深読みしすぎ?腐ってる? アカデミー賞短編映画ノミネート作品を鑑賞!

oscar1今月28日(日)はアカデミー賞の発表がある。未来を行く日本は月曜日の午前中になる。

ウエストビレッジにある映画館IFC CENTERでは毎年この時期になるとアカデミー賞にノミネートされた「作品賞/BEST PICTUREのメイン」の方ではなく、短編映画賞にノミネートされたライブ・アクション(実写)、アニメーション、ドキュメンタリーを上映している。

短編映画もyoutubeなどで観られるが、映画館の銀幕ではなかなか観ることができないので貴重な機会だ!
2016_OSCAR_POSTER
アカデミー賞にノミネートされた短編映画上映のポスター

oscar1

観に行ったのは土曜日の夜。
チケットは完売!!
座席指定ではないので先に来た人が先に座れるシステム。
大人気なので入場するために長い列ができてた。

IFCCenter

外で並ぶにはかなり寒かった。

oscar1-2

実写とアニメーションの短編映画、合計10本を休憩時間10分を挟んで一挙に約4時間掛けて観てきた。
リストは下記に!

ところで、10本の作品の中で気になった作品があった。
ロシアのアニメーション作品だ。
タイトルは”We Can’t Live without Cosmos”
そのまんまだが、 訳すると『宇宙なしには生きてはいけない』。

Cosmos_zpsuii0xutb
ロシアといえばバレエにフィギアスケートに宇宙船だ!宇宙飛行士を養成所が舞台!

oscar1

深読みしすぎなのか?

それとも、これこそが腐る!と言うことなのだろうか??

男同士の友情をなんでもホモエロティックに解釈してしまう腐女子/BL愛好家の性(サガ)なのだろうか??

・・・と私を非常に悩ませる作品だった。
きっと拙ブログを読んでくださってる方々も同じ意見になると思う。
どこから見ても宇宙飛行士訓練生の2人はゲイ・カップルにしか見えないのだ!

そして、こういう作品を作って発表しても監督は大丈夫なのだろうか???
と、とても心配になった。

この作品が我が祖国日本だったり、お仏蘭西だったら心配しなくてもいい。
このアニメーションが製作された国はロシアだから。

ロシアは2013年に「反ゲイ・プロパガンダ法」を施行している。公共の場で(子供に)ゲイ的なことを見せるのは違反という法律。LGBTのシンボルであるレインボーフラッグを掲げたりすると違反の対象になる。同性同士で手をつなぐのもGAY的と見られて罰金の対象に!ゲイを支持する発言も!

罰金は4千ルーブル。日本円では約5千889円。 約51ドル。これはロシア人に適用される。外国人の場合は、15日間拘留後、 罰金5千ルーブル が課せられ国外追放となる。7千361円。64ドル

oscar1

そういう状況下で作られた男の友情のアニメ!!!!
これをGAY的に観てしまうあなたはGAY的だ!を逆手に取ってGAYアニメを作ったのではないかとすら思った。

★☆★WARNING!!!! ネタバレの内容が含まれるのでご注意!!★☆★

ベッドに一緒に寝たり、じゃれあったり、2人の行動は友情以上だ!ストーリー最後の方の「落胆」は恋愛関係だから以外の何ものでもない!!
男二人が一緒にいるだけでホモエロティックに想像してしまう心のゲイちんこのサガだけでは納得できない。

タイトルの”We Can’t Live without Cosmos”が
I Can’t Live Without YOU!!!
どうにもアナタなしには生きられない!と読めてしまう。
『宇宙義兄弟の契り』ではないかと・・・

b_illust_24_3M

さて、ライブアクション(実写)では、戦争や政治的な話が必ずノミネートされる中、タイトルにもなっているどもりの青年の恋の話が良かった。

★☆★いきなりだが、既にご存知とは思うものの、ごめん!知ったかぶりで〜でも言わせて〜のワンポイント英語!★☆★

Stuttererとはどもるという人という意味。

A View from The Bridge 『橋からの眺め』の影響で、現在のマイブームが「イギリスのテレビ&俳優&舞台」なので、舞台がロンドン!そしてイギリス人俳優の雰囲気が心の染み渡り、お気入り度が増した。でも、政治色がないので受賞しないかもしれないが。
この作品は(残念ながら LOL)ホモエロティックな内容は含まれていない。

http://www.stuttererfilm.com/news.html

shuttere16
ハリウッドでも大活躍するイギリスの俳優!演技の勉強もきちんとしているのだろう。それに外見が自然なのがいい!Stuttererのポスターは主演のMatthew Needham/マシュー・ニーダム!

