憧れの地に行く!!

おはこんばんちは〜

今回の里帰りでは、新宿二丁目以外に行った場所がある。
そこは長年の憧れの地、兵庫県は宝塚市である。

今回は私の”Dream came true”話にお付き合いください。

b_illust_100_1L

何気に観たテレビ番組。

私の胸にドドドドドドドドドドォォォォォンと感動の嵐が吹き荒れ、虜になってしまった。
その番組とは宝塚歌劇団の『ベルサイユのばら』だった。NHKで放映されていたのだ。

オスカルが涼風真世。そして、アンドレを演じたのは天海祐希の月組の90年代の『ベルばら』!!を観たのではなく、宝塚歌劇団100周年記念で上演された宙組のトップスター鳳希かなめがオスカルだった『ベルばら』でもない。

私が観たのは、オスカルは安奈淳、アンドレは榛名由梨という昭和の花組の『ベルばら』であ〜る。当時、小学生だった。

©宝塚歌劇団 via https://kageki.hankyu.co.jp

©宝塚歌劇団 via https://kageki.hankyu.co.jp

オスカルは安奈淳、アンドレは榛名由梨のカップル

b_illust_100_1L

80年代、90年代生まれの人は想像もできないだろう。70年代、ビデオはなかった。テレビを録画できるようになったのは80年代だ。ビデオやCDやDVDは未来の発明品なのだ。しかし、コンサートや舞台はレコードで聴けたのであった。音声で舞台中継録音を聴くのである。

私が老女になる未来には、映像は進化したフォノグラムになり、スターは3Dですぐそこにいるように、我々は客席にいるのと同じ感覚で観られるようになるのではないだろうか。

あの感動を再び!!と願った私は、お小遣いを貯めて、『ベルばら』の舞台実況録音盤の2枚組LPレコードと歌のコレクションのLPを購入した。

小学校から帰ると毎日『ベルばら』LPレコードを聴いていた。レコードのジャケットの写真を見ながらテレビ放映の様子を思い出し、音声だけで胸をときめかせていた。

母にお願いして、スーツの三揃い(ジェケット・ベスト・スラックス)を作ってもらい、身も心もタカラジェンヌの男役になって小学校に登校していた(ひえ〜、痛い!怖い小学生だったのだ!)!そういえば、当時、好きな子は栗毛の一番かわいい宝塚の娘役みたいな女子だった(笑)!!!好きな人は、男子ではなかった(笑)というのも付け加えておこう(笑)。

《ジャケット》
RV2
舞台実況2枚組LP。ロザリーとオスカルさま〜❤️

***

《裏面》
RV-LP2
小学生の私はこの写真にうっとりしていた。今でもうっとりしている!

flower3997i

《ジャケット》
RV-songs1
歌のコレクションのLP!!いろいろなシーンの写真があるので、動く姿を想像しながら見ていた。榛名由梨さんは初代オスカルだったので、このジャケットではアンドレではなくオスカルの姿。私は安奈淳さんのオスカルが大好きだった!

***

《裏面》
RV-LP1jpg
天国のオスカルとアンドレがペガサスに乗っているシーン!現代の『ベルばら』では空を飛ぶらしい。

b_illust_100_1L

福島の山奥在住の私が東京や兵庫にある宝塚劇場に行って観劇するなんて夢のまた夢。実現できない手に届かない夢だった。

タカラジェンヌになりたい!!と思ったことは一度もなかった。男装の麗人を気取った痛い小学生の私でも自分をしっかり分かっていた。ブス、音痴でしかも運動音痴で背が低い!宝塚は演じる方でなく観る方だと自覚していた。

時は流れ、宝塚歌劇団よりも趣味や興味は他のいろんなものに行ってしまったが、ニューヨークに住むようになってから、自分のルーツを知りたくなり、生まれ育った日本文化を学びたくなった。歌舞伎や文楽を鑑賞し、生まれ初めて東京の宝塚劇場に行った!
そして、水夏希さんがトップスターだった雪組を観劇して感激(だじゃれになってしまい失礼)!!!

東京の宝塚劇場で観劇するという夢は実現したが、東北出身の私にとって兵庫県宝塚市にある本拠地は関西の遥か遠〜い遠〜い存在であり、我が人生においてわざわざ宝塚に行ってまで観劇することはないだろうと思っていた。

だが、しかし、なんと宝塚大劇場に行く機会に恵まれたのであ〜〜〜〜る!

