4

グレーゾーン

<br /> TitleDPNY.jpg

***

総人口の5%がゲイであるらしい。
95%はストレート。
しかし、先日のオフ会ではゲイガイズの方が圧倒的に大多数だった。
ストレートはマイノリティー・・・。
そんな中、以前、合コンで同席した世之介さんがオフ会に参加してくれた。
Splashに来たのだった!!

世之介さんはストレート!
試そうと思ったらしいが、完全にストレートであることを自覚するに至ったらしい。
グレーゾーンもなし。

***

世之介さんはアジア系の男性気から気に入られたようで、両手を握られて、
しばらく一緒に踊っていた。
ヒップホップ系のダンスが得意そうな若者だったが、
いつの間にか、世之介さんは一人になっていた。
「男の子と女の子どっちが好き?」と聞かれ、
「女の子」と言ったら、去って行ったという。
多分、手の握り方に力がなかったから、世之介さんに聞いたのだと思う。

ストレートの男性に手を握られるのとゲイメンに握られるのでは力の入り方が違うというのを先日実は私は学んだのだ!

カールくんとはいつも手をつないでいるが、実は先日2人のストレートの男性に手を握られて、カールくんの握り方は力が入っていなくって、いい加減な握り方であるというのがストレート男性との比較から判明した。
ストレートの男性からは「完全やる気」を感じたのだ!!

だから、世之介さんの握り方はカールくんが私を握るあの後ろ向きな物悲しい微弱なパワーだったに違いないと推測。
目も物を言うが、手も物を言うのだと思う。

世之介さんはすぐに帰られた。
ストレート男子1名!拙ブログのオフ会の二次会Splashまで来ていただきありがとうございました!

RIMG1883
ストレート男性から見てブランドンくんはどう映ったのか世之介さんに聞いてみたかったな。

RIMG1884
ブランドンくん、やっぱりあなたはニューヨーク一番のGO GO BOYで〜す!

***

ところで、グレーゾーンといえば、レズビアンであったらなぁ〜という願望が私の根底にはある。
絶対、同性は無理!という人もいるだろうが、私は無理!とは思わない。
無理というのはセックスのことである。
オーラルは積極的にはでいないかもしれないが、オーラル以外だったらできるという確信はある。
なぜ、そんなことを言い出したのかと言うと・・・。

実は、先日、カールくんとチェルシーのゲイバーに行ったら台湾人のエリック達のグループが既にいた。
そのグループにはボーイッシュな女子2人と女性的な女性3人がいて、うち2人は既に顔を知っているストレートの女子だ。女子は全員台湾人。
エリックは女子の友達が多い。
エリックに聞くと、ボーイッシュな女子1人と女性的な女性1人はレズビアン・カップルで、
ボーイッシュな女子もレズビアンだという。

おおお〜!台湾人のレズビアンだ!と感動。

アルコールもちょっとだけ入り、カールくんと何かの拍子でmake outしてしまった後に、カップルじゃないボーイッシュな女子が私の方にやって来た。

目と目を見つめ合った瞬間、突然、私のクチビルに彼女のクチビルが・・・!
彼女と舌を絡ませる激しくも、でも柔らかなロマンティクでかつ情熱的なキスだった。
カールくんの叫ぶ声や周囲が「わぁ〜〜〜〜」と叫ぶ声が聞こえたが、彼女の舌に熱中。
クリスチャンは慣れているキスの上手なゲイガイだが、台湾人の彼女はあまり場数を踏んでいないういういしさがあった。歳の頃、24歳とか25歳だと思う。
彼女は、台北から訪ねて来ていて今週末には帰るのだと言う。

実はキスをしている間、彼女の胸をもんでいいものなのか悩んだが結局、揉まなかった。
乳首を触って反応を見てみたかったな〜と今、少々後悔している。

カールくんはレズビアン達にも人気者で、次から次へとにDirty Danceを踊っていた。
腰をふりふり〜、股間をすり〜すり〜。

「どきなさいよ〜。彼はわたしのよって言わないの?焼もち妬かないの?」
エリックから聞かれたが、第一夫人のような気持ちで「どうぞ!どうぞ!一緒に楽しんであげて!」
の心境になっていたのだが、カップルのボーイッシュな女子がカールくんの背後からいわいるバック(Doggy Style)で、
腰を前後にカールくんのお尻に振っていた。
この2人の様子を見た瞬間に「これは何か間違っている!ダメ」と思った。
カールくんが宝塚男役のようなボーイッシュな女子にやられている!!ダメ!ダメ!ダメ!と後から後から涙が溢れて来て、2人の様子を見ないように顔を伏せた。

