8

HPVワクチンはゲイガイズも接種できる。

<br /> TitleDPNY.jpg

***

アフリカ旅行記は実はまだまだ続くのだが(笑)、アフリカ旅行記をお伝えすることより
とても気になっていることがあるので今日はそれを書こうと思う。
新年の抱負にも書いた「ゲイガイズのHPVワクチン接種について広報活動に努める!」についてである。

***

HPVはイボのウィルスで感染すると女性だと子宮頸に癌を発生させる。
セックスしたことがある人なら誰でも感染する極めて一般的なウィルスだ。
定期的な検診で癌化する前の細胞を発見することができる。
また最近では日本でもワクチンが認可されて感染を予防することができる。

女性の子宮頸がHPVにどのように感染するのかといえば、もちろん自然発生するのではなく、
HPVに感染したペニスが直接子宮頸に接触するからである。

***

免疫力がある場合、HPVに感染したとしても自然治癒したり、悪化したりはしないという。
若いときは免疫力があるので大丈夫だが、年を重ねると次第に免疫力は低下、
癌化の初期段階になってしまう場合もあるようで、
私も検診で変形した細胞が発見され、ガーーーン!とギャグ漫画のような心境になった。
私もHPVに感染していたわけだ!
それに過去コンドームなしでセックスしたことはあるわけで、相手の男性達
(達と書いたのは見栄ではなく(笑)、私も大人の女なので(赤面)エッチした男性はひとり以上はいる)
が感染していたのだろうと思う。
当時、HPVなんて知らなかった!!

***

医師のストレスをためない生活を送ると免疫力と自然治癒力が高まるというアドバイスに従い、
無理はしない生活を送ったところ、なんと変形細胞はなくなった!!!
こういうことは私だけに発生するわけではなく、誰にも起こるので、
イライラしないで暮らすというのは重要なことなのだと思う。
しかし、油断は禁物!
また変形細胞が発生しているかもしれない。
そろそろ定期検診に行く。

***

HPVはペニスにも潜んでいるが、陰茎癌(ペニス癌)を発生させる確率は子宮頸癌より極めて少ないが、
HPVは他にも肛門癌も咽頭癌も発生させるウィルスなのである。
アナル・セックスやブロー・ジョブでHPVに感染!
そしてストレスや様々な健康状況により癌化してしまうかもしれない!

癌の危険性はペニスを膣、肛門、口に受け入れる人に非常に高い!
そうペニスを膣、肛門、口に受け入れる人とはストレート女子とゲイガイズ男子である!!
ペニスを口や肛門に入れたりしないストレート男性はHPVに感染していてもペニス癌の発生率が低いということでかなりラッキーな立場にある。

ゲイガイズはHIVの感染を防ぐためコンドームを使用しているが、
女子は妊娠しないからとコンドームなしでアナル・セックスをしているかもしれない。
肛門もHPVに感染する可能性は高い!!

アメリカでは男性の方が女性より肛門癌になった患者数が多いという。

***

でも、でも、HPVのワクチン接種により子宮頸癌も肛門癌も咽頭癌も防げるわけだ。
アメリカではテキサスのように女子児童に摂取を義務づけている州もある。

女子だけ???
じゃゲイガイズは???

と疑問に思うのは私だけはないはずだ。

***

私のゲイ友のひとりホアンがHPVのワクチンを接種したのである!
彼は某アイビーリーグのメディカル・スクールの医学生。
医学生だから特別に接種できたわけではなく、primary care physician(primaryには最初とか初期という意味があるので、まず最初に行くお医者さんと訳せば分かりやすいかもしれない。アメリカの医療保険システムはまずprimary care physicianを決める。保険によって選べるお医者さんが異なるのだが。私が胃カメラの検査をした時はまずprimary care physicianの診療を受け、消化器系の専門医を紹介してくれた)のところに行き、
自分がゲイだと言う事を伝えて、ワクチンを接種したという。
また彼が通う某アイビーリーグの大学が費用を負担してくれたので無料だった!!
驚きである。
ワクチンの接種は3回。

しかし、ホワンの大学では、無料の適用は26歳以下。
27歳以上だと保険がカバーしてくれるので1回$120、合計$360で接種できるという。
しかし、一般人の保険がない27歳以上の場合、1回500ドルなので1,500ドル掛かるという。
ううう〜、高額である!
なぜ26歳なのかというとワクチンの効果が期待できるのが26歳までだから。
それ以降は老化を辿るので効果はそれほど期待できないということなのだろう。

私は悲しいことに接種するのは遅い!
年齢を重ね過ぎ(笑)!
それに既に変形細胞の過去もある。

***


HPVワクチン、Gardasil。ホワンによると予防接種の注射は痛いらしい。ま、注射はどんな注射でも痛い!

