11

ストレートの刑事がゲイの世界に潜入捜査するサスペンス映画Cruising『クルージング』を観たの巻

TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版発売決定!
発売日:12月14日(金曜日)
価格未定。
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが
今度はケータイで登場!!

***

映画Cruisingを鑑賞。
アル・パチーノ主演、監督は『エクソシスト』のウィリアム・フリードキン。
公開は1980年。今年の9月にDVDが発売されたのだ。
ゲイのフリー雑誌に広告が掲載され気になっていたのだが、ようやく時間を見つけて鑑賞。

cruising.jpg
27年という時を経てDVDで蘇った!

お話はというと……。

ゲイメンばかりを狙った殺人事件がニューヨークで発生。被害者はいわいるレザーと言われるゲイメンのSM愛好家ばかり。
アル・パチーノ演じる刑事が潜入捜査を命じられる。
被害者の身体特徴と似ているので、きっと犯人が誘ってくるはずと捜査本部は考えた。

刑事はストレート。
ゲイメンのSMの世界に潜入しなければならず……、嗚呼、どうなるの?

ストレートの男性がゲイの世界に!?

アル・パチーノ演じる刑事が、仕事だったはずなのに本当の自分を見つけてしまいゲイとして生きる話かと思ったが、
違った。
詳細は本編でお楽しみください。

***

映画Cruisingでは、レザー(SM)のクラブが登場する。
そのロケーションはミート・パッキング・ディストリクトだった。
今でも変わっていない。

私はストレートが行くSMクラブには行ったことはあるが、レザー(SM)のゲイバーに行ったことはない。
ちなみに、ニューヨークにもレザー系のゲイバーがチェルシーにある。

詳しい経緯は覚えていないのだが、ゲイバーでSMのS(サド)、英語で言えばDominantのご主人様ゲイと知り合いになり、
革ベルトでお尻の叩き方をご指導いただいたことがある。

ベルトはベルトでもビンテージの革ベルトがいいそうで、ご主人様の愛用のベルトを使わせていただいた。
私の実験台になったゲイM男は、どれくらい痛いのかを試してみたい興味津々のM男初体験者だった。

***

これが、簡単なようで実は大変難しい。
なかなかコツがつかめない。
最初は、効果がない、つまり痛くもなんとないと実験台になったゲイM男くんは言っていったが、
次第に上手に叩けるようになった。
「痛いぃ〜」と喜びの悲鳴を上げていた。

ゲイガイが女の私に尻を叩かれても嬉しくないだろうが、私は大いに興奮した。

***

ゲイメンが相手を探すことをcruising(クルージング)と言う。
この映画のタイトルになっている。
日本語で言ったら、「ナンパ」だろうか(笑)。

ヨットのクルージングもcruisingである。
だから、相手を探して航行している(彷徨っている)かんじなので、使われている単語なのかと推測。

***

オフ・ブロードウェイのミュージカルNaked Boys Singingでも
ジムのサウナで、cruising(クルージング)♪cruising(クルージング)♪cruising(クルージング)♪と唄うシーンがある。

ゲイバーに行っても、ゲイの街ウエスト・ビレッジを歩いていてもゲイメンにジロッと見られたりしない。
ジロジロ見ているのは私の方だ(笑)。
クルージングの対象にはならない。
私は女だから。

ジャスティンはモテる。
ジャスティンといると男の本性を知ることができる。
男はハンターなのだ!
獲物を見つけたら、
最初は目を使う。
色目で見る。
それから声を掛ける。
それも低音のセクシーヴォイスでだ。

彼と歩いていると、すれ違いざまに”HEY”とジャスティンくんに声を掛けてきたゲイマンがいた。

ジャスティンは無視。
タイプじゃなかったからが理由。

男性が好みだったら??
当然、することはするらしい。
ストリートですれ違っただけの相手でも。

ジャスティンはシカゴで同じように”HEY”とストリートで声を掛けられた。
その男性が好みで、誘われるまま彼のアパートに行き、セックスをしたことがあるという。

クルージング成功!

