2

消される本当の自分。映画”BOY ERASED”を観た。

おはこんばんちは〜 

カールくんを通してお友達になったリアムくん。
ヨーロッパにある某銀行のニューヨーク支店に勤務していて、LGBTQ部署の責任者を銀行から任命されている。さすがヨーロッパ!LGBTQを専門にしている部署があるなんて!

またリアムくんはファイナンス系のお仕事をしているLGBTQグループのリーダーも務めていて月1回イベントを開催している。
今回は、映画 “BOY ERASED” 訳せば「消された少年」の上映会とスピーカーを招いてのトーク会であった。観たかった映画だったのでカールくんと一緒に参加してきた。

映画 “BOY ERASED” 訳せば「消された少年」
人気俳優のルーカス・ヘッジズが主役の若者を演じる。

アメリカにはGAYをストレートに変えようとするセラピーがある。
 Gay Conversion Therapy (ゲイ・コンヴァージョン・セラピー)。

そのセラピーを受けたジェラード・オコナーが、自らの経験を書いた自伝作品が映画になった。

主演の若者を演じるのは最近いろんな映画に出演している人気俳優のルーカス・ヘッジズ。母親役にはニコール・キッドマン。父親はラッセル・クロウが演じている。かなりお太りになってラッセル・クロウと分からなかった。

あらすじは、
父親は牧師という信心深い家庭。主人公の若者が大学に入学し、男子学生のルームメイトと性的行為をする。GAYではないかと悩む若者。親もそう感じ始め、 息子をGay Conversion Therapy (ゲイ・コンヴァージョン・セラピー)を受けさせることにして・・・。

映画を観れば必ず登場している忘れらない顔が特徴の脇役的な俳優ジョエル・エドガートンが鬼教官を演じている。
しかもなんと監督も脚本も!!!才能がある。

俳優だけでなく監督も脚本も書く多彩なジョエル・エドガートン!
映画「キンキーブーツ」の出演が印象に残っている。

ニコール・キッドマンはオーストラリア出身。
ラッセル・クロウはニュージーランド。
ジョエル・エドガートンもオーストラリア出身。
オセアニア仲間で出演依頼がしやすかったのかなーと想像。

ニコール・キッドマンがトランプ大統領をサポートしているような典型的ないるいる!アメリカの田舎のおばさんを演じていてなんでも演じられる彼女に感嘆!!

***

上映後、ゲイ・コンヴァージョン・セラピーの反対!廃止活動をしている男性が登場して、自分の経験を語り、Q&Aになった。
ニューヨーク出身で在住のユダヤ系アメリカ人の彼は18歳から23歳までの5年間、親にセラピーに行かされたという。
親は日本円で300万円を使ったという。
セラピーの効果は全くなし!!!本当の自分を消そうとする自己否定セラピーで鬱にさせられ自殺してしまう人々も多数いるという。

現在41州で合法であり、ボストン市の人口と同じくらいの人々がゲイ・コンヴァージョン・セラピーを受けているという。
ニューヨーク市では昨年から法律で禁止されているが、現在でも名称を変えて行われていると言っていた。

テキサス州のオースティンに滞在した時に、テレビのコマーシャルで普通にゲイ・コンヴァージョン・セラピーが流れていたことに驚いた!!!

***

GAYを異性愛に変えようとするセラピーを禁止している州もある一方で現在も普通に行われている州もある。ニューヨークでは名前を変えて行われているという。アメリカは広い。私を助けてくれたReproductive Psychiatry・女性専門の精神科も大都市のニューヨークやLAにしかないという。保守的な環境で生きるということは「普通」ということを求められ、「普通」に生きられない人々はリベラルな大都市で暮らすのがいいのだとつくづく思った。

パークアヴェニューで仲良くジョギング

おはこんばんちは〜!

インスタからご紹介!今年の夏もニューヨークではサマーストリートが8月に開催された。土曜日のみ3回。ブルックリンブリッジからセントラルパークまで南北の通りが自転車・歩行者・ジョギング・スケボー天国になるのだ。

KENもカールくん人形も二人仲良くジョギング!!

ドラァグクィーン・ブランチ

おはこんばんちは!

GAY友タイガくんカップルに誘われてヘルズキッチンのイタリアンレストランで毎週日曜日に開催されているドラァグクィーン・ブランチに行ってきた。

タイガくんの彼は大のドラァグクィーンのショー好き!

