2

遠距離恋愛は辛いので現地の彼にゆきます!

<br /> TitleDPNY.jpg

***

ニューヨークに住んでいれば、ハリウッドスター、トップモデル、ロックスター、ポップスターとすれ違う可能性がある。
高級住宅エリアに住んでいればその確率は高い。
しかし、「昔に比べると安全になったと言われているが、どちらかといえばちょっと怖いと言われているエリア」に住んでいるのでスターに出会う確率は少ないのだが、それでも、つい先日、B-BARの前を通った時、
時刻は夜8時、ニューヨークの街灯は日本のと比べると暗い、そんな状況で、私の前方5m先から歩ってくる男性。
おおおお〜と感動のあまり歩くのを止めて彼を見つめ、すれ違うのを待ってしまった。
その男性とはなんとメル・ギブソン!!
背後にドカーンと爆発が見えて、まるで映画のワンシーン!!!
もちろん爆発はない。
が、妄想の爆発が見えてしまうくらい堂々としているマッドマックス(古い映画ですまん)の歩き方だった。
顔は皺だらけで、背も低かったが、爆発が背後に見えてしまうくらいスゴい雰囲気だった!!!


ストリートを普通に歩っていても背後に爆発が見えてしまうスゴいメル・ギブソン!

***

メル・ギブゾンはB-BARに入っていた。
火曜日の夜10時以降に入ったなら、ゲイだったの!?と思うところだが、火曜日ではない平日だった。
B-BARの火曜日の夜はゲイ・ナイトなのであ〜る。

スターに出会う確率は少ないと前述したが、
最近、近所で自転車に乗っているオルセン姉妹のひとりとすれ違った。
なんで分かったかというと、5人くらいパパラッチがつきまとっていた。
それはそれは異様だった。
それにしてもパパラッチの巨大レンズって重そうだった。

***

ハリウッドスターとすれ違うことはなくもない状況なのは確かなわけで、そんな状況下・・・。

今日、私はストリートを歩っていると知った顔を目の端で捉えた。
見間違えるはずがない!!
だって毎日観ている!!

「うそ〜、エドワード!? ロバード!?」
まさか彼が!!
心臓が飛び出しそうになった!
子宮もドクンした!!

ごめん、ジェジュン!
あなたは遠い日本か韓国だし、近場の彼に心をときめかせている私を許して!
でも近場の彼は今をときめくTwilightのスター!
彼も愛しているの!!!
とジェジュンにお詫びをしつつ、エドワード(ロバート)がいる方向を見る。


ジェジュン!今から浮気しま〜す!

***

「ははははっ〜〜〜〜」
と笑ってしまった!!!

エドワード(ロバート)と思ったのは・・・。
エドワードだったが・・・。

なんとまぁ〜、バーガーキングのドアに等身大のエドワードの写真が貼ってあったのだ。
それを私は「本物」と勘違いしてしまった!!!
あちゃ〜。
アホだ!
ホントにいるのかと思ってしまった!!!
バーガーキングではTwilight New Moonスペシャルメニューを販売しているらしい。
サイトはこちら!
しかし、ふらふら〜とバーガーキングに入って、エドワードの写真がついてるカップ欲しさにソーダを買う・・・
ことはしなかった。
が、またバーガーキングの前は歩きたい!!
アホだ!

しかし、妄想王子が心に住んでいるだけでも人生バラ色になってしまうから不思議だ!!


一瞬でも本人かと思ってしまった(赤面)!

***

短編フィルム・ノアール!!!
MiLiUEが発売!!!

脚本&プロデュースを担当!

お買い求めはIndieFlixのサイトへ!
ココをクリックするとサイトに飛びます!

jean.jpg

4

「ゲイメンは美しい」と言ったのは・・・

<br /> TitleDPNY.jpg

***

ヨーハンと一緒にミスター精神科医のパートナー、レオンのサプライズ・誕生日パーティーに行ってきた。
ところで、ヨーハンとカールくんは安定した関係で、幸せなのが伝わって来て、
以前、イライラして喧嘩してばかりしていた頃に比べると断然一緒にいて私も幸せな気分になる。
別の言葉で言い換えれば、私は仲の良い両親の子供になった気分である。