ジャスティン、スゴ過ぎだ。

男同士、面倒くさい挨拶や会話などいらない。
目的はただひとつ、やること!

***

映画Cruisingでも登場したが、セントラル・パークのとある場所がcruising(クルージング)として有名であり、愛するプラハの君と一緒にセントラル・パークを散歩中に「一緒に行こう!」と誘われたことがあったが、尻込みしてしまって彼のお誘いを断ってしまった。

彼は行ったらしい。

後日、そこでの出来事を教えてもらったが、バーよりは至極簡単に相手が見つかるらしい。
話しかけたり等のプロセスが省けて目的に一直線に辿り着けるから無駄がないと言っていたが、
顔ではなくとにかくソコだけで相手を判断するらしい。

***

ゲイメンが登場するからといって美しい方々が出演しておらず、その点を期待すると外れの映画だ。
殺人事件がテーマのサスペンスとして観た場合も、それほどドキドキする展開ではない。
しかし、1980年という時代の世相や当時のゲイカルチャーを垣間見ることができる点では大変有意義で興味深い映像であった。

dd_cruising01.jpg
アル・パチーノ演じる覆面刑事が踊るシーンはこの映画Cruisingの見所でもある。
必死で頑張っている姿が伺える(演技だろうが)。

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します!

7

女だけでゲイバーに行くならば……。追加事項

TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版発売決定!
発売日:12月14日(金曜日)
価格未定。
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが
今度はケータイで登場!!

***

女性だけで行っても大丈夫であろうゲイ・ダンス・クラブSplashについて、あれこれ説明したのだが、
ひとつ重要なことを書くのを忘れた。

Splashはダンス・クラブ!
気後れすることなく踊ろう!
GO-GO BOYSに見とれ、パンツにチップをはさみ込むことも重要で大切だが、ゲイガイズと踊ることを忘れずに!!
dscn5818.jpg

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します!

10

女だけでニューヨークのゲイバーに行くならば……

TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版発売決定!
発売日:12月14日(金曜日)
価格未定。
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが
今度はケータイで登場!!

***

最近、コメントをくださる方がニューヨークのゲイバー探訪に来るというコメントをいただいた。
内容からすると女性4人のグループらしい。

おすすめするのは、SPLASHだ!
GO-GO BOYSがパンツ一丁でバーカウンターで踊るダンスクラブ!
バーテンダーもパンツ一丁でお酒をサーヴしてくれるし、しかもハンサムばかり。
それに世界各国のゲイメンがやってくる!
女性にもやさしい!
ニューヨーク・ゲイバーの入門編といえるクラブだ。
dscn6842.jpg
ゲイバーにミラボールは欠かせない。

***

私が大好きなのはキャンパス・ナイトの木曜日。
ベルアミ・ボーイズ的なかわいい少年!少年!GO-GO BOYSが踊っている。
キャンパス・ナイトのキャプテンは大大大好きブランドンくんだ。
dscn7216.jpg
お誕生日パーティーの時のパネル@SPLASH

bb4190702.jpg
今年の始めの頃のブランドンくん@SPLASH

***

木曜日以外は、ムキムキのGO-GO BOYS/GUYSだが、キャンパス・ナイトとは全く異なって
それはそれは鍛えられた筋肉質の肉体とびっくりするような立派なもっこり(英語でいうpackage)が見られる。
キャンパス・ナイトは少年的なのが売りなので、立派なもっこり(package)を期待してはいけないが、
かわいいさで悩殺されるだろう。

躊躇することなく、パンツにチップの1ドル札をはさもう。
ハグ(抱き締めてくれる)してくれるだろうし、記念撮影もしてくれるだろう。
中には立派なもっこり(package)をさわらせてくれるGO-GO BOY/GUYもいる。
dscn7091.jpg
最初は勇気がいるが、慣れるととっても楽しいチップ入れ〜@SPLASH