宝塚の男役になりきっていた痛い寒村の小学生の私はすっかりおばさんになってしまったが、おばさんになって、不可能と思われていた夢が実現したのであ〜る!長生きはしたくないと常々思っているが、生きているといいこともある!

b_illust_100_1L

ここが宝塚大劇場であ〜る!!

ジャーーーーーーーーーーーーーーン!!!

takarazukadaigekijou

テレビ番組で宝塚大劇場が映る時の定番の景色である。大劇場とその横を走る阪急電車である。宝塚大橋からカメラを構えて電車を来るのを待って写す!!
takarazukahankyudensha16

宝塚大劇場に行く前に予習としてNetflixで映画『阪急電車』を観た。今津線のエキスパートになった気分だったのを付け加えておこう(笑)。
中谷美紀が元彼の結婚式に純白のドレスで出席する話は強烈だった!!披露宴の撮影場所は宝塚ホテルだろうか。
ちなみに日本のNetflixでは視聴可能だが、アメリカでは観られない。

hankyudenshaposter

宝塚南口駅から宝塚駅まで乗車した。車内のポスターはもちろん宝塚!!タカラジェンヌかもと思われる美しい人も乗車している。宝塚大劇場と宝塚音楽学校の間を電車は通って宝塚駅に到着!!阪急宝塚駅から大劇場に続く有名な花のみちを歩く!!ここが「花のみちかーー」とこれまた感動!!

hananomichi

flower3997i

街全体が「宝塚歌劇団」を愛して応援しているのを感じた。
タカラジェンヌや宝塚歌劇団の話を誰でも普通にできるのも驚いた!
お店に入ればタカラジェンヌのサイン入りのカードが貼ってあるし、公演のポスターが街中に貼ってある!

大劇場のスタッフはもちろん、周辺のお店の人たちの対応がとてもやさしかった。
おばさんが店員さんに理不尽なことを言っていることがある。強烈な人はどこにでもいる。宝塚でもそんな状況に遭遇したが、誰も嫌な顔をひとつしないのに驚いた!!!やさしい対応で、おばさんを納得させていた!素晴らしい宝塚!!!
関西弁というのか兵庫弁というのか、響きが柔らかく、それに明るくて面白く感じる!!!無骨な東北弁とは対極の位置にある。

それに宝塚とニューヨークはとても似ている!!
マンハッタンは小さいし、宝塚も東京のような大都市ではない。
美しいタカラジェンヌが普通に街を歩いている。ニューヨークにも美しい人がたくさんいる!!美しい人にいつもすれ違うことができる街は素晴らしい。

宝塚市に住めば年中全ての組を観ることができる!
ニューヨークに住んでいるとブロードウェイに歩いて観劇できるのと同じに。
老後は宝塚に移住だ(笑)!

flower3997i

開演前には行こうと決めていた大劇場内にある宝塚歌劇の殿堂に行った。
歴代のトップスターについての展示があるタカラジェンヌのミュージアムである。

ミュージアムの奥には、羽を背負ってトップスターが使用したものと同じ「しゃんしゃん」が持てるコーナーがある。
公演中の組が以前に使ったものを触ることができるのだ!!きゃぁーーーーーー!!本物だ!!
お願いすれば写真を撮ってくれる!!

私もとうとう宝塚デビュー!!!!!!!!
小学生の私に伝えてあげたい!!!
ブサイクでもタカラジェンヌになれることを〜〜〜(笑)!

takarazuka16

下記の写真が花組トップスター明日海りおさんが上記写真の右側の衣装を着用している舞台写真であ〜る!

