『プロムキング2010』を鑑賞。時代は“本当に変わった”としみじみ思う。

おはこんばんちは〜

アカデミー賞作品賞に輝いた“Moonlight”『ムーンライト』

昨年、”Moonlight”『ムーンライト』が大々的に宣伝されてニューヨークのメジャー映画館で上映された時はしみじみ時代は「変わった」のだと思った。それも「良い方向に」。虐げられている下層階級の『GAY黒人』が主人公の映画がアート系やインディペンデント系やGAY映画をいつも上映しているウエストビレッジの映画館ではなく大型チェーンのメジャーな映画館で上映されていたからだ。

黒人、貧困、ドラッグ中毒、シングルマザー、GAY・・・というエレメントの映画が作品賞の栄光に輝いたのは、昨年の批判もあったわけで(ノミネートも受賞者も白人だけ)、また今のご時勢(ハリウッドはアンチトランプ)とプロデューサーがブラット・ピットの会社プランBエンターティメントというさまざまな好機が合わさったのだと思う。
それにしてもブラット・ピットの会社プランBがまさにマイナーなテーマの映画を製作しようと思ったこと自体がすごいことで、「時代の開拓者だ」と思った。

時代は変わった!!強くそう思った『ムーンライト』

***

さて、昨年、拙ブログでもお伝えしたカナダ映画“Closet Monster”『クローゼットモンスター』
もはやGAYであることで悩んで家族にどう伝えたらいいだろうか?という言わばGAY映画の定番的だった内容は全く描かれていなかった。ストレートの思春期の若者とGAYの思春期の若者の悩み(将来のことや恋の行方など)に違いはなかった。好きになる相手の性別が異性か同性かの違いだけ的な感じだったのは、衝撃的だったし、白人GAY世界は進歩していると思った。

GAY新時代の映画だ!!

そして、シネクエスト映画祭で上映された“Prom King 2010”『プロムキング2010』も“Closet Monster”『クローゼットモンスター』と同じく、白人のGAY世界ではもはやGAYであることで悩んだり苦しんだりする内容はもう過去のものであると再び思わせた映画であった。

オフィシャルサイトはこちら

『プロムキング2010』の主人公はニューヨークの大学生、チャーリー。
両親も親戚も彼がGAYであることを知っているし、認めている。
葛藤はすでに終わっているのだろう、描かれない。

『プロムキング2010』ポスター。シネクエスト映画祭New Vison賞に輝く!

主人公の大学生チャーリーの悩みは「ボーイフレンド」ができないこと。私のGAY友が異口同音に言っている通り「ニューヨークはたくさんのGAY GUYSがいるので選り取り見取り!出会いがたくさん」。なので、男の性としては落ち着いて巣作りするよりも出会って楽しみたいという傾向が強いので、チャーリーのように安定した関係の恋人を作るには難しい場所であるニューヨーク。

GAY GUYと言えば必ずいる仲良しのストレート女子(ファグハグ)も映画に登場する!!←必須であ〜る。

いろんなGAY GUYSと出会っては、不本意ながら別れてしまうチャーリーの恋人探しの映画。
彼こそ真の恋人と思っていても裏切られたり、なかなかうまくいかないチャーリーを監督・脚本、そして主演を務める若き才能溢れるイケメン、クリストファー・シャープ氏が演じる。

監督・脚本・主演をこなす才能溢れるイケメン、クリストファー・シャープ氏。シネクエスト映画祭のVIPラウンジにて。

***

セックスシーンもある!!
チャーリーは思いっきりのボトム。
全裸で上に乗って思い切り腰をフリフリ!
おおおおおお〜〜〜!

また主人公チャーリーは、上半身裸の姿を鏡に映してセルフィーでは飽き足らず、
ズボンを脱いで鏡に映ったチンチンをセルフィー!!
グラインダーやJackedでよく見かける写真なわけでが、現代のGAY GUYSの「あるある」があ〜る。

それにしても体当たりの演技である。

脱ぐべきところで脱がない某女優に見せたい!!
この俳優魂を!!

