10

私のプレゼントはプライベート・ジェット機!?

<br /> TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版が発売されました!
発売日:12月14日(金曜日)3部構成で1部300円!
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが今度はケータイで登場!!
*auのケータイサイトで購入できます!

***

コンピュータの画面のルームメイト氏の写真も外し、狆のチューリップちゃんを抱いている私の大好きな写真を机の中にしまい、ケータイの待ち受け画面もルームメイト氏の写真からKENの写真に変えた。

ルームメイトと出会ったことは私の人生でなかったことにして、LAではジャスティンと他のかわいいUCLAのロースクールの大学院生に会って楽しかったことだけを考え、ルームメイト氏は私の記憶から完全に抹消!

掛かって来ない電話を待つより、忘れて寝る方が精神的も肉体的にもいいのだ。

・・・と布団の中に入るが、なかなか寝付けない。

忘れようと努力すればするほど、ルームメイト氏の顔が浮かぶ。
私の名前を呼ぶ声も聞こえる。
彼がはいていたコンバースのスニーカーもまぶたの裏に浮かぶ。
LAのゲイバーHEREで、ルームメイト氏がその日に知り合ったゲイマンとディーープ・キスをしているのを
「嗚呼!綺麗!」と私はうっとりしながら見ていた光景も登場する。

ルームメイト氏が誰かとキスしているのをまた見たいなぁ〜、とあらぬ方向に考えがいき、
今度、ルームメイト氏がセックスしているのも見たいな〜、やられている方がいいかなぁ〜と
更に妙な妄想の方向に行ってしまう・・・。

が、しかし、「さみしいのぉ〜。抱き締めて〜」とジャスティンと一緒にベットに横になっている私に言いに来て、
180cm以上もあるルームメイト氏を豆炭のような私が後ろから抱き締めながら眠りについたことを思い出して、
もう一度、彼を抱き締めて眠りたいと思うが、もうその願いは叶わないのだろうと涙を流していると、ケータイが鳴る。

午前2時。

ルームメイト氏からのテキストメッセージだった。

連絡を取らなくてごめんなさい!と謝るものだった。
新しいお家のことに気が取られているからと理由も書かれていた。

***

このテキスト一通で、真夜中なのに私の脳は常夏のハワイになった。
快晴!暗雲はどこかに行き、頭の中にブルースカイが広がる。
気にかけてくれていることが嬉しかったのだ。

***

ところで、英語はまだまだ理解に苦しむ未知の言葉である。
そこで、本当にバイリンガルの友達にルームメイト氏からのテキストの分析をお願いする。

I have been consumed with condo & house.
I was really touched that u sent me a generous gift.

上記の文章は、ルームメイト氏が送ってきたテキストの一部だが、
私が知りたいのは「程度」である。
つまり、consumed withとは、どれくらい熱中しているものなのか?
そして、touchedも、どれくらい感動しているのだろうか?

友達の分析によると、consumed withは天才画家が寝食を忘れて、まるで取り憑かれて絵を描くぐらいだそうで、
他も見えないくらい心底熱中しているということだ。

touchedは、感動でも涙が出そうなくらいジーンと胸を打つ感動らしい。

友達はおまけに、a generous giftについても言及してくれて、ドナルド・トランプにプライベートジェット機を
プレゼントされたら、まさにa generous giftだそうで、お金がかかった、奮発した贈り物という意味らしい。

ルームメイト氏は、寝食も忘れるくらい新しいお家のことに忙殺されているが、私の贈り物(=プライベートジェット機と同等(笑))にはジーンと感動したということが分かって、私もルームメイト氏が落ち着くまでは、あたふたしないでおこうと思った。
きっと落ち着いたら、いつもの彼に戻るであろう。
友達の説明で、さらに彼の詳細な状況が分かり、気分は落ち着いた。

それにしてもバイリンガルの友達の分析がとても面白い。
辞書には決して載っていない「程度」が分かる説明に脱帽した次第だ。

ゲイを好きになるのも大変だが、楽しいし、同じく外国語で恋愛も大変だが、楽しい。

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します。

17

やっぱり・・・De-Lovelyな人だった・・・

<br /> TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版が発売されました!
発売日:12月14日(金曜日)3部構成で1部300円!
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが今度はケータイで登場!!
*auのケータイサイトで購入できます!

