2

桜祭続報!ニューヨークの侍に、セーラームーン。日本はNYで元気です!

dpnycover.jpg

講談社電子文庫から絶賛好評発売中!! 
『Deeeeep!New York! 〜林檎の芯〜』

菊楽 恵著
1050円(税込み)
合い言葉はLet’s Try! ニューヨークの明るく楽しい!エッチをあなたも体験してみよう!

海外発行のクレジットカードの場合は、紀伊國屋書店Book Webでどうぞ!
どんなわくわくの内容なのか? 
下記の全てのサイトで抄録やサンプルがダウンロードできます。

講談社 電子文庫
理想書店
ウェブの書斎
紀伊國屋書店Book Web

***

桜祭の続報をお届けする。4月29日。

コスプレの方々を激写してきた!
dscn6247.jpg
みんな知っている今でも人気のセーラームーン。彼女を撮影しようと人垣ができていた!

dscn6248.jpg
テニスの王子様

dscn6249.jpg
新鮮組もいた!着物姿の彼も素敵だ!

***

ヨシ天尾さん(下記写真、前列左から二人目)には日本人のおばさまのファン集団がいる。
桃太郎侍、暴れん坊将軍、水戸黄門、眠り狂四郎……。そして”ニューヨーク・ザムライ”といえば、ヨシ天尾。
日本人のおばさまファン集団はステージの一番前に陣取っていて、何でも拍手大喝采。
裏方の私にも手を振ってくれるほど熱狂的だ。

ショー(公演)が終わると、バックステージ(楽屋)にかけつけ、ヨシ天尾さんを囲んで
「桜の季節はこれを見ないとねぇ〜。ヨシさんに惚れる季節なんだからぁ〜」と
一緒に写真を撮っていた。残念ながら、100ドル札の首飾りはなかったようだが。
逆輸入で新宿コマ劇場で公演する日も近い!?
dscn6262.jpg
サムライ・スウォード・ソウルのみなさま。

追記:お馴染み馬も登場しました!
dscn6253.jpg
ヒヒィ〜ン。お馬さん侍!?

まるで能面のような無表情であやしい女がフィナーレに登場!
p1040753.jpg
うふふ〜。拙者でござる。能面を被っていまぁ〜す!友人のジュネさん撮影!

2

桜まだ咲かず。

dpnycover.jpg

講談社電子文庫から絶賛好評発売中!! 
『Deeeeep!New York! 〜林檎の芯〜』

菊楽 恵著
1050円(税込み)
合い言葉はLet’s Try! ニューヨークの明るく楽しい!エッチをあなたも体験してみよう!

海外発行のクレジットカードの場合は、紀伊國屋書店Book Webでどうぞ!
どんなわくわくの内容なのか? 
下記の全てのサイトで抄録やサンプルがダウンロードできます。

講談社 電子文庫
理想書店
ウェブの書斎
紀伊國屋書店Book Web

***

ブルクッリン植物園で開催されている桜祭に行って来たが、今年は残念なことにまだ桜が咲いていなかった。
寒かったからだろう。
残念だ。
dscn6224.jpg
まだ咲かない桜の木の下でお花見をする人達。アメリカ人の花見も圧巻ですな〜。

dscn6236.jpg
ゴスロリファッションに身を包むアメリカ人の女の子達。内股度が足りないようにみうけられる。
本場の日本人はどう映るのだろうか?
金髪はズラでなく地毛だ。

dscn6239.jpg
寿司まくらに枝豆まくらも販売されていた!真剣に見ているおじさま!“エダマァ〜ミー”も既に英語になっている!

お手伝いしている肝心なサムライ集団の写真を忙しくて撮り損ねた。なにやっとんのじゃぁ〜!
日曜日も行くので今度こそ!

2

ひとつのことを知れば芋づる式にいろいろ知ることがある。

dpnycover.jpg

講談社電子文庫から絶賛好評発売中!! 
『Deeeeep!New York! 〜林檎の芯〜』

菊楽 恵著
1050円(税込み)
合い言葉はLet’s Try! ニューヨークの明るく楽しい!エッチをあなたも体験してみよう!

