2

酔った勢いでの戯れと片付けてしまっていいのだろうか?

TitleDPNY.jpg

mixiのコミュニティー!
Deeeeep!NY 〜女の夜遊び〜にもどうぞ!
リンクはこちら
恋をするにも実のらない。デートするもうまくいかない。
しかし、めげないラブ・ストーリー(か!?)を毎週連載形式でお送りしています!

***

今夜、友人の白菜子(はくさいこ/仮名)さんの知人のバースディーパーティーに行って来た。
場所はグラマラシー・パークにあるファンシーなバーだ。ゲイバーではない。

なぜ白菜子さんが全く関係のない私を招待してくれたかというと、お誕生日ガールのトレイシー(仮名/女、亜米利加人、白人)はゲイメンの友達がいっぱいて、彼らが来るからだ。
ゲイメンのお友達を作る絶好の機会だと白菜子さんは思ってくれたのだ。

しかし、パーティーにいたのは女ばかり。
ゲイメンではなくゲイウーマンの間違いだったのかと思ったのだが、ゲイメンは後で来ると言う。
お誕生日ガールは弁護士。
だから、お友達も女弁護士。それに女新聞記者に、女芸術家。お誕生会はまさしく女の園だった。
男勝りという言葉は死語かもしれないが、みなさん、男以上に働き、稼いでいる。
うらやましい。憧れる。

お誕生日ガールと話をした。
ゲイメン目当てで来た事を白菜子が既に言っていたので、私がゲイメン好きというのを知っている。
トレイシーが高校時代好きだった同級生の男の子はインドア好き。
彼女の家族はフットボールにも野球にも興味がない彼は絶対ゲイだと言っていたが、トレイシーは家族の言葉に耳を貸さなかった。
しかし、大学に行って彼はカムズ・アウト。ゲイだった。
そして大学時代好きだった男性も後にゲイであることを公言。
トレイシーもゲイに惹かれてしまう運命らしい。
私と同類だったのだ。

***

ワイン(メルロー)を2杯いただく。
dscn6671.jpg
トイレに行くと、2つある個室は、どれも塞がっていた。
待っていると、別の女弁護士ローラ(仮名)が来た。
胸の谷間がくっきり!のセクシー・ドレスを着ていた。ローラの胸は大きかった。そして、とても美しかった。
「大きくて素敵な胸ね〜☆」
弁護士なのでセクハラで訴えられることもあることをすっかり忘れての言動であるのは明らかだが、
思ったことを口に出して言ってしまった。
それほどに、美しい胸の谷間だったのだ。
肌のキメも細かい。美乳なのはいいことだ。うらやましい。

「触っていいのよ」とローラは言った。
躊躇することなく言われるまま私は触った。それから、ローラの胸を両手で揉んだ。
揉みたいと思ったからだ。
揉みながら、胸の谷間に顔をうずめた。ローラは止めてと言わず、私にされるがままだった。

……と、トレイから人が出て来たので、“作業”を止めた。

ローラは笑顔でトイレに先に入った。が、一緒に入るなどという暴挙には出なかった。

ちょっとだけ〜、The L Word(アメリカのレズビアン・ドラマ、ジェニファー・ビールス主演)だったのだ。しかし、The L Wordでのモテモテ・キャラ、シェーンやqueer as folkのブライアンに成り切るには酒が足りなかった。

そういえば、グレゴリーくんがブライアンもどきに略奪/誘拐されたのは一週間前だったことを思い出す。
火曜日は私の魔の刻なのだろうか?

お誕生日ガールの友達、ゲイメンは結局現れなかった。

***

最近、キスをするとか、胸を揉むとか、たわいのないことだがセクシャルな行為に及んでいる。
世間ではセックスを簡単にしているが、私はそのカテゴリーの人間には入っていないので大事件なのだ。

相手の男性はゲイマンであったり、女性であったりするわけだが。
男女ともにセックスに至るまでのことはしていない。
ただの酔った勢いでの戯れと言われたらそれまでかもしれない。
ストレートの男性はどんなに酔っていても男のクチビルにキスはしないとは思う。
酔ったら、みんな私のように男女の壁を越えてセクシャルな行為をするのだろうか?

