エイズウォーク2017に参加した

おはこんばんちは〜!

AIDS WALK(エイズウォーク)に参加してきた。

ずっーーと参加したいと思っていたのだが思うだけで実行できないでいた。

via: https://ny.aidswalk.net/ 2015年の写真から。セントラルパークのグリーンが眩しかったが、花粉もいっぱいで鼻水がいっぱい出た!!

***

カールくんを通して知り合ったGAY友リアムさんはヨーロッパのとある国に本店がある某銀行のニューヨーク支店にお勤めで、銀行のエイズウォークのチームリーダーをしていることを知り、
彼に私も参加したいと言ったところ快諾してくれた。その時、一緒にいたカールくんに「一緒に参加しよう」と誘ったが、「歩くのイヤだ!足痛くなる!」と全くもってやる気なしだった。

***

AIDS WALK(エイズウォーク)のコースは下記地図の通り。
セントラルパークを出発して、西側を歩くという10キロのコースである。

2〜3時間掛けて、10 キロ (6.2 マイル) を歩く!!!

***

エイズウォークの寄付金は、主催者であるHIVの予防活動や患者・感染者への支援を行う、世界で最初でかつ最大のHIV/エイズ団体NPO団体の GMHC (Gay Men’s Health Crisis「ゲイメンズ・ヘルスク・ライシス」(ゲイメン健康危機))とニューヨーク州、ニュージャージー・コネチカット州のHIV/AIDS関連の施設や団体に寄付されるということだ。

200ドルの寄付金でGAYネタで人気なコメディアンKATHY GRIFFIN(キャシー・グリフィン)などが出演するイベントに参加できる。

GAY友が欲しいと激しく願っていた時(10年前以上)、GAY GUYSに人気だからとストレートの男友達に彼女のビデオテープをもらい鑑賞したこともあった。今でも大切にとってある。

毒舌GAYネタのコメディアン、キャシー・グリフィンのライブショーが観られるのは200ドル以上の寄付した方〜

***

お天気に恵まれ、暑くもなく寒くもなく快適だった。集合時間は朝9時。
セントラルパークの入り口にはキース・ヘリングの巨大なバルーンが!!
赤いハートがブルースカイにとても映えて眩しい。

1990年31歳の若さでAIDSで亡くなったストリートアーティスト、キース・ヘリング。

***

小さな子供達もボランティアとして参加している。
ボランティア用のTシャツがドレスになっている(微笑ましい)。
多分、家族に連れられて来ているのだろう。

「寝た子を起こす」のではなく子供の頃からHIV/AIDSについて知っておくのは大切だと思う。

***

リアムくんが勤務する然(さ)る銀行は例年寄付金が多いので、特別エリアで待機できるがゴールドチームだった!!
ベーグル、フルーツサラダ、コーヒーの朝食も用意されて、チームT−シャツもいただいた。

***

リアムくんのお勤めする銀行のチームメンバーと!

10キロの道程、スポット、スポットに応援のバンド演奏、和太鼓の演奏、チアリーダー、DJの音楽があり元気付けてくれた。

まさにアメリカ的だ!チアリーダー達が沿道で応援してくれた!

***

ラジオ局は音楽を流してウォーカー(でいいのかな?)を元気づける!

***

セントラルパークを出ていないというのに疲れてしまい、正直リタイアしたかったが、配っていたリンゴをいただくと、歩く元気が出た!!
ひんやりと冷たいリンゴがとっても美味しかった!!
THANK YOU!!!

歩く元気をくれた冷んやりと美味しいリンゴ!カットされて袋に入っている。

***

他に、水、エネジーバー、ポテトチップスなどのスナックも所々で配っていた。

エナジーバーも配られていた!数の制限はなし!!

***

リアムくんのお勤めの銀行チーム!寄付金が多いゴールドチームであ〜る!

***

10キロを歩く!!!
こんなに歩いたのは小学生の時の遠足以来だ!

完歩後、私たちはイベントには参加せず、セントラルパーク近くのレストランでブランチをいただいた。飲み放題!某銀行のおごりでございまする〜!太っ腹であ〜る〜〜
LGBT用の経費があるんだろうな〜。

歩くのなんて嫌だ!と言っていたカールくんは当日参加!
しかし、途中でリタイア!でもブランチには参加してリアムくんと飲み放題していた(笑)!

祝!完歩!シャンペンで乾杯!リアムくんは個人的にも多額寄付していた!敬服であ〜る!ヨーロッパの然る銀行の太っ腹さに感動であ〜る!

***

HIVウィルス感染を予防する薬PreP(プレップ)は私の知っている独身のGAY GUYSはみんな服用している。HIVは予防できても他のSTDは予防できないのでプロテクションを使う必要がある。
医療保険がカバーしてくれるので個人負担は少ない。日本ではまだ認可されていないとカケルくんから聞いた。風俗天国の日本なのに、そういう点が遅れているのにびっくりである。

HIVウィルス感染を予防する薬

HIVウィルスに感染しても適切な薬を服用すればエイズを発症することなく元気で暮らせる。

病気に苦しむ人々と予防と偏見と教育と啓蒙のために行われるエイズウォーク!

タイムズスクエアの暴走車事件後でもあり、テロリストの車が突っ込んでくるかもしれないから行かない方がいいと心配してくれる人もいたが、行かなかったら、テロリストの思う壺である。
マンチェスターの自爆テロも心が痛む。
お悔やみを申し上げます。

世界の状況は武装していない人々・ソフトターゲットを狙っている。
しかし、来年も参加したい思った!

***

ところで、台湾では同性婚が2年以内に合法になるらしい。アジアで初めてだ。
日本も!!!