黒人GAY GUYが主人公の映画”Moonlight”

話題になっている黒人GAY GUYが主人公の映画を観た。
タイトルは” Moonlight”(ムーンライト)。
単館ではなく複数の映画館で上映されている。

場所は、フロリダ州マイアミ。
時代は80年代から始まる。
主人公のシャイロンは小学生。母親はクラック中毒で、シングルマザーで、学校ではGAYっぽいと男子グループからいじめられている。
彼が高校生になり青年になった時までを描いている。作者の自伝的要素が詰まった作品である。

moonlightposter2016
ポスターは小学生、高校生、青年の主人公シャイロンが合成されている。

10月に脚本も手がけた監督と脚本のベースになった戯曲を書いた2人のインタビューを公共ラジオ(NPR)番組で聴いて映画” Moonlight”(ムーンライト)の存在を知った。

2人ともに黒人で、近所に住み、同じ小学校に通い、似たような環境で育った。
子ども時代はお互い知らなかったという。

クラック(ドラッグ)を買うためにテレビも売ってしまうクラック中毒の母親に育てられ、父親が誰かも知らず、経済的には困窮し、
ドラッグと暴力が身近にあるという環境で育った監督と戯曲家。

戯曲家の母親はHIVに感染しエイズ関連で発症した病気で亡くなっている。

監督&脚本はBarry Jenkins(バリー・ジェンキンス)、戯曲はTarell Alvin McCraney (タレル・アルヴィン・マックレーニー)

戯曲家マックレーニーはGAY。
監督&脚本のジェンキンスはストレート。

***

男子がなよなよしていると「男おんな」とか「おかま」とか揶揄の対象になっていた。
私はそういう男子が大好きだったが。

小学校でもでGAYっぽいといじめられているシャイロンが高校生になり、体も大きく腕力もある同級生の男子から暴力でいじめられるシーンは作者の実体験を反映して描いているのだと思うが非常に心が痛く、言うのは簡単かもしれないが、作者自身辛かったと思うし、タイトルになっているMoonligt『月明かり』の下、シャロンが初めて男性と通じ合う経験をしたシーンがいじめの暴力で切なくなる。

***

当時の彼らが住むエリアで話されている英語を忠実に再現したという。
ジョージアでもないニューヨークでもない、マイアミのアクセント。

「アクセントは強烈でミュージカルのようだ。ストーリー、子供時代の感じ、様子、サウンドを失うことなく残してくれて感謝している」
と原作の戯曲家のマックレーニーは監督のジェンキンスにお礼を述べている。

アクセントも話されている単語も、分からないことがたくさんあったが、
そこは映像もあるし雰囲気で突破した。

映画では確かに言葉(アクセント)の響きは大切だ!

***

ところで、GAY映画に特化した映画館ではなく、いわゆる普通の映画館でも上映されている”Moonlight”。
白人GAY GUYが主人公の映画が表舞台に出るようになって久しい。

マイノリティーである黒人、そしてマイノリティーであるGAY。

今、マイノリティーである黒人GAY GUYが主人公の映画がメインストリームのスポットライトを浴びている。
以前だったら考えられない。10年前ですら考えられない。

mlc2016jpg
チェルシーの映画館では大々的に宣伝している。

時代は変わったのだと(良い方向に!!!!)に思ったのだが、次期副大統領マイク・ ペンスは「GAYをストレートにする療法」を信じている。
インディアナ州知事時代は「宗教のためならGAYを差別してもOK」という法律を施行し、これまでの副大統領の中で最悪のホモフォビアと言われている。

dots

ブログ10周年を記念して12月末に忘年会 in 二丁目を開催しようと思っております〜
詳細は後日お伝えします!お時間があればぜひ〜!
bounenkai2016
ブログ10周年記念脳内妄想忘年会はこんな感じ!かんぱーーい!Cheers! Cincin!

黒人GAY GUYが主人公の映画”Moonlight”」への4件のフィードバック

  1. めぐみさん

    おはこんばんちはー!

    何時からでしょう?
    都合付けたい!って思います。

    • 玲さん

      お返事遅くなりごめんなさい!
      キューバから帰ってきました!
      時間については次の記事に載せます!

      始発時間まではいる予定でいや(笑)終電時間までは忘年会する予定でいますので遅い時間でも!

  2. めぐみさん
    おはこんばんちはー

    忘年会素敵ですね!
    参加したいです。
    詳細が決まったら教えて下さいね。

    ホモファビア…、トランプ大統領に決まってからアメリカは万事大変そうですね。
    日本は円安になり良かったとその点では歓迎ムードです。株価も上がっていますし。

    ただ、ロシアがミサイルの配備を道東までが射程に入る位置に変えたり、なんだか落ち着きません。

    トランプさんの任期は再選なしでも四年でしょうか、なかなかどうなんでしょうね、大変ですね。
    ある意味イギリスのEU離脱よりバタつきそうな。

    男と男が愛し合おうが、女と女だろうが平和に経済が回れば、それでいいじゃ無いかと思ってしまいますが、組み合わせってやはり気にする人はするんでしょうね。
    組み合わせの問題より、貧困とか地球温暖化とかもっと考えるべき事があるような気がしてしまうんですけれどね。
    こういう個人的な主義主張の闘い、ヘイトは不毛だと思いますが、これが憂さ晴らしでもあると言うやる側の事情なんでしょうか。

    • 玲さん

      おはこんばんちは〜〜〜

      忘年会の参加表明(!?)ありがとうございます!
      日にちは12月28日を予定しているのですが、いらっしゃられるでしょうか?
      仕事納めに忘年会と忙しい時期ではありますが、少しでも初対面できるといいですね〜!

      日本人の我々の想像以上に信心深いアメリカ人がたくさんいます。
      堕落し腐敗したヨーロッパから脱出して真剣に宗教の教えに生きたいとアメリカに渡った人たちの子孫ですから。

      いつもコメントありがとうございます〜〜!

コメントは受け付けていません。