ドラァグクィーンは、カールくんの今年のお誕生日会にサプライズで登場したホリーだった!!
バク転ができる運動神経抜群のホリー!
私のことを覚えてくれていて感激!!

話すと優しい人柄だというのが分かるホリー!

家族連れがレストランに入ると、即行で出て行く。
ぎょーぎょーぎょーと目が見開き驚いているのが分かる。
そんな観光客のグループが立て続けに5組ほど。

イタリアアンレストランでブランチをと思って入って来たら、ドラァグクィーンがリップシンクして踊っているからか?
ヘルズキッチンはGAYの街。LGBTQの閉鎖的な街というわけではなく、ブロードウェイの劇場街も近く、レストランもたくさんあり、普通の観光客も当然訪れるのだが、それにしてもの態度だ!

ホリーさんは「私のせいで帰させてしまったかな?」と自虐的。

ショーの終わり頃、白人の老夫妻とお孫さんのカップルと思われる四人組が入ってきた。
きっとまた出て行くんだろうと思ったら、おばあちゃんがホリーさんと握手して一緒に踊った!
おじいちゃんもホリーさんと踊った!!

我々も他のGAY GUYSのグループも拍手喝采!!
素敵な老父婦だ!
テーブル席に座った!!
そうじゃなきゃ!

こちらがホリーのサンディーブランチのインスタグラム!
ニューヨークにお越しの際はぜひぜひ!
ホリーのリップシンクは技巧派だ!
料理も美味しい!
右側の男性はホリーの素顔ではなく、DJさんであ〜る!

軽々とカウンターにジャンプして踊る!すごい!
2

ブロードウェイの新作ミュージカル『シェール物語』

GAY GUYSが大好きな女性歌手といえば、マドンナ、ブリトニー・スピアーズ、ケイティー・ペリー、ミレニアル世代だとテイラー・スィフト、さらに上の世代では、バーブラ・ストライサンド、ライザ・ミネリ、ベット・ミドラー、そしてシェール。

シェールの半生がミュージカルになってブロードウェイで現在プレビュー中。

”The Cher Show”、訳せば『シェール物語』かな。

正式なオープニングは12月3日。
ゲイ友カールくんがシェールのミュージカルに投資したので、その関係で私も鑑賞することができた。ラッキー!

シェールといえば、思い出すのは主演映画の『月の輝く夜に』だ。1987年、昭和62年の映画だ!相手役はニコラス・ケイジ。
観たことがなくてもポスターに見覚えがあるはず(その時代に生まれていたら笑)。

アカデミー賞主演女優賞にも輝く!

最近ではではメリル・ストリープの母親役(同じくらいの年齢ではないかと思われるので驚いたのは私だけではないはず)で『マンマ・ミーア2』に出演!

親娘を演じたシェールとメリル・ストリープ。ロンドンのプレミアでちゅっ!

***

結論をいうと、サイコーだった!!!

シェールといえば衣装!
期待を裏切らない豪華衣装が続々と登場!!!費用を惜しげなく衣装に費やしている!!
女優さん三人がそれぞれ若い頃のシェール、中年のシェール、年を重ねたシェールを演じるのだが、歌唱力は抜群、シェールのようである。しかもダンスも素晴らしい!!
ダンサーも兼任する男優・女優さんがセクシーで目が奪われる!!!演出が素敵だ!

おすすめのミュージカル!

3人の女優さんが3世代のシェールを演じる!パンフレットのPLAYBILL

***

カールくんや他のアメリカ人の友達にも「シェール」と言っても全く通じなかった(汗)
英語の発音ではSHARE(共有する)の「シェア」と言うと通じると教えてもらった。
英語では、シェールではなく、シェア!!シェア!!シェア!!

***

シェールの息子チャズ・ボノは、俳優、ライター、シンガーの他、LGBTQ活動家としても活躍。
女性として生まれて、男性に性転換したトランスマン。

2

進化しているGAYお芝居Afteglow『アフターグロウ』

おはこんばんちは〜

寒くなったと思ったらまた暑くなり、風邪を引いてしまったのか、鼻水がずるずる〜でござりまする!!
みなさまもお気をつけてくださいませ!

***

当初は8月19日までの公演だったのが、大好評で延長され9月までとなり、大大大大好評となり11月19日まで公演が延長されているオフブロードウェイのGAYお芝居Afteglow『アフターグロウ』(余韻)。

「何のことだろう?」と思われる方は、スクロールして過去の記事をお読みください!

