やっちゃってください!

endoyellowribbon16

おはこんばんちは〜〜〜!

近所のあるレストランの前を通ると、花壇ボックスの真っ赤なチューリップが満開だった。春の光を浴びて眩しかった。写真でも眩しい感じが出ているのではないかと思う。あまりに見事なので私以外にも数人の通行人が写真を撮っていた。

tulip16

二日後、そのレストランの前を通ると、チューリップが満開を過ぎて、花びらが落ちて花がなくなっているものあった。満開の花も素敵だが、花びらがなくなったチューリップの姿は藝術的でもあり、胸にぐっとくるものがあった。受粉が終わると確か花が散るのではなかっただろうか? 生殖活動終了!! 自分と重なって涙も出た。

tulip21

b_ornament_24_2L

ところで、ブルース・スプリングスティーンがノースキャロライナ州でのコンサートをキャンセルしたというニュースを読んだ。”BATHROOM LAW”「お手洗い法」とも呼ばれている法律でトランスジェンダーのトイレ使用を制限した法律に反対したからだ。チケット購入者1万5千人には返金されるという。PAY PALはノースキャロライナ州にオフィスをオープン予定だったがこの差別的な法律のためにキャンセルした。

BS2016
素敵なおやじぶり!ブルース・スプリングスティーン!”Born in the U.S.A.”は反戦の歌だ。今度は反LGBTの歌になるかもしれない。

b_ornament_24_2L

なんと4月5日米ミシシッピ州でも反LGBT法が成立した。

詳しくはニューズウィーク日本版 オフィシャルサイトに書かれている。

ミシシッピ州のフィル・ブライアント知事は、信教の自由のため、ミシシッピ州の州内の事業者がLGBTへのサービス提供を拒否できるようにする法案に署名し、法律として成立させた。例えば、買い物客がGAYだからを理由に物を売るのも拒否できるのである。アパートを貸すことも結婚披露宴の場所提供もGAYを理由に拒否できる。

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は、この法律が廃止されるまで、ノースキャロライナ州への出張を禁止したが、ミシシッピ州にも同様に公的資金を使った出張を禁止。

アメリカのニュースではデカデカーと報道されているのに、ニューズウィーク日本版にはなぜか書かれていないが、TOYOTAの2千人を越えて、NISSAN/日産自動車は6千500人の人々が働く工場がミシシッピ州キャントンにあり、ミシシッピ州の経済に多大なる貢献をしている。NISSANもこの法律に反対声明を出しているのである。

CBSテレビのサイトからNISSANが反対声明を出したというニュースはこちら。

「やっちゃえNISSAN」のコマーシャルの言葉を借りて、「やっちゃってください!さらに経済圧力を!NISSAN」とお願いしたい!!
悪の法律が施行日は7月1日だ。

参考:THE WASHINGTON POST/ワシントンポスト
https://www.washingtonpost.com


「やっちゃってください!NISSAN!経済圧力を!」

b_ornament_24_2L

usa-missippi
ピンクの矢印の部分がミシシッピ州である。

f_flower910

十年以上前だが、私はミシシッピ州のジャクソン市に行ったことがある。それは、自分が携わった短編映画が映画祭に招待されたから。招待された短編映画は「コメディGAY映画」だった!!!!

あらすじは・・・

もてない男がパグ犬のパグズリーを連れて散歩すると女の子が話しかけて電話番号もゲットできてさらにエッチもできる!縁結びのパグズリー!その噂を聞きつけ、どれどれ僕もかわいい女の子と知り合いになろうとパグズリーを飼い主から借りて散歩に出かけたところ、女の子からの反応はさっぱり。無視される。ウワサは嘘だったのかとがっかりしていると、ムキムキのイケメンから熱い視線を感じる!!僕はイケメンから遠ざかろうとするとパグズリーはムキムキのイケメンの方に行くではないか!!僕はムキムキのイケメンのアパートに誘われ・・・。なんと男性と初エッチ!!!そう僕は気づいていなかったけど僕はGAYだった!!パグズリーが教えてくれた!

上映後、嫌な言葉を掛けられたらどうしようと思ったが、そんなことは全くなかった。評判は驚くくらいとても良く、パグズリーのイラストのポスターを欲しいと何人も言われた。GAYに対して差別的な州なのに、この映画が選ばれたのかは不明だった。

ミシシッピ州はアメリカの南部。ニューヨーカーと全く違って親切で優しかった。「サウザンホスピタリー」と言われる「南部のおもてなし」だ。映画祭のスタッフもその言葉を口にして我々をあたたかく迎えてくれた。

お観せしたいところだが、大切にしたいという監督の意向があり、youtubeなどのネットでは公開していない。

あの親切で優しい接待ははうわべだけだけだったのか? 反LGBT法が施行されても都市部では差別的なことは行われず無視されるのではないかと思う。

photo by .sandhu "little busy"

photo by .sandhu “little busy”


「GAY映画を作るとは地獄へ落ちろ〜」と一部の観客から非難されるのではないかとドキドキして夜も寝られなかった。逆に大好評でびっくり仰天!!南部の人々は差別主義者ばかりではないのである!!

f_flower910

やっちゃってください!」への2件のフィードバック

  1. メグミさま☆

    おはこんばんちは〜

    またまた、新たに反対派の方が出てきたんですね

    信仰や様々な理由はあるにせよ、それを理由に1人の人間の人権まで奪うのは公的に権力のある立場の人がすることではなく、また本来人間を幸せにする為にある信仰の目的とは違ってくるように思えます。

    鮮やかなチューリップのお写真や、パグズリーのお話、とても素敵ですね。そのムキムキマッチョの方の視線を想像しただけで笑ってしまいました。

    話は戻って、歴史が変わるということは険しく長い道のりなんですね。

    州の決まりがどうであろうと、もし自分の周りにLGBTの方がいたら共に笑い、悲しみも共にしたいと思います。

    簡単なようで難しい、目の前の1人の人を大切にできたらいいな、とメグミさんのお話を読んで思いました。
    国を越え身近な問題ではなく、私自身温度差があるとは思います…。どこかに攻撃する対象を見つけだし、様々な建前を出して虐めるというのは歴史的に見ても人間の性なのでしょうか。本当に悲しいことですね。
    世界にはあなた達の味方がたくさんいるよ!!と言いたいです。

    いつもとりとめのないコメントですみません

    それではまた

    • 梅梅さま

      おはこんばんちはーーです!

      人権を奪うこと!
      梅梅さんのご指摘の通りなんです!他の人の幸せは自分の幸せにならないのでしょうか?

      今回も人間の本質を問うコメントをありがとうございます。

      梅梅さんの応援とサポートは届いてきっと良い方向に動くと思います!

      こちらは極寒です!
      花冷えという言葉もあるので、梅梅さんもお体気をつけください!!!

      Happy Sunday!!!!

コメントは受け付けていません。