ぼんやりではあるがGMIM(Gay Man Inside Me)も含めて己のセクシャリティーについて悩む今日この頃だ。
dscn6881.jpg

banner_041.gif<—–参加してみました。クリックお願い致します!

4

そうだ!欧州に行こう!

TitleDPNY.jpg

mixiのコミュニティー!
Deeeeep!NY 〜女の夜遊び〜にもどうぞ!
リンクはこちら
恋をするにも実のらない。デートするもうまくいかない。
しかし、めげないラブ・ストーリー(か!?)を毎週連載形式でお送りしています!

***

日曜日の夜、マスターベーダー(モテナイ、ストレート、男、アメリカ人、30代)とローワーイースト・サイドの
BBQのお店に行った。

10テーブルもない小さなお店だ。
周囲を見ると、私の他は男性ばかりで、それもゲイカップル or ゲイ友達同士だった。
マスターベーダーは「俺以外みんなゲイメンだな」と言った。そのゲイメンの中にはGay Man Inside Me 略してGMIMの
私も含められていると彼は付け加えた。冗談で言っているのか、本気なのかは表情からは分らない。
07-29-07_1859.jpg
スペアリブをいただく。

バークシャー・シアター・フェスティバルでジャスティンことランディーくんを観に行ったことを報告。
私は夢見縷夢子(ゆめみる←名字、ゆめこ←名前)なので、「ランディーくんは今頃、何をしているだろう?
ブルクッリンに住んでいるらしいけど、バークシャーから帰って来たかな?」とマスターベーダーに言う。
「ブロージョブ(blow job=フェラチオのスラング)されているから、安心しなよ。スターだから選り取りみどり」
と言われて落ち込む。本当にそうかもしれない。しかし、もっと別なことを言って欲しかった。
しかし、マスターベーダーは毒舌だから、期待した私が悪い。

最近、彼の同僚が「俺のボーイフレンドが……、」と何気ない会話で言ったそうで、そう言わなければゲイだとは
分らなかったとマスターベーダー。フェミニンな雰囲気は皆無だそうだ。
「ブライアンも実在したら、同僚のように仕草や外見では分らないのかも」と私は言った。
同僚はトップなのかもしれない。

マスターベーダーにもqueer as folkを観せている。私のアパートを訪れる人全員に観せているわけだが。
彼が私のアパートに来た時に丁度netflixから借りたファースト・シーズンのディスク1があったのだ。
マスターベーダーは「ゲイポルノを借りて観ている」と勘違いした。

***

アパートに帰り、セラピー(ホットなヘルズ・キッチンのゲイ・ラウンジ)で持ち帰ったHX(NYCのフリー・ゲイマガジン)を見ると、私の大好きなGO-GOボーイのブランドンくんの写真が掲載されてあった。
髪の毛を黒く染め直したようだった。彼はブロンドよりはダークヘアが似合う。
ブランドンくんがどこに居たのかが気になって仕方がなかった。
気になっている人の動向が気になるのは私だけではないはずだ。
どこで撮影されたかのかと記事を読むとFire Islandでダンス・フェスティバルがあったらしい。
やっぱりFire Islandに行っていたのね、ブランドンくん!
ゲイ・ビーチがあるのだ。

司会はウーピー・ゴールドバーグ(映画『天使にラブソング』主演)。
彼女はゲイマンであることを告白したと書いてある。
えっ?
もう一度読む。
ゲイマンであることを告白。
間違いではないようだ。

女のふりをしていたが実は男でゲイだったわけでなく、私と同類のGMIMかと思われる。

hx_ma_07.jpg
8月3日号から。ピンクのサークルの左側がブランドンくん。

***

私の胸をときめかす男性2人、ジャスティンことランディーくんもGO-GOボーイのブランドンくんもゲイ。
報われることは決してない。

歌子さんが言ったことを思い出した。
「ゲイメンみたいなストレートの白人の男の子と出会うのはアメリカでは無理だよ。ヨーロッパに行かないと」。

例え、ジャスティンことランディーくんとGO-GOボーイのブランドンくんがストレートでも報われることはないとは思うが(号泣)、それでも報われそうなチャンスに賭けてもいいのではないかと思った。

日本男児もおしゃれで綺麗だ。だが、相手にもしてくれない。物をはっきり言い過ぎると敬遠される。

ストックホルムに行った時は街もきれいだったし、人々も美しかった。

そうだ!今年は欧州に行こう!

