実はリベラルで楽しくて変を愛するという変な街がテキサス州にあるのであ〜る。

ゲイ関連のニュースで、「アンチゲイ!!!」の何か事件があるといえば、必ずテキサス州で起こっている!実際昨日の拙ブログでも同性カップルへの「結婚許可証」の発行を拒否したのもテキサス州の郡だった。

しかし、テキサス州は差別で保守的ではなく、東海岸以上にリベラルな地域もあるのであ〜る!!!!

リベラル/liberalには次のような意味がある。
自由主義で、偏見のない、開放的、自由な

誤解を解きたくて、テキサス州についての経験を書こうと思う。

***

昨年、5月と6月の2ヶ月間、私はテキサス州の州都オースティンに滞在した。
ニューヨークの友達に行くことを告げると、みんな心配した。
アンチゲイで差別的な州で田舎者(レッドネック)のところに行くのかと。

私も怖かった。
「ゲイ大好き!Faghagです!」とカミングアウトしたら、ボコボコに殴られて殺されてしまうのかもしれない。

正義を貫くべきか?
それとも臆病者になって我が命を守るべきか?

austin-map
赤い★がテキサスの州都オースティンだ。タイムゾーンは中西部なのでニューヨークと2時間の時差がある。

***

実際行ってみると、テキサス州の州都オースティンはゲイフレンドリーだった!!
気構えて行ったのに拍子抜けしてしまった。

kazari2

野外コンサートには、ゲイ家族(父親2人に子供または母親2人に子供)もたくさん来ていた。実はニューヨークで私はゲイ家族に遭遇したことがない。ニューヨークのような都会はゲイ人口が多いので相手の選択肢が多くなり、次から次へと出会えるので腰を落ち着けて家庭を築きたいとはあまり思えないらしい。

austin family
ニューヨークよりははるかに落ち着きがあって、ゲイ&ストレート家族連れがリラックスしている。子供向けの映画の前にコンサートが開かれていた。

***

街の中心地にレインボーフラッグを掲げているゲイバーが数軒あった。

テキサスだからそのゲイバーの前にアンチゲイのグループが「ホモセクシャルよ!神の天罰が下れ〜」というプラカードを持ってシュプレヒコールをあげているのではないかと思ったが、全くそんなことはなく、ニューヨークと同じく全く普通に、本当に普通に街の中心の治安の良い所にあった。

gaybarAustin
“普通に”ゲイバーがある

***

ニューヨークでは全く考えれられないが私が住めるような庶民向けのアパートにもプールはあるし、食べ物は安いし美味しいし、お店の人はやさしい、バスに乗れば男性は必ず女性に席を譲るというジェントルマンな街だった。これには本当に驚いた!!!!見て見ないフリなどしない。
生活の質がはるかに高い!!!!
それに、カウボーイハットをかぶっている人がたくさんいたのであ〜る。カウボーイが普通に存在する街でもあった!そこはやはりテキサスだ!!

***

そして、Keep Austin Weirdという「オースティンを変のままで〜」というのが州都のなんと公式スローガン。「変がいい」にこだわる素敵な街なのだ(笑)。
KAW
Keep Austin Weird、「オースティンを変のままで〜」のロゴ。

毎年Keep Austin Weirdまつりも開催され、そのイベントのひとつにロードレースがあり、参加ランナーは激しく仮装して走るという大会なのである。
オースティンは変わっていることが大好きという変な街(笑)なのだが、都市部以外は激しく保守的であり、両極端の州だと言えるかもしれない。

kawrun
仮装してロードレースに参加!LOL

***

東海岸の人々は、テキサス州(ただし都市部だが)は東海岸以上にリベラルだという事実を知らないと思う。「テキサス」と聞いただけで、差別の州と思っている人が多いとも思う。

追記:

austinKitty
我らキティちゃんがテキサス大学オースティン校のTシャツを着ていた!!キティちゃんはテキサスまで征服していたとは(笑)!!!