***

ルームメイト氏のお誕生日だった。

開けると花束になるバースディー・カードを購入し、「花もチョコレートもいらないホーム・ディポのギフトカードがいいぃ〜」と言っていたので、バーに行くのを止めて酒代を節約し100ドル分のギフトカードを購入。
日本では1万円なんて普通だがアメリカでは高額だと思う。
お誕生日と新しいお家購入記念を兼ねてだから奮発してもいいと思ったのだ。
ギフトカードもLOVEと書いてあるコテコテのものを選択。
「きゃぁ〜〜、キュ〜トぉ〜」と絶対に叫ぶに違いない。
その姿を思い浮かべ、にやにやする私。

ルームメイト氏のお誕生日に届くようにニューヨークから送る。
トラッキング番号(追跡番号)をサイトでチェックする。
ニューヨークを出ると、どこにも立ち寄らず直にロサンジェルスに行っているのに感動。
午後2時38分にルームメイト氏の新しいお家に配達されたのを確認し、
コンピュータの画面に頬ずりする!

きゃぁ〜、届いた!
シナリオ通りに事はうまく進んでいる。
いつルームメイト氏の手に届くのだろう。
彼はいつごろ開けるのだろう?
ジャスティン、焼きもち焼くかな。
喜んでくれるかな。
だと、いいなぁ。
電話掛けて来てくれるかな。

ニューヨーク時間の零時、ロサンジェルスの午後9時にルームメイト氏からケータイにテキストが入った。
「メールを受け取りました。ありがとう!こんなにたくさんありがとう。LOVE U」

わぁ〜!
プレゼント、届いた!

電話で直接「おめでとう」を言いたくて電話を掛ける。
しばらく呼び出し音が鳴る。

「メグミィ〜〜!!」
「ルームメイト氏ィ〜!お誕生日おめでとう!!」

ガヤガヤ騒がしい声がする。

きっとお誕生日会をしているのだろう。
「ありがとう。でも、ごめ〜んね。今、ちょっと話せないから、後で電話するね。じゃぁ〜〜ね」
と短い会話であっさり電話は切られた。

そして、その夜、電話は掛かってこなかったし、朝のおはようテキストもお昼のご挨拶もなし。
夜の現在も何もない。

***

結婚している友達に相談する。
「電話するって言って電話掛けてこないような男はダメよ〜。でも、相手はゲイでしょう?
メグミさんなんて二の次、三の次で楽しいことがあったのよ。最初から期待しちゃダメよ。
相手はゲイなんだから〜。空しくないの? ゲイよ、ゲイ!!」

期待した私が間違っていた。
・・・ということなのだ。

お誕生日に喜んでもうらおうと思って奮発したギフトカード。
お誕生日カードには「一緒にお誕生日は祝えませんが、遠くからあなたの幸せを祈っています」と書いた。

これから体外受精のために治療が始まったら・・・?
ひとりで耐える・堪えることができるだろうか?
絶えてしまうかもしれない。
って、駄洒落飛ばしている場合ではないが(笑い泣き)

心細い時、抱き締めてくれる人が側にいない。
抱き締めて欲しい人は何十人ものの男の腕に抱かれ、そして何十人ものの男を抱いている。
それが現実。
私が心細くなっているなんて、どうでもいい。
かわいい男の子ことしか、ペニスのことしか、セックスのことしか考えていない。
それが現実だ。

私の要求に答えないルームメイト氏が悪いのではない。
ゲイの彼に期待と希望を託した私が悪い。

今夜、ずっと涙が後から後から溢れてくる。
お酒は呑んでいない。
間違った人を好きになった自分を恨む。

ゲイマンに期待はしてはいけない・・・それは分かっていたはずなのに。

気弱になっている私を誰か抱き締めて欲しい。

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します。

12

KENがI LOVE YOU!

<br /> TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版が発売されました!
発売日:12月14日(金曜日)3部構成で1部300円!
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが今度はケータイで登場!!
*auのケータイサイトで購入できます!

***

近所に古いバービーや人形を売っているお店がある。
60年代や70年代のヴィンテージ・バービーの中には三百ドルもするのもある。
そういうバービーを所有したいとは思うこともあるが、自分の分をわきまえているので買ったりはしない。
ま、できないというのが正直なところだが。
買えなくてもお店に行ってショーケースに飾られているバービーや着せ替えの服を見たりするだけで幸せになるので、
時々足を運ぶ。
ガラスケースに入って手に取ることはできない。
本当に眺めるだけだ。

そのお店に、かごの中に無造作に大量のバービーが入って販売されていた。
6ドル50セントでしかも20%OFF!!