海外発行のクレジットカードの場合は、紀伊國屋書店Book Webでどうぞ!
どんなわくわくの内容なのか? 
下記の全てのサイトで抄録やサンプルがダウンロードできます。

講談社 電子文庫
理想書店
ウェブの書斎
紀伊國屋書店Book Web

***

ひとつのことを知れば芋づる式にいろいろ知ることがある。

先日、お伝えしたニューヨーク・タイムズの記事『男性のセクシーでキュートなアンダーウェアが人気』。
そこで紹介されていたブランド、Ginch Gonch。カナダのスラング(俗語)でアンダーウェアという意味らしい。ギンチ・ゴンチと読むのだろうか。

フリーのゲイ・マガジン、NEXTに私好みのGO-GOボーイがかわいいパンツを着用して登場する
広告があり、大切に取っていたのだ。それがGinch Gonchの広告だったのだ。
dscn6223.jpg
大切に取っていたページが、Ginch Gonchの広告だった!

サイトを見ると女性用のアンダーウェアも発売されていて、しかも男性用とお揃いだ。
ダ〜リンとお揃いアンダーウェアも可能。
またサイトではコンテストも行われている。
Ginch Gonchのアンダーウェアを着て写真を撮って提出。
一位に輝くと2008年のカタログの撮影旅行にVIPとして連れていってくれるそうだが、行き先は書いてはいなかった。

大切にしまっていた雑誌のページが人気の下着のブランドと知り、嬉しかったので、ご報告させていただいた。

Ginch Gonchのサイトはこちら

9

挨拶のキスとハグ(抱擁)。

dpnycover.jpg

講談社電子文庫から絶賛好評発売中!! 
『Deeeeep!New York! 〜林檎の芯〜』

菊楽 恵著
1050円(税込み)
合い言葉はLet’s Try! ニューヨークの明るく楽しい!エッチをあなたも体験してみよう!

海外発行のクレジットカードの場合は、紀伊國屋書店Book Webでどうぞ!
どんなわくわくの内容なのか? 
下記の全てのサイトで抄録やサンプルがダウンロードできます。

講談社 電子文庫
理想書店
ウェブの書斎
紀伊國屋書店Book Web

***

米国の映画俳優リチャード・ギア氏がインドの女優シルパ・シェティさんに公衆の面前で抱擁し、
キスしたことが猥雑罪にあたるということで逮捕状が出されたというニュースが報道された。
rg.jpg

テレビのトークショーを観ると、ホストとゲストが既に知り合いの場合は、ほっぺにキスし合ってハグしている。
リチャード・ギア氏の場合は、写真を見る限り「普通の挨拶」をかなり
超えてしまったようだ。余程嬉しかったのか?

ニューヨークという西洋の世界に暮らすと、挨拶として交わされるキスとハグ(抱擁)は、
それこそ挨拶なので日常のようにしなくてはいけない。

挨拶のキスとハグ(抱擁)について日頃思っていることがあるので、それについて書こうと思う。

***

ニューヨークに暮らして来月で丸8年。
実は、いまだに慣れないのが挨拶のキスとハグ(抱擁)だ。
女性ならまだしも、男性に挨拶でキスをされるのは好きではない。
GO-GOボーイのブランドンくんから受ける挨拶のキスは特別なのでそれは勝手に除外させていただく。

それに自分からするのも好きではない。
できれば避けたい習慣だ。
だから、挨拶でキスをしなくてはいけない場合、くちびるで音だけだして実際しないようにしている。

握手も苦手だ。
慣れない。
でも、握手するときは握力検査とばかりにギューと握るようにしている。
「よろしく」の意思表明には力強い方がいいらしい。

キスが嫌いなわけではない。
もちろん大好きな彼とのキスは大好き!
恋人でもない知人との挨拶のキスが嫌なだけ。
なかには、唾液を頬につける人もいるので、それは勘弁だ。
挨拶ハグもできるだけ避けたいと思っている。

私の両親がニューヨークに来た時、私の亜米利加人の友達は驚いた。
両親と抱き合ったり、頬にキスしたりしないからだ。
親子の情愛がないと思われた。
なんて冷たい親子関係だとも言われた。

べつにキスしなくても、両親のことは好きだし、両親にとって私は彼らの子供だもん、好きに違いない。
別にキスして抱き締めなくても愛情は感じている。
挨拶に対する基本的な考え方が違うから、妙” Strange”に見えただけなのだ。

***

恋人以外とは肌を寄せるという習慣がないし、接近するのは恋人と相場が決まっているので、
やはりドキドキしてしまう。そういう風習で育ったのだ。仕方がない。
両親のキス、それこそ手をつないでいるところも見たことがない私にとってはたとえ挨拶だとしても、
挨拶のキスとハグ(抱擁)は過剰の挨拶なのだ。
西洋では挨拶でしかない挨拶のキスとハグ(抱擁)は、
日本人の私には性的(セクシャル)なものであるのは否めない。

