ゾンビよりも気になったGAY映画!

おはこんばんちは〜〜〜!

韓国のゾンビ映画 “Train to Busan”『釜山行き』をIFC CENTERで観た。複合シアターなので、いくつかシアターがあるわけだが、その中でも小さいスクリーンで客席数も少ない小さいシアターでの上映だった。入場率はなんと100%!客席数が少ないとはいえ満席である。完売!!評判の高さがうかがえた。スクリーンが小さいと不満だったが、それがかき消されるほど圧倒される内容だった。私も含めて観客は泣いた!!!韓国映画はいつも私の胸を締め付ける。

train-to-busan-poster

さて、本編の前にはいくつかの予告編が上映される。その中で、韓国のゾンビにハラハラ、ドキドキと翻弄されながらもずーーーーっと気になる予告編・TRAILERがあった!!!

これだ!!!

自宅アパートに帰り早速調べた。ゾンビの方でなくGAY映画と思われる予告編の方を!!

映画のタイトルは“Monster Closet”『モンスタークローゼット』

カナダの映画で、昨年のトロント国際映画祭でカナダ長編映画賞を受賞。
監督&脚本はStephen Dunn(ステファン・ダン)氏。
GAYを公言している!!!!!!
カナダ人の1989年生まれの27歳。若手の映画監督!!しかもGAY GUY❤️❤️❤️ 今後の活躍がとても楽しみであ〜る!!

closetmonste
“Monster Closet”『モンスタークローゼット』のポスター

主演はConnor Jessup(コナー・ジェサップ)くん。1994年6月生まれの22歳!彼もカナダ人。
主演のコナーくん演じる若者が恋する相手役は、Aliocha Schneider(アリオシャ・シュナイダー)くん。1993年9月生まれのもうすぐ23歳!フレンチ・カナディアン。

Oscar (Connor Jessup) in costume at Wilder’s house party.

Oscar (Connor Jessup) in costume at Wilder’s house party.


↑ 左が主役オスカーを演じるコナー・ジェサップくんである。イケメンである!

80年代後半と90年代生まれが活躍する時代になったんだなーと、しみじみ思う今日この頃・・・そんな私のぼそぼそ〜は置いといて(笑)、タイトルになっている”Monster Closet”『モンスタークローゼット』について思ったのだが、アメリカでは夜中モンスターが出てくるところと子供が怖がるクローゼット、そして、クローゼットといえばGAYを公言していないことを表す言葉でもある。GAYであることを隠している若者の中には魔物(モンスター)が棲んでいるいる話ではないかと想像する。魔物(モンスター)と言ってもホラーものではななく、恋心、嫉妬、本当の自分を隠さなければいけない辛さや葛藤が心の中でぐるぐると渦巻いている心の動きだ。

短い予告編の中でドキドキしてしまったシーンがある。
主人公の若者が同僚のシャツの匂いを嗅ぐシーンであ〜る〜

分かる、その気持ち〜〜〜!!!
共感!!それも激しく共感!!!!!

アメリカでは今月23日に公開される!!
観ようと思っているので感想は後日報告したいと思う。

Wilder (Aliocha Schneider) is shirtless in the graveyard in Oscar’s heated fantasy.

Wilder (Aliocha Schneider) is shirtless in the graveyard in Oscar’s heated fantasy.


↑ 主役オスカーが恋する(萌える!!)バイト先の同僚ワイルダーを演じるアリオシャ・シュナイダーくん。彼の物悲しい眼差しが好きだ!彼のユニフォームのポロシャツをオスカーくんが嗅いで興奮する!

主役の名前がオスカー!! 恋する相手がワイルダー!!

えっ!? ちょっと待って!
腐女子ならピピピーーンと来るだろう。

ということは、大作家Oscar Wilde(オスカー・ワイルド)から役名をつけたに違いない!!彼に捧げた作品だろうか?

下記写真はあまりにも有名な写真なので説明はいらないかもしれない。大作家Oscar Wilde(オスカー・ワイルド)先生の右に座るのは16歳年下の恋人アルフレッド・ダグラス卿(22歳)。

恋人の父が二人を別れさせようと酷い嫌がらせをする。父親を名誉毀損で訴えるが逆に同性愛の罪で訴えられて有罪に。2年間投獄&強制労働。恋人はパリに逃亡。ビクトリア時代は同性愛は厳罰に処せられた。釈放後、恋人とナポリで再会するが結局別れることになり、2年後にパリでオスカー・ワイルドは46歳で亡くなる。1900年11月30日。

“Monster Closet”『モンスタークローゼット』の予告編では悲劇的な事件が起こるのではないかと想像してしまうシーンがあった。現実(過去も現在も)は厳しいので主役のオスカーくんがハッピーで終わったらいいなーと思うのだが。

oscaranddoglas

kirakirarainbow

ところで、先日お伝えしたLGBT専門チャンネルであるLOGO TVの“Finding Prince Charming” 『白馬の王子様を探して』を観た!!
GAY GUYSの婚活リアリティー番組である。