©宝塚歌劇団 via https://kageki.hankyu.co.jp

©宝塚歌劇団 via https://kageki.hankyu.co.jp

もっと本格的にタカラジェンヌになれる写真館が大劇場の中にある。舞台用のメイクと衣装を着て記念撮影をしてくれるのだ。オスカルに、マリーアントワネットに、トートにもなれる。憧れのタカラジェンヌになって、夢の役柄にもなれるのだ!妄想の世界が現実になる瞬間を味わえる。その瞬間が写真となって永遠に残る。

夢の世界でも、私がオスカルになってはいけない。怖すぎだ!!!
夢は夢であった方がいい場合もある。

stagestudio2016
ステージスタジオの入り口にある。どの衣装がどの役柄かが分かるファンもいるはずだ!!!なれる役柄の多さにびっくりだ!

flower3997i

大劇場で観劇したのは花組の『ミーアンドマイガール」。
もともとはイギリスのミュージカルとのことで、マイフェアレディーに似ている内容だった。
何度も宝塚で上演されているらしい。

私の後ろの席に座っていた人たちは聞こえてくる会話で社員旅行で来ていたようだった。それも初めての宝塚だったようだ。そして男性も女性も「トップスターの明日海りおさんが美人!素敵!」と感激していたが、みんなが感激する美しいトップスターだ!!

©宝塚歌劇団 via https://kageki.hankyu.co.jp

©宝塚歌劇団 via https://kageki.hankyu.co.jp

花組の『ミーアンドマイガール」の宝塚大劇場のポスター。トップスターの明日海りおさんは美形だ!

flower3997i

ところで、宝塚の男役がトランスマンやレズビアンに見えてしまうのはニューヨーク生活が長いからだろうか??? それに最近はトランスマンに傾倒しているからだろうか??? お芝居だと特にそう見えてしまう。実際、女性が演じているのだからレズビアンやトランスマンに見えるのは当然かもしれない。

しかし、男役のダンスのシーンは男女という性別の壁が完全に消滅する。夢の世界の王子様たちが踊り、夢の世界に誘ってくれる。

明日海りおさん演じるビルがガールフレンドのサリーを探しに行く。そこでステージが回り舞台になり、多くの娘役の中からサリーを見つけて2人で踊るシーンには胸がジーンと熱くなった!!!!美しい。愛がある。これこそがTAKARAZUKAだ!!!

この演目には宝塚といえばのレビューはなかったが、エンディング近くには黒燕尾のダンスやトップスター&娘役トップとのダンスなど、宝塚的なダンスを観ることができて嬉しかった。大満足!!また劇中で「ランベス・ウォーク」という曲で出演者が舞台から客席に降りて歌い踊る。2階席にもタキシードを着たタカラジェンヌが踊る。

見た目に美しい人間とは、男女の性別の両方の美しさを持っている 人間だと思う。トランスジェンダーの人々が美しく見えるのは両方の性があるからだと思う。女らしさも男らしも両方兼ね備えている。女性が男性を演じる宝塚の男役は2つの性を持ち、それこそ2つの性の良い所取りで美しいのであ〜る!!GAY GUYSも外見は男だが女性的な心もあり、女性的な雰囲気がある。だから彼らも美しいのであ〜る。

flower3997i

胸ときめく夢の世界を見せてくれる宝塚歌劇団を創設したのは小林一三氏。大学時代は小説を書く文学青年だったらしい。作品を発表するが全く売れず貧乏で・・・という、それこそ小説や映画になりそうな破天荒で夢だけを追いかけて生きる人ではなく、大学卒業後は銀行に勤務した堅実な人物。経済観念がしっかりした起業家・実業家。阪急電鉄の創業者だ。東北出身で東京にしか住んだことがない私にとって阪急というのは有楽町のデパートぐらいしか知らない。全く馴染みがない。しかし、映画会社の東宝も小林一三氏が設立したということを知ってびっくりした。知らなかったのは私だけかもしれない。東宝の名前の由来は当初の「東」「宝」塚という社名の略。舞台も映画も日本のエンテーティメントの世界を作った。それも一流のを!夢や妄想だけでは全く成り立たない世界だ。お金がないと作品はできない。売れないと次回作はない。芸術的にも経済的にも両方優れているいる小林一三氏に敬服するばかりである。

妄想ばかりで全くダメな私。気が付けば、おばさんになってしまった。もう花は咲かないかもしれない。しかし、短編映画が完成し映画祭に応募している。少しでも小林一三先生にあやかるために観劇後に「ある所」に行こうと思った。エンターティメント界のパワースポットだ(勝手に私が思っている)。そこは小林一三氏が住んでいた邸宅だ。現在は雅俗山荘というレストランになっているという。大阪府池田市にある。予約の電話をしたが残念ながら満席で取れなかった。本当に残念だ。次の機会に行こう!