***

女性に対するHPVワクチン接種についてはお金を掛けて大々的な広告をしている。
しかし、HPVのワクチンの必要性について知っているゲイガイズがどれくらいいるのか?
多分、アメリカでも知っているゲイガイズは少ないだろう。
(もちろんストレート男性もHPVワクチンを接種できる。FDAで9歳から26歳の男性の接種は承認されている)

日本ではどうだろう???
HPVワクチン接種を希望したら男子でも日本ではOKになるのだろうか?
調査をしてみたい。

私はホアンに聞いた。
「子宮頸癌が定期的な検査によって癌化を未然に防ぐことができるのなら肛門癌も一緒でしょう?
ゲイガイズは定期的に検査に行っていないの?」

「検査に行くってことはないね。ストレートの医師に診てもらうというのも個人的には嫌だし。
しかし、検査に行くということが一般的になれば恥ずかしがらないで行けると思う。確かにゲイガイズが肛門癌になる確率はアナル・セックスをしてない人の17倍だからね」

「女はそれこそストレートの男性婦人科医の前で脚を広げて恥ずかしい思いをして検査しているわけだし、
ゲイガイズも大丈夫だよ!ストレートの医師なら欲情されることもないしセクハラもないよ」
と励ました(つもりである)。

***

ストレート女子とゲイガイズが苦しむHPV!
子宮頸癌も肛門癌も咽頭癌も防げるワクチン。
しかし、ワクチンには副作用があり、死亡例もあるし、まだまだ問題がある。
危険性がある。
接種しないようにと活動している人もいる。
しかし、私が26歳以下だったら接種したと思う。

***

ゲイであることを公言している俳優がHPVワクチン接種の広告に出てくれたらと思っている。

2

伝えたかったのに伝えられなかったこと。

<br /> TitleDPNY.jpg

***

みなさま、お正月をいかがお過ごしですか?

ご存知の通り、こちらは全く「お正月気分」というものがない。
メインイベントは全て12月。
クリスチャンのクリスマスであり、ユダヤ教のハヌカであり、イスラム教のラマダンである。
クリスマスの飾りはまだまだ飾られていて、1月上旬までそのまんまであ〜る。

北京在住の日本人のブログを愛読しているのだが、中国では大晦日も元日も普通の日のようだ。
メインイベントはやはり春節(旧暦のお正月)で西洋の年明けなんてどーでもいいという態度は
世界の中心の華と国名にもなっているくらいだから当然なのだろう。

***

ところで、最近、伝えられなかったことが3点程あった。
それがとっても気になって気になっていたので今回まとめてお伝えしたいと思う。

***

まずはマサイ族の家の中である。

台所!
かまど。
鍋もある!
奥の黒いプラステッィクのカメは多分水が入っているのだろう。
エチオピアのカールくんが住んでいたアパートにもあった。
何度私はそのカメに水を汲み入れただろう。
水汲みの仕事と言っても水が使える時に、蛇口を開けてバケツに水を入れて、カメに入れるという作業である。

主食は牛の血とミルクを交ぜたものらしい。極めてシンプル!おいしいのだろうか??

***

マサイ族の子供用ベット!
地べたに寝るのではない。
床から30〜50cmの高さはある。
柔らかいベットではないが、それなりに快適だと思われる。
私の身長は155cm。
その私でも立って歩くのは大変で、頭を少し下げて歩かなければならない。
大抵のマサイ族は背は低くない。平均170cm以上はあるとはずだ。
だから、家の中で直立で歩くというのはできないはずだ。
不便のようだが、居間のよう機能は家の外で、室内は食事を作るところと寝るところだけならば
天井が低くて狭くても構わないのだろう。

インテリアは西洋的かつ東洋的美的センスとはかなり違うところにある。

***

マサイ族の村を出る時に別れが名残惜しく(笑)激写したイケメン青年の写真!!!

美というものは比較すれば更に美しさを認識できるというもの。嗚呼、なんてヒドいことを言っているのだろうと自覚しつつ、うっとりしている私。

***

次は元旦は3本の映画を観た映画について!
観賞したことは書いたが、どの映画とは記さなかったので。
ネタバレしなように書こうと思うが、それでもネタバレしてしまうかもしれないので注意!!