ミスター精神科医とレオンは付き合って9年、一緒に住んで6年のゲイ・カップルだ。
私は彼ら以外長い関係のゲイ・カップルを知らない。
ヘテロ・カップルは女性の方が忍耐強く、「子供」がいても分かれる人はいるが「子供」というファクターは大きく、
ゲイ・カップルに比べると関係は長いのが一般的だ。

レオンはファッション関係の仕事をしている。
仕事が終わってアパートに帰ると、「お誕生日おめでとう!!!」と私たちがいて驚かすという
典型的といえば典型的なサプライズ・パーティーのプランだ。

***

驚いたことがある。
驚かすメインの人達は、レオンの両親と妹と妹の夫だったからだ。
友達はヨーハンと私ともう一人の3人だった。
レオンを待っている間、両親はミスター精神科医と普通に接し、もてなしの料理をお母さんと妹は作っていた。
レオンの家族はゲイである息子を受け入れていた。
それも普通に。
レオンの妹の結婚式の写真にはミスター精神科医とレオンのカップルも「普通」に写っていた。

ドラマではありそうだが、現実に接するのは初めてだった。
カールくんはゲイであることを両親に隠してるクローゼットのゲイである。

***

ミスター精神科医が普段そうじしないのに一生懸命掃除していたし、
部屋の前に来ると普段は吠えないベス(カップルが飼っているメスの小犬)が思いっきり吠えていて、
「あ〜〜、サプライズだぁ〜〜!!!」とバレバレだったとレオンが言っていた。

***

レオンを待っている間、かなり飲んで食べてみんな幸せ気分だった。

お誕生祝いの乾杯をし、プレゼント(私はやおいマンガの英訳)を渡し、
お誕生日のケーキのロウソクをレオンが願い事をしながら吹き消すという一通りのお誕生会のやることをした後、
レオンのお父さんはどこかバーに行きたいとローワーイーストサイドのビア・バーに行くことになった。

ちなみにカールくんは仕事で来れなかったので一緒にカードを書いた。
カールくんは何でもできるが、絵も上手で、油絵もたしなむ。
素敵なペニスを2つほどカードに書いた!!!

ビア・バーでは私も知っている3人のゲイガイズと彼らのゲイの友達2人も来た。

ルームメイト氏のお母さんの言葉を思い出した。
「ゲイメンは美しいから、(私が)好きなのが分かるわ」。

レオンのお母さんは、ハンサムな精神科医の息子が増え、息子達の美しいゲイの友達がお祝いに駆けつけてくれて、
きれいな男性に囲まれてうらやましいなぁ〜と思った。
そして愛し合い仲睦まじい息子カップルを見るのは母親として何よりの幸せだろうなと思った。
子供の幸せは母親の幸せ!

お父さんはたくさんのおつまみもビールもオーダーして、みんなに振る舞い、全部払ってくれた!!!
レオン29歳のお誕生日。
素敵な両親と家族とパートナーがいて、こういうのが映画やドラマや小説でなく、現実にあるのが
すごいなぁ〜と思った。

***

ところで、Twilightの三作目Eclipseを読み終えて、
現在、第四作目Breaking Dawnを読んでいる。
Eclipseは、もうぉ〜〜、もうぉ〜、もうぉ〜、あははは〜〜ん!もやもや〜〜、むらむら〜〜
という擬態語がぴったりな内容で、なぜなぜ女子に大人気なのか分かった!!!

<以下、ネタバレ注意>

セックスをしない2人なのだ。

私もドキドキしてしまって、3回も繰り返して読んでしまった!
来年6月公開予定の映画が待ち遠しい!
どんな風にあの場面を映像化するのか!!!気になる!!
妄想してまた胸がドキドキ〜〜〜〜!


あのシーンはどんな風になるのか、今から楽しみだ!!!「したい!」「やりたい」と吸血鬼のエドワードに迫るベラ!

***

短編フィルム・ノアール!!!
MiLiUEが発売!!!

脚本&プロデュースを担当!

お買い求めはIndieFlixのサイトへ!
ココをクリックするとサイトに飛びます!

jean.jpg

4

愛する者に囲まれ、愛する物にも囲まれる喜び

<br /> TitleDPNY.jpg

***

拙ブログ常連コメンテーターのuiさんから東方神起のCMがあることを教えてもらい、
早速、大塚製薬のサイトで観たところ、おもしろい!!そしてそれ以上に非常に励まされ、
触発されて、替え歌&妄想の世界へ!!

