4

余韻とトータルエクリプス

おはこんばんちは〜!

GAYお芝居、オフブロードウェイ、”afterglow”『アフターグロウ』についての続きをお伝えしたいと思う。

***

演出&脚本のアッシャーさんとGAY友とヘルズキッチンのGAY BAR、Barrage『バラージ』に行く。

via : http://www.60by80.com
チェルシーもBarrage『バラージ』がある。行ったのはヘルズキッチンの『バラージ』

***

アッシャーさんにあれこれ質問する。

脚本&演出のアッシャーさん!若い才能!!!これからのさらなる活躍を見たい!

***

M(私): とても現実的なお話ですが、ストーリーは自分の体験ですか? 想像? お友達のお話?

アッシャーさん: 自分の体験を脚本にしたんだ。

M: やっぱり!超リアルでした。エンディングはお客さんに任せる形になっていましたが、アッシャーさんご自身の場合は?

アッシャーさん: 夫の元に戻ったよ。恋人とは別れた。オープンリレーションシップは無理だね。

M:  タイトルの”afterglow”『アフターグロウ』の意味を教えてください。

アッシャーさん: 余韻だよ。セックスの後の余韻をタイトルにした。『余韻』はいいものだから。

アレコレ考えてしまったが、シンプルにセックスの後の『余韻』だった!

M: 公演の延長も決まり、ビジネス的にはどうなのでしょうか?

アッシャーさん: 全ての経費がチケット代で賄われているんだ。トントンだよ。
日本で公演したらお客さん来るかな?

M: 日本では全裸での公演は難しいと思います。

ジェイク: (英語教師として一年間、岡山県に滞在したことがある)。
日本のポルノでは、性器はモザイクでよく見えないようになっているから、モザイク処理が舞台でできれば上演OKなんじゃないの???

*ジェイクが言った舞台でモザイク処理とは???
ジョークで言ったのとだと思うが、私なりに考えてみた。

黒子さんが登場して、動きに合わせて股間に特製金隠し!?

真面目なお話が一転してお笑いになってしまう!!

却下!!!!!

M: 日本では同性婚も認められていないし、代理母で我が子を持つことなど、日本での状況と比べると進みすぎて共感は難しいかもしれないけど、イケメン白人GAY GUYSの裸とラブラブシャワーシーンを見たい女子ファン(腐女子)の人気で満員になるかもです。

***

アッシャーさん: 今度は、僕がみんなに聞きたいんだけど、”afterglow”『アフターグロウ』のお芝居で何か得たのか教えてください。

みんな: オープンリレーションシップは最初は良さそうだけど、カップルの関係を壊す結果になるから良くない!!!

GAY友全員一致の意見だった!!!

セックスだけの性欲処理の関係のはずが「I LOVE YOU」に!!! 胸キュン必至の夫と恋人とのGAY不倫シャワーシーン。

*** ご注意!ひみつのネタばれ シークレット!!*** 

内容を知りたくないという人はお気をつけてください!!

性欲処理だけだと思っていたら恋心を抱くようになってしまったジョシュは、その気持ちを隠せずアレックスにバレバレの行動を取る。

最初は、忙しいのに「かまってくん」のジョシュを相手してくれるからダリウスと2人で会うことをOKしていたが、2人の関係が真剣になっていくことを察知し、アレックスは苦悩した結果、ジョシュにぶちまける。

ジョシュは代理母から産まれる我が子のこと、アレックスと父親になることを考えて、ダリウスと泣き泣き別れる。

しかし、別れてからジョシュは抜け殻になってしまう。

シャワーを浴びてから服を着る元気もなく、全裸でカウチに座り、落ち込んでいるジョシュ。
仕事から帰ってきたアレックスは、全裸のジョシュを見て驚き、抱きしめ、無理やりキスをする。
ちなみにアレックスは仕事からの帰宅なので洋服は着用している!

第一回目の観劇では、アレックスが無理やりジョシュにキスをしたシーンで、全裸のジョシュが、半立ちに!!!
完全勃起の手前に!!

一緒に見ていたカールくんと目を合わせた!!
観劇後、役者さんはGAYかストレートか?という話題になった時にジョシュ役の俳優さんはGAYに違いないとカールくんと結論付けた。

演出が多少変更になった第二回目!

ジョシュは全裸ではなく、シャワー後、下着のパンツを着用してソファに座る演出に変わっていた!!!!!