カールくんは「レズビアンにやられた!」と笑いながら私のところに来たが、
私が泣いているのを見て「どうしたの?」と驚いていた。
「さっきのは何か間違っている!分かんないけど、悲しい・・・」とカールくんの胸で号泣。

「なんで泣くんだよ!変だよ!変だよ」を私に対して連呼していた。

カールくんもなぜ私が泣いているのか分からなかったが、
泣いている私もなんでこんなに心が激しく揺れ、とっても悲しくなっているのか自分自身の感情なのに分からなかった。

***

家に帰り、寝室をふと覗いたら、夫がストラップ・オン(ディルドーを装着)の女性に組み敷かれているのを見てしまった!ようなものではないかと自分で分析。
つまり、雄々しく攻撃的な夫(男性)であるはずなのに、受け身の弱い立場になっているの見てしまった!のが衝撃なのだと思う。
ジェラシーではない、と思う。

***

ところで、キスをした台湾人のボーイッシュな女子は帰り間際、「台北に来る事があったら連絡してよ」と私に言った。
言い方が宝塚の男役のようで、胸がときめいてしまった。
彼女が帰る前にもう1回会えないかなぁと思っているが、どうかな。

ストレートのF4くんといい、レズビアンといい私の中ではちょっとした台湾ときめきブームであ〜る。

ikissedagirl
女子とキス!

4

心残り・・・

<br /> TitleDPNY.jpg

***

オフ会が終わり、自宅アパートに帰り、オフ会報告を書いた後に私は気が付いた!

しまった!!
忘れた!
うげーーー!

momoたんとamberさんに、ある物を見せたかったのだ!!
ある物ではなく、ある者と言った方がよいかもしれない!!
ある人物を紹介したかったのである。

私の心の恋人!
お口の恋人はロッテだが(滑った!?)、
私の心の恋人であ~る!

KENである!

私は、バックにKENを入れた。
それもちょっと思い入れのあるKEN(ルームメイト氏からプレゼントされたKENである)だった。
実は、ダイスケくんにもKENを見せたら、「本物だ!!!」といたく感動してくれたので、
もしかしてmomoたんもamberさんも喜んでくれるかなぁ~と思ったのだ。

他のことに気を取られてすっかり忘れてしまった!!!

suneruKEN
すねているKEN!『なんで僕のことを紹介してくれなかったんだよ~!!』

それにもうひとつ、心残りがある。
ジャスティンが「ハロー」と日本から来た方々に言ってくれるために電話を掛けてくれたのだが、その電話を見逃してしまったことである。
うーー、残念であ~る。

カールくんもモテモテ男だが、ジャスティンはカールくん以上にモテた。
一緒にいると、次から次へと男達がジャスティンに寄って来た。
すごーくハンサムというわけでもないが、笑顔がかわいく、フェロモンが漂っているのだと思う。

今回のオフ会でできなかったことが2つ・・・。
KENもジャスティンもまた次回ということで・・・!!
またニューヨークに来てね!

21

ダンスミュージックがまだ鳴り響いている

<br /> TitleDPNY.jpg

***

午前1時!
拙ブログのオフ会が無事に終了!

自宅アパートに帰って来た。
ダンス・ミュージックが耳の奥でグーングーンとまだ鳴っている。

***

momoたんとそのお友達2人、そしてamberさんにはTherapyで無事に会う事が出来て、
カールくん、カケル青年、ダイスケくん、クリスチャンの他に、ヨーハンに、精神科医のカップルに、台湾人エリックと彼のカップルに、中国人のジャッキーに、他ブログでは登場していない他ゲイガイズ10名も来てくれて、ストレート女子5名とゲイガイズ20名の楽しいオフ会になった!
私たちの楽しい様子を見て、他のグループも交わり、嬉しいことにさらに賑やかになった。

momoたんもamberさんも美しく、そしてお優しく、こんなブログだけど読んでくれている人は皆美しい。
カケル青年が言っていたが、「みなさん上品ですね〜」。
私は下品だが、読者になっていただいている人達が上品と聞いて、私は非常に嬉しくなった。

momoたんのカールくんの印象が「野獣みたいな人を想像していたけど、細めのイケメンだった!!」とかなり好印象だった。カールくんとmomoたんは一緒に踊ったが、駅弁はされることはなかった・・・(笑)
残念・・・(笑)
私は恒例のクリスチャンとのmake out(フレンチキス、10秒)を披露。
クリスチャンの舌はやわらかくて美味しい。

カールくんは朝が早いから早く帰らなければと言いつつ、遅くまで残ってくれたのだが、
私たちの楽しい様子を見て途中から参加して来たハンサムなコロンビア大学教授といつの間にか仲良くなって
2人で帰って行った!!!!!