***

あちゃ〜!またやってしまった!!とお酒飲み過ぎた翌朝、おえ〜の気分で目を覚ますと、
ベットルームの東方神起のポスターから声がする。
「どう〜して〜♪」
まだ酔っているのかと頭を振るとズキッと頭痛!
しかし、酔っているからではなく、なんと本物の東方神起メンバーがポスターから抜け出し、私の前でアカペラが始まる。
私は昨晩の化粧も落としておらず、マスカラも落ちて悲惨な顔。

「どう〜して〜? キミはお酒飲んでケンカしてしまうの?
友達なくし、体に悪いよ〜
もう何度目だい?
ねぇ〜、どうしてキミはそんなに困ったちゃんなの?」と踊りながら、
「すぐにすねてごまかすつもりかいぃ〜?」とキメのポーズ!

私を昔から知る友達はきっとこれを読んで苦笑しているに違いない。
全く変わっていないからだ。
お酒についてもスターに対する妄想についても(苦笑)


行き場を失いそうな・・・、そんな時このCMと出会った〜〜〜♪ (Proud!より)オロナミンCを飲まずとも
元気はつらつになりました!!

***

ところで、昨日のサンクスギング・デーはカールくん主催のパーティーに行ってきた。
ケンカ事件の暗雲が私の心に立ち込めてカールくんに「行かない」と言ったのが、
「来ないと言うならボクは二度とメグミが主催するパーティーには今後絶対一切参加しない!!
それぐらいの覚悟があるのなら来なくてもいい」と脅されて(!?)、ルームメイト氏にも相談すると
「ホント、キミはバカだね〜!行った方がいいよ〜!行きなよ〜」と背中を押されて行ってきた。

カールくんは料理も上手だ。
驚くくらいなんでも出来る。
天は二物を与えずとことわざにがあるが、たくさんの長所を持っている人物だ。
それに「私の変な所・異常な所」を友人として受け入れてくれて愛してくれる数少ない人物でもある。
カールくんの酔っぱらい度は激しいし、ちょっと肉体的に痛いが、私のように精神的なダメージを与えないから
いいのだと思う。

カールくんはメインのターキー(七面鳥)を焼き、招待客のゲイガイズもやはり料理が上手で持って来ていた。
いろいろな料理が勢揃いで驚く。
参加していたのはゲイガイズ10名と私。
後でカールくんのストレート友達のお医者さん男女2名が加わった。

私が持っていったのは、「ハローキティのキャラ弁ならぬおにぎり」を握って持って行った。
準備も含めておにぎりなのに3時間を要した!
これが思いのほか好評で、「かわいいぃ〜」とカールくんをはじめ、ゲイガイズに大絶賛!
しかし、実態は激しく醜いハローキティならぬ、ヘル(地獄)・キティだった・・・!
アメリカ人の目は騙せたのかもしれない(汗)のが、せめてもの救いだ。
カールくんは「誰にも食べさせない!!ボクが食べる!」と皆に見せた後、隠した!!!
彼の「愛」を感じた瞬間だった・・・(笑)

***

ところで、東方神起の中国の海賊DVD「武道館ライヴ2007」を持参した。
画像は劣悪な代物だ。
これを10ドルで買ってしまった自分が恥ずかしい。

カールくんは「メグミが大ファンのアジアのバックストリート・ボーイズだよ!」とみんなに紹介する。
えっ?バックストリート・ボーイズ!?
そう言われればそうかもだけど、東方神起の方が断然ハンサムだ!!!
当時はレオナルド・デ・カプリオの方が比較にならない程大好きだったので、そんなに注目していなかったが
ニックはかわいいと思った!!
最近、確か再結成したはず。


バックストリート・ボーイズのニック! I Want It That Wayをぜひ東方神起で唄って欲しいな。メンバーの人数も同じ5人だし。

***

「誰が好きなの〜〜〜?」
と聞かれ、ジェジュンを指しながら「私の王子さま〜」と言うと、
「かわいいけど、HOTじゃないね!」と厳しい意見が!!!
セクシーじゃないってことね!え〜ん(泣)
それもほぼ全員のゲイガイズから。
ジェジュンはゲイガイズには不人気のようだ。
髪型のせい!?