宝塚を去る時に、宝塚大劇場にまた行きたい!また宝塚に行きたい!!と思った。
まんまと小林一三氏のプランに乗せられてしまった(笑)!!! 《楽しい場所があれば人が集まる。阪急電車に乗ってそこに行く!》

KI2016
小林一三氏の銅像。宝塚大劇場の2階ロビーにある。拝んできた!!みんな誰でも知っている宝塚のモットー「清く 正しく 美しく」は小林一三氏の遺訓だ。

b_illust_100_1L

ところで、毎年恒例のリンカーンセンターのサマーフェスティバルで今月、宝塚OGによる”CHICAGO”が上演される。
昨年は蜷川幸雄演出による村上春樹の長編小説『海辺のカフカ』が上演された。

先日、リンカンセンターに行った時に、大きなポスターが飾られていたので一緒に記念撮影!!!私もポスターの一員になった錯覚妄想が〜〜〜〜!こんなに大きな写真を載せる自己顕示欲いっぱいの私を許して〜〜
TK-L-NY16
宝塚OGによる”CHICAGO”

何百回もミュージックビデオを観たAQUA5の雪組の元トップスターの水夏希さんもニューヨーク公演に来る。

afive08
真ん中が当時雪組のトップスター水夏希さん。AQUA5からは音月桂さん、鳳希かなめさんがトップスターになった。鳳希かなめさんのさよなら公演にはGAY友カケルくんと東京宝塚劇場に一緒に行った。

上記ポスターでタキシードを着ているセンターのOGを見て、私は激しく懐かしい気持ちになった。

「あーーーーっ!、峰さを理さんだ!!!!」

小学生の頃、何万回(笑)聴いた『ベルばら』のレコードの裏ジャケットにある写真のひとりが、峰さを理さんだから。

今回のポスターを見た時にすぐに分かった!!!小学生以来全く見ていなかったのに、それこそ40年近くの再会なのにすぐに分かったのだ!!子供の頃に脳に刻まれた記憶に自分でも驚く。頭の中に峰さを理さんが唄っている「バラのスーベニール」。🎶🎶人には終わりがあるように〜〜🎶🎶が頭の中で鳴っている。

今週、宝塚OGによる”CHICAGO”をリンカーンセンターに観に行く!

MS2016

b_illust_100_1L

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました!!

憧れの地に行く!!」への2件のフィードバック

  1. メグミさま☆

    おはこんばんちはあ。

    小さな頃からの憧れの地に行く、て凄い感動や感激の連続だったでしょうね文章から、メグミさんの歓喜が伝わってきます
    いいですねぇ〜、憧れの地…と聞いて、え!?どこどこ!?となりました。私は関西在住ですが、残念ながら一度も宝塚大劇場に行った事がありません。沢山の人に支えられて宝塚、てあるんですねしかしメグミさん、スマートですね!ジム通いや努力されているのがお写真でわかりました、凄い!!

    兵庫県と言えば、私は金本監督がまだ現役の時、引退が決まった時アニキ見たさに急いで試合を見に甲子園には行った事がありますが…(虎キチの兄に誘われて)
    メグミさん、次こそは行きたかったレストランですか?行けたらいいですね
    最近は海外で耳を疑う大きな事件が多く、毎日心配してニュースを見ていますがメグミさんもどうぞお気をつけ下さい…。

    それではまた

    • 梅梅さま

      おはこんばんちはぁ〜(小さい「ぁ」にしてみましたw)

      読んでくださり、コメントありがとうございます!
      関西は暑いですか??
      こちらも暑いです。
      暑い時にこそ熱いものとホットココアを頂きました!なんと活力がみなぎりましたので、お試しください!!

      そうでした、甲子園も兵庫県でした!!無知ですみません(汗)。阪神タイガースと高校野球!!兵庫県は神戸に姫路城に美女に・・いろいろありますね。夢物語ですが、宝塚に移住したらぜひ遊びに来てください!大阪にもGAYエリアがあるのでGAY BARにもLET’S GO!

      連日、一般市民を巻き込んだ凄惨なテロやクーデターが発生しています。今日は何もありませんようにと願うばかりです。

      それでは、ごきげんよう!!!
      HAVE A NICE WEEK!!

コメントは受け付けていません。