おおお〜〜〜。

カールくん、スゴすぎです!
どうしていつも良い男をゲットできるのだろうか?
医師だから?
でも、それだけではない。
魅力があるのだろうな〜。

momoたんも私も「羨ましいね〜」とカールくんを羨む。

***

Therapyから2次会に場所を移す!
ニューヨークのゲイ・クラブといえばの、Splashに行く。
絶対行かなければならないゲイ・クラブであ〜る。
私のニューヨークでのゲイバーの原点でもある。
既に東京に帰ってしまったゲイ友フミオに連れられて行ったSplash。
彼が日本に帰り、現在のようにゲイ友がいない状況だった時は女友だちにお願いして一緒に行ってもらっていた。
木曜日のキャンパス・ナイトではハンサムなブランドンくんに胸をときめかせていたのを思い出す。

もうブランドンくんはSplashでは踊っていないんだよね〜と思っていると、
あれは? あの顔と、あの帽子は?
ブランドンくんじゃない???

彼がポールを掴み、グルグル回って、それも左右上下に激しく踊っていた。
ひと際キラキラ輝いている。

きゃぁ〜〜〜、ブランドンく〜〜ん!!
brandon1
逞しい腕だわ〜!お顔は激写できなかったけど、素敵な二の腕をどうぞ!

***

ダイスケくん、カケル青年、momoたん、amberさんに
「ブランドンくん知っているでしょう?あのブランドンくんだよ〜」と私は一気にアドレナリンが噴出して、
一緒にブランドンくんの近くに行く!

たくさんのゲイガイズが彼の動きをじっと見つめている。
ダンスが素晴らしいから目が離せないのであ〜る。

私が手を振ると踊るのを止めて笑顔を見せてくれた。
覚えていてくれたのだ。
しかもチップを上げようとすると昔から変わらず腰を上げてもっこりを突き出すポースをしてくれた。
「久しぶり〜」と言われて、ほっぺにキスに、ぎゅっハグをしてくれて、感動!

ブランドンくんとの再会!!

それにmomoたんとamberさん、ダイスケくん、カケル青年に本物のブランドンくんを見てもらうことが
できてこんなに嬉しいことはなかった。
うるうるうる〜。

ねぇ〜、格好いいでしょう???

***

momoたんもamberさんもSplashの前キャブに乗り、ホテルに帰っていった。
キャブを見送り、こんなブログだけど続けていけば良いこともあるんだなぁ〜と感慨にしばしふけった・・・。

***

詳細についてはまたご報告致しま〜す!
何事もなく無事に終了したのでほっとしています!

8

明日は、大和撫子とゲイガイズの合コン!?

<br /> TitleDPNY.jpg

***

一緒に夕飯でも食べようとカールくんから連絡があり会って来た。

ガムの包み紙のように気にも留められず捨てられた・・・と悲観していたが、
私のことは忘れずにいてくれたようで安心しつつ嬉しくなる。

夕食を食べる前に、カールくんは木曜日のオフ会に備えて調髪したいから、床屋さんに行きたいと言う。
美容室ではなく床屋さんだ。
「わざわざ日本から来たメグミのブログの読者に会うんだもん。格好良くしなくっちゃ〜」
と嬉しいことを言ってくれる。

ジーーーン。

カールくんのことが好きなのは、こういうことを言ってくれるからなのだ。

***

知り合いゲイガイズ、ただし近所のゲイバーの友達以外には明日来てね〜と連絡をした。
カールくんは私のイースト・ビレッジ系のゲイ友とは仲良くはなれないのは分かっているから、
明日はカールくんの仲間をTherapyに呼んだ。
気を使うのである。
果たして皆来るかどうかは正直分からない。
はっきり言えば、他にデートが入ればそっちが優先される。

カールくん、クリスチャン、カケル青年、ダイスケくんは来ると言ってくれたので、
ちょっとは賑やかになっていいかなぁ〜と思う。
日本女子はmomoたんとmomoたんのお友達、Amberさんが参加だ。
大和撫子とゲイガイズの合コンみたいだ。
恋愛関係にはならないが、友情が築ける!