実は、今度も半立ちになるか? 確認したかった!!!!(赤面)

アッシャーさんに会った時に、なぜパンツを穿く演出に変更になったのかを聞くのをすっかり忘れた!

残念!

演出変更で、半立ちは今回見られないことをカールくんに報告すると、「前に見ていて良かったな〜」とのお返事。

確かに!!

演出変更後のバージョンしか観ていないGAY友は残念がっていたことを付け加えておこう!

*** ひみつのネタばれ シークレット!! 終わり *** 

アッシャーさん、俳優のロビーさん(アレックス)、パトリックさん(ダリアス)、ブランドンさん(ジョシュ)からサインをしていただく!!!

***

オープンリレーションシップ絡みの三角関係・不倫恋愛のGAYお芝居”afterglow”『アフターグロウ』。
父親になる前で話は終わっているが、父親2人と子供たちが織りなすホームドラマのお芝居がとても近い将来プロデュースされて、
上演されるかもしれないと思っている。

私の親しいGAY友にはいないが、友達の友達に代理母で我が子を持つ2組のGAYカップルがいる。
ニューヨーク在住。

成功しているお金持ちのGAYカップルだ。
代理母は超高額なのでお金がないと実現しない。
それぞれの父親の子供なので子供は2人。
たまたま2組とも兄と弟の男の兄弟だ。

彼らの子供ひとりは、小学生。

同級生からは「お父さんが2人いていいなー」と羨ましがられているという。
お母さんはガミガミうるさいし、アクティヴじゃないからサッカー、野球、スノボ・・・、全然一緒に遊んでくれないし〜だからだそうだ。

父親2人のGAYカップルのホームドラマ、観てみたい!!
そう思いませんか?

ところで、先日、全米を横断した皆既日食!

ニューヨークは残念ながら部分日食だった。

ニュース映像を見ると、本当に真っ暗になる!

実際に見た人によると感動して涙が出たという。

生きている間に皆既日食を見てみたい!!!

GAY友DAVEさんから送られてきたニューヨークの日食写真をどうぞ!

© Devendra
ミッドタウンにある会社の屋上で撮影したとのこと。芸術的だ!

***

皆既日食は英語では”TOTAL ECLIPSE”

“TOTAL ECLIPSE”『トータルエクリプス』といえば、これであ〜る!!

ランボーはディカプリオ!ヴェルレーヌはデヴィッド・シューリスが演じた。邦題は『太陽と月に背いて』。

アニエスカ・ホランド監督(女性)の1995年の作品であ〜る!

6

ヒヤリとした出来事

おはこんばんちは〜!

先日、トライベッカを歩っていたところ、交通事故現場に遭遇。

NYPDのおまわりさんが現場検証をしていた。
野次馬のひとりに聞くと女性が車にはねられて亡くなったとのことだった。

胸が痛む。

via: http://www.nydailynews.com/
“NY Daily News”『ニューヨークディリーニュース』に遭遇した交通事故についての記事と現場写真が掲載されていた!血痕はモザイク加工した。

***

用事を済ませ、暑いので木陰で休もうとシティーホール(ニューヨーク市役所)公園のベンチに座る。

友達からのテキストに返信していると上空から

「メキメキ〜!」

という木が裂けるような音がしたと思った途端、
ドサーッと巨大な枝が隣のベンチに落下してきた!!!

メキメキ〜という木が裂ける音がしたあと落下してきた!!!

***

ギギギギギギギギィヤーーーーーーッッッ!!!

隣に座っている人の慌ててる様子を察知して、私の体も勝手にベンチから飛んで逃げだず!
意識はせずに体が勝手に動いたのだ!!

誰も怪我はしなかった!!!

万が一、頭に落下したら????

痛いかな?

即死???

ひえ〜〜

幸いなことに怪我人はいなかった!それにしても驚いた!

***

警察官、救急車、ファイアーファイターズも来た!

イケメンのファイアーファイターはいないかなぁーと彼らをまじまじと見つめている自分に「平和」を感じたことを付け加えておこう!

緊急時にレスキューに来てくれるファイアーファイターズ!!!力持ちの彼らは、巨大枝をささっと軽々と動かしていた!

***

アパートに帰り、オンラインの”New York Daily News”『ニューヨークディリーニュース』をチェックすると、交通事故に遭った女性は、トラックに轢かれたが亡くなってはいなかった。

安堵した。

それにしても野次馬さん、適当!いい加減!