話も合う理想な彼に出会ったと思ったのも束の間だった(涙)。主人公チャーリーは右側。

シネクエスト映画祭では、NEW VISON 賞に輝いたこの作品。
NEW VISON賞とは未来を反映する映画の監督に敬意を表して贈られる賞だという。

GAYであることで悩み、家族に知られたらどうしようとかGAYを理由にイジメられているなどという、つい先日まで心が痛くなるような悲惨なテーマが主流だったGAY映画。
しかし、自分が愛することができて、相手も自分を愛してくれるパートナーに出会いたいという人として誰もが求める自然な気持ちが主題であった『プロムキング2010』
幸せなLOVEロマン映画である。

GAYであることはスペシャルでも何でもない普通なこと。
結婚ができる。家庭が持てる。
現代のGAY白人社会は、状況が前進しているという現れだと思った。
「GAY白人社会」と限定して言ったのは、現実的に例えばアジア系にとってはまだまだ家族の理解などが得られないなど厳しい状況があるからだ。

ところで、舞台がニューヨークで、しかも私の生息エリアでの撮影が多く、知っている場所がたくさん登場!!
イーストビレッジのGAY BAR、”Phonex”「フェニックス」と” NO WHERE”「ノーウェア」もロケとして使われていた。
主人公チャーリーが全速力で走る場面はセントマークスだった!!
ご当地映画的で個人的には嬉しかった。

オフィシャル予告編をどうぞ!
http://www.promking2010.com/trailer/

***

僭越ながら、ひとつだけ言わせて欲しい。
白人ばかりが登場する“Prom King 2010”『プロムキング2010』
ニューヨークが舞台なのだから、日本人、韓国人、タイ人、インド人、アラブ人、黒人、ヒスパニック系も登場して、白人以外のGAY GUYSと主人公チャーリーが関わっても良かったのでは?

おこがましいと思いつつ・・・
巨大なとうもろこし畑に囲まれて白人と牛しかいないアメリカのど田舎出身のGAY GUYの若者が憧れのニューヨークに来た!
生まれて初めてみる様々な人種に胸をときめかせて、全ての人種とまぐわう「性の冒険」が始まる!的な話を私が作ろう(えへん)

『プロムキング』に触発されて白人にこだわってしまったが、白人GAY GUYが主人公でなくてもいい。
日本人のGAY GUYが主人公だ!
実は、私のGAY友のひとりがニューヨークでほぼ全世界の国々のGAY GUYSとまぐわった!!!我が祖国も含む!という本当の話がある。

***

次のGAY映画は、アジア系GAY GUYSが主人公で、メジャーなハリウッド映画製作!
そして、大々的に世界公開される日が来ることを願う!!!

『プロムキング2010』を鑑賞。時代は“本当に変わった”としみじみ思う。」への6件のフィードバック

  1. またまたお邪魔しました、メグミさま☆度々すみません(*_*;

    お気遣いありがとうございますm(__)m

    小鳥は2羽とも、とっても元気にしています(^-^)

    たまに上下に重なって、グーグー寝ているのを見て仲良しなんだな…と思いつつ、毎日ちょっと口喧嘩はしています(笑)

    やはり一番好きな言葉は『かわいいね』です。これを言うと篭の中で聞きたいから押しくら饅頭が始まり、近くに来たがります。

    あ、メグミさんに聞いていただいていましたがうちの子たちはだいぶ成長してから来たので、手乗りにはならないんです(泣)やはり、餌やりをして育てる幼い時から飼わないといけないみたいで…、匂いや可愛い丸いお腹を見ると触りたいフラストレーションが溜まります( ;∀;)うう…触れないのにお世話する、という生殺しの矛盾に苦悩しております。

    仕方ないので…仕草や、ちょっとずつこちらの言葉を理解する姿を見て慰めています(泣)あ、ちなみにうちの子たちは十姉妹という種類で、文鳥よりかなり小さめです。怖がりで、観賞用にオススメな鳥みたいです。攻撃的ではなく、比較的初心者向けな小鳥です。

    名前は周りに任せていたら『天ぷら』『おはぎ』になりました。最初、おはぎに『唐揚げ』と付けていましたが、あまりに不憫で数日後改名しました。

    メグミさん、良い週末を(^-^)

    • 梅梅さま

      書き込みありがとうございます!

      文鳥ではなく十姉妹なのですね。間違えてしまい失礼しました。
      天ぷらちゃんとおはぎちゃんはお元気そうですね!