クリスチャン・・・ユノがかわいい
ヨーハン・・・チャンミンがかわいい
他3名(アジア系アメリカ人)・・・チャンミンがかわいい

ということで、ゲイガイズにはチャンミンが大人気だった。
ジェジュンの髪型ヘルメットからかわいいよりはセクシーさが求められるので、
アメリカ人に受けるようなHOTなヘアースタイルに変えて
それで、筋肉を強調するファッションをすれば全米進出も夢ではないかもしれないと真剣に思う。
アジアのスターから欧米も制覇して世界のスターに!!!

***

お腹いっぱい食べた後は、なんとTwilightの鑑賞会になってしまった!!!!
他にもTwilightのファンがいて、クリスチャンは既に5回、私も2回観ているのだが、止められない。
TwilightのファンのことをHeartと合わせてTwiheartというとクリスチャンから
教えてもらった。ゲイガイズはベラの立場で観ているのを聞き取り調査した結果判明。


エドワードの台詞、『Say it! Loud out!』一緒には言わずにはいられなかった。

***

おいしい料理に東方神起にTwilightに、カールくんにやさしくハグされて、そしてヨーハンとクリスチャンとは日本語を話し、
カケル青年とはジェジュンのジャケットについて話して、ゲイガイズに囲まれて、初めて楽しいと思えるサンクスギビングデーを過ごした。

***

韓国版のTwilightのポスターを発見!
私の好きなものが合体したようで非常に嬉しくなってしまった!!

東方神起は観るかな?

***

短編フィルム・ノアール!!!
MiLiUEが発売!!!

脚本&プロデュースを担当!

お買い求めはIndieFlixのサイトへ!
ココをクリックするとサイトに飛びます!

jean.jpg

6

再び、酒に溺れる。私が求むTwilightとは・・・!

<br /> TitleDPNY.jpg

***

「うげぇ〜〜〜〜」
「赤面〜〜」
「恥ずかしい」

体調も良くなり、久しぶりにワインを飲んだら、まさにアル中の傾向でガンガン飲んでしまい、
大酔っぱらいに!!
そして先日のドラマチックなブログ記事を書いてアップしてしまった!!
恥ずかしくて再読できない。
うげ〜〜〜〜!

左腕にカッターナイフで切りつけた自傷キズがあるのは本当だが、
酔ってドラマ・クィーンになってしまった!!!
みなさん、ご心配をお掛けしてすみませ〜〜〜ん!

***

英語で
to make a sceneというイディオムがある。
醜態をさらすとか
大声で騒ぐとか
良い意味では使われない。
その夜、たくさん「make a scene」をしてしまった!!!
あちゃぁ〜〜〜〜!

実は、ダイスケくんとゲイバーで喧嘩して、彼は怒って帰った。
私は相当酔っていたので、私が無理難題を言ったからだと思う。

翌日、クリスチャンから電話があって「ダイスケと電話したら、喧嘩したって。どうしたの?理由はメグミに聞けって言われたけど」と。
「理由はともかく私がお酒に酔ったからだから〜。ダイスケくんと仲直りしたいけど・・・」とは言った。

彼と会ったら謝罪したいと思うが、もう会ってはくれないかもしれないし、彼との友情も終わりかもしれない。
もう二度と遊ぶことはないだろうな。

クリスチャンはもちろん愛するダイスケくん側に行くのでクリスチャンとも友達ではなくなるかもしれない。
残念、Twilight仲間なのに・・・。
さようなら、ダイスケくん〜!クリスチャン〜!
ごめんね〜!!

酒乱の私のまさに身から出た錆。
自業自得。
健康になってお酒を飲めるようになったが、こんな結果になってしまって・・・。

酔った勢いでの喧嘩は「もちろん」これが初めてではないし(うわっ)、酒を飲んでなくても嫌われることは多々ある・・・。
ダイスケくんは若いのでこれから私以上の強烈な理不尽な人間に会うだろう。
しかし、負けないで頑張って欲しい。

***

ダイスケくんと喧嘩後、カケル青年と次のゲイバーに行き、
ジャスティンと一緒にゲイバー巡りをしていた時に知り合いになったバーテンダーのお兄さんに再会。
彼は以前からストレートだと言っていた。
そのバーテンダーのお兄さんに「ストレートの証拠を見せて!」とゲイバーで激しくmake out!
手つきでストレートだと判断!
お尻をなでなでされた!!
それから次から次へとゲイガイズを相手にmake out!!!
今思い出すと、頭を抱える。

その間にカールくんにテキストをしまくりで、何を書いたかは覚えていないし、
何を書いたか見るのも怖い。
ひえぇ〜〜〜〜!!!