ま、ゲイバーに日本人の女子だけが集っているというのも普通ではないがお店の方も追い出したり、
とやかくは言わないと思う。
そこはニューヨーク!
某二丁目とは違う(まだ恨みに思っている(笑))誰でも受け入れてくれる懐の深さがある。

***

ところで、先週、カケル青年と久しぶりに会った。
彼は忙しく夜遊びする時間がなかったという。
忙しいのはいいことである。

ゲイであることを気軽にカミングアウトできたらいいのになぁ〜と言っていた。
それはダイスケくんも同じだ。
ゲイの街、ニューヨークにいるのに言えない。
特に日本人のストレートには言えないという。
隠す事なくゲイ全開で生きている人を見ると羨ましいとカケル青年。
見た目で思いっきりゲイと分かる人もいいなぁ〜とカケル青年。

チェルシー周辺にいる美しくてピチピチTシャツを着ている人やムキムキの人は、
ニューヨークに住んでいたら誰でもゲイと外見で分かる。
ステレオタイプのゲイだ。
が、実際、そういうゲイガイズは一部。目立つだけだ。
ウガンダ・プノンペンのように、ださいゲイもいるわけだし、外見では分からない。

***

男子の世界にいると必ず「彼女は?」と聞かれるらしい。
(女子の世界でもそれは同じか。
「彼氏は?旦那さんは?結婚しているの?子供は?」世間はウルサい。)

「彼女は?」と聞かれて、彼女はいないから「いません」と答える。
嘘はついていない。
彼女はいないのは本当だから。
そこで、「彼女はいません。ゲイですから」と「ゲイです」というのは日本人(男女共に)には言えない。

なぜ言えないのか?
それは相手の反応がホモフォビアだったら?と思うと尻込みをしてしまうのだと思う。

アメリカ人ならば特にニューヨークに住んでいる人ならゲイということをカミングアウトしても否定的な反応をする人はいないと思う。
ま、私もボーイフレンドがいないから、ストレートのアメリカ人男性(中年)に「レズビアンなの?」と冷やかしでもなく、冗談でもなく真剣に聞かれたことがある。

しかし、日本人だと「そっちの趣味」ということでくくられ、男色家などと言われ、
選択しているような扱いである。
ストレートの女子が男子を自然に好きになるように、同性を自然に好きになるのである。

性同一障害について日本ではお茶の間での認知度が高くなっているのに、
ゲイについてはまだまだ身近な存在にはなっていないようだとカケル青年は嘆いていた。
身近にゲイガイズがいるのにね。

***
オフ会 in New Yorkのお知らせ

初のオフ会で〜す!
薄情者の集まりですが、どうぞいらしてね(笑)!!
これはどんなことがあっても実行致します!!!!
ゲイバーです!

9月24日(木)
午後7時から

Therapy
348 WEST 52nd STREET (Bet 8th and 9th Aves )NEW YORK . NEW YORK 10019

注意事項!

IDがないと入店拒否の可能性があるのでお忘れなく。
21歳以上でないと入店できません!
Therapyは偽物かどうかをチェックする機会は使っていませんが、
他のバーやクラブはスキャンまたはデジカメでIDを撮影しています。
パスポートのコピーでも入店拒否をされる可能性は高いので、なくさないことに気を付けて
パスポートをお持ち頂くのが一番かと思います。
国際免許もOKです!

akaibarabara
目印は赤い薔薇!!

***

2

新たな座右の銘!!

<br /> TitleDPNY.jpg

***

ゲイのランニング・クラブに参加!!
走れなくても歩いてもOKだという。
ゲイ友倍増だ!!

ストレートのランニング・クラブに入れば、ストレートの男性の知り合いができるだろうが、
ストレート男性に女として評価されてしまうことを考えると、ためらう以前に諦める。
自分自身、女としての商品価値がないことを知っているからだ。
商品棚には陳列してもらえない賞味期限を過ぎた製品。
運がよければ50%オフとか閉店時間間際のタイムセールスで売ってもらえるかもしれないが、
そのまま廃棄処分の方が高い確率・・・それが私!