***

自分が気をつけても防げないことは多々ある。
しかし、何もなく安寧に暮らしたいと思った。

ニューヨークに来たばかりの頃、マンハッタンで車に轢かれた。
救急車が到着するまで、道路のど真ん中に横たわって見上げた空と私を励ましてくれた方々思い出した。

***

今回、GAYネタはなしで失礼しました!

GAY不倫泥沼!?『アフターグロウ』2回目の観劇。 大好評で9月まで公演延長に!!

おはこんばんちは〜!

GAY友ジョーが、2回目の”Afterglow”『アフターグロウ』のチケットをお誕生日としてプレゼントしてくれた。

さらに嬉しいことに、GAY友のジェイクが、脚本&演出のS.アッシャー・ゲルマン氏とお友達なので紹介してくれるという。

真ん中のジョシュと右のアレックスが結婚している。左がダリアス。オープンリレーションシップの2人。カップルのマンネリになってしまったセックスに刺激を与えるだけの役割のはずだったのだが・・・。不倫!? 三角関係に陥ってしまい・・・というお話である。

***

ヘルズキッチンにある劇場の前に行くと、ジョーがすでに来ていた。
開演は午後7時半から。

ジョーは3人の友達といた。
彼らはチケットのキャンセル待ちだという。
チケットは完売!
GAY GUYSの口コミで広がり、人気上昇中らしい。
おおおおおお〜!!

ジェイクと彼氏のデレク、ジェリーとデリーも到着。
仕事が忙しく抜けられないということで一緒に観劇予定だった2人は来られず。
6人で観劇することに。

***

前回では女性の観客は私ひとりだったが、
白人女性2人組、若いコリアンの女性3人組もいた。

韓国人の腐女子だろうか? 

話している言葉でコリアンと分かった。
女子トイレで会ったから。

***

開演前、私ひとりで地下のトイレに行き、開演時間が間近だったので、3階までがんばって階段をかけ登る。

若くはない。
息が上がる。

はぁ〜はぁ〜はぁ〜

舞台写真が飾られている小さいロビーに、ジェイクとデレクと話している男性が目に飛び込んで来た!
会ったことはないし、写真だけどしかっと記憶している!

脚本&演出のS.アッシャー・ゲルマン氏だ!

「アッシャー!!」とおもわず叫ぶ!

「はぁ〜はぁ〜はぁ〜はぁ〜はぁ〜はぁ〜はぁ〜はぁ〜」

ジェイクは私が嬉しくて興奮して息が上がっていると勘違い!

「そんなにアッシャーに会えて嬉しいの?」

違うつーの(現代日本語風)

舞台の演出家というと尖っているイメージがあったが、物腰が柔らかい。
公演前に会えて非常に嬉しい!

S.アッシャー・ゲルマン氏!若い才能!サインをいただき記念撮影!

***

演出を変更したそうだ。インターミッションをなくし、かつ前回より15分短い内容になっているという。

短縮変更!?

上演時間が短くなっているということは、

見所のひとつである、全裸シャワーシーンが消滅!?

それとも増えてる??
へへへへ〜

気になる点はそこか?とジョーに突っ込まれる(笑)

どんな風に変更になっているかジョーともどもワクワク!

全裸シャワーシーンは消滅か? 継続か? それとも増えているのか?

***

*** ご注意!以下ネタバレ内容も含むのでお気をつけてください!***

観劇後、ジョーと話し合った結果、セリフやシーンが削られていたり、バーのシーンのセットが変わったりしたが、大筋の変更はなかった。

シャワーシーンの変更はなし!!!

私が気になっていた、代理母の父親はどっち? ジョシュ? アレックス?
新バージョンでは言及されていなかった。
ジョーに聞いたところ、前回ではジョシュというセリフがあった。

2人の精液を混ぜて受精させる方法もあると聞いたことがある。お芝居の2人はその方法ではなかった。
そういえば、アレックスは複雑な家庭で自分のDNAは残したくないようなセリフがあった。

セックス中を連想させるもだえ声が聞こえる時間が前回よりもはるかに短かった(残念!)。
「(ペニス)を抜くよ」のセリフも割愛されていた(これも残念!)

改めて気が付いた点なのだが、不倫!三角関係に陥ってしまう原因だ!