追記:朝起きて再考。ヨーロッパに行き、アメリカではゲイメンに見られるだろうのストレート(素敵な髪型にファッションセンスが良くて、こぎれい)に接しても、やっぱりヨーロッパのゲイメンにときめきを感じるだろうと。

randy_harrison.jpg
きれな人を見ると暑さも吹き飛ぶだろう。ランディーくんのヘッドショット

banner_041.gif<—–参加してみました。クリックしてください!応援お願い致します!

8

羽ばたこうとしているあなたはまるでジャスティンだった!

TitleDPNY.jpg

mixiのコミュニティー!
Deeeeep!NY 〜女の夜遊び〜にもどうぞ!
リンクはこちら
恋をするにも実のらない。デートするもうまくいかない。
しかし、めげないラブ・ストーリー(か!?)を毎週連載形式でお送りしています!

***

誕生週日週間としてゲイバー探訪をしたわけだが、誕生週日週間の最終日である本当の誕生日(7月28日)には締めくくりとして相応しいイベントを自ら計画した。

その計画とは……!!
はまりにはまって、きれいな男同士(ここがポイントであ〜る)のラブシーンにモヤモヤ&ムラムラしてしまったゲイメン・ドラマqueer as folkで、イノセントな顔してわがままでやりたい放題!ハンサムでモテモテでビジネスの才能もあるゲイ主人公のブライアン・キニーを弄ぶ小悪魔藝術家!! でも、かわいいジャスティン・テイラーを演じたランディー・ハリソンが出演している舞台を観に行く!!

私の誕生日が千秋楽という、これも何か思いがけないハプニングの暗示か?
とトキメノのボルテージが上がっているのだ。

justin_13.jpg
ジャスティンを演じるのはランディー・ハリソン氏。

queer as folkがきっかけで拙ブログにコメントを寄せてくださる水無月さんにランディーが出演しているというThe Berkshire Theatre Festival(バークシャー・シアター・フェスティヴァル)の存在を教えてもらったのだが、鉄道もバスもない、車でしか行けないマサチューセッツ州の田舎であることが判明。

私は運転免許がない。車もない。
諦めた。
しかし、ジャスティンことランディーくんが動く姿をこの肉眼で観たい!!という一念で、友達のアレックスにお願いしたら、二つ返事で快諾してくれたのだ。
ありがとう!友よ!

The Berkshire Theatre Festivalサイトではニューヨークからは車で2時間から3時間と書かれてあったが、結局4時間かかってフェスティバルが開催されるStockbridgeという町に到着。
緑が眩しい静かな町だ。
1ヶ月近くランディーくんは公演で滞在しているのだが、退屈しないのかと心配になった。
Berkshire(バークシャー)とは郡の名前。
バークシャー・シアター・フェスティヴァルは今年で76周年を迎える全米で2番目に古いシアター・フェスティヴァルらしい。12月まで続く。

まずは劇場を訪れたのだが、コレが劇場か? と思ってしまったほどに小さかった。
劇場といえば、ニューヨークはリンカンセンターにあるメトロポリタン・オペラ・ハウスのそびえ立つ巨大なイメージがあった。
しかし、ニューイングランドの田舎町に歴史と共にその劇場があり、地元の人々をはじめとした関係者の演劇に対する
情熱で支えられているのが感じられたのは古い建物でもメインテナンスが行き届いているからだ。

dscn6869.jpg
ニューイングランド的なシアターだ。グリーンとホワイトのコントラストが鮮やか!