ヨーロッパ人の友だちは、私が挨拶のキスとハグ(抱擁)が嫌い、
いや不得意なのを知っているので、日本式のお辞儀をするだけ。
ほっとする。

そうは言いながら、郷に入っては郷に従えで、挨拶のキスとハグ(抱擁)はしている。

ところで、日本男児が挨拶のキスとハグ(抱擁)をしているのを見ると、
色めがねで見てはいけないと思いつつ、どうしてもセクハラに見えてしまう。
抱きついて、しかも無理矢理キスしているわけではないのだろうが、そう見える。
様(さま)になっていないから仕方がないのかもしれないが……。

dscn6220.jpg
挨拶は接触なしの方が、いいぃ~。

4

銀幕デビューを果たすの巻。FRWONLANDとWASTELANDを比較考察しつつ、オスカーにちょい役賞があったら?

dpnycover.jpg

講談社電子文庫から絶賛好評発売中!! 
『Deeeeep!New York! 〜林檎の芯〜』

菊楽 恵著
1050円(税込み)
合い言葉はLet’s Try! ニューヨークの明るく楽しい!エッチをあなたも体験してみよう!

海外発行のクレジットカードの場合は、紀伊國屋書店Book Webでどうぞ!
どんなわくわくの内容なのか? 
下記の全てのサイトで抄録やサンプルがダウンロードできます。

講談社 電子文庫
理想書店
ウェブの書斎
紀伊國屋書店Book Web

***

先日、お伝えした銀幕デビュー。
昨夜、果たしてきたのでご報告する。

アンソロジー・フィルム・アーカイヴの250名収容するだろうの一番大きいシアターで開催された。
客席は満員だった。
afa.jpg
アンソロジー・フィルム・アーカイヴ。2nd St @ 2nd Ave.にある。

映画のタイトルはFROWNLAND。邦訳すれば何だろう。
FROWNLANDは合成語だが、Frownは名詞も動詞もあり、「眉をひそめる」「しかめ面」とか。
LANDといえば、ノーベル文学賞受賞詩人T.S. エリオットのThe Waste Landは『荒地』と邦訳されているので、『苦渋の地』ではどうだろう。でも、もっとク〜ルにするのであれば、『こまちゃう顔の地から来た男』とか。

主役はどもりの男性で、しゃべるのに苦労している。まさに、いつもFROWNしているのだ。
困った顔をしている。つらそうな顔をしている。
それに、彼の周囲の人間もあやしい人間ばかり。
貧乏人ばかり。

ストーリーについては、ツィン・ピィークスのニューヨーク身近版という説明が分かりやすいかもしれない。
もちろんのこと、ツィン・ピィークスとは全く違うのだが、そう言えばなんとなくFROWNLANDの”妙な感じ”が分かっていただけるだろう。
それにT.S. エリオットのThe Waste Land『荒地』は凡人な私には難解な詩であったが、人生とは空虚で辛いものだが、それでも生きて行く的な普遍性を感じたのだが、それをFROWNLANDでも感じたのだ。
ロニーにT.S. エリオットを意識したのかどうかは聞いてはいない。

事件があって解決するメリハリがはっきりしている分りやすいお話ではない。
難解なのは事実。
そういうのを分らないのは格好悪いねって言われてしまうのが怖くて、「あの映画良かったね」と
一般の人にも支持される傾向の映画とも言えるかもしれない。
ハンサムでない主役の男性のもてないであろうの後ろ向きな雰囲気とどうでもいい、いけていないファションと、
ねっとりした、ダメなところにやるせなさを感じだ。

***

ところで、Deeeeep!New York!菊楽恵流に語らせていただくと、全く重要なシーンではないのだが、
主演のDore Mann氏の全裸シャワーがあった!しかも全裸が映し出されていた!フルチン(Full チン)!

GO-GOボーイのパンツ越しのもっこりしか鑑賞していない私にはとって〜〜も刺激的であった。
上映後、彼と少しお話ししたのだが、”あなたの裸もソコも見ちゃっているのよねぇ〜私”って
思った私は……。そういう下世話なことを思うのが人間というものであろう〜。ねっ?
それにしても、そう思うのって私だけ?

