勇気を出して話しかける

おはこんばんちは〜!

2週間のシネクエスト映画祭では期待していなかった「出会い」があった。
あっ、出会いと言っても恋愛の方でないので悪しからず😅&😊

映画祭の公式パンフレットをパラパラ〜見てみると、これは!これは!もしかしてGAY映画ではないか!?と思われる写真が目にしかっと留まった。

写真から溢れ出る雰囲気に、GAYを感じるGAYのレーダー、GAYDERが激しく触れた。

あらすじを読むと特にGAY的な内容は書かれていなかった。
しかし、しかし、私の心が感じている!!GAY映画だ、と!

MUST SEE「絶対見なくちゃ」とペンでぐるっと丸とつけた。

映画のタイトルは“PROM KING 2010”『プロムキング2010』

この写真から漂ってくる雰囲気は私の心にグイグイやってくる!!絶対観たい!MUST SEE!!!ぐるっと丸をつける!!

***

ちなみに低予算のインディペンデント系も含め、LIFE「人生」、LAUGHS「笑い」、LOVE「愛」、INSPIRATIONS「ひらめき・ 鼓舞」、 THRILLS「スリル」の4つのカテゴリーに分かれて約70本の長編映画が上映された。
“PROM KING 2010”『プロムキング2010』はLOVEのカテゴリー。恋愛映画だ!!きゃっ!

映画関係者が集うVIPルームに、GAY映画ではないかと思っている、”PROM KING 2010”『プロムキング2010』の宣材写真に写っていた青年がいた!!!
非常に嬉しくなる。

ヘッドフォーンをしている方の男性だ。
線が細くハンサムな若者で、彼から発せられているオーラからはストレートのスの一文字も感じられなかった!!
映画のクレジットを見ると、監督も脚本も主演も全てクリストファー・シャープ氏が一人でこなしている。
映画祭に来ているからきっと彼に違いないと思った。

トランプの支持者と分かり複雑な気持ちで接することになったしまったGAY友ジャスティン(涙涙涙)が最初に案内してくれたGAY BARのSplashに行った時、店内はガラガラだったが、バーカウンターに女性1人と男性2人のグループが座っていた。
その一人が、VIPルームで見かけた宣材写真の青年だった。

「ああああああああーーー、彼がいる!!」と心が躍ったのは言うまでもないし、体も踊った!

私が感じたことは間違っていなかった!!
“PROM KING 2010”『プロムキング2010』はGAY映画に違いない!!
GAY映画だからと言って監督がGAYとは限らないが、脚本も主演も務めているし、なにしろGAY BARにいる!!!

***

翌朝、VIPルームに行くと昨日Splashで見かけた、映画監督と思われる青年はいなかった。
むむむむむ〜、残念。
が、しばらくするといつも一緒にいる女性1人とやってきた。
彼のファクハグでプロデューサーに違いない。

“PROM KING 2010”『プロムキング2010』の上映時間と私のスケジュールが合わず非常に残念なのだが観ることは難しい。
鑑賞できないのは悲しい。
とても悲しい。
劇場やオンラインで公開されるかもしれないが、いつになるだろう? 
公開されないままかもしれない。
全ての映画を自分が生きている間、観られるわけではないが、この映画を観なかったら一生後悔することになるだろう。
スクリーナーをもらおう!

勇気を出して話しかけよう!!
勇気を出そう!
がんばろう!

見ず知らずの人に、私だって「あなたの映画を楽しみにしています。観たいです」って言われたら嬉しい。
きっと彼も不快な気持ちにはならないはずだ!!

汗がたらーー。

彼らのところに歩み寄り、話しかけた。

「あのーー、すみません!!!」

ペンでぐるっと囲んだパンフレットを見せて(上記写真)、「監督のクリストファーさんですが?」と聞いた。
「そうです」という答えが返ってきた!!!

きゃぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーーーー!
私の推測は当っていた!!!

丸をつけたパンフレットの宣材写真を見て「チェックしてくれているんだね。ありがとう」と監督。

自己紹介をして、Splashで見かけたこと、GAYブログをしていることを伝え、スケジュールが合わないので鑑賞できないのでスクリーナーをくださいとお願いした。
「ここに送付先をメールしてくれれば送るよ」と快諾してくれて、メルアドが書いてある名刺をいただいた!!

心臓の鼓動が激しく鳴る!
嬉しくて幸せいっぱいになった!!

私の夢のひとつにGAY映画監督と知り合いになる!できれば友達になる!というのがあり・・・
友達にはなってもらえないかもしれないが、「知り合いになる!」が一応、叶ったことになるだろうの瞬間だった!!

***

映画祭のクロージングには各賞の発表と授賞式があった。

クリストファー・シャープ監督の“PROM KING 2010”『プロムキング2010』がなんとNEW VISION AWARDを受賞した!!

NEW VISION AWARDを受賞!発表の瞬間を私がとらえた😊!!!!!

おおおおおおお〜〜!おめでとう!!!

その時、私はまだ鑑賞していなかったので、期待が膨らむ!!!!
おおおおお〜〜〜、賞を受賞した受賞作!!!
早く観たい!!!

ところで、我が『調査』は短編映画賞の栄光に輝くことはなく・・・

受賞作品になるとは全く思っていなかったが、ちと残念な気持ちになった。
『調査』よりも素晴らしい短編映画作品がたくさんあった。
世界は広い。

受賞の栄光に輝かなくても、映画館の銀幕のビックスクリーンで素晴らしいサウンドとともに上映されたことが光栄であり、何よりも嬉しい。😭😭😭😭😭😭

巨匠マーティン・スコセッシなら立派な設備で上映されることは普通なことで疑問にもならない当然なことでもインディペンデントのフィルムメーカーにとってこういう機会は映画祭で上映されない限り有りえない。
そういう機会がめぐってきただけでも「ありがたやーー」であ〜る。
ラップトップコンピュータの小さな画面とは言うまでもなく迫力が断然違う。

ニューヨークに戻り、早速、クリストファー・シャープ監督が教えてくれたオンラインで鑑賞した。

次回は“PROM KING 2010”『プロムキング2010』の感想をお伝えしたいと思う。

つづく〜