ランディーくんが出演するお芝居は、one flew over the cuckoo’s nest『カッコーの巣の上で』。昨夜は千秋楽。
ミロス・フォアマン監督で、主演がジャック・ニコルソンの映画はあまりにも有名だ。
ケン・キージの原作をデール・ワッサーマンが脚色。
今回の舞台のために舞台用に書き直したわけではなく既に書かれている有名な脚本らしい。
監督はエリック・ヒル。

dscn6873.jpg
劇場の入り口。

***

劇場のロビーには出演する俳優さんのヘッドショットが飾られていた。
ランディーくん、かわいい。
かわいいという言葉の他にどんな言葉も当てはまらないほど、かわいい。
dscn6868.jpg
サンシャイン!adorableという単語は、あなたのためにあるのよ!ロビーのヘッドショット!

私とアレックスは別々の席。隣同士の席がなかったのだ。私が舞台に近いほうに座ったのは言うまでもない。
小さな劇場なので舞台との距離は短い。
メトロポリタン・オペラ・ハウスでの観劇はいつもファミリー・サークル(天井桟敷の住人)なので出演者の身長は5ミリくらい。そういうミクロの世界に慣れてしまっているので、肌の質感も滴る汗も感じることができそうな短い距離感に胸が高鳴る。

収容人数は300人くらいだと思う。満席で客層は大半が中高年のカップルだった。

***

開演!
場内の照明が落ちた。

患者服の衣装で登場したランディーくん! 
queer as folkのままと変わらないお姿。
髪型も変化なし。肌が白い。彼は白人の中でも白い方だ。
声もqueer as folkと同じ。当たり前か。どもりの青年ビリーを演じる。
ちなみに舞台は精神病院だ。
演技している!って当たり前なのだが、目の前で演技してることに感動〜〜。
目の下が赤くて、腕にも赤いボツボツが!もちろんメイクだが。
後ろ姿もqueer as folkのまま。って同一人物なのだから当然だ。

***

僭越ながら、感想を述べさせていただくと、セットも照明もお金がきちんと掛けられていた立派なお芝居だったが、ジャック・ニコルソンという俳優の印象が強過ぎなのか主演の俳優さんに一切魅力もパワーも感じない。
比較してはいけないのかもしれないが、いち観客としてそれは仕方がない。
危険な香りもセクシーな匂いもない。

ストーリーは既に知られているあまりにも有名な話なので、このお芝居のポイントはお馴染みのキャラクターを
どう演じることにかかっている。
歌舞伎の演目と同じだ。お話は同じでも役者によって色も味も異なる。
ランディー以外は有名ではない。しかし、プロの俳優だ。だが、魅力がない。

アレックスは、映画の方のビリーの方が、断然、どもり方も上手で、ランディーはわざとなのか、それとも忘れているのか、どもらない時があって、いささか変だったと言っていた。うっ、痛い。

もう一度、観たいかと言ったら、答えはNOだ。総評はイマイチ!とアレックスに言ったのだが、
「今回の目的は芝居を観る事でなく、ジャスティンことランディー・ハリソンを観に行くことだったので良かったんじゃないの?」と言われた。
そうなのだ!肝心なことを忘れてしまいそうだった。
ホンモノのジャスティン・ランディーを観る事ができて幸せだったと言わなければならないだろう。

***

ミーハー的感想!

ビリーは主人公が連れて来た売春婦を気に入る。
ランディーくん演じるビリーは、売春婦のお姉さんのムチムチのお尻を眺め、スカートの中身を見たがったり、
仕舞には酔って彼女を膝の上に乗せて、おっぱいに顔を埋めたり、お尻をスリスリ触ったりご乱心。
キスまでする。舞台上では演じられなかったが、セックスもする。
ブライアンではなく女性との濡れ場は新鮮だった!
売春婦の女優さんがもっと美しければ文句はなかった。
アレックスの言葉を借りれば「お金を稼げるのかが疑問の外見」の女優さんだったのだ。
ランディーくん以外、キャスティング(配役)が失敗だったのか?

***

芝居が終り、アレックスには「同じ空気が吸えて感動した?」とからかわれた。
いやぁ〜〜ん!赤面!

楽屋口に行った。敢えて言う必要はないだろうが、サインと写真を間近で激写したいと思ったからだ。
お芝居も大切だが、こっちも非常に大切。
既にゲイカップルが待っていた。
で、私は彼らの次だったのだが、しばらくすると大勢の人々が!
その中には、レズビアンとわかる6名のお姉様の集団もいた。

楽屋口から出演者が出て来るのだが、誰もサインも写真もお願いしない。主役の俳優さんが出て来ても。
そう、みんなランディーくん狙いなのだ!人気者!

