首都ワシントンDCのGAYプライドに行ってきた!!迷惑抗議行動が問題点を喚起しているのも事実。

おはこんばんちは〜!

クィーンズに続き、カールくんのフィアンセ、ハニーくんとワシントンDCのGAYプライドに行ってきた。
カールくんはトニー賞の授賞式に行くので来れなかった。

ワシントンDCの地下鉄の電光案内板もレインボーカラーだった!

地下鉄の案内板もレインボーカラーで感動!!!

ハニーくんのお女友達がパレードが通る沿道のアパートに住んでいて、ホームパーティを開催するので私も一緒に行ってきた。

まさにワシントンDCのGAYエリアであるデュポンサークルである。

パーティーの主催者(ホステス)さんはいっぱいGAY友がいるようで(激しく羨ましい)たくさんのGAY GUYSが来ていた。

デュポンサークル周辺の横断歩道もレンボーカラーに!

招待客のGAY GUYが持ってきた、レインボーケーキ!!お手製である!!
砂糖がけなので甘々なのかと思ったのだが、甘すぎず、スポンジがしっとりでとても美味しかった!
レインボーのナプキンも持参していた!!

HAPPY PRIDE!! ハッピープライド!!

スポンジがレインボー!!美味しかった!

笑顔で話掛けてくれた招待客のひとり、スーザンさんは付き合っている彼女がマーチするので楽しみと言っていた。
そして、「今年のプライドパレードは特別!トランプ(大統領)に私たちのパワーを見せつけないといけないから!」と気合が入っていた!!

リビングルームからもパレードを見ることは出来るのだが、室内よりは外の方が臨場感が溢れるので外に出た。
アパートの入り口は階段仕様になっているので高いところから声援を送ることができた。
沿道の場合、背の高い人が私の前にいると、隙間ができた瞬間を待つことになる。今回は隙間待ちもなく、ジャンプすることもなく、つま先立ちすることもなく、最高の場所だった!!

***ワシントンDCとニューヨークのプライドパレードの大きな違いを実感!!!***

首都ワシントンDCには各国からの大使館がある。
だからだろう、『国』がマーチしていた!!
ニューヨークでは見たことがない。

私が確認できたのは「カナダ」、「イギリス」、「オーストラリア」、北欧5国での連合グループ(「ノルウェー」、「スウェーデン」、「フィンランド」、「デンマーク」「アイスランド」)だ。

我が日本国も日の丸とレインボーカラーを合体した国旗でマーチする日が来るだろうか? 

カナダ国のグループ!


イギリスの国旗のレインボーカラーバージョン!素敵だ!

またはっきりと名前を出していなかったが、フロートの飾りが戦闘機だったグループがあった。
「空軍」ではないかとと推測。
写真を撮り損ねた!(スミマセン)

突然、プライド・パレードが動かなくなった!!!!!

30分以上立ち往生!!!!!

「アンチGAYグループが阻止している!!」という話が聞こえてきた。

ニューヨークでもパレードの出発点には毎年アンチGAYグループが来て叫んでいる。
パレードのルートが変更されて、ハニーくんのお友達のアパートの前は通らず、手前の角で曲がりマーチが継続されることになった。

***

パレードも通らないし、それではディナーをしようとハニーくんのお友達にお別れを告げて、パレードが継続されている通りを歩っていくと、異様な雰囲気を醸し出している場所があった。
若者の集団が道のど真ん中に座り込んで、フロートの行く手を阻止している。

「あっーーーーーーーー!!憎っくきアンチGAYグループだ!!」

近付いてみると彼らはアンチGAYグループには全然見えなかった。
LGBTQの若者ではないか!!!!

トランスマン、トランスウーマン、GAY、レズビアンのグループだ。

座り込んで、紙で丸めた棒状のもので腕と腕をつなぎ人間の鎖にしている。

若者のグループは” No Justice! No Pride!!”

「正義がないならプライドもない!!」と
シュプレヒコールをあげている。

フライヤーをもらい読んでみると・・・

「近年のプライドは本来のプライドパレードとかけ離れてしまい、コマーシャリズム(商業主義)になってしまった。商業主義を排除するべきである!

白人のトランスウーマンだけの意見を聞き、フォーカスしているが、有色人種のトランスウーマンの意見を尊重し、決定権を与えるべきである。

プライドの実行委員会はウェールファーゴ(銀行)と軍需産業と直ちに手を切り、彼らからの寄付金をLGBTQ を支援している地元の団体に寄付すべきである。
(戦闘機のフロートの、先ほどマーチしていたグループは名前を明らかにしていなかった。空軍なら隠すことはない!堂々できるようになった!もしかして戦闘機を作っている会社なのだろうか???とフライヤーを読んだ後思った)

実行員会にマイノリティー(ネイティヴアメリカン、貧困、移民、不法移民)のメンバーを起き、意見を取り入れるべきである。」

***

彼らが座り込みをしていたのは、糾弾している銀行のグループの前だった。

銀行のフロートはお金が掛けられていて立派だった。参加している人たちは50人ぐらいだろうか。

銀行のリーダーとプロテスター(抗議グループ)が話し合いをしているようだった。
しばらくして数人の警察官も到着。抗議活動をしている若者を無理やり暴力で動かすということはせず(その点は安堵した)、にらみ合いが続いていた。

睨み合いが続く。が、暴力的ではなかった。左が人間の鎖をしている抗議活動家たち。右奥が銀行グループの代表者。

ダコタ・アクセス・パイプラインに出資している銀行だから抗議していると教えてくれた人がいた。

「この日を楽しみにしてきたのに。抗議するならココじゃなくて銀行の本店でやって欲しい」とGAY GUYが私に話しかけてきた。

「どけ〜!どきなさない!!」と叫ぶ沿道の人々がいたが暴力的ではなかった。

ニューヨークのGAYプライドパレードでも商業主義になり過ぎて地元のサポートグループが肩身の狭い思いをしていると聞いている。
誇りを持ってLGBTQであることを公言し、社会に見せるGAYプライドパレードを阻止するとは、激しく迷惑な抗議行動と言える反面、思っていても言えなかったことを代弁し、問題点を社会に喚起してくれたのは事実。

この抗議活動に遭遇しなかったら、アンチGAYグループがプライドパレードを阻止したという噂を疑問も持たずまるまる信じていたと思うと怖くなった。

この抗議行動についてGAY友のチャットグループにアップした。
社会派弁護士であるジェイソンくんは「僕がそこにいたら彼らのサイドになる!!!」と発言。

「正義なければプライドもない!」と叫ぶ若いLGBTQの姿を思い出し、アメリカのGAY権利は別の段階に行っているのだと思った。

若者のパワーはいつの時代も社会を変える力になる。

抗議行動が起きたのもアメリカの政治の中心である首都ワシントンDCだからこそと思えた。

今度の日曜日がニューヨークのGAYプライドパレードである!!!!