ストレートの世界では商品棚にはのせてもらえないが、
ゲイの世界では商品でもなく消費者でもない位置にいるので非常に気楽だ。
多分、ゲイの世界では商品のPOP広告ぐらいにはなっているはずだ。

ジョニーくんと連絡を取り合い、待ち合わせの時間と場所も決まり、しまっていたスニーカーを取り出し、たんすの奥に眠っていたジャージを引っ張りだし、準備万端!!
期待に胸を膨らませる。
(胸は勝手にむくむくと期待で膨らんでいる!!)

白人のゲイ友倍増だ!!

***

しかし・・・・、

そう私の人生にはいつも「しかし」がまとわりつく・・・。
一筋縄にはいかない・・・。

一緒に行くのはゲイガイ・・・。

そう、デートが入ったから、ランニング・クラブには行けない・・・。彼と一緒に食事をするから・・・という連絡が入った・・・。

私の約束が最初なのにぃ~というのは通じない。

恋!愛!セックス!は人生の最優先事項・・・
ストレートもゲイもそれには変わりない。

ゲイ友倍増計画なんて、恋!愛!セックス!の前では取るに足りない瑣末(さまつ)な計画だ・・・(泣)。

これから、ゲイガイズと約束をする時は、真剣に結ばないようにしようと思う。
約束が履行されたらそれはラッキー!と思えるし、がっかりしなくて済むし、怒らずにも済む。
また私も気軽に約束を破れるという利点もある。

ま、ゲイがイズだけでなく、これはゲイ・ストレートに関係なく、
パーティーの招待など社交辞令で約束しても実際に招待されない、しないというのもあるので、ジョニーのことは誰も責められない。
期待に胸を膨らませていた分、しぼみ度合いが想像以上に激しく、朽ち果ててしまいそうである。

あ~あ。

約束はあってないもの・・・これが私の座右の銘であ~る!

***

オフ会 in New Yorkのお知らせ

初のオフ会で〜す!
薄情者の集まりですが、どうぞいらしてね(笑)!!
これはどんなことがあっても実行致します!!!!

9月24日(木)
午後7時から

Therapy
348 WEST 52nd STREET (Bet 8th and 9th Aves )NEW YORK . NEW YORK 10019

注意事項!

IDがないと入店拒否の可能性があるのでお忘れなく。
21歳以上でないと入店できません!
Therapyは偽物かどうかをチェックする機会は使っていませんが、
他のバーやクラブはスキャンまたはデジカメでIDを撮影しています。
パスポートのコピーでも入店拒否をされる可能性は高いので、なくさないことに気を付けて
パスポートをお持ち頂くのが一番かと思います。
国際免許もOKです!

akaibarabara
目印は赤い薔薇!!

***

2

太竿繁盛記とゲイ友倍増計画

<br /> TitleDPNY.jpg

***

『捨てる神あれば拾う神あり』とことわざがあるように、
ゲイ友カールくんは親友(どうして?と疑問に思えて仕方のないデブ醜ゲイ、ウガンダ・プノンペン)を選び、
ガムの包み紙のようにポイッと気軽に何気に捨てられてしまった私だったが、付き合っているのか付き合っていないのか
分からない微妙関係の日本男児LOVEただし醜男LOVEのクリスチャンと格好いいからイマイチ好かれないという
信じられない状況に陥っているダイスケくんとカップルではないかもしれないが、さぁどうなの?の2人と遊ぶことになった!

行った先は、近所のゲイバー、Urge!
ここはムキムキのGo Go Boysが長方形になっているバーのカウンターを歩くので有名なお店である。
踊りはしない、ただ歩くだけなのである。

クリスチャンは先に来ていて、白人の勉強の虫的なおたくな青年と話していた。
勉強の虫青年はドイツ人で美術の研究のためにニューヨークに来たとクリスチャンが説明してくれた。
ドイツ人の青年と話そうと思ったが、彼はクリスチャンに夢中で私と話す気にすらならないのがアリアリだ。
ダイスケくんに「クリスチャンが他の男と話しているけどいいの?」と聞くと、
「全然気になりませんよ」と笑顔で答える。