Black Swan

Black Swanといえばその昔、新宿は二丁目にあるショーバブ by ミスター・レディー「黒鳥の湖」に行ったことがある(笑)。

ナタリー・ポートマン主演!
ダーレン・アロノフスキー監督。

「レクイエム・フォー・ドリーム」や「レスラー」の監督である。
レクイエムはドラッグを摂取すた時の目の描写やレズビアン・両方ディルドー(正式名はなんというのだろう?)のショーが衝撃的であった。レスラーは昨年拙ブログでも書いたが、ミッキー・ロークはかつてイケメン俳優だったが、その面影が全くなくなってしまった。でもやはり生まれながらにイケメンはイケメンのオーラがあった。悲哀漂う年老いたレスラー役で胸が締め付けられた。

この監督なら何かしでかす映画になるはず!
と見る前から期待大であったが、観賞後も期待は裏切られることなく、ますますダーレン・アロノフスキー監督が好きになった!クレイジーな映画である!
なれるものなら彼女になりたい(笑)

内容は、ミヒャエル・ハネケ監督の「ピアニスト」(原作はエルフリーデ・イェリネク)の欲求不満の女と重なり、意識して作られたのであろうか。
それにしても欲求不満の女は怖い!将来の私の姿を見るようであった(笑えない)!

ナタリー・ポートマンはバレエの訓練を6ヶ月したらしく、劇中のバレエは本当に彼女が踊っているということだ。
尊敬!素晴らしい!
Black Swamのフランス人の振り付け師となんと婚約そして妊娠中であるという。

一昨年の夏、セント・マークスで前を歩く女性の声がナタリー・ポートマンに似ていると思ったら、
なんと顔も姿もナタリー・ポートマンだった。
そう本人だったのだ。
ブラックベリーで話しながら歩いていた。
映像で見る彼女は小柄。
実物も小柄だった。
美しかったのは言うまでもない。

ところで、バレエは好きである。
詳しくはないが好きである。
毎年1回はABT(アメリカン・バレエ・シアター)を観賞している。
昨年はクリスマス・イヴにはルックリンのBAMでクルミ割り人形を観た。
ABTは揺れがある。
これまで2回しか観たことがないロシアのボリショイバレエ団は一糸乱れぬ動きでまばたきを忘れるくらい
集中して観た。
しかし、完璧でないところが、アメリカ的で逆にいいのかもしれないといつも思う。

クルミ割り人形のようにKENも実物になって現れてくれないかな!

ちょっと話はそれたが、クルミ割り人形のバレエを観たばかりでとても身近に感じたこともあり、
欲求不満の女の怖さが好きなので☆は5つ!

***

次は、ミレニアム三部作の最終章を観た。
これで1部と2部を観ているので最終章も観ておこうと思った次第だ。
英語のタイトルは、The Girl Who Kicked the Hornets’ Nest 。
邦題は「眠れる女と狂卓の騎士」。
原作も映画もスウェーデンである。
サーチしてみると既に日本で公開されているようである。

黒づくめパンク・ファッションが似合うリスベット!!素敵!

***

ヒロインのリスベットが格好良い!
私のなれるものならなりたい、リスベットのように!
彼女はレズビアンだ!
が、男性のジャーナリストと・・・。

全て観た感想だが、1部のThe Girl with the Dragon Tattoo 「ドラゴン・タトゥーの女」
が一番良かった!!ストーリー的には2部と3部は退屈してしまったが、リスベットだけを観て楽しんだ!
☆は3つ。

***

最後に観たのはフィンランド映画。
北欧映画を元日に2本観たことになる!

最近知り合いになった日本人の写真家が「怖くておもしろい!観るべし!」と超おすすめの映画だ。
タイトルは、Rare Exports: A Christmas Tale
そのまんま訳すると「めずらしい輸出品」!

わぁ〜〜〜〜!!おもしろかった!!!

こんな展開になるなんて!!!の意外性とサンタさんってそうだったの???というこれまた
ショタコンとロリコン・ティストもありのダーク・ファンタジー・コメディだ!!
ドキドキする怖いシーンもたくさんある!
が、笑えるシーンもたくさんある。
上映後、拍手喝采であった!