東方神起Twilightの影響で、もやもや〜になっていた状況に
お酒が拍車を掛け、 to make a scene!!!
生理前だとむくむくと性欲が高まる。
それをルームメイト氏に言うと「卵子が死んで、子供を作ろうとする本能が高まるのでそうなるんだよ」と説明してくれたが、
性欲の矛先がゲイメンでは何も始まらない。
ジェジュンやエドワードのような妄想の王子でもなく、ちゃんと応えてくれるストレート男性を真剣に探さないと考える。

***

ベロベロ〜と酷く酔った私をちゃんとタクシーをつかまえて乗せてくれたのはカケル青年だった。
カケル青年にも無理難題や理不尽なことを言ったが、怒らずいてくれて(多分)しかも面倒まで見てくれてありがとう!
こんな私でも仲良くしてくれますか?

タクシー・ドライバーはとても良い人だった。
ずっと話をしたが何を話したかも不明。
まともに歩けない私がアパートのドアを鍵を開けて中に入るのを見届けてくれた。
それから自宅アパートに帰り、ブログを書き・・・。
(酒に酔ってもアップした!という事実に実は自分のことながら驚いている。
帰巣本能と同じくらいになったのだろうか?)

翌朝、7時半には起床し、思いのほか二日酔いは酷くなかったが・・・。

いやいや〜、お恥ずかしい限りで・・・。
健康になるのも私の場合は問題が多いようで・・・。

***

ところで、友達が見つけた写真ということで送ってくれた。
「メグミが求むTwilightはこれなんじゃない?」と言われたことを付け加えておこう!

同人誌でもやりますか!?


エドワードとジェイコブが愛し合うようになる!!真ん中にいるベラにキスをしているのだが、雑誌の両端を持って2人がキスしているように見せている!!きゃぁ〜〜〜〜! Twilight New Saga

***

かわいいアングルのエドワード(ロバート)の写真も載せておこう!
この角度と笑顔はいい!

***

短編フィルム・ノアール!!!
MiLiUEが発売!!!

脚本&プロデュースを担当!

お買い求めはIndieFlixのサイトへ!
ココをクリックするとサイトに飛びます!

jean.jpg

14

あの時は、辛くて死にたかったんだ!!左手首のキズ・・・

<br /> TitleDPNY.jpg

***

月曜日の夜なのに、それも朝になってしまっているのに、まだ眠れずにいる。
ゲイバーをはしごした。
酔っているからなのは分かっている。
しかし、眠れない。

こんな異国の地で家族もいない、友達もいない、愛もない、
そんな状況でどうして生きていかなければならいのだろうと思うと辛い。
サンクスギビングデーというアメリカのお盆が近くなると、孤独のせいか精神が不安になる。
去年は日本に帰った。

***

大学生の時に、同級生の男子に振られて、カッターナイフで左手首を切った痕を見つめる。
数十年経った後でも生々しく残っている。

彼は心変わりをした。
好きな後輩の女子ができたのだ。

「死んでやる〜」と手首をカッターナイフで切った。
もちろん真剣ではなかった。
皮膚り切る刻むことは難しかった。
感覚のある皮膚を切るのは大変だった。
痛かった。
何十回も試みたがうまくいかなかった。
その代わりに、痛くない髪を自分で切って自らを坊主にしてしまった。

私を振った男の子に死ぬって電話した時に(当時は携帯はなかった)、
「死ねば」と言われた。
だから、死のうとしたが、死ねなかった。

死ねずに今で来ているわけだが、
誰もが見てもくっきりはっきり分かる傷が左手首(それもいっぱい)にある。

どうしたの?と聞かれるが、今では笑ってごまかすことができるようになった。
しかし、決死の若かった自分へのリスペクトは根底は忘れない!!!!

あの時は、辛くて死にたかったんだ!!