b_illust_24_3M

あらすじと私の感想を交えてアカデミー賞短編映画賞(実写とアニメーション)の作品をご紹介!ドキュメンタリー部門は観ていない。

短編映画 LIVE ACTION/実写部門ノミネート作品

Ave Maria 
監督:Basil Khalil
パレスチナ/フランス/ドイツ 2015
15分

ヨルダン川西岸地区のキリスト教会にユダヤ人の家族が助けを求めに来て・・・。宗教の対立というイメージあるので観ている方も緊張する中、ユーモアたっぷりの作品。

avemaria16

oscar1-2

Day One
監督:Henry Hughes
アメリカ 2014
25分

アフガニスタン系アメリカ人の女性が通訳としてアフガニスタンの戦地に着任して・・・。

Oscar_dayone16

oscar1-2

Everything Will Be Okay (Alles Wird Gut)
監督:Patrick Vollrath
ドイツ/オーストラリア 2015
30分

離婚した妻と一緒に住む8歳の娘と週末過ごすため迎えに行く父ミカエル。おもちゃを買ってもらいウキウキの娘リアだが・・・。

oscar-ewa16

oscar1-2

Shok
監督:Jamie Donoughue
コソボ/イギリス 2015
21分

1998年、コソボ紛争中。2人のコソボの少年の友情と悲劇。

Oscar-shok16

oscar1-2

Stutterer 
監督:Benjamin Cleary
イギリス/アイルランド 2015
12分

どもりの青年は話す必要のないSNSで女性と知り合い・・・。

oscar-shutteere16

b_illust_24_3M

短編映画 アニメーションノミネート作品

Bear Story
監督:Gabriel Osorio Chile
チリ 2014
10分

クマのおじさんがハンドルを回すと箱の中でブリキのおもちゃのクマが動き出して壮大なドラマが繰り広げられる。緻密なアニメーションで観ているのが楽しかった!!
oscar-bearstory16

oscar1-2

Prologue
監督:Richard Williams
イギリス 2015
6分

上映前にも直前にも「全裸が登場するので子供は観ないように!席を立つなら今です!!」という警告があった作品!全然セクシャルな作品ではなかった!

oscar-prologue16

oscar1-2

Sanjay’s Super Team
監督:Sanjay Patel
アメリカ 2015
7分

ピクサー/ディズニーなのでさすが非の打ち所がない!!両親はインドからの移民でモダンなアメリカの生活とインドの伝統で揺れ動いた監督の幼少時の思いが作品になった。ヒンドゥー教の神さまが悪と戦う!

oscarsst16

oscar1-2

We Can’t Live without Cosmos
監督:Konstantin Bronzit
ロシア 2014
16分

宇宙飛行士養成所で宇宙飛行士になるために激しい訓練に耐えてがんばる2人の話。

oscarwclwc16

oscar1-2

World of Tomorrow
監督: Don Hertzfeldt
アメリカ 2014
17分

未来の自分が現在の自分に未来について語る。Netflixでも観られる。

oscar-wt16

b_illust_24_3M

oscar1アニメーションではBEAR STORYが、実写ではAve Mariaにオスカー像が行くのではないかと予想している。しかし、受賞してもしなくてもノミネートされるだけでスゴいことだ!!

非常に残念ではあるが、私の作品はノミネートされなかった(笑)orz2222と言うこと自体おこがましい!!しかし、レッドカーペットを歩くのが夢なのであ〜る!この人生では無理かもしれない(笑)と分かっているけど、別の作品で諦めずにがんばる!才能ある監督の素晴らしいノミネート作品に混じって我が(クソ)作品のリンクを貼る!お暇なら名作(すみません、嘘!!)でかつまさにクソなHANAKUSOをご覧くださ〜〜い!謙遜じゃなくて、本当のお目汚しだが(汗)!

oscar1

深読みしすぎ?腐ってる? アカデミー賞短編映画ノミネート作品を鑑賞!」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: アカデミー賞短編映画賞 The Oscar goes to … | Deeeeep! New York! 2016

  2. Megumiさま
    お疲れ様です!コメ落ちしていましたが、通知のたびに必ず拝読しています♪
    何から感想を…ぐらい、ぎっしり萌え詰まった記事、ありがとうございます!
    もうHanakusoのように詰まって…違ww(つべでは何度か拝見、友にもリンク回しました)

    前回のお尻祭り、最高でした。時々、腐友(もとい愛好家たちww)がTwitterのDM内やタンブラーに鍵部屋作ってそれはそれはここでは言えないようなお宝写真をUPするので笑、脳内麻痺してきているかもしれませんが、綺麗なものはいつ見ても何度見てもいいものですねー^^
    そのうちMegumiさんにも見ていただき、萌え共有をしたい…disgusting!なんて言われそうなものもあるかも…ww Twitterはされてましたでしょうか…

