2

亀甲縛り風ボンレスハム・サランラップ巻

dpny4.jpg
 
 
 フォトグラァーのスティーヴンに以前、撮影をたのんだDVDをピクアップしに彼のギャラリーに行った。

場所は、ミィート・パッキング・ディストリクト。
おしゃれなレストランが立ち並ぶ一角に彼のギャラリーがある。

 彼とはフェティシュ・パーティで知り合いになった。
パーティで彼は次から次へと女性を裸にして縛っていた。彼は写真家でもあり、Bondage Artist(ボンテージ・アーティスト)、日本語でいうところの緊縛師でもある。それもアジア人女性女だけを縛って、縛って、吊るして撮った写真集を出版している。

 
 一度だけだが、私は彼に縛られたことがある。

 それも、我がニッポンのお家芸、世界のSM界でもICHIBAN(一番)に君臨する緊縛といったらの亀甲縛りで縛られた。
 場所は、チェルシーにあるSMのお店の地下。ダンジン(地下牢)ではなく、段ボールが積まれたそのお店の倉庫。低予算のAVってかんじだ。

 コロンビア大学の学生TV局が取材に来ていて、なんと私はカメラの前で縛られた。コロンビア大の学生の中には私の緊縛された映像を観た人がいるはず。
パンティははいていたが、縄の間から余り肉が大量にはみ出ていて、まさに究極のボンレスハムだった。究極を超えすぎてしまった究極のエロに、コロンビア大学の学生が吐いたりしていないことを祈るばかりだ。

 さらに、ボンレスハムの体をサランラップでぐるぐる巻きにされた〜。
信じられないかもしれないが。
本当だ。 
その上、フォースをくわえさせられ、なんで? と思うも間もなく、顔もぐるぐる巻きに。空気確保のためと気がつくのは後からだった。
 視界は当然遮られ、全身ラップ巻きだから体も動かない。汗が吹き出て、SMサウナスーツ状態だ。

亀甲縛り風ボンレスハム・サランラップ巻。

そんなスシロール(巻物)つくったら、人気のメニューに、ならない、ならない(一人突っ込み)。

bontage.JPG
亀甲縛り風ボンレスハム・サランラップ巻の私
な訳ないです。ステーヴンのギャラリーにあったフィギア〜。

 
  彼のギャラリーに入ると、先客が来ていた。彼はコロンビア人の若いフォトグラファーで、スティーヴンに写真を見せていた。
 赤いライトの中、男二人が絡んでいる。コロンビアの首都ボコタのゲイバーで、ゲイのセックスショーを隠し撮りしたそうだ。じぃーと見ないと写真の内容がよくわからない。じぃーと見た結果、男の人が男の人の上にかぶさっているのがわかった。アートだとしきりにコロンビア人は言っていた。セックス・ショーの後は、ドンキー(ロバ)が登場して、ロバ君とゲイ・メンとのショーだったそうだ。Beastiality。

「うわっ」

 そのゲイ・メンの役割を質問してみた。それは知っておかなければならない私にとって重要事項だ。ロバ君相手に受け身もそれから受け身じゃないのも両方していたという。その写真は撮影できなかったそうだ。彼の写真よりもロバ君の話の方が断然、衝撃度は高かった。

 コロンビア人のフォトグラファーが帰り、スティーヴンが私の傷心ぶりを心配してくれる。失恋ばっかりだからだ。
亜米利加人にも露西亜人にも日本人にも振られた。
振られた、イコール、恋人もいないし、セックスもしていない。それもかなり長い間(同情するなら男くれ〜:古すぎ?)。

「そんな失恋を癒すのは簡単だ。セックスなんかしなくって、ユーを縛ってバイヴでいかしてくれる男を探してあげよう〜」
スティーヴンが約束してくれた。

 スティーヴン特製のお仕置きベンチに縛られる日を夢見ながら、ギャラリーを後にした。
chair1.JPG

Holding Hands and The City おててつないで・アンド・ザ・シティ2

dpny4.jpg

Deeeeep New York 〜林檎の芯〜 のコンテンツをご紹介! その2

下記のコンテンツの中でその後の私の人生を変えたものがある。

 興味はあったが、一度も足を踏み入れたことがなかった、フェティッシュ・パーティだ。
プロ野球観戦やオペラやバレエ鑑賞と同じように、自分では到底できない素晴らしいSMプレイの技とファッションを
鑑賞して興奮した。