実際の彼は、映画の人物と全く違って明るく、元気な方なので、演技ってすごいなぁ〜とは思わずにはいられない。
いつも思うのだが、俳優業というのは大変な商売(ビジネス)だと思う。私にはできない。

dscn6209.jpg
主演のDore Mann氏。彼の個性的な風貌と演技が、あなたをFrownlandの世界に誘う!

***

上映は35ミリフィルム。
スーパー16で撮影して、35ミリにトランスファーしたということだ。
「お金はどうしたの?」と思わずにはいられなかった。
ハリウッドでは湯水の如く使われる35ミリ・フィルムだが、インデペンデント・フィルムメーカーにとっては
一大事。それこそ清水の舞台から飛び降りる覚悟でするくらい高額なのである。
亜米利加なのでマウント・ラッシュモアから飛び降りる覚悟と言った方が的確かもしれない。

世界の映画祭でも35ミリしか受け付けないところがあり、資金繰りが大変なのだ。
事実、私は諦めて、上映が決まったとしてもビデオをも受け付ける映画祭しか応募しない(できない)。

ロニーに35ミリへのトランスファー代がいくらかかったのかを直撃した。
3万ドル(日本円では360万円くらいだろうか)をローンで借りたそうだ。
彼の意気込みは並々ならぬものだ。
SXSW映画祭(テキサス)では審査員賞を受賞し、幸先の良いスタートを切ったことことは確かだ。

dscn6211.jpg
監督のロニー(Ronald Bronstein)。亜米利加を代表するカルト画監督になる日も近いだろう。

***

ところで、銀幕に映写された私は……。
5秒!
顔はなし。後ろの頭と横顔が少々と鼻が少し。

ブスだから画面に堪えられなかったのか?
いや私の顔があまりにも個性的過ぎて主役を喰ってしまうからだろうという前向きな方向で考えることにしよう。
いやいや、背中で演技できる演技派というのが真実かもしれない。
背中で演技ができてこそ本格派ということだろう。
私も女優としての才能があるということか? (そいうことで落ち着こう〜)

ロニーは私の登場シーンを全面カット!と考えていたそうだが、シネマフォトグラファーの説得により、
日の目を見たとシネマフォトグラファーのショーン本人から聞かされ感涙した。

ありがとう!

さらに、5秒のシーンながら、日本語という特異性からか、テキサスの映画祭では笑いが出たと教えてくれて、
日本人に生まれて良かったと思った瞬間であった。

自らでっち上げた台詞だったが、既に記憶には無く、赤面!恥ずかしい部分を使われていたらどうしようかと
心配していたたが、「そうよ。全然暇なのよ」という毒のない台詞だった。
ホッと胸を撫で下ろしたのは言うまでもない。
それにズーズー弁のなまりは隠せずで、日本人が聞いたら笑っていただけると思う。
もしかして日本人がテキサスの映画祭にいたのかもね〜。
数人から「何て言っていたの?」と聞かれたが、「秘密」とわざと言ってみた。夢を持たせようと思う。

「オスカーに、ちょい役賞なんてのはないかなぁ〜。だったら私にもチャンスが」
と急に貪欲になってしまった一夜であった。

***

keith3.jpg

映画のタイトル:Frownland
監督:Ronald Bronstein
上映時間:106 minutes
フォーマット:35mm

オフィシャルサイトはこちら
The South by Southwest Film Festival(映画祭)のサイトは こちら

8

チャンバラ!? いえいえ武士道にて候!桜祭のご案内。ブルクッリン植物園にて。4月28日、29日開催。

dpnycover.jpg

講談社電子文庫から絶賛好評発売中!! 
『Deeeeep!New York! 〜林檎の芯〜』

菊楽 恵著
1050円(税込み)
合い言葉はLet’s Try! ニューヨークの明るく楽しい!エッチをあなたも体験してみよう!

