夢のような毎日

San Jose・サンノゼからおはこんばんちは〜

『調査』”Assigment”、5回全ての上映が終了した!

上映後は他の短編映画の監督や関係者と登壇し、Q&Aでは下手でブロークンな英語でがんばって答えた。
どの短編映画も素晴らしくアカデミー賞にノミネートされるかもしれない作品もあり、才能ある監督の方々と登壇できて光栄である。

観客の皆さんが笑ってくださったのでブロークンな英語が通じたのだろう。
英語の良いところはブロークンでも通じるところなのだ!

「どんなところに気をつけて脚本を書いたのか?」という質問に、
「小道具やセットなど撮影にお金が掛からないように考えて脚本を書いた」と答えた。
笑いが観客から起こった!!YAY!!

才能ある監督の方々と登壇できて光栄である!!

さて、シネクエスト映画祭では驚くくらい素晴らしい待遇を受けている。
幸せに慣れていないものだから、「こんなにしてもらっていいのかな?」と不安にもなるが、厚遇を享受している毎日であ〜る。
マッチ売りの少女のごとく、一瞬で終わってしまう夢なのか?
そうあって欲しくはないのだが。

「Artist・アーティスト」というPASSをいただき、そのPASSを見せると、VIP ラウンジ(メイン劇場の隣のBAR)に入れて、お酒が昼間から飲み放題!
コーヒーも飲み放題!ヘルシードリンクも飲み放題!マフィンやクッキーなども食べ放題!
グラスが空いているとボランティアの方々が「何か持って来ましょうか?」と始終聞いてくれる。

またVIPラウンジでは映像専用の超高額カメラなどのセミナーも開催され、またフィルムメーカーと知り合いになれる社交の場所でもある。他にも毎日夕方5時から7時までのハッピーアワー、夜9:30〜真夜中まで”Meet Up”というパーティーが連日連夜開催され、場所はサンノゼのレストランやクラブなど毎晩変わるのである。

Panasonicのテレビ用カメラのセミナー!

壁の花(誰も話す人がいなくてひとりぼっち)でも、ボランティアの人が話掛けてくれて、他の人の輪に入れてくれるように配慮もしてくれる!!!
最高の気遣いである!!

知り合いになった短編映画監督のお二人!

「Artist・アーティスト」PASSを見せれば、上映される映画は無料で鑑賞できる。
ただし、VR(ヴァーチャルリアリティー)はチケット代を支払う。
VRの体験も感動した!!後日報告したいと思う!!

毎晩7時からメイン会場であるカリフォルニア劇場で、「メインスポット」というカテゴリーでインディペンド系でも低予算ではなくそれなりに高額な製作費で有名な俳優が出演している長編映画が上映されている。

映画上映の前には必ず司会者が登場して映画の説明してくれる。
シネクエスト映画祭で世界初の上映(いわゆるワールドプレミア)の後、メインの劇場公開になる映画もたくさんあるという。セレクションにはとても自信があることが伺える!

その中で、”Una”『ウナ』が強烈過ぎて、他の映画を忘れてしまうくらいだった。私自身、胸キュンの天真爛漫のラブコメも大好きだが、人間の隠されている部分を露わにしてしまう強烈な映画も好きで、”Una”『ウナ』は後者の方だ。

透明感溢れる映像美!!撮影監督も素晴らしい!!

監督Benedict Andrew / ベネディクト・アンドリュー
主演:ルーニー・マーラ

”Una”『ウナ』とは主人公の名前。
ルーニー・マーラが演じる。

ルーニー・マーラといえば『キャロル』。
実は途中までしか観ていない(汗)。

ウナ役のルーニー・マーラは胸を出すわ、見てて辛そうなセックスもするわ、シャワーシーンでは股間を洗う演技もするわで、まさに体当たり&迫真の演技!
スターになっても生ぬるいところがなかった!!
女優魂を感じる!

映像がやばいくらい美しい。
ルーニー・マーラが美しい。
本当に美しい。
見とれてしまう。
透明感溢れていてキレイ。
撮影監督、すごい。

ギリシャ人のThimios Bakatakisという方だ。
次回の私の映画に撮影監督としてお願いしたい!!!(叶わぬ願い(妄想)と分かっていても言わせてください!)

監督はオーストラリア生まれのお芝居の演出家で、長編映画の初監督作品。
スコットランドの劇作家、デヴィッド・ハロワー作の戯曲”Black Bird”が原作。
本人が脚本も手がけている。

お話はというと、ウナが14歳の時に、近所のおじさんは未成年のウナを強姦した容疑で逮捕され懲役を課せられ服役する。大人になったウナは釈放され名前を変えて新しい生活を送っているおじさんを探し出し、会いに行く。ウナは一方的に強姦されたのではなく当時2人は愛し合っっていたのだった!!!しかし・・・。
驚きの結末に胸が裂けた!

激しく心が裂ける話の内容とは全く真逆な美しい映像がこの映画の「救い」かもしれない。

オーストラア俳優ベン・メンデルソーンが「おじさん」を演じる。

Unaを演じるルーニー・マーラは美しい!!!

***

シネクエスト映画祭、明日がクロージングであ〜る!

『調査』のカードも他の作品とともに置かれていた!それだけでも感動してしまう(笑&涙)

***

追伸:ジャスティンの案内でサンノゼにあるGAY BARに行って来た。
後日、ご報告したいと思う!!!

夢のような毎日」への2件のフィードバック

  1. めぐみさん

    おはこんばんちは!

    映画祭お疲れ様でした♪
    素敵な時間を過ごされたようで、遠く日本からブログを読んで僕も幸せな気分になりました♪ありがとうございます:) ‼︎
    叶うならば僕も調査を観に行きたかったです! いや、、調査したかった!?
    笑! ジャスティンさんとの久しぶりの再会も本当に良かったですね(^^)

    ニューヨークに戻ったら一度ゆっくりお休みください!体調を崩さないようにお気をつけて‼️

    サンノゼゲイバー調査報告楽しみにしています♪

    • シュンくん

      おはこんばんちはー!
      コメントありがとうございます!
      それに体調も気遣ってくださって涙

      これからニューヨークに戻ります。サンノゼは初夏のようなお天気なのにニューヨークーはブリザードアッタクだそうです!ひえーーー
      二丁目で「調査」のジャパンプレミアでもしようかな?
      実現したらぜひ来てください!!

      シュンくん、体に気を付けてね!!
      取り急ぎ!

コメントは受け付けていません。