 脳のケミカル“アドレナリン”は痛みを緩和させようとして溢れてくるという。
だから、痛みを与えることで快感ケミカルを大量に発生させ、快感を得るというSMの奥義をさるドミネイトリックス(女王様)から教えていただいた。単に痛いのが好きでしているのではなかった。科学的にも実証されている、その理由を知って私は嬉しかった。

latexmask.jpg
ラテェックス・マスク。注意!プロレスの覆面ではありません。
マスクをかぶり、ラテェックスの衣装を身にまとって、鞭したり、踏んづけたりします。
外側から固めで内面を盛り上げる趣向。
顔が圧迫されるのがたまらない。ラテェックスのピタピタ感と匂い〜がいい。私もかぶりました。

12. フェティッシュ・パーティ
〜エロティシズムの極致! 女王様もマスターも緊縛師も登場〜

13. ニューヨークで映画鑑賞
〜日本映画『オーディション』からゲイ・ムービーまでよりどりみどり〜

14. セクシーTATTOO&ポートレイト
〜刺青(テンポラリー)を入れて、アートな写真を撮ろう〜

15. ポピュラーなエンターテインメント・キャバレー
〜上流社会の社交の場、退廃とエロティシズムの酒場〜

16. 何かが楽しめるバー探訪
〜お酒だけじゃない! 特別なサムシングを楽しもう〜

17. 究極のランジェリー
〜悩殺パンティから貞操帯まで〜

18. ぶっとびハイテクお芝居
〜アクションあり! 裸あり! セックスあり! 暴力あり! メディアミックス芝居〜

19. 塀の中を垣間見る旅
〜本や映画でしか見られないプリズン・セル(独居房)をちょっと体験〜
prison_cell.JPG

20. 童話が原作のミュージカル
〜お子ちゃま向けから18禁まで、いろいろあります〜

番外編
21.  幽霊スポット
〜タイタニックと一緒に沈んだ紳士が夜な夜な現れるホテル〜

22. 人体の不思議に触れる旅
〜フィラデルフィアの医学部付属博物館〜

                            以上。
                            コンテンツ及び内容は変更もあります。
                            本文は11月10日発売です。

Holding Hands and The City おててつないで・アンド・ザ・シティ

dpny4.jpg

Deeeeep New York 〜林檎の芯〜 のコンテンツをご紹介! その1

 コンテンツを紹介する前に、コラムの筆者、菊楽 恵について、自己紹介をさせていただく。
 
 私の友だちは、私のことを妄想族という
(言うまでもないが友だちは、暴走族とからめて、笑いをとろうとしている)。
片思いのアメリカ人(白人)男とバイバイの握手をした瞬間、「彼の尻の穴をなめてみたい」と思った。
その正直な気持ちを友だちに話したところ、「え〜〜っ、それは……」と苦笑ではなく大笑いされた。

 実際、私は男の尻の穴を舐めたことはない。行動派の人間は、考える前に欲望のままに既に男の尻の穴を舐めていると思う。こういうシチュエーションで、誘いの言葉はこうで、その時のシーツの柄は……とあれこれ考えて、しかも相手の仕草を深読みして疲れて、結局、実行に移す前に好きな男に振られ、妄想のままで終わってしまう。

ドラマの「Sex and the City」に登場する恋も男もセックスも立派にこなすキャリーでは決してない。

 私は、キャリーと同じライターで、しかも同じくニューヨークに住んで、それに同じくウォークークアップのアパートで一人で暮らしていてもキャリーのようにいっぱい「Sex」できない、セックスの前の前の前の前の段階、「Holding Hands」手をつないでで終わってしまう。
Holding Hands and The Ctity。訳すれば「お手手つないで・アンド・ザ・シティ」。いや手をつなぐ前に振られてしまう。

 そんな私が取材して書いたコラムが、Deeeeep New York 〜林檎の芯〜 だ。

そんな女が書いたコラムだから、つまらなそうだが、ドラマはあるのだ!