      手乗りしていただくには子供の頃から育てなければいけないのですね。
      「生殺し」とは!!
      近くにいてかわいいのに触れない!!
      他の方法で愛でているとのことですが、なでなでされなくても
      愛情はきっと天ぷらちゃんとおはぎちゃんに伝わっているのではないかと
      思います。

      日本は深夜。
      天ぷらちゃんとおはぎちゃんもおやすみと思います。
      良い睡眠を〜(日本語だと変ですね😊)

  2. メグミさま☆

    度々すみません(*_*;

    何だか読み返したら、きちんとメグミさんの言われていることを汲み取れていなくてお恥ずかしい限りです(泣)すみません(*_*;

    確かに、近くに住んでいるとびきり優秀なお子さんがいらっしゃるおうちは中国のご家庭でした。お母さんも、とても努力家で未だに様々な勉強をするために中国に単独で帰ったりと、本当に尊敬してしまいます。
    ニューヨークはたくさんの国の方がいらっしゃるんですね。日本にいたら、周りはほとんど日本人なのでどんな感じなのか想像もつかないです。

    春ですね。まだまだ寒い日が続いていますが、素敵な1日になりますように。

    メグミさんもどうぞよい1日を…☆

    • 梅梅さま

      おはこんばんちは〜!

      すぐにコメントいただいてありがとうございます!
      お気を使わせてしまい申し訳ないです。

      アメリカには人種によるヒエラルキーがあるのは否定できない事実でして、それを伝えたかったのです。事実、GAYの中でもヒエラルキーが存在し、トップは白人で、下はアジア人だと言われていました。昔ですが、白人は入店できてもアジア系は入店拒否のGAY BARがありました。ヒエラルキーがなくなって平らになる日もやって来ると願っています。

      コメントありがとうございました!!!

      今夜は雨が降ってます!

      梅梅さん、HAVE A WONDERFUL DAY!!!

      追伸:文鳥さんはお元気ですか???

  3. メグミさま☆

    おはこんばんちはあ。

    とても楽しみです!是非とも、日本人やアジアン系の主役のgay映画を作って下さいね!観たいです!

    確かに、ご紹介された『ムーンライト』が作品賞を取った事は時代の変化を感じますね。おっしゃる通り、(gay、黒人)は差別的な意味合いからか、今まで映画に出てきても私にはお笑い要員的な立ち位置にしか見えませんでした。

    こちらの作品、宣伝も美しかったですね。私はなかなか沢山の映画を観れませんが、宣伝を見ては、ああ…この映画チェック…とか思って宅配レンタルをしたりしています。

    以前、QAFのレズビアンの弁護士さんがブライアンに言った『白人だというだけで得をしている』みたいなセリフを海外の映画を観る度に思います。

    大体、アジアンや黒人の方は売春婦や家政婦で出てくるのを見て、これが現実か…と思った最近でした。

    ただ、だからといって自分自身が日本人であることを恥じたり、劣っていると思いたくはないです。日本には素晴らしいものが沢山あると思います。

    同じ人間として、様々な差異を越えて1人を大切に思えたら、1日や人生が豊かになるのかな…と思ってまずは近くにいる人を大切に…また感謝できたらいいな、と思いました。これが本当に難しい(泣)

    長々とすみません(*_*;

    ではまた…

    • 梅梅さま

      おはこんばんちは〜!

      コメントありがとうございます!

      多民族多文化国家アメリカにおけるアジア系の立場を言いたかったわけでして、映画にアニメに日本文化は比較しても世界最高峰だと思います(自国自賛)!劣っているなんてとんでもないです!!誇りです!

      最近は中国系アメリカ人の家族の連続テレビドラマ(シットコム)が三大ネットワークで放映されていますし(オフィシャルサイトhttp://abc.go.com/shows/fresh-off-the-boat)、高級車に乗っているのは誰かな?と見ると大抵はアジア人だし(白人女性の友達談)、ニューヨークで優秀な高校の生徒の90%はアジア人だそうで、経済的なパワーを背景に地位が向上しているのを見ると、ストレート・アジア系の家族のドラマが存在していますので、流れ的に次はアジア系ストレートカップルの恋愛映画が大ヒットとなり(希望)、そして、そして、そして、次はGAYアジア系の話が来るのは???と思っているのです。

      『白人だというだけで得をしている』みたいなセリフ・・・今アメリカが混乱し分断されている根源がーーー。

      春ですね!
      梅の季節!桜の季節!
      良い1日を〜!!
      HAVE A NICE DAY!!

コメントは受け付けていません。