海外発行のクレジットカードの場合は、紀伊國屋書店Book Webでどうぞ!
どんなわくわくの内容なのか? 
下記の全てのサイトで抄録やサンプルがダウンロードできます。

講談社 電子文庫
理想書店
ウェブの書斎
紀伊國屋書店Book Web

***

私が関わった映画にノー・ギャラで出演してくれた殺陣集団、Samurai Sword Soul(サムライ・スウォード・ソウル)
主宰者は俳優のヨシ天尾さんと同じく俳優でもあるボブ桑山さんの二人だ。
ニューヨークのサムライで有名なお二人は殺陣のクラスも主催しており、亜米利加人に人気なのであ〜る。
サムライ人気はいまだ衰えずだ。

Samurai Sword Soulは、毎年ブルクッリン植物園で開催される桜祭に“サムライのショー”を行っている。
藝術の物々交換とでも言おうか、私はノーギャラで協力してくれたお礼に小道具係として手伝っている。
今年で3年目になる。
下記の写真が去年、私が作りました舟、むさし丸であ〜る。学芸会的で変なのはお許しいただき、ちょっとでも微笑んでいただければ幸いだ。
musashi_maru.jpg
乗舟するのはボブ桑山さん。彼が脚本、演出、殺陣の全てをこなす。

上記の写真のような舟が使われるし、サムライのショーだから、チャンバラトリオのようなお笑い系だと誤解される方もいるかもしれない。
残念ながら、ハリセンは登場しない。
日米の殺陣を勉強する生徒さんが出演する本格的なサムライ活劇なのだ。
子供に大人気だ!
台詞は、亜米利加人の弁士が英語で語る。

今年もある小道具(ちょっと大道具)を依頼された。
このブログの読者ならば喜んでくれるに違いない代物だが、それは見てのお楽しみにということで、現在のところは秘密!

***

ブルックリン植物園での桜祭は、今年で26年目を数えるという。
桜の種類は、日本の桜といえばの染井吉野ではないが、何千本のぼたん桜が毎年満開になっている。
その並木の隣にステージが開設されるのだ。
サムライのショー以外にも、お茶や生け花のデモンストレーション、そして我が短編映画の主演女優である明子ちゃんが唄う
チンドン屋バンド他多数も出演する。たこ焼きやお好み焼きのような屋台はないが、お弁当や飲みもの(ただしソフト・ドリンクのみ)が販売される。ブルックリン植物園の入場料は一般で8ドル。

sss.jpg
去年のショーの出演者の記念撮影風景。日米ウクライナの三国のサムライ。
私は裏方さんなので写っておりませ〜ん。

毎年何万人もの入場者があり大混雑。
亜米利加人のコスプレ・ファンやアニメ・ファン、ゴスロリ・ファンがこぞって扮装してやって来るので、それを見るのも楽しい。我が文化が亜米利加にいかに浸透しているかを肌で感じることができるからだ。
日本庭園もあり、なんか違うなぁ〜感はあるが、それはそれで鑑賞するのも楽しい。

詳細はBrookyn Botanic Gardenのサイトへどうぞ。
スケジュールはこちら。

***

The Sakura Matsuri Cherry Blossom Festival

闘いあり、涙あり、恋愛もあるサムライ活劇、The Red Shadow
土曜日:2:30–3:15
日曜日:4:00–4:45
場所は、メイン・ステージ。
flyer_front.jpg
主人公のやくには秘密があった……。人々は彼を忌み恐れ、そして血みどろの闘いが……。

flyer_back.jpg
下ネタばかりではない。たまには正統派日米交流もしています(笑)

6

ニューヨークで現在上映されている邦画は、ピンク映画であ〜る!

dpnycover.jpg

講談社電子文庫から絶賛好評発売中!! 
『Deeeeep!New York! 〜林檎の芯〜』

菊楽 恵著
1050円(税込み)
合い言葉はLet’s Try! ニューヨークの明るく楽しい!エッチをあなたも体験してみよう!

海外発行のクレジットカードの場合は、紀伊國屋書店Book Webでどうぞ!
どんなわくわくの内容なのか? 
下記の全てのサイトで抄録やサンプルがダウンロードできます。

講談社 電子文庫
理想書店
ウェブの書斎
紀伊國屋書店Book Web

***

最近、上映されている日本映画をご紹介しよう。
日本映画はそう頻繁にニューヨークで上映されているわけではないのでとても貴重だ。
なるべく映画館に足を運び、鑑賞するようにしている。

『花井さちこの華麗な生涯』という映画で、英語のタイトルはThe Glamorous Life of Sachiko Hanai。
ダウンタウンのあちらこちらでポスターが貼られていて、上映前から気になって仕方がなかった。

映画館に行く前に、予告編を観たのだが、どう観てもエロ映画!
日活ロマンポル風だ。しかも、ブッシュ大統領(お面だが)が登場し政治色が濃そうだ。

sachikohanai1.jpg
セクシーなポスターで内容が気になって仕方がなかったのであ〜る!