しかし、土曜日は女性の入場料が40ドル。高額だ。
平日(月から木)は夜10時前であれば入場料は無料。10時以降は5ドル。
金曜日に関しては実は行ったことがないので分らない。

私は貧乏なので9時55分に入店する。最近は木曜日しか行っていないが。
GO-GO BOYSが登場する10時半から11時以降まで時間を潰すのが常だ。

ドリンクはカクテルが9ドル。
バーテンダーにはチップ1ドルを渡すのが相場だ。
私はいつも大大大好きなダンくんから飲み物をオーダーする。
彼がバーテンダーをしているのは水・木・金だ。
dscn7082.jpg
ダンくんも本当に美しい。@SPLASH

*** 

*** 楽しい一夜を過ごすために気を付けて欲しいこと!***

私が気を付けていることなので参考になればと思う。

***ID***

21歳以上であることが入店の条件。
どこのバーでもID提示を求められる。
アメリカ連邦法により決められている飲酒年齢が21歳からからだ。
パスポートのコピーの場合、入店を断れる場合があるので気をつけよう。
IDチェックは厳しい。

***トイレ***

SPLASHはストリート・フロアーの1階と地下のバーという構成になっている。
トイレは地下にあるが、男女兼用でしかも、鍵がない。
それはセックス防止だと思われる。
ドアは自分で押さえるか、友達に押さえてもうらうのがいいだろう。
女性がトイレで用を足しているのを見られても変な興奮をされたりされないゲイバーではあるが、
人としてやはり見られるのは辛いものものだ。

男子用の小水トイレはドアがなく、しかもバーサイドから磨りガラスで影になって映るような仕掛けがあり、
セクシーである。

***酔っぱらいやセールス目的の男に声を掛けられたら……***

酔った妙な男がつきまとってくる場合があったり、GO-GO BOY/GUYを生業としているストレートの男性から
声を掛けられ、「君の自宅でストリップするよ」とセールスを持ち込まれたりする場合があるが、無視するのが得策だ。
どうしても酷い場合は、店内にセキュリティーという黒いTシャツを着た男性がいるので苦情を言おう。

***コート・チェック***

冬は厚着なのでコートをコート・チェック(クラーク)にたのもう。
SPLASHでは地下1階にある。
ひとつのアイテムで2ドルだ。ただし、財布やIDなどの貴重品はバックなどに入れて肌身離さず持っておこう!

***バックについて!!日本ではないことを認識しよう!***

ハンドバックを椅子に置いて席を立っても何もないのが日本だが、ニューヨークは違う。
ニューヨーカーは誰もバックを自分の手から放したりしない。
絶対は放してはいけない。どんなに酔ってもしてはいけない。
これまでSPLASHで物を盗られたりしたことはないが、それはニューヨークの常識だからだ。

***

SPLASH

50 West 17th Street (bet.5th Ave and 6th Ave)
New York, NY 10011
212-691-0073
サイトはこちら。 

***

大和撫子4人がSPLASH!
きっとゲイメンの目を引き、声を掛けられると思う。
日本贔屓で、日本語を勉強しているゲイメンであり、それはもちろん、ナンパの目的はないが。
ぜひニューヨーク・ゲイバー経験を楽しんでいただきたい。
私のブログの存在も無駄ではなかったことになる。

ゲイメンドラマQAFのファンであれば、バビロンと重なる点は多く、ブライアンが!ジャスティンが!
踊っている錯覚におちいり、感動すると思う。

brian_1.jpg
ブライアンが!ジャスティンが!

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します!

6

ゲイバーに二度と行かないと誓った……はずだったが。

TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版発売決定!
発売日:12月14日(金曜日)
価格未定。
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが
今度はケータイで登場!!

