見えない!!
でも、歌声は聴こえる!!
あーーーん!見えない!

前の人の頭が邪魔で見えなかったが、やっと隙間からジェジュンを確認!!

白い!
二の腕の筋肉がすごい!!
英語ではBICEPS (腕は2つあるから複数形になる)!!

涙が勝手に溢れて、涙で目がかすむ!!!

ジェジューーーーーーーーーーン!!!!

涙で本物のジェジュンがよく見えない・・・・!!


あなたに会えました(本当はあなたを見ることができました!!だが・・・)素敵!抱かれたい(笑)!!
こんな写真でスミマセン!

***

♪ let it go
♪ llet it go
♪ llet it go

私の後ろに立っている白人女子3人組が一緒に唄っている!

♪ Your heart is empty (empty, empty, empty)
♪ Your heart is empty (empty, empty, empty)

ステージではJYJと黒人男女のダンサーが一緒に踊っている!

***


憧れの王子さま、ジェジュンとツーショット(と言えるかは疑問だが・・・(笑))!!!

つづく・・・