***

しばらくするとGo Go Boyが登場!
ラテン系だ。

パンツ一丁にブーツを履いているが、それがUrgeのGo Goボーイの定番だ。
ペニスが右側を向いていて、それを触っている。
「うわぁ〜大きい」とクリスチャンもダイスケくんもドイツ人の青年もペニスに釘付け!
今度は、黒人のGo Go Boyがバーカウンターに!
透け透けのパンツをはき、亀頭の形もはっきり見えるのだが、
馬並みとはまさにこのことだろう!
でかい!
怖いくらいにでかい!
大瓶のビール1本の太さはあるだろう。
子宝の現人神として彼のペニスは祀られてもおかしくないくらい本当に本当に大きく、黒光りしている。
ラテン系のGo Go Boyのが小さく見えてしまう。

クリスチャンの友達、フィリピン系アメリカ人のジョニーも加わり、
あれは偽物だ!と論議を交わす。
ジョニーとは2回目。
クリスチャンの大学からの友達である。

ペニスの神様(黒人のGo Goボーイ)が私たちの前に来た。
クリスチャンは「それは偽物なんでしょう?」と質問する。
ペニスの神様(黒人のGo Goボーイ)は「本物だよ」とパンツの横からポロンと見せる。
「うわぁ〜〜〜〜〜、本物だぁ〜〜〜」と驚愕の声を出す!!

ダイスケくんはチップを渡し、私に触らせようとするが、直視もできなかったし、触れなかった。
代わりにクリスチャンが握っていた!!
まるでビール瓶の底の方を握っているようだった・・・!!!

神々しい陰茎で、神をも恐れぬ大きさとはこのこと。
恐れ多くて、拝むだけで精一杯だった。
正直言うと、あまりにも大きくて、馬のペニスを想像してしまってたじろいでしまった。

ダイスケくんに「ゴールデンボールはどうか触ってみてよ!大きさもスゴいのかどうか確かめてよ」と
懇願したが、「ちょっと無理です。駄目です」とダイスケくんも私と同じように怖かったらしい・・・。

彼のペニスがゲイガイズに大人気だったのは言うまでもない・・・!!
頭にのっけって喜んでいた人もいたが、まさに将軍級のちょんまげだ!!
チップの額が半端ではなかった!!

素晴らしいサイズ!他の人にはないサイズを持って生まれてきた彼は、きっとお金をガンガン稼いで
腕一歩ではなくペニス(竿)一本でガンガン稼いでいるに違いない。細腕繁盛記ならぬ太竿繁盛記であ〜る!!

ところで、ブラジル人の女性はおっぱいが大き過ぎて豊胸手術とは逆の小さくなる手術を受けたと聞いたことがあり、
ある知人の黒人の男性はペニスが大き過ぎて勃起した時に陰茎の血管が膨張についていけず切れてしまい、
血が漏れて更に巨大になってしまい手術したという話も聞いたことがあり、
大きいことは良い事で憧れの対象ではあるが、大変なことも多々あるようであ〜る。

***

ところで、カールくんからガムの包み紙のように気軽にポイッと捨てられた私は、他にもたくさんのゲイ友を
作ろうと決意し、かつゲイ友100人の目標を達成すべく努力しようと決意。
しかし、アジア人ではなく白人のゲイ友が欲しい。
ジャスティンのような、ルームメイト氏のような、クリスチャンのような。
白人のゲイ友がもっと欲しい!!

クリスチャンは日本男児LOVEで、しかも友達はアジア系しかいないという根っからのアジア人LOVEである。
カールくんは恋人、デートの相手は白人だけど、友達は全員アジア系だ。
「ボクは助けてあげられない!ボクの周りはアジア人ばっかりだもん」とクリスチャン。
「あっ、でもジョニーは違うよ。たくさんの白人ゲイの友達がいるよ」

おおお〜。

「うん、ボク、たくさんの白人ゲイの友達がいるよ!
その中で日本人の女子と友達になりたくって、遊びたいゲイだよね?」
と考えながら、「いるいる〜」とi phoneで写真を見せてくれた!
「きゃぁ〜、かわいいぃ〜」と写真を一目見て気に入る。

「ランナーズ・クラブは?」とクリスチャン。
「そうだね。90%は白人のゲイだし、いいかも!とジョニー。

ランナーズ・クラブとはゲイ・レズビアン・ゲイじゃないけどゲイ支援をしているストレートが毎週1回集ってセントラルパークを走るクラブだそうだ。
その存在は知っていた。
以前、バー通いではなく他にゲイ活動ができないかとリサーチしていた時にサイトを見つけた。
それに確かゲイ・プライドのパレードにも出ていた。