***

日本映画を観る場合、一人で観に行ってはつまらない。
外国人が日本映画を観てどう思うか? どう反応するかが楽しいのだ。
でも、人選は正しくしなければならない。
こういう類いの映画をありがたいと思い、楽しめる人間だ。

自称オリエンタル系女性研究家を誘ってみたら、ふたつ返事!
彼は、亜細亜人の中でも、東洋系である中国人、韓国人、日本人を、特に日本人の女性を見破れるのだ!
内股で立っているか、否かで見分けるのだ。それについては、こちらをどうぞ。

映画館はシネマ・ビレッジ。シアターは3つあるが、収容人数30名程度の一番小さいシアターで上映された。
客席は満杯。ポルノ映画館ではない普通の映画館であることをお断りしておこう!
それにNot Ratedだ。あの予告編でNot Ratedとは……?? 
果たしてどんな内容なのか?
04-20-07_2329.jpg
ボックス・オフィスのサイン。1日1回のみの上映。もっと回数があってもいいのにね!

***

それでは観賞後の総評をお伝えしよう!
その前に内容を少々説明する。セックスシーンがいっぱいのエッチな反戦映画だった。

*まずは、観客の亜米利加人の反応について*

・射精シーン(大量で、なかなか止まらない)では場内爆笑。
・ブッシュ大統領の素晴らしいフィンガー・テクニックにため息が!
・最後に亜米利加国歌を主演の黒田エミが日本語で唄っているのだが、英語で一緒に唄っていた。

・男女6人のグループが私たちの後ろに座っていたのだが、映画を紹介してくれた友達に「おもしろい映画の存在を教えてくれてありがとう〜」と言っているのが聞こえた。
ブラック・ユーモアがアニメ「サウス・パーク」的だとも言っていた。

*つぎに、自称オリエンタル系女性研究家の感想*

・黒田エミちゃんの演技(セックス・シーン)が素晴らしい。きっとプロに違いない!
・喘ぎ声が日本人だった。
・中国人、韓国人、日本人の喘ぎ声はそれぞれ違う。
喘ぎ声は言語に根ざしているので、言葉が変われば喘ぎ方も違うという。
国によって異なるのは当然なのだ!(←なるほど!)

さすが自称オリエンタル系女性研究家。喘ぎ声まで研究していたとは……!!
おみそれしました……!!

***

ネットで調べてみると、この映画のジャンルは、“ロマン・ポルノ”といわれるのだとてっきり思っていたが、
ピンク映画というそうだ。
ふむふむ。ピンク映画!懐かしい響きではある。
“ロマン・ポルノ”は製作が日活の場合でしか使えない、商標なのかもしれない。
監督は女池充。「めいけ・みつる」と読む。まさにピンク映画監督!なお名前で納得してしまった。

最後に私の感想だが、ピンク映画で、政治関連といえば、若松孝二監督作品の英語のタイトルがEcstasy of the Angelsである『天使の恍惚』を思い出した。
観たのは亜米利加人の友達がDVDを貸してくれたからだ。
政治運動がテーマで、活動家のセックスがちりばめられている。
英語の字幕付きでDVDが亜米利加でも販売されている。

51ehxakhayl_ss500_.jpg
DVDのカバー。主演の女優さん、内股で立っている!まさに大和撫子だ!彼女の歌声が素晴らしい!

セックス・シーンについて比較して語れば、『花井さちこの華麗な生涯』の方が、男優の腰の動かし方が激しかった。
『天使の恍惚』においては、それじゃ射精は無理だよね〜の柔らかな(生温い)腰の振りだった。
当時(世に出たのが1972年)では衝撃的な描写だったとは想像されるが、
30年以上の歳月で、ピンク映画界はアダルト・ビデオの影響もあり、“男優の腰の動かし方”が、
より現実に、さらにエンテーティメント化したと言えるだろう。

本国NIPPONよりは、この手の映画は外国の方が人気があると思う。
悲しいことに、誰が日本で有名でスターな俳優/女優なのかは一部の俳優さん2名を除き、
全く亜米利加では知られていない。
だから、無名な女優さんでも内容が面白ければ一向に構わないのだと思う。

実際、日本では『花井さちこの華麗な生涯』The Glamorous Life of Sachiko Hanaiは知られている映画なのだろうか?

***

オフィシャルサイト(日本)はこちら

監督の女池充氏 & 主演の黒田エミちゃんのインタビューが読めるサイト