ジョシュはいつでもアレックスからアテンションが欲しい。
かまって欲しいタイプなのだ。

アレックスは大学での研究が忙しい。
疲れて自宅に帰って来ると、ジョシュのかまって!かまって攻撃が始まり、うんざり。うざい!!

だから、マッサージセラピストでセックスだけの関係のダリアスがアレックスの代わりにジョシュと時間を過ごしてくれたら逆に嬉しい。

ゼリウスは自分もセックスしているし、知っている相手!
だがら、安心。
そんな気持ちから2人で会うことにOKしたのだった!!

だが・・・。

***

公演後、S.アッシャー・ゲルマン氏が「アクターとも話がしたい?」に聞かれ、もちろん即答である!「はい!お願いします!」

出演している3人の俳優さんに挨拶と記念撮影をさせていただいた。
近くで見ると繊細で美しい感じが伝わってくる。
みんな驚くくらい優しい!!!!

イケメン俳優3人をご紹介しよう!!

私も観客もあなた達のチンチンもタマタマも見てます!

結婚しているカップルの夫でブロードウェイのプロデューサー、いつも構って欲しいタイプのジョシュ。
夫に構ってもらえない寂しを埋めるためか、セックス相手だと思っていたダリアスのことを愛してしまうジョシュを演じるブランドン・ハイジンセン(Brandon Haagenson)。

ブランドン・ハイジンセン!かまってくんで、恋人を作ってしまうジョシュを演じる。

***

公演後、記念撮影。風邪を引いてしまったと言っていた。全裸のお芝居だからか?役者は体が資本!気をつけてください!ところで、バイセップスがセクシー!

***

夫がセックスパートナーを持つことに寛大だったが、性欲処理ではなくなり「愛」を感じていることを察知して傷つく化学を研究しているアレックスは、ロビー・シンプソン(Robbie Simson)が演じる。

ロビー・シンプソン。夫が他の人を好きになっていくのを目の当たりにして苦悩するイケメン化学者アレックスを演じる。

***

全裸を知っているだけに、とてもドキドキの私。彼の隣にいるよ〜(ドキドキ)!笑顔が素敵!!

***

自宅アパートでマッサージを生業にしているダリアス。
顧客の結婚しているカップルとセックスを楽しむだけのはずが、ジョシュに惹かれて、GAY不倫泥沼!? 
人の夫だと知りながらも止められない恋に悩むダリアスを演じるのはおパトリック・ライリー。

好きになってはいけない男性を好きになってしまい号泣するダリアスを演じるのはパトリック・ライリー。

***

全裸姿を知っているだけに、彼の隣にいてもドキドキの私!最高にかわいい笑顔!!!!!

***

「全裸でお芝居するので、体には気を使っているのですか?」
と私的に一番気になる質問を全員にする。

「特にしていないよ」とのお返事。
そこはプロ!努力を敢えて言わないのかもしれない。

お腹が出てしまうので舞台に出る前には食事はできないだろうし、体毛もちゃんと処理しなくてはいけないだろうし・・・。
と、あれこれ想像するだけで幸せな気持ちになっている(笑)。

***

3人の俳優のセクシャリティーはGAY!!
それを知って激しく安堵!!!!

ストレートの俳優もGAY GUYの役を演じることができるわけで、役柄と実際の人間は全く違っても「演技」なのだから問題はないのだが、先ほどまで男性とLOVEシーンをしていたのに楽屋口や帰るお家に彼女や奥さんが待っていて〜となるとファンとして非常にがっかりする。
夢を思いっきり砕かれた感じになる。

ストレートの俳優の場合、ストレートである女子の自分にも彼女や妻になれる可能性があるかも!という仮想恋愛に持ち込むことも可能。

だが、私はのわがままな個人的な希望では、私生活でもGAYであって欲しい!!
女とは愛を語って欲しくない!ない〜!ない〜!ない〜!!ない〜!!

GAY俳優がストレートの役を演じて女優とLOVEシーンを演じるのは全然気にならないのだが。

***

記念撮影後、ヘルズ・キッチンのゲイバーBARRAGE(バラージ)にみんなで行くことに。
演出&脚本のアッシャー・ゲルマン氏にいろいろ聞くことができた。
その続きは次回に!

大好評で上演期間が9月22日までに延長された!!
ニューヨークにお越しの際はぜひぜひ!!!

大好評につき公演延長!!!EXTENDED!!!おめでとうございます!

やる気!