ゲイの友達でホームタウンのLAに帰ってしまったジャスティンくんから電話があった。

「メェ〜グゥウ〜〜ミィ〜〜、メェ〜グゥウ〜〜ミィ〜〜!I am so horny! horny!」。
電話を取ると、いつもこんな調子だ。

突然ですが、菊楽恵のためにならないかもしれないが、ためになって欲しい英会話!

hornyとは、形容詞で(性的に)ムラムラ〜している、やりたい、発情しているという意味。
よく使われるが、ただし会社や学校では使うことを意識的に避けていただきたい表現だ(笑)。
しかし、恋人や夫婦間ではそのまんまの意味で、友達間ではジョークとして使える。
きちんと調べたことはないが、亜米利加人から聞いた話によると発情期の牡鹿の角が語源であるらしい。

***

「今日は何人としたの?」といつも質問している。
いつも包み隠さず教えてくれるのだが。
ナンバーは増え続けているのは確かだし、セックスをしない私に「絶対に体に悪いよ」と心配(なのか?)の言葉を
いつも言う。

鬱から抜け出し、ゲイバー行きを再開し、酔って乱行を働いた話をして、ジャスティンくんの一夜の恋人にも
会ったことも報告する。
実は、ゲイバーで美形の長身のゲイマンに「きゃぁ〜〜!ハンサムゥ〜」と抱きつき(ま、いつものことなのだか)、
彼と電話番号を交換。
なんと彼は私の大好きな東欧はロシアのご出身。
人間、酔っていると更に好きなものが研ぎ澄まされるのか? 
磁石のように体がスル〜スル〜と引き寄せられるのは東欧系ばかり。
彼からなんと電話がかかってきたのだ。彼とはテキスト・メッセージを毎日交換し、親交を温めている。
そんな話もする。

ジャスティンくんは自分よりも背がとっても低い小柄な男の子が好きだから、例え長身のロジア人のゲイガイとジャスティンくんがセックスしても、精神的に奪い合うことにはならない(と思いたい)。

「ボク以外とはゲイバーに二度と行かないって涙ながらに言っていたのは、あれは嘘だったの?」
思い出せば、別れ際、涙を浮かべながらそう言った。
しかし、すっかり忘れている。
ま、あの時は気分が高揚してドラマ入っていた。

それにしても、こういう発言の裏には……
ジャスティン、もしかして嫉妬してるぅ〜!?
(とっても嬉しい嫉妬ではあ〜る)

「そう言ったね、た、た、た確か……」と受け流そうとすると、
「ボクは仕事も忙しいし、LAのゲイバーに行ってないよ。酒もずっと飲んでいない。体をひたすら鍛えている」と言う。
ジョギング・シューズは3ヶ月ごとに買い替える程ジョギングも筋トレもしているのだった。

さらにムキムキで格好いいジャスティンに会えるのかと思うと胸がときめくが、酒焼けでシワシワになって、さらに老化が進まないように私も自重することにした。

「太って醜くなったな〜」と言われないようにしなければ!!
「ジャスティン、私も慎むよ!」と言ったものの、飲みたい!ゲイバーで!ゲイメンに囲まれたい虫が私の体内でうずうずしている。

いけない。

easten.jpg

***

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します!

6

心のスイッチ。

TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版発売決定!
発売日:12月14日(金曜日)
価格未定。
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが
今度はケータイで登場!!

***

ゲイメンは決めるのが早いと言われている。
何を早く決めるのかというと、一夜の恋人であり、セックスする相手だ。

なぜ、早いのか?
それは男同士だからだ、と思う。

あるゲイの映画で、街角で視線が合っただけなのに、すぐにアパートに行ってセックスをするというシーンがあり、
またQueer as Folkでも主人公ブライアンはいつも違う相手とセックスしている。それも半端な数ではない。
友達のジャスティンくんもプラハの君も話を聞くと、その数は三桁だ。

つまり、排出欲求が強い男同士、目的がはっきりしているから、決めるも決まるのも早いのだ。
目的はただひとつ、出したい!