お尻の間から睾丸が普通に見えてしまったりする全裸の演技は驚愕だが、そのこと以外にも
婚姻関係とは? 
マンネリを打破するオープンリレーションシップが及ぼす影響とは?
セックスとは?
愛とは?
恋とは?
GAYのリレーションシップについて考えさせられる内容で評判が評判を呼んでいる。

先月だが3回目の観劇をした!!!

作品がさらに良くなっていると感じた。
進化している!!

これまで私が観た2回のお芝居と大きな違いが要因かもしれない。
その大きな違いとは!?

結婚しているカップルの化学者アレックス役が別の俳優さんになっていたのだ!!

俳優が違うとティストもかなり変わり、人情味溢れるアレックスになっていた。
理系の冷たいイメージだったのだが、夫が自分も公認しているオープンリレーションシップのセックス相手に惹かれているのを激しく悲観している姿が、
演技を超えて私の胸に突き刺さった!!

セットの配置は3人の俳優が自らの手で変えるのだが、すれ違ったり、手渡したりする時に、それぞれ3人がキスをしたり、背中を触ったり触れ合ったりするのだが、
以前よりも俳優間に「愛情」を感じ、回数も多くなったと思う。

新しいアレックスの俳優さんによって、他の2人の俳優さんも影響されて、感情を閉じ込めず溢れ出させる演技が観客の心を掴むのだと思う。

***

彼が新しいアレックスを演じる
演技派だ!!!

JOE CHISHOLM(ジョー・チザム)。

新しいアレックスを演じるジョー・チザム!彼の悲しみの演技は観客の心をぎゅっと掴む。演技派であ〜る!!

***

さて、ずっと気になっている「半立ち勃起シーン」についてだが、2回目の観劇では残念なことにパンツをジョシュ役の俳優さんがそのシーンの最初から穿いていたので見られなかったことは拙ブログで報告した。

今回の3回目はどうなるだろう???? 
と激しく気になっていた。

な、な、なーーんと期待を裏切ることなく、ジョシュはパンツを穿いていなかった!!!!!!!!!

おおおおおおおおおおおおおおーーー!

やはり人間としての本能なのだろうか? 今回も「半立ち勃起シーン」が見られるかもとワクワクドキドキしてしまっていた(赤面)。 
しかーーーーーし、アレックスが無理やりジョシュとキスをする前にパンツを穿いてしまったである。

「なぜ、穿く!!!」と心で叫ぶ。

キスした後、例え本当にジョッシュが「半立ち勃起」していてもパンツの中ではどうなっているのかは確認できなかった!!!

演出上、心が他の男性を向いているのに、半立ち勃起していては説得力がないから、パンツを穿くようにしたのかな?と勝手に推測。
でも、心は他の男性に惹かれていても勃起してしまうのは男性の機能としては自然なことなので、
2回目も3回目も「半立ち勃起」が見えないようになっていたのはとても残念であ〜る。
演技としてコントロールできない部分だったりするので敢えて隠すように(パンツを穿くように)したのではないだろうか???
と私なりに結論付けてみた。

***

ところで、サイトを見ると、なんと4人目の俳優さんが紹介されていた。
TAYLOR WRIGHT(タイラー・ライト)。
下記写真である。

3役をこなす!!彼を観てみたい!どの役の時がいいだろうか???悩む。デリアスの時?

ジョシュもアレックスもデリアスも3役をこなすようで、ロングランになったので俳優さんのお休みも必要となり、全役を演じる俳優さんが起用されたのだと思う。彼もとても素敵なので、もし4回目を観劇するならば、代役の日を選んで行こうかなと思う。

***

11月19日まで公演が延長された話題のGAYお芝居。
ぜひ機会があれば観劇していだだきたい!

同性婚が合法となり、アメリカ人の白人GAY GUYSの抱える問題はカミングアウトでも社会的差別でもない。
ストレートカップルと同じレベルで語られる彼らの問題。
時代は変わっているのだ。
それを観ていただきたいなーと烏滸がましいと思うが、そう思う。

それに、イケメン男性の一糸纏わぬ裸も!!(赤面)

手の位置が前回と変わり、新しいポスターも素敵だ!