2

ラース・フォン・トリアー監督のAntichristを観る。

<br /> TitleDPNY.jpg

***

今日、ある映画を観た。
私の映画の好みをよく知る友人が絶対私が好きになる映画だ!!だから観るべし!!と言われたこともあり、
また尊敬する監督の一人だから観たかった。

鑑賞中から頭痛がして、胃がむかむかして、吐き気を催し、上映後も席立つをことができなかった。
ラース・フォン・トリアー監督のAntichristだ。
監督はデンマーク人である。
IFC Centerでカケル青年と観た。


シャルロット・ゲンズブールはカンヌ映画際で主演女優賞を受賞。主演のウィリアム・デフォーは『最後の誘惑』 The Last Temptation of Christ (1988)でキリストを演じたが、それで監督は彼を選んだのだろうかと推測。Antichristのポスター

***

ビヨーク主演の『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の監督といえば分かるかもしれない。
私は彼の作品『奇跡の海』Breaking the Waves
衝撃だった。切なく、精神的にも肉体的にも痛い映画で、自分の中にあるマゾヒズム(被虐性愛)について考えさせられた。
今回のAntichristも映像的に残酷で暴力的で痛くて狂気が充満していた。
『奇跡の海』Breaking the Wavesと共通なテーマだったと思う。
「おごごごごご〜〜〜。うわわわ〜〜〜」と唸り、私は吐き気に苦しんだ。

共通のテーマ:
愛=暴力=死。

***

なぜ吐き気を催したかといえば、映像の効果として画面が微妙に動き、
それで乗り物酔いと同じ状態になってしまったからである。
船に乗っても車に乗っても酔わないのに、手ぶれをはじめ安定しない動きにはやられてしまう。

カケル青年は吐き気は催さなかったが、精神的に落ち込んでしまった。
極端な暴力・・・。
激しい愛。

2人で気分を落ち着かせるためにウエスト・ビレッジのゲイバーに行った。
かわいい男の子を見て、元気を回復した。

しかし・・・、

昨日は、カールくんと一緒に腕を組み、ウエスト・ビレッジを歩いた。
カールくんはイギリスのアクセントで話して、「ジェジュンといるけれどエドワード(ロバート・パティンソンはイギリス人)といる幸せ〜!きゃぁ〜私の妄想王子!!!」と至福の時を過ごしたが、あれは夢だったのかもしれない。

TWILIGHT  NEW MOONってアレって何??
同じ映画???
観たんだっけ???
って思ってしまうほど、Antichristは強烈だった・・・。

***

そして、夢見る乙女としてジェジュンやエドワードが好きな自分もいるが、
マゾヒズム(被虐性愛)に憧れ、サディズム(加虐性欲)を求める自分もいるのも改めて気付かされた映画だったことも付け加えておこう。

まだ吐き気と頭痛に苦しんでいる。
助けて〜!!

***

短編フィルム・ノアール!!!
MiLiUEが発売!!!

脚本&プロデュースを担当!

お買い求めはIndieFlixのサイトへ!
ココをクリックするとサイトに飛びます!

jean.jpg

女子とゲイガイズに大人気!!!Twilight New Moonを鑑賞!

<br /> TitleDPNY.jpg

***

Twilight New Moonを鑑賞してきた!
ティーンエイジャーの女子と20代の女子を中心に、そしてゲイのお兄様方で映画館は大混雑!!
お祭り状態であった!!!

***

映画が始まる前に夕食を食べようと、クリスチャンと映画館の隣にある
ブリトーのファーストフードのお店で待ち合わせをした。
さすがに韓国料理じゃない別物を食べようという話になった。
昨日もクリスチャンとカールくんと3人で韓国料理を食べたばかり。

ビールもあるのでビールを飲みながら、ブリトーを頬張る。
私たちの隣のテーブルには高校生と思われる黒人の女子と男子が座っていた。
彼が飲んでいたソーダのカップがNEW MOONのポスターと同じ写真だったので
クリスチャンと「NEW MOONだ」と騒いでいると、「もう映画は観たの?」と彼らが話し掛けてきた。

「私たちはこれから観るの」
「私たちは観たよ」
「どうだった?」と質問すると
「良かった!!!私、泣いちゃった」
「私も」と女の子2人は泣いたらしい。
おおお!!どこのシーンで泣いたのだろうと気になる。

男の子が「チーム・エドワード?それともチーム・ジェイコブ?」と聞いて来た。
私は「チーム・エドワード」と答える。
クリスチャンも「ボクもだよ」
黒人の男の子も「ボクもチーム・エドワード!!」
YAYと男の子とHI FIVEをする!!!
女の子2人はそれぞれ「チーム・エドワード」と「チーム・ジェイコブ?」に分かれる。
野生派のジェイコブと色白の都会派エドワード!!!
作者も女心(ゲイ心)を突くキャラクター作りを心得ている!