見るからに、子供がずっと遊んで、大人になって手放したバービーだ。
髪の毛はぐちゃぐちゃで、洋服も汚れがあり、ぐちゃぐちゃだからだ。
顔とファッションからすると90年代のバービーだ。
何か掘り出し物はないかと、ごそごそとバービーをかき分けると、KENがいた!

それも金髪で、現在のKENと顔も体型も違う90年代のKEN!
しかも、ピンクのブリーフ、いや海パンをはいている。それも☆柄の。
どう考えてもストレートの男(非ゲイ)がピンクのブリーフを穿くはずがない。

GAY KEN!


ピンクのブリーフが似合う!一体、どんなテーマのKENだったのだろう、気になる。独立記念KENか?

これみよがしに、胸がはだけるシャルを着ている。
そういう場合、やはり人というのは気になるもので胸を開けて見るものだ。
すると、胸にスピーカーを発見!
・・・ということは、背中にボタンがあってしゃべるに違いない。

と薄汚れているサテンのシャツをめくるとボタンがあった。
押してみると、やっぱり、しゃべる、しゃべる。
その中のひとつは、「I LOVE YOU」だ。


背中のボタンを押せば、KENの生声が聴けるKEN!!

いやぁ〜ん。
KENから「I LOVE YOU」だなんて!

音楽も奏でる。
なんと一曲は結婚といえばのメンデルスゾーンの結婚行進曲ある。
宝塚のミュージカルでもエンディングは結婚である。
そう女の子の憧れは結婚〜。
私の愛するルームメイト氏も憧れる結婚〜。

I LOVE YOUって言ってくれたり、結婚行進曲を奏でてくれたりと女の子の夢を体現してくれるGAY KEN だが、
ペニスはない。
バービーで遊ぶ世代を卒業し、もう少し大人になると興味が出てくるので楽しみは後からということなのだろう(笑)。

***

何の迷いもなく購入。
もちろん私でも購入できる値段であるからではある。
ちょっと残念なのがピンクのブリーフのゴムがゆるゆるな所だが、それくらいは私でも直せるであろう。
前の所有者はかなり穿かせたり、脱がせたりしたのだろうか。
うふふふ〜(アンタも好きね〜の世界だ)。
それともやはり月日のせい?

自宅に持ち帰り、他のKENが入っている箱に収める。
今夜はKEN達で、私が寝静まった後に、Orgy(乱交パーティー)が始まるかもしれない。
それとも、『おもちゃのチャチャ』ならぬKENなので『サンバ』だろうか?

くだらないオチで失礼しましたぁ〜。


今のKENと仲良くツーショット!90年代KENは妙に艶があるなぁ〜。
お腹のシックス・パックの割れ方がセクシーなのかも!!

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します。

17

始終、涙が止まらなかったDe-Lovely。

<br /> TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版が発売されました!
発売日:12月14日(金曜日)3部構成で1部300円!
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが今度はケータイで登場!!
*auのケータイサイトで購入できます!

***

私がゲイが好きなことを知った友達に(といっても詳細はまだ伝えていないが)、
すすめられてコール・ポーターの伝記映画De-LovelyをDVDで鑑賞した。


コール・ポーター役にはケヴィン・クライン、妻のリンダにはアシュレイ・ジャッド

***

コール・ポーターはアメリカの作曲家だ。
私はジャズのスタンダードの作曲家とずっと思っていたが、彼が作曲したブロードウェイのミュージカルの曲が
ジャズのスタンダードになったというのが正しいということは後々分かった。

大学時代、好きだった男性がジャズ・ファンで何も知らない私に薦めてくれたのが『エラ・フィツジェラルドのコール・ポーター・ソング・ブック』だった。記念すべき最初のジャスCDだ。

1曲目のI LOVE PARISが好きだった。

***

友達があらすじを教えてくれたのだが、言われるまでコール・ポーターがゲイだということは知らなかった。
名曲Night and Dayの歌唱指導のシーンは、
コール・ポーターと歌手が見つめ合い、誰も二人を邪魔させないような世界を築くので、
ゲイ好きならば萌えポインだと見所も教えてくれたのだが、それよりも何よりも友達からあらすじを聞いただけでも
涙が出そうだった。