主役のロバートさんが「白馬の王子様」を探しているのではなく、ロバートさん自身が「Prince Charming・白馬の王子様」だった。混乱して失礼した。どちらにとっても「白馬の王子様」には違いはないのだが、主役のロバートさんが『ラブアッタク』で言うところの「かぐや姫」にあたる。😊

番組の冒頭では、一人一人が登場して豪邸のホールに全員が集まる。主役のPrince Charming「白馬の王子様」は誰なのかが中々明かされないので「誰だろう?」と探り合いながらドキドキの会話が進む。中盤の自己紹介のコーナーで明かされる。

エピソード1の終わりでは、候補者13人のうち3人がGOOD BYE「さようなら」になった。😭😭😭😭😭
選ばれた人にはネクタイが配られた。残るのは10人だ。

白馬の王子様ロバートさんが、プールパーティでの候補者13人について語った時に「体を鍛えている人は自分を大切にしているからいい〜」と言っていたのが胸に刺さった!Tシャツは脱がず水着姿にはならなかった人もいる。見せる自信がなかったのだと思う。ちなみに下記写真の彼は水着姿になっている!!

デブ放置はいけない!と自分の贅肉を見て触って確認して思った!ダイエットと鍛えなければと私は自分に言い聞かせたが、30分で忘れてチョコレートを食べてしまった💦💦💦 

それにしても選ばれる、選ばれないのを見るのはドキドキする。自分に置き換えるとさらに辛い。選ばれないことが多い人生でも選ばれたいという希望があるからさらに緊張するのだ。心臓よりも子宮に悪い。選ばない理由を白馬の王子様ロバートさんははっきり言う。言われた方は、それで人生の全ての評価が決まるわけではない。別の白馬の王子様と結ばれるチャンスの到来ではないか!

選ばれなかった人に幸あれ〜!!

白馬の王子様ロバートさんが選ばなかった理由は外見ではなかった!というのを付け加えておく。フィーリングや態度だった。

GAY友のひとりが観たとのこと。「3人もいなくなっちゃうとは思わなかった!!実は期待していなかったんだけど、まぁ面白かった。来週も引き続き観るかな」という感想だった。

ところで、毒舌・批判キャラと英語で言うところのflamboyant (フラムボイアント)キャラ(元気いっぱいで女性的な話し方でかわいい)の2人の色物候補者がドラマにスパイスを加えていた!彼らが今後の展開を面白くするに違いない!


↑ 左がエネルギーいっぱいのフラムボイアント・キャラのロビーと辛口コメントが多いサム(右)

kirakirarainbow

これもまた先日にお伝えしたが、ブログ開始から10周年を記念して祝杯をあげようと計画している。

今週の土曜日。場所はニューヨークのとあるGAY BARであ〜る。拙ブログを読んでくださっている日本人のGAY GUYがニューヨークに来られているということで、さらに嬉しさが100万倍だ。GAY友とアメリカ人ストレート女子友が来てくれる予定だ。日本からまだ間に合うよ〜😊😊😊

kampai-kira333
KENたちもKEN王国のGAY BARで祝杯をあげてくれている!!CHEERS!😊😊😊

ゾンビよりも気になったGAY映画!」への2件のフィードバック

  1. めぐみさま

    おはこんばんちはー!
    Monster Closetとても気になります。
    日本でも公開してくれたらいいのですが、、日本ではGayに関連する映画は劇場公開ではなくDVDでリリースされるものが多いような気がします。(気のせいでしょうか?)
    それよりも自分と同い年の方が映画監督で主演、そして主演の相手役の子が年下と聞くと自分は一体、、、と少し落ち込みますが同時に同世代が活躍している事はいい刺激になります:)

    土曜日の夜楽しみにしています!
    お友達にもよろしくお伝えください。
    ニューヨークに着いたらまたご連絡差し上げます(^^)

    • シュンさま

      おはこんばんちは〜!

      同世代が活躍して焦る気持ち、よーく分かります。私の世代だと会社の重役になっている人がいるので焦りを飛び越して別の心境です😅😅😅😅😅
      シュンさんは若い!!これからさらにさらに才能をガンガン発揮してください!

      Closet Monster!日本でも劇場公開されるといいですね〜。自宅で観たり、スマホで観るよりは銀幕の大きなスクリーンで他の人々と鑑賞するのは共有感もあり、迫力があっていいですよね!

      ニューヨークはかなり涼しくなりました。昨日は日中でも肌寒かったです。
      いよいよ明日ですね!
      長時間のフライトお気をつけて!!

      C U TOMORROW HERE IN NEW YORK!!!

コメントは受け付けていません。