高校生3人組が「映画楽しんでね〜」と笑顔で帰っていた後、
クリスチャンと「あの男の子ゲイだよね!!」ということで意見が一致する。
「まだ若いから自分がゲイだとは気が付いていないかもしれないね〜」とクリスチャンは言った。

***

ところで、昨日は、食傷気味と言いながらも、イケメン・ウェイターが働くイケメン韓国料理レストランに
クリスチャンとカールくんと行った。
これで3回目。
クリスチャンはウェイターさんに「僕たちのこと覚えている」と聞くと、ヨンさま風の眼鏡のウェイターさんが
韓国語のアクセントの英語で「覚えていますよ〜」と笑顔で返事をしてくれた。
カールくんは「女一人でいつも男と一緒で、ウェイターから誘ってくれることはないんじゃないかな。
男は全員ゲイなんだけどね〜」と真剣に心配してくれる。

ところで、ウィエターさんの髪型はみんなヘルメットを彷彿させるジェジュンの髪型。
韓国とアメリカの韓国社会では流行っているのは一目瞭然である。
カールくんは典型的なアジア系アメリカ人の髪型なので(短髪で額を思いきっり出している。前髪なし。シャギーもなし)、
ぜひともジェジュンの髪型にして欲しいとお願いする。
そうすればお母さんも祖国韓国で流行っている髪型を息子がしているということで感動するはず!!!と説得してみたのだが、
「前髪あるの嫌いだし、フェミニン過ぎる」と却下・・・
マッコリを飲みながら、そんなバカ話をしていたのだが、
その間、なんと私のアパートの近所の映画館でTwilight New Moon
ニューヨーク・スクリーニングが行われていた!!!
それも主要キャストが舞台挨拶!
しかも、ファン・ベースなので前売りを買えば観られたという!!
知人が教えてくれたのだが、映画館のロビーに告知ポスターは2ヶ月前から貼っていたそうで、
私は2週間前にその映画館に映画を観に行ったが、その告知には全く気が付かなかった!!!
インデペンデント系の映画館なので、まさか〜大大大大大大人気の映画のスクリーニングがあるなんて夢にも思わなかった。
そう〜、イースト・ビレッジでだよ!
びっくり!!!

しかも、私の住むアパートからすぐそこなのである。
絶好の機会を逃した!!!!
え〜〜〜ん!!
エドワードとベラを見たかったな。
でも、ジェジュンが私の浮気を許さなかったのだわ〜と妄想解釈!!

***

ところで、ネタバレになるので今日観たNew Moonのことは
あまり書かないが、ひとつだけご報告したいことがある。

ジェイコブがTシャツを脱いで上半身裸になるシーンがあるのだが、
場内、「ひゅーひゅーひゅー」「キャ〜〜〜!キャ〜〜〜!キャ〜〜〜!」と大騒ぎになり、
拍手大喝采だったのだ!!
大盛り上がり!!!
みんな想像することはひとつ!!!
「抱かれたい!!!」

日本では同じシーンでどんな反応になるのか気になる。
筋肉よりはかわいい男の子が人気の日本では反応はほとんどないかもしれないのが私の予想だ。

クリスチャンはそのシーンを見て、「ジェイコブとエッチしたい」と、しかも日本語で私の耳元でささやいた(笑)!!!


ジェイコブことテイラー・ロートナーの肉体美に卒倒するアメリカ人の女子とゲイガイズ!!!でも私はチーム・エドワード!ロバートが好き!!!

***

ところで、エイドワードにときめきつつ、東方神起のジェジュンにもときめき、
エドワードがジェジョンだったら・・・?と妄想もしつつ、エドワートにもドキドキして
個人的には忙しい映画鑑賞だった(笑)
妄想王子がたくさんいて大忙しぃ〜!

***

短編フィルム・ノアール!!!
MiLiUEが発売!!!

脚本&プロデュースを担当!

お買い求めはIndieFlixのサイトへ!
ココをクリックするとサイトに飛びます!

jean.jpg