「彼の妻は、ゲイであることを知って結婚した。
彼が男の恋人を持ち、ゲイクラブに行くことも容認していた。
しかし、ポーターは妻がショーのオープングに来ないと不機嫌で、ゲイだが妻との関係は密接だった」

実際、初めから終わりまで涙が止まらなかった。
ゲイのルームメイト氏を好きではなかったら、泣くこともなかったし、ここまで感動しなかったかもしれない。

妻のリンダ・ポーターに自分を重ねずにはいられなかった。
プロポーズを受ける時に「私があなたを愛すると同じくらいあなたが私を愛してくれるとは思っていないから・・・」
とリンダがコール・ポーターに言う。
この気持ちが痛いほど分かる。
それでも好きになることを止められない。
彼女は作曲家である彼を愛していた。

多くのラブ・ソングを作詞、作曲したコール・ポーター。
男の恋人のために、好きな男を思い描いてロマンチックな曲を作った事実を妻のリンダは知っている。
妻リンダは死の床でこう言った。「いくつかは私のことを想って作ったと思いたい・・・」
この台詞で涙が滝のように出る。

あなたは男を愛するゲイ。でも、少しでも私のために・・・。
胸を打つ。

***

ルームメイト氏と電話で、もしも将来、私たちが父と母になって、ルームメイト氏に恋人ができた場合のことも話した。
「あなたの恋人、もしかして夫になる人と一緒に暮らそう。結婚式には私がブルーム・メイドをするから」
「でも、それでもアナタは幸せなの?」
「うん。幸せだと思う。ゲイメンと一緒に暮らせて幸せ。それに時々ゲイバーに行って発散してくるから。
ストレート男の恋人はいらない・・・」

本当に大丈夫なのか?
それは分からない。
多分、大丈夫だと思う。
コール・ポーターがいくつかの曲は妻のために作曲したように、きっとルームメイト氏も男の恋人(夫)を愛するところとは別の次元だとしても私を慈しんでくれれば。
ストレートの男だからといって一生、女である私をあなたを愛してくれるとは限らないのだから。

***

De-Lovelyの公式サイトに、妻リンダが亡くなってからコール・ポーターは一曲も新曲を発表しなかったと書かれていた。
妻の死が彼の創作意欲を消滅させてしまったことを暗喩する書き方だが、私はそうは思わない。
そうあって欲しいという願いは映画とミュージカルのハッピー・エンディングだけに叶う。

現実は晩年、体の調子が悪かったこともあるだろうが、映画にも登場していた身の回りを世話してくれる男性、それも妻リンダが生前、私が死んだ後コールが孤独にならないようにと彼女が選んだ男(号泣)、と思う存分、自らのセックス・オリエンテーションを満喫して人生の幕を閉じたに違いない。
彼女の意志を継いだ男性と。

世間には発表しないまでも曲は書き続けていたと思う。

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します。

4

ゲイメン50人と女ひとり・・・これこそ愛されている証拠!?

<br /> TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版が発売されました!
発売日:12月14日(金曜日)3部構成で1部300円!
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが今度はケータイで登場!!
*auのケータイサイトで購入できます!

***

ルームメイト氏におやすみのテキストを送ったら直ぐに電話が掛かってきた。
「今ね、新しいお家にいるのよ。鍵をもらったの」と声のトーンがいつもよりも高い。
「あっ、声が響いている!ソコ、大きいんだね」
「きゃぁ〜、本当ね。響いている。エコ〜、エコ〜、エコ〜」と騒いでいるルームメイト氏。

私は車も買ったことはないし、もちろんアパートも賃貸だし、財産になるようなものを一度も購入したことがない
貧乏人ではあるが、車や家を購入したらとっても嬉しいんだろうなと思う。

「アナタが来た時、パーティーするからね。ゲイメンを招待してね。楽しみね〜」とルームメイト氏。
「レズビアンは来るの?」
「お友達はいるから呼べば来るけど・・・。レズビアンも呼ぶ?」
「レズビアンもいいかも〜」と本場The L Word『Lの世界』を堪能!?と妄想の世界に走る。
「え〜? レズビアンは女よ。女は招待しないわよ。ゲイメン50人に女はメグミ、ひとり!!」と断言する。
「女は私ひとり!?」
「当たり前じゃな〜〜い」
「またレズビアンに嫉妬して、大変なことになっちゃうかもしれないし・・・。ハハハ〜」と私。

そう私はルームメイト氏がレズビアンのお友達とLAのゲイ・レストラン、ABBEYで食事をしただけなのに、
激しく嫉妬して食事を邪魔すべく5分おきにテキスト・メッセージを送り、赤ワインのボトルを一気にあけた。

「ゲイ・ハーレムをアナタのために作るんだから〜」

***

ゲイメン好きな私にとって、『ゲイメン50人と私』はルームメイト氏が私をケアしてくれる、愛してくれている証拠以外の何ものでもない!?