ゲイメンが誰ともセックスするということではない。
気があったり、外見が好みであったり、好きではないとセックスはしないというのも知ったが、
決めるのは早い。

ゲイの友達、ジャスティンくんにこう言ったことがある。
「私の場合、セックスしたら、相手を好きになってしまうけど……」
「それはボクも同じだよ。好きだからするわけだし。でも終ったら好きにならないように心のスイッチをオフにするんだ」

***

プラハの君とゲイバーに一緒に行った時、ジャスティンくんの一夜の恋人に会ったことがあった。
私は詳細をプラハの君にわざわざ言わなかったことをジャスティンくんに報告した。
「それは良かった」とジャスティンくん。

自分がセックスした相手のセックスの相手を知ることは決して気分が良いことではないからだと言った。
人間、嫉妬するからだと。

たくさんの男と寝ているからといって気にしないという考えは間違いだった。
次の相手を探すも、意識して好きになる心のスイッチをオフにする。
心のひだは繊細なのだ。

心のスィッチをオフか。
詩的な表現だ。
男はゲイでも、ストレートでも、心のスイッチを女と比べると簡単にオフにするのが得意なのかもしれない。
だから、風俗があり、ゲイメンはクルージングをする。
そう思えてならない。

switch.jpg
心のスイッチを自在にオン・オフできる。それが男なのかもしれない。

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します!

2

行かないわけにはいかなかった。

TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版発売決定!
発売日:12月14日(金曜日)
価格未定。
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが
今度はケータイで登場!!

***

つい先日行ったPOSHでは乱心の如くかなり酔ってしまい、反省した私。
乱心するくらい楽しかったのだ。
ドラッグ・クィーンのお姉さんと若者がキスしていちゃいちゃしているところに乱入したり、
まさに「殿、ご乱心ですぞ」と言われかねない行動に次々と出てしまった。

自戒の意味も含めて今週末は大人しくしていようと思ったが、体がむずむず。
行きたい!ゲイバーに!
囲まれたい!ゲイメンに!
この欲求は底なし沼のようなのだ。

でも、ひとりで今夜は行きたくない。
そういう日もあるのだ。

ゲイバーで知り合い、ハロウィン・パーティーにも招待してくれたゲイガイ、ラリーに電話する。
ちなみに、彼はジャスティンくんのことをかなり気に入っていた。
「久しぶり〜!元気?」と明るい声。
恐る、恐る訊ねる。
「もし今夜、どこかに行くんだったら一緒に行ってもいい?」
「もちろ〜〜ん」
ラリーの親友のゲイガイ、ジョージも一緒にいてヘルズ・キッチンのゲイバー、The RITZに行くことになった。

***

The RITZの土曜日は芋を洗うようにゲイメンでいつも混雑している。
入場を待つゲイメンの列ができるくらいだ。
音楽がいい。
今宵は飲み過ぎ禁止と自分で戒めビール1杯に止める(偉いと自分を褒める)。

ラリーは「ジャスティン、元気?」と聞いてきた。
「来月、会いに行くよ」と報告。
「それは絶対、楽しいね。ジャスティン、本当にハンサムだった。キュートだよね。でもLAは遠いよ」
と明らかにジャスティンの顔を思い浮かべながら言っていた。

The RITZではジャスティンの一夜の恋人とも遭遇。
LAに帰ったとはいえ、まだまだ彼の残り香がニューヨークのゲイバーにある。

dscn0091.jpg
The Ritzのラウンジはダンスフロアーになる。RihannaのDon’t Stop the Music!が流れると大盛り上がりだ。

***

ラリーもジョージも次はSplashに行くという。

ス、ス、ス Splash!