ジョニーは毎週走っているそうだ。
クリスチャンは仕事が忙しく、以前はクラブに参加して一緒に走っていたが、今は個人で走っているという。

まさにゲイ友を作る絶好の機会!
そして健康増進のための最高の機会なのだが、走るのは不得意だし、実は胸の痛み、胃の痛みの他にもここのところ、
足が痛くて夜中目を覚ますことがあり、そんな状況で走れるわけがない。

無理、無理と諦めるが、
走らなくても歩ってもいいのだという。
それなら、こんな私でもできる!
そう、歩くことはできる!!
じゃ、早速ランナーズ・クラブの集まりに行くことを決意!

もちろん、ニューヨークにはストレートのランナーズ・クラブもある。

ジョニーとクリスチャンが連れていってくれることになった!!!
願えば叶うのである。
ゲイ友しかも白人!たくさんの夢まであと少し!!

***

オフ会 in New Yorkのお知らせ

初のオフ会で〜す!
薄情者の集まりですが、どうぞいらしてね(笑)!!

9月24日(木)
午後7時から

Therapy
348 WEST 52nd STREET (Bet 8th and 9th Aves )NEW YORK . NEW YORK 10019

注意事項!

IDがないと入店拒否の可能性があるのでお忘れなく。
21歳以上でないと入店できません!
Therapyは偽物かどうかをチェックする機会は使っていませんが、
他のバーやクラブはスキャンまたはデジカメでIDを撮影しています。
パスポートのコピーでも入店拒否をされる可能性は高いので、なくさないことに気を付けて
パスポートをお持ち頂くのが一番かと思います。
国際免許もOKです!

akaibarabara
目印は赤い薔薇!!

***

6

女の不安を共感してくれる人・・・

<br /> TitleDPNY.jpg

***

拙ブログの常連コメンテーターAKIさんの書き込みを読んで、改めて思ったことがある!

結婚した女友達、結婚して子供がいる女友達、恋人がいる女友達、喧嘩別れした女友達・・・
たまに会うことは会っても毎週は会えない(会ってはもらえない)。
かつては共有した話題も今ではお互い違うことに興味がある。

育児の話、子供の受験の話は私にとってサイエンスフィクションの如く全く別の星の話になっている。
女性の生きる道から思いっきり逸脱してしまっているからだ。
途中までは一緒に歩めて、共感した出来事もかつてはあったが、今は全く別世界に住むようになってしまった・・・。

毎週は会えなくなってしまった女友達だが、努力して築き上げたゲイ友との友情がある。
(努力して・・・と言ったのは、ゲイガイズと友達になりたいと努力して探したからである)

身振りや話し方が女性的でも、受け身のセックスをしていても、『男』なんだといつも感じる。
私は女友達の役割もボーイフレンドの役割も彼らに期待しているわけではない。
彼らは男である。
もっと基本的なところで、分かってくれる人、共感してくれる人と話したいと思うことがある。
生理痛の辛さとか子宮頸ガンの検査とか、女(生物)としての不安・・・、そういうことである。

ふと、女友達と話したいなぁ〜と思うことが時々あるが、
残念なことに頻繁に会える女友達は現在のところいない。
ひゅーー。

ところで、オフ会参加希望者の方から問い合わせがあった。
ドレスコードは?という質問だ。
高級レストランでもないし、それにニューヨークなのでなんでもOK!で〜〜す!
唯一、心配なのは、ID!!!
IDが正規なものでないとバーには入れてもらえないので、それだけが心配です!

+++++++++++++

オフ会 in New Yorkのお知らせ

初のオフ会で〜す!
薄情者の集まりですが、どうぞいらしてね(笑)!!

9月24日(木)
午後7時から

Therapy
348 WEST 52nd STREET (Bet 8th and 9th Aves )NEW YORK . NEW YORK 10019

注意事項!

IDがないと入店拒否の可能性があるのでお忘れなく。
21歳以上でないと入店できません!
Therapyは偽物かどうかをチェックする機会は使っていませんが、
他のバーやクラブはスキャンまたはデジカメでIDを撮影しています。
パスポートのコピーでも入店拒否をされる可能性は高いので、なくさないことに気を付けて
パスポートをお持ち頂くのが一番かと思います。
国際免許もOKです!

akaibarabara
目印は赤い薔薇!!

***