胸を熱くして、ルームメイト氏を抱擁する想像をして、体が熱くなった。

やっぱり大好き!!


ゲイメン50人と私!

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します。

8

次の父親候補・・・!

<br /> TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版が発売されました!
発売日:12月14日(金曜日)3部構成で1部300円!
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが今度はケータイで登場!!
*auのケータイサイトで購入できます!

***

ニューヨークの仕事を捨て、身も心もLAに飛ぼうとしていたにもかかわらず、
あっさり断られ、ルームメイト氏に対する好きな気持ちが驚くくらいしぼんでしまった。
ルームメイト氏が非ゲイだったら、「今すぐ来いよ!」と言ってくれたかもしれない。
愛情の対象にもならない男性に思いをかけるのは時間の無駄ではないかと、
堂々巡りの悩みが私の中でぐるぐる~回る。

ルームメイト氏が私のことを好きなではなく、ルームメイト氏の子供を産みたいと言っている私に
気を掛けてくれているだけで、子供を産んでいない私なんかには用はないのだ。
これが非ゲイだったら、「子供がなくても、キミが好きだから、一緒にいたい」と言ってくれるだろう。
非ゲイだから女性である私に愛情を注いでくれるはずだ。

ゲイのルームメイト氏の愛情の対象は同性の男。
そう分かっていたはずだし、そうである彼が好きだったはずなのに、一縷の望みがあったことに
今更ながら気がついた。

女である私自身に興味を持って愛して欲しい。

その希望も、好きであるという気持ちもすっかり失せた。
幻想だったのだ。

時間と労力とお金の無駄。

さよならぁ~、私の恋。

私が動物の雌として機能する時間は残り少ない、次の父親候補を探さなければ・・・。

***

しかし、朝目覚めると、不思議なことに私の心の中にルームメイト氏への想いが消えずにあった。
「好きよ!ルームメイト氏」が私の胸の中のそれも中心にドーンと鎮座していたのだ。

昨晩の激しい心の動きはなんだったんだろう。
落胆して、好きではなくなった・・・のに。
排卵のなせる業だろうか?

いつものようにLA時間の朝7時、ニューヨークでは午前11時のモーニング・コールがあり、
ルームメイト氏、仕事しているの?と心配になるくらいにお昼と夜のテキスト&メール交換があり、
ニューヨーク午前1時、LA夜10時にはGOOD NIGHTコールあり、私は彼の声を聞いて眠りにつく。

ゲイとストレート女の遠距離関係は変わらず・・・である。

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します。

4

あなたは、アンクル・ヴィック!!

<br /> TitleDPNY.jpg

講談社パブリからDeeeeep!New York!のケータイ版が発売されました!
発売日:12月14日(金曜日)3部構成で1部300円!
女の子が楽しめるセクシャルなニューヨークのエンタテイメントを紹介するコラムが今度はケータイで登場!!
*auのケータイサイトで購入できます!

***

今夜、3rd Aveと9th Streetのコーナーで信号が変わるのを待っていたら、知った顔の白人男性が
赤い自転車に乗って私の前の通り過ぎだ。

「あっ!アンクル・ヴィックだ」

ゲイマンのドラマ、Queer As Folksでマイケルのおじさん、マイケルのお母さんのブラザーである、アンクル・ヴィックだった。


アンクル・ヴィックことはジャック・ウエザラル氏。

アンクル・ヴィックはゲイだ。
AIDSを発症して、カクテルといわれる大量の薬を服用していた。
具合が悪そうだった。
ドラマではそういう役柄なので、青白い顔をしていたが、私が見かけたアンクル・ヴィックは健康そのもので、
ハンサムなおじさまだった。彼はゲイを公表している俳優さんだ。
ニューヨーク在住なのだろうか。

あっ!ジャスティンことランディーくんを鑑賞しに行かなければ!
千秋楽が近づいている。

久しぶりにQAFを観ようかな。ブライアンとジャスティンのシャワーシーンもしばらく観てない。

banner_041.gif<—–参加してみました。サポートのクリックお願い致します。