最近、すっかりつまらなくってしまったSplash。
だが、しかし、今夜は特別なのをゲイのフリーペーパー、NEXTの広告で知っていたのだが、
女性は40ドルという法外な値段の入場料を支払わなければならない。
40ドルの価値はあるかもしれないが、私はやはり法外な値段なので一緒に行くことを諦めた。
ビール1杯では理性もまだ働いている。

ラリーとジョージがキャブに乗る私に「SAYONARA」と見送ってくれた。

ところで、なんで今夜のSplashが特別なのかといえば、この広告が載っていたからだ。
そう大好きなGO-GOボーイのブランドンくんが全面広告だったのだ。
久しくお姿を拝見していない。
見たい!会いたい!が、40ドルは高額だ……。

でも、久しぶりにThe RITZに行き、スモークが焚かれている中ゲイメンに囲まれ幸せな夜であった。

brandon_splash.jpg
かわいい顔でナイスボディー。やはり彼はニューヨークNo.1のGO-GOボーイであ〜る。

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します!

6

揺れる男心

TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版発売決定!
発売日:12月14日(金曜日)
価格未定。
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが
今度はケータイで登場!!

***

なぜ、これほどまでにゲイバーに通うのか?

ストレートの女の友達をゲイバーに連れ行っても、また行きたいとかゲイメンに囲まれて幸せ〜とか思わないらしい。
どんな世界かを1度見ればみんな満足する。通いたいなどどは全く思わないらしいのだ。
男なのに女である自分を無視し、目も合わせない点にストレートの女性はみんな驚く。
そう彼らは男でもゲイだから仕方がないのだが。

目も合わせてもらえなくてもゲイメンに囲まれていると、えも言われぬ幸せが心の奥底から湧いてくるのである。

この幸せの先には何があるのか?
幸せの先に何を求めているのか?

そこには明確の答えがあるのに気が付いた。
ゲイマンとセックスをしたいのだ。

***

ゲイバーPOSHで会った大学生のゲイカップルに言ってみた。
「ふふ〜ん。サンフランシスコだったらできる可能性高いよ」
「ええ〜〜? 今度、サンフランシスコに行くんだけど………」。

リベラルなセックスの街だとは聞いていたが、ゲイメンでも女性とセックスをするゲイがサンフランシスコにはいるらしい。

えっ!ちょっと待ってよ!

それはバイセクシャルというのではないだろうか?
LGBTのBであるバイセクシャルだ。
女性ともできるゲイというのではなく、両方ともできるからバイセクシャルではないのだろうか?
と、質問してみると、彼らはバイセクシャルではなく、TWEENER(トゥイナー)と言われていると教えてくれた。

「バイセクシャルとTWEENER(トゥイナー)の違いって何?」
と更に質問してみた。明確に知りたい。
TWEENER(トゥイナーズ)は女性とはセックスしているが、男性への興味が捨てきれず男性ともセックスをしている男性のことを言うそうだ。最終的にはゲイである自分に気が付くらしい。

バイセクシャルとは男女とも好きであることをはっきり自覚しており迷いがない。
しかし、TWEENER(トゥイナー)は揺れているのだ。
女と男の間で揺れ動いている男性がTWEENER(トゥイナー)。

「TWEENER(トゥイナー)とじゃ、ゲイマンとセックスしていることにはならないじゃない!?」と私。
「まぁ〜、そうだけど。でも、将来的にはゲイになるわけだし……」。
「ふ〜ん。確かに……」

サンフランシスコには迷える子羊が大勢来ているということだろう。
TWEENER(トゥイナー)という揺れる男を指す言葉を知って今夜のゲイバー活動も有益だった(!?)

ゲイガイズとのセックスは夢のまた、夢だということだ。

パトリックくんが説明のイラスト書いてくれた。私の愛用のメモパッドはcinamorollであ〜る。
tweener.jpg
本当の己を知るまでに時間がかかる人もいるということだろう。

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します!