何て言おうかな?とアレコレ、考えて、アレックスに正しい英語かどうかを確認してもらったり、
「アレックス、男だから、サインもらって!その方がランディーくんが喜ぶからさ〜」と
ゲイを公言しているランディーくんを少しでも喜ばせようとお願いしたり、
興奮のあまり触ってしまって、嫌われないようにしなくてはと思ったり……。
しかし、スタッフが「ランディーはもう帰りました」とアナウンス。

それでも信じられず、人々が帰ってもゲイカッカップルとアレックスと待っていたが、
ランディーくんは現れず。
「サインしたり、騒がれたりするのがもう嫌なんだよ」とアレックス。

映画、テレビ、商業演劇の仕事を選ばず、小さな舞台に出演しているランディーくん。
queer as folkのジャスティンから脱却したいのかもしれないとアレックスの言葉を聞いてそう思った。

千秋楽だったのでセットを撤収するスタッフ。
芝居も映画も俳優さんにスポットライトが当たるが、見えないところで大勢のスタッフが働き成り立っているのだ。
dscn6878.jpg
ジャスティン・ランディーを待っている間、作業は進んでいた。

***

劇場を後にしたのは、11時30分。アパートに着いたのは午前3時。
帰りの車では、芝居と映画について語り合う。
俳優にとって映画とお芝居、どちらがやりがいがあるだろうかという話だ。
細切れでない、観客がいて反応が肌で感じる芝居だろうという結論に達した。

なぜ、そのことを語り合ったのは、メジャーな仕事を選ばない(それともオフォーがないのかは分らないが)ランディーくんのことを考えてだ。
前述したがqueer as folkのジャスティンから脱却しないかぎり、彼は大きく羽ばたけないだろう。
脱皮しよう!羽ばたこう!ともがく姿がドラマのジャスティンと重なる。

事実、今のところは、ランディーという役者が好きというよりは、私はジャスティンを演じるランディーが好きなのだ。
ファンとは勝手なものだ。
しかし、いつかジャスティンを越えて、ランディー・ハリソンという役者が前面に来る日を祈っている。

私は私で楽屋口で待つのではなく、いつかご一緒に仕事ができるように私も精進したいと新たに決意した。
そういう意味でも最高の誕生日プレゼントだったのは言うまでもない。
(って、好きなスターができると、いつも思うことなんだが全く実現してない)。
randy.jpg
顔がはっきり見えないが写真撮影してきた!

banner_041.gif<—–参加してみました。応援お願い致します!

8

今夜もゲイバーはしご!ゲイバーホッピング!

TitleDPNY.jpg

mixiのコミュニティー!
Deeeeep!NY 〜女の夜遊び〜にもどうぞ!
リンクはこちら
恋をするにも実のらない。デートするもうまくいかない。
しかし、めげないラブ・ストーリー(か!?)を毎週連載形式でお送りしています!

***

今夜は誕生日週間の最後の日。
行ってきたのはヘルズキッチンのゲイバー、2軒。

前回のキュート・ゲイガイ・グレゴリーくん強奪/誘拐事件!?
グレゴリーくんをお待ち帰りした忌ま忌ましい茶色の髪のブライアンもどきと金髪のジャスティンもどきは、
我々が出会うダイナーの前に、The Ritzというラウンジ&クラブに行っていたと言っていた。
ホットなゲイバーだと2人とも言っていたし、敵を知らなければ今後また同じ過ちを犯すであろうと、
お誕生日週間にかこつけて行ったのだ。
メンバーは、カルメンと工藤静香子。

金曜日の夜とあってThe Ritzは満員で、年齢層も高そうなので今夜は断念。
そして行ったのが、47丁目にあるBarbage
GO-GOボーイなどの特別な催しはない、普通のバー。
いた、いた!ジャスティン・タイプのなよなよくんが!金髪で白いポロシャツと半ズボンがかわいい。
それで、もう幸せ!
しかし、客層のほとんどはキュート系でなく、まじめ系。
The Ritzもその傾向だった。
もしかして金曜日は翌日が土曜日なのでビジネスマンが多いのかもしれない。
dscn6856.jpg
月曜日がカクテルが3ドルになるという宣伝メニュー。一見すると男性が3ドルに見える。