8

立派なGAY MANになったんだなーと目頭が熱くなる

おはこんばんちは〜

ブログ10周年記念パーティーからはや1年。

1年前、ニューヨークのGAY BAR、THERAPYに日本からお祝いに飛んで来てくれた方は、本人は似ていると言われるのは嫌かもしれないが、俳優の井浦新さんにそっくりな長身でハンサムな青年だった!!!
シングルのアメリカ人GAY友に早速モテモテだった!!

GAYであることを隠して生きていた青年は、仕事帰りや週末に二丁目に行くということもなく仕事と住まいの往復の毎日、GAY出会い系のアプリさえもインストールしてなく、気持ちをシェアできるGAY友もいないと言っていた。

ニューヨークを訪れ、普通に隠すことなく暮らしているGAY GUYSを見て「僕もこういうふうに生きられたら」と言っていたのを思い出す。

そんな青年が1年後の2017年9月。

今では二丁目に馴染みのGAY BARができて、GAY友もできたと教えてくれた。
ボーイフレンドはまだいないらしいが、これからだ!!
私が今度、二丁目に行った時は「マスターを紹介します!!」と言っていただき、彼が立派なHOMOSEXUALITYに成長したんだと思い、
目頭が熱くなった!!!

人生を共に歩めるパートナーができたら、ぜひ紹介していただきたいな〜。
日本でも同性婚が認められて、結婚式には出席したいなぁ〜と青年のタキシード姿(すごく似合うと思う!)を思い浮かべて、にやにやしている私がいる。

カールくんもフィアンセのハニーくんも、「青年は元気?」と時々、聞いてくる。
彼が立派なGAY MANになったとことを知ったら喜ぶと思う。

再会を楽しみにしています!!

1年前の拙ブログ10周年記念パーティー@THERAPYで青年と記念撮影!!感慨深い1枚であ〜る!!!最近目覚めたGIFで作ってみた(笑)!!

4

余韻とトータルエクリプス

おはこんばんちは〜!

GAYお芝居、オフブロードウェイ、”afterglow”『アフターグロウ』についての続きをお伝えしたいと思う。

***

演出&脚本のアッシャーさんとGAY友とヘルズキッチンのGAY BAR、Barrage『バラージ』に行く。

via : http://www.60by80.com
チェルシーもBarrage『バラージ』がある。行ったのはヘルズキッチンの『バラージ』

***

アッシャーさんにあれこれ質問する。

脚本&演出のアッシャーさん!若い才能!!!これからのさらなる活躍を見たい!

***

M(私): とても現実的なお話ですが、ストーリーは自分の体験ですか? 想像? お友達のお話?

アッシャーさん: 自分の体験を脚本にしたんだ。

M: やっぱり!超リアルでした。エンディングはお客さんに任せる形になっていましたが、アッシャーさんご自身の場合は?

アッシャーさん: 夫の元に戻ったよ。恋人とは別れた。オープンリレーションシップは無理だね。

M:  タイトルの”afterglow”『アフターグロウ』の意味を教えてください。

アッシャーさん: 余韻だよ。セックスの後の余韻をタイトルにした。『余韻』はいいものだから。

アレコレ考えてしまったが、シンプルにセックスの後の『余韻』だった!

M: 公演の延長も決まり、ビジネス的にはどうなのでしょうか?

アッシャーさん: 全ての経費がチケット代で賄われているんだ。トントンだよ。
日本で公演したらお客さん来るかな?

M: 日本では全裸での公演は難しいと思います。

ジェイク: (英語教師として一年間、岡山県に滞在したことがある)。
日本のポルノでは、性器はモザイクでよく見えないようになっているから、モザイク処理が舞台でできれば上演OKなんじゃないの???

*ジェイクが言った舞台でモザイク処理とは???
ジョークで言ったのとだと思うが、私なりに考えてみた。

黒子さんが登場して、動きに合わせて股間に特製金隠し!?

真面目なお話が一転してお笑いになってしまう!!

却下!!!!!

M: 日本では同性婚も認められていないし、代理母で我が子を持つことなど、日本での状況と比べると進みすぎて共感は難しいかもしれないけど、イケメン白人GAY GUYSの裸とラブラブシャワーシーンを見たい女子ファン(腐女子)の人気で満員になるかもです。

***

アッシャーさん: 今度は、僕がみんなに聞きたいんだけど、”afterglow”『アフターグロウ』のお芝居で何か得たのか教えてください。

みんな: オープンリレーションシップは最初は良さそうだけど、カップルの関係を壊す結果になるから良くない!!!