  男性ストリッパーの体は芸術だった。バーレスクのおっぱい回しはアメリカの国技と認定してもいいくらいだった。
一糸纏わぬオフ・ブロードウェイのショーは絶叫しすぎて絶叫マシーン以上だった。
teisoo.jpg男性専用の貞操帯(左の写真)の存在に驚き、メイド・イン・ジャパンばかりのアダルト・トイに驚き、刑務所の間を通勤電車が通っていることに驚き、私にとって絶叫と驚きの取材であった。
また、多くの地でSex and The Cityを行っている女だちに助けられた。

 ニューヨークは妄想族の私をさらに妄想に駆り立てる街なのは確かだ。
こんな「お手手つないで・アンド・ザ・シティ」な私と一緒に〜林檎の芯〜を体験していただけたらと思う次第である。
 

1. シングルズ・バー
〜最新出会い系バーで恋人をゲットする〜

2. 青春ノスタルジック・クラブ
〜70年代、80年代を駆け抜ける〜

3. レズビアン・バー
〜百合の世界をちょっと探検〜
gogoboypict.jpg 
4. 男性ストリップ
〜一度は見てみたい男子禁制のストリップ〜

5. アダルト・トイ・ストア
〜恐るべしメイド・イン・ジャパン〜

6. Naked Boys Singing 『唄う! 裸の少年達』
〜全裸で唄って踊るオフ・ブロードウェイ・ミュージカル〜

7. ムラムラ・フード
〜愛と欲望の女神アフロディーテのパワーみなぎる食べ物〜

8. エロティック・パフォーマンス
〜風変わりでかなりキワドいパフォーマンス〜

9. キュートな女性のストリップ、バーレスク
〜憧れてしまうキュートなストリップ〜

10. セクシーダンス! サンバ
〜ノリノリのラティーノと一緒にサンバぁ〜〜

11. とってもエッチなバチェラレット・パーティ
〜ホントはお芝居? 独身最後の記念パーティに潜入〜

                                         つづく

これから……

Deeeeep NY

 講談社の女の子のためのポータルサイトVitamin Fで3年前に連載されたDeeeeeP New York ~林檎の芯〜 が
講談社の電子ブックぱぶりから11月10日(金)に発売されることになった。
 
 紆余曲折あって日の目をみることになったわけだが、文豪と一緒に、講談社からわたくし菊楽 恵のコラムが発売されることは大変嬉しいことである。

 ところで、私は今年で滞米生活丸7年になるニューヨーク在住のライターだ。
渡米前は、東京で会社勤めもしていた。
 
 さて、DeeeeeP New York ~林檎の芯〜は女性誌や従来のガイドブックでは語られない、女性でも楽しめるエッチなニューヨークを紹介しようと始まったコラムだ。
その思いは、副題である ~林檎の芯〜 に込められている。
『林檎』はあえて説明はいらないかもしれないが、ニューヨークの愛称Big Appleに由来している。『芯』は、英語でcoreなのだが、非常に猥褻なを意味するhard coreから、単にcoreをいただいて直訳したのだ。

~林檎の芯〜 =『ニューヨークの猥褻』。しかし、猥褻を伝えるコラムではない。
SEX関連のエンターテイメントが、日本よりオープンになっているニューヨークの事情を伝えることができればと思ったのだ。さらにその面白さを日本人女性が気軽にニューヨークで体験できるように案内したいという趣旨で、講談社の編集者と副題を決めたのである。
 
 3年前のコラムでは伝えきれなかったことが多くあり、また3年という月日でアップデートされた事柄も多い。
アーティストやアメリカで活躍するタレントをサポートしているニューヨークのPR会社KICTが幸運なことにmixiのコミュニティ『DeeeeeP New York 女の夜遊び』を立ち上げ、管理してくれることとなった。これから、このブログとともに、振られてばっかりいる私のニューヨーク恋物語とともに『ニューヨークの夜遊び情報』をお伝えしていこうと思う。