おはこんばんちは〜!

今日は暑かったニューヨーク。
皆様、お元気ですか?

***

友人に、リカちゃんとカールくん人形でストレートカップルのLOVE LOVEな感じな写真を送って〜と頼まれた。
個人で楽しむためらしい。

ピンクのソファを用意してキラキラの背景も置いて撮影。

リカちゃんとカールくん人形で恋人風との要望があり・・・

***

カールくん人形の太ももの上にリカちゃんの手を置いたり、カールくん人形の腕をリカちゃんの肩に回したり、恋人風に組み合わせた。
が、全くもって愛し合っている二人には見えない。

なぜだろう???

試しに、リカちゃんをKENに置き換えて撮影してみた。

リカちゃんからKENに置き換えた!!

***

愛し合ってる2人に見えるではないか!!!

壁紙も変えて撮影!!

ピンクの水玉の壁に変更!!

照明も暗くしてみる。

ロマンチック度が高まる。

***

友人にお願いされたリカちゃんとカールくん人形のストレート恋人写真の出来は自分でもよく分かる。
全然良くない。
立体感が感じられないし、何よりも「愛」が発散されていない。

KENだと自画自賛とは知りつつ、滲み出るセクシーさが違う!!

照明やアングルにも力が入る。

同じ設定なのにここまで違うとは!!!

KENになると断然「やる気」が違うのである。

好きなことは「やる気」に結びつくんだなーとこの歳でも思い知らされた。

***

夏バテにお気をつけてください!

追記:リカちゃんは大好き!!

でもリカちゃんと男子のカップリングには「やる気」が起きない。

バービーとKENとでも同じ。

KENがGAYであるという設定に断然「やる気」が出るのである。

リカちゃんだから「やる気」が出ないわけではないことをお伝えしたい次第であ〜る!

2回目の観劇!気になるのはアソコだけではない〜

おはこんばんちは〜〜

夏バテ気味の今日この頃。
皆様もお気をつけて!

***

先月の拙ブログでオフブロードウェイのGAYお芝居“Afterglow”『アフターグロウ』を観劇してきたことをお伝えした。

結婚して5年。ルールを破らない限り他の人とエッチしてもOKというオープンリレーションシップのニューヨーク在住のGAYカップル。
代理母が妊娠中で出産を控えている。

セックスを楽しむだけの相手のはずだっのが、夫のひとりが恋をしてしまい、婚姻関係に暗雲が垂れ込めて・・・、というお話。

セックスだけの性欲処理の関係のはずが「好き」になってしまう。夫と恋人とのシャワーシーン。

***

衝撃的だったのが、登場人物3人全員が一糸纏わぬ姿。

生まれたままの姿。

素っ裸。

全裸。

それも鍛えられた贅肉のない筋肉質の体〜〜

ペニスも睾丸も丸見え〜の演技が8割を占める!
ポルノではないので「挿入シーン」はない!というのを一応付け加えておこう!

こういうお芝居を観てきたことをGAY友とストレート女子の仲間のグループチャットでGAY友に報告するやいなや、みんな「観(見)たい!」

ということで、残念ながら仕事の関係で参加できないGAY友も数人いたが、前回も一緒に観たカールくんとジョーを含めた7人のGAY友とまたまた観劇することになった!!!

嬉しいことにジョーがお誕生日プレゼントとして私の分のチケットを買ってくれた!!
ううううう〜〜、ありがとう!

なんとGAY友のひとりが、なんと演出&脚本のS.アッシャー・ゲルマン氏とお友達とのことで、公演が終わったら会ってくれるという!!

***

3人の白人イケメン俳優のペニスや睾丸を見たいという気持ちも否めない!!!
そこは本能だもの。

しかし、GAYやストレートというセクシャリティーに関係なくカップルの関係について考えさせられる。
結婚していても他の人を好きになってしまうことがあるのだ!!

ステージのセットも工夫されていて、エンターティメントとしても素晴らしい。

2回目なので、前回よりも英語の内容がもっと理解できるのではないかと思う。
妊娠中の代理母の父親はどっちの夫(ジョシュかアレクッスか?)なのかを確かめたいと思う。

***

演出&脚本のS.アッシャー・ゲルマン氏とのミーティングについてもご報告したいと思う。

写真では写っていない下の部分にみんな興味津々。男性器の露出以上にエンターティメントとして楽しめるお芝居であることは確かだ!