ところで、ミレニアムもロリコン(ペドファイル)が問題のひとつだった。
よくあるサブジェクトではあるが、個人的に最近非常に気になって仕方がない(汗)

画面からはニューヨークより厳しい冬の空気が流れてブルッと来た。
ヨーロッパ映画は日本の方がアメリカよりも先に上映されるのが通常だが、
この映画に関しては日本では未上映のようである!

主人公ピアトリを演じた少年はアジア人的な顔の白人だった。
アイスランド人のビヨークもアジア人とのミックスのような顔立ちだ。
かつてモンゴルはロシアを支配していたので北欧系にもモンゴルの血が混じっているのだろうか?
その点が人類学的に気になった!

おすすめ!!!
必見であ〜る!!
☆☆☆☆☆プラス★


「めずらしい輸出品」はタンザニアはザンジバールに送られる!これは個人的に非常に嬉しくなった!

***

伝えたかったのに伝えられなかったことの3つめは、トイレについてであ〜る!
オルドヴァイ渓谷の博物館のトイレ。
トイレは博物館の中にあるのではなくちょっと離れた場所にある。
そのトイレだが崖ぷっちに建てられている。
もしかして排泄したものはそのまま崖に落ちる仕組みなのかもしれない。

落とし便所なのだが、真っ暗で穴の中は何も見えず、
しかも穴の奥から風が吹き上げてくる。
それもかなり強い風だ。
きっと崖から吹き上げてくるのだろう。
足を置く台のようなものもコンクリートで作られている。
トイレの怪談では紙がなくて困っていると「赤い紙はいらない?」などなどお化けが聞いてくる話に
ドキドキしたが、足場から滑ってもしここの穴に落ちたら崖に真っ逆さまに落ちてしまうのだろうか???
また股間に自然の強風が当り、それも怖かった!!
現実的なことにドキドキしながら用を足した。

水色のドアがかわいいぃ!?

8

Happy New Year 2011!! 新しい10年の幕開けであ〜る!

<br /> TitleDPNY.jpg

***

新年明けましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願い致します。
新しい10年の幕開けです!
2000年になってからの10年は日本からニューヨークに移住しての10年だったので感慨深いものがある。
今年はSeptemebr 11thから10年だ!

10年前は11歳だった呉くんや12歳だったバブリー・チャイナくんと遊んでいるのだから、
10年とはスゴい年月だ!
うーむ。
10代の10年と20代や30代の10年とでは10代の成長率を考えると全く年月の種類が違うが、
10年の歳月は人を大きく変化させるのであ〜る。
うーむ。
さらに感慨深い。

***

大晦日(英語ではNew Year Eve)は某レストランでディナー&カウントダウンをした!
私には不似合いな場所だったとは思われるが、食事もお酒もおいしかった!!
若者もいたが落ち着いた方々ばかりで静かな年越しだった。

***

年末の寒波・大雪で降り積もった雪が融けずに真っ黒い残雪になっているニューヨーク。
元旦は暖かく着込まずとも外を歩くことができた。
元旦の今日は映画を3本観た!
映画を見ると元気になり前向きになる!

ところで、一年の計は元旦にあり、と言われているので、
今年の計画・抱負・願いは元旦に立てよう!という意味だと思うので、早速立ててみた!
しかし、それが本当の意味なのか確信が持てずググってみると、
ことわざデータバンクというサイトに「まず初めに計画を立て、それに沿って事を進める方がうまくいくという意味」と書かれていた。
別に元旦に計画を立てよう!という訳ではなく、計画的に物事を進めれば成功するということだということが分かった。
実は計画を立てるという実用的な作業はあまり得意ではないので、これを機会に計画を立てて計画性を持った人生を歩んでみようかなとふと思った。
しかし、中々計画通りにことは運ばないのが人生というものなのもアラフォーの人生経験済みではあるが・・・。

現実は厳しい。

抱負はあるのだが、計画を立てることもできずに成り行きに任せたり、
もしくは計画を立てても計画的に運ばないかもしれないが、
それでも、それでも、それでも、
こうなって欲しい!こうなりたいという2011年の抱負を記す!!

1 妄想Deeeeep New Yorkがドラマ化される!
2 これまでなりたいと思っていたものになれる!
3 南極に行く!
4 ゲイガイズのHPVワクチン接種について広報活動に努める!

願えば叶う!
魔法ノートの法則で実現を夢見つつ、計画も立てよう!

***

みなさんの2011年の抱負はなんですか?
今年もDeeeeep New Yorkどうぞよろしくお願い致します!

***