GAY友全員一致の意見だった!!!

セックスだけの性欲処理の関係のはずが「I LOVE YOU」に!!! 胸キュン必至の夫と恋人とのGAY不倫シャワーシーン。

*** ご注意!ひみつのネタばれ シークレット!!*** 

内容を知りたくないという人はお気をつけてください!!

性欲処理だけだと思っていたら恋心を抱くようになってしまったジョシュは、その気持ちを隠せずアレックスにバレバレの行動を取る。

最初は、忙しいのに「かまってくん」のジョシュを相手してくれるからダリウスと2人で会うことをOKしていたが、2人の関係が真剣になっていくことを察知し、アレックスは苦悩した結果、ジョシュにぶちまける。

ジョシュは代理母から産まれる我が子のこと、アレックスと父親になることを考えて、ダリウスと泣き泣き別れる。

しかし、別れてからジョシュは抜け殻になってしまう。

シャワーを浴びてから服を着る元気もなく、全裸でカウチに座り、落ち込んでいるジョシュ。
仕事から帰ってきたアレックスは、全裸のジョシュを見て驚き、抱きしめ、無理やりキスをする。
ちなみにアレックスは仕事からの帰宅なので洋服は着用している!

第一回目の観劇では、アレックスが無理やりジョシュにキスをしたシーンで、全裸のジョシュが、半立ちに!!!
完全勃起の手前に!!

一緒に見ていたカールくんと目を合わせた!!
観劇後、役者さんはGAYかストレートか?という話題になった時にジョシュ役の俳優さんはGAYに違いないとカールくんと結論付けた。

演出が多少変更になった第二回目!

ジョシュは全裸ではなく、シャワー後、下着のパンツを着用してソファに座る演出に変わっていた!!!!!

実は、今度も半立ちになるか? 確認したかった!!!!(赤面)

アッシャーさんに会った時に、なぜパンツを穿く演出に変更になったのかを聞くのをすっかり忘れた!

残念!

演出変更で、半立ちは今回見られないことをカールくんに報告すると、「前に見ていて良かったな〜」とのお返事。

確かに!!

演出変更後のバージョンしか観ていないGAY友は残念がっていたことを付け加えておこう!

*** ひみつのネタばれ シークレット!! 終わり *** 

アッシャーさん、俳優のロビーさん(アレックス)、パトリックさん(ダリアス)、ブランドンさん(ジョシュ)からサインをしていただく!!!

***

オープンリレーションシップ絡みの三角関係・不倫恋愛のGAYお芝居”afterglow”『アフターグロウ』。
父親になる前で話は終わっているが、父親2人と子供たちが織りなすホームドラマのお芝居がとても近い将来プロデュースされて、
上演されるかもしれないと思っている。

私の親しいGAY友にはいないが、友達の友達に代理母で我が子を持つ2組のGAYカップルがいる。
ニューヨーク在住。

成功しているお金持ちのGAYカップルだ。
代理母は超高額なのでお金がないと実現しない。
それぞれの父親の子供なので子供は2人。
たまたま2組とも兄と弟の男の兄弟だ。

彼らの子供ひとりは、小学生。

同級生からは「お父さんが2人いていいなー」と羨ましがられているという。
お母さんはガミガミうるさいし、アクティヴじゃないからサッカー、野球、スノボ・・・、全然一緒に遊んでくれないし〜だからだそうだ。

父親2人のGAYカップルのホームドラマ、観てみたい!!
そう思いませんか?

ところで、先日、全米を横断した皆既日食!

ニューヨークは残念ながら部分日食だった。

ニュース映像を見ると、本当に真っ暗になる!

実際に見た人によると感動して涙が出たという。

生きている間に皆既日食を見てみたい!!!

GAY友DAVEさんから送られてきたニューヨークの日食写真をどうぞ!

© Devendra
ミッドタウンにある会社の屋上で撮影したとのこと。芸術的だ!

***

皆既日食は英語では”TOTAL ECLIPSE”

“TOTAL ECLIPSE”『トータルエクリプス』といえば、これであ〜る!!

ランボーはディカプリオ!ヴェルレーヌはデヴィッド・シューリスが演じた。邦題は『太陽と月に背いて』。

アニエスカ・ホランド監督(女性)の1995年の作品であ〜る!