    今回のアカデミーの記事は、ご当地ならではのコア情報、とても興味深いです。保存版にして楽しみます^^
    Megumiさんの記事は、なんといっても現地の体温を肌で感じられるような、そんなレポなので本当に楽しいです。ストリートの匂いまでPCから漂ってきそう♪

    そんなNYで日々頑張っているMegumiさん、日本人初の女性監督として、カールくんからプレゼントされた(決定w)ロングドレスを颯爽と着こなし、ここぞとウォーキング練習を重ねた脚力を駆使し、ピンヒールでレッドカーペットを闊歩する勇姿を、ロープ張られた隅っこで覗かせてください^^サイン色紙持って行きますね♪エスコートはもちろん、カール夫妻を両腕に従えて♡
    書いててこっちが興奮してきた笑
    もうすぐフランスの香りもしてくる頃かな…首が長くなってますw

    では…こちらのつべリンクから飛んで行きま~す!See ya!! xo

    • Yumikoさま

      おはこんばんちは〜

      いつもいつもたくさんの「いいねスター」ありがとうございます!!
      書き込みもメルシーでございます!!

      Twitterはしていないのですが、Yumikoさん&その仲間達さんからご招待の鍵をいただき、秘密の地下室? それとも本箱と思いきや扉でその後ろには隠し部屋に入らせていただき、ドキドキ〜〜!秘密の画像のお宝見てみたいような気がします。心のちんこは大変なことになってしまうでしょうね〜!きゃぁーー!

      わがまま言って申し訳ないですが、Bel Ami的なら嬉しいです!世の中には想像を絶するような動画もあるので、美しい青年の画像が希望です。でも基本はSMでも◯◯◯でも何でも受け入れ可能です(笑)!!

      もうHanakusoのように詰まって…大笑いしてしまいました!Yumikoさんのユーモアセンスは最高です!

      レッドカーペットファンタジー!!再度、きゃぁーーー!と言いながら読みました!!大変嬉しいコメントでございます!!感涙〜
      万が一、レッドカーペットを歩けるようになったら、そんなロープの端なんて言わないでください!!ランディーくんとBel Ami Boysと一緒に歩きましょう!!

      お仏蘭西からのプワゾン(poison)はまだのようです!!大西洋の島でバケーションでもしているのでしょうか(笑)?

      それでは、HAVE A GREAT DAY!!!

  3. メグミさま☆

    おはこんばんちは〜もう時差を考える余裕がない頭…すみません

    短編映画、いいですよね。
    普通の映画もいいですが、短編ならではの中味の濃さがあるというか…後を引くというか…色々考えさせてくれますよね。短いからこそ

    私も好きです。先日夜中にハリウッドの昔の映画が放映されていて、2時間以上観ましたが結局なんだったんだ!!て結論にガックリしました。メグミさんがおっしゃるように、ヨーロッパの映画や俳優さん、ドラマはいいですよね。内容的にも独特の雰囲気があり、あの暗さというか 特にフランス映画とかはラストはどうぞご自由にご感想お考え下さい的な作りも好きです。
    ハリウッドの映画はたくさん見てはいませんが、結論まできちんと出してくれているように思えます。

    作り手により、様々なのでしょうが…最近は昔の黒澤明監督の映画を観たりしています。三船敏郎が好きです。あの時代の役者さんはみな本当に素晴らしいです。
    あ、つい熱くなってすみません。メグミさんがレッドカーペットを…素晴らしい夢ですね叶いますように…☆

    私は線で描かれた未来を語るアニメが観たくなりました。

    それではまた…☆

    • 梅梅さま

      おはこんばんちは〜

      昨日は陰暦・旧暦のお正月、chinese new yearでしたので、明けましておめでとうございます!

      短編映画は梅梅さんがおっしゃる通り短い時間で中身が濃い!!短いからこそ!!
      まさにそれが醍醐味ですよね!

      ヨーロッパ映画は日本の方が上映される本数が多いような気がします。アメリカはハリウッドという大産業があるので競合である他国の映画には冷たい!!こちらでは、なかなか観る機会がないです(涙)。

      私は溝口健二監督が大好きです。評価がアメリカでとても高く、日本では名前だけは知っていましたが観たことがなく、KENJI MIZOGUCHIを知らないなんて日本人じゃないような雰囲気もあり、恥ずかしながらニューヨーク市立図書館で借りてほぼ全作品鑑賞しました。もしもまだならばぜひ溝口監督作品も!!遺作の『赤線地帯』は名作です。

      書き込みありがとうございます!!

      それでは、HAVE A WONDERFUL DAY!!!

       

コメントは受け付けていません。