「かわいいゲイメンを見ないとこのまま帰れないでしょう?」
とカルメンは私の曇っている顔を察知してくれた。
私が絶賛しているインテリアも素敵なラウンジTherapyに行こうと提案してくれた。

金曜日はDJの日でドラッグクィーンのショーはない。
しかし、キュートでホットなボトムのゲイメンがいた!
彼を見つめてひと時の幸せに浸る。
見知らぬかわいい男の子を見つめるだけで幸福感に浸れるとは私もいろんな意味で安上がりだ。
dscn6863.jpg
セラピーの看板。

***

カルメンからいただいたお誕生日プレゼントはケンの水着セット。
驚くべきことにトイザラスでは一着もケンの着せ替えが売られていないのだ。
だから、尚更嬉しい。ニューヨーク郊外のモールで発見したという。
今度、ケンに着せて写真を撮ろうと思う。
どうもありがとう!
dscn6865.jpg
ビーチタオルもついている!

dscn6867.jpg
裏側。ケンとバービーのラヴショット!

***

今夜は事件もなく、泥酔することなく帰宅。実は二日酔いはなれない理由があったのだ。
朝、すっきり起きなければならない。
今日は我が誕生日。自分へのプレゼントとして左側の御仁を拝見してくる!

ep402_1.jpg
胸が高鳴る。

banner_041.gif<—–参加してみました。応援お願い致します!

2

ハズレもある。

TitleDPNY.jpg

mixiのコミュニティー!
Deeeeep!NY 〜女の夜遊び〜にもどうぞ!
リンクはこちら
恋をするにも実のらない。デートするもうまくいかない。
しかし、めげないラブ・ストーリー(か!?)を毎週連載形式でお送りしています!

***

今夜も近所にあるゲイバーに行って来た。

何度も書いているが、今週は私の誕生日週間であり、またレストランウィーク(有名レストランがプリフィックスのランチを提供)とも重なり、昼はZagat Rated、ニューヨークタイムズのレストラン・レビューで☆を獲得の有名レストランでランチ!夜はゲイバーで飲む!のデカダンス(退廃的で享楽的)の週を送っている。
ありがたいことに貧乏人の私でも楽しめる値段設定なのだ。
ビバ!ニューヨーク!
物価の高い東京では無理だ。

ところで、今夜はまともに文章が書けるくらい酔っていない。
なぜなら、お酒が進む程に私の心をときめかせるゲイガイズがいなかったからだ。
かわいい男の子を見るだけで幸せになる。目の保養である彼らをおつまみにお酒がグングン進のだ。

ゲイバーだからといっても全てのバーに若くてかわいいゲイメンがいるとは限らない。
いないバーもある。

今夜行ったゲイバーは悲しいことに、ミラーボールの光が、くすんでいた。
バー・カウンターで踊るGO-GOボーイズは全くもって私の好みではなかった。
色気がない。そそられない。ストレートの男が踊っているのかもしれない。
私の好みのGO-GOボーイとは、ボトムのかわいい男の子。決してムキムキではない。
しかし、ムキムキでもセクシーなGO-GOボーイもいる。
かわいいGO-GOボーイを見ないとイライラしてくる。お酒がおいしくない!
残念なことに我が近所であるイーストビレッジのゲイバーはいけていないということだろうか。

熱いのはヘルズ・キッチンだ! 
ホットでキュートなゲイメンが世界各国から遊びに来ていると言っても過言ではない。
それにGO-GOボーイならスプラッシュということだろう。
ちなみにゲイメンドラマqueer as folk、ジャスティン役のランディーくんも勉強のためにスプラッシュに行ったらしい。
aaaa.jpg
ハンサムなGO-GOボーイは生きる喜びを与えてくれる。見て!このお色気ポーズを!@スプラッシュ

banner_041.gif<—–参加してみました。応援お願い致します!