同性婚が合憲になってから1ヶ月が経ち……

同性婚が連邦最高裁判所で合憲の判決が下されてから、約一ヶ月が経ち、みんな結婚できて幸せ〜と誰もが思っているはず。しかし、ニュースを読むと、テキサス州とアラバマ州では宗教を理由にまだまだ大変なようである。

Alabama_and_Texas
テキサス州(紫)とアラバマ州(赤)の場所はアメリカのここであ〜る。

____________

★テキサス州やアラバマ州のいくつかの郡は「結婚許可証」を発行する担当者が同性婚の「結婚許可証」の発行を拒否。宗教的な理由があり、同性婚を認めるわけにはいかない。憲法では宗教の自由を認めているので、拒否は合憲であるとしている。

★テキサス州のいくつかの郡では、「結婚許可証」を発行する担当者が、自分の宗教の教義に反する同性愛を認める同性婚の「結婚許可証」を発行するくらないなら仕事を辞める!と辞職してしまった。

★テキサス州では拒否されたゲイカップルは裁判に訴えたところ、審判の前に、発行された。

★ラバマ州のある郡では、同性カップルへの「結婚許可証」発行を拒否した担当者をクビにした。しかし、クビにされた者は不服として訴えた。拒否には宗教の理由があり、宗教の自由を認めた憲法に反しているから。

★アラバマ州では67郡あるうちの9つの郡は、同性婚が合憲になって以来、「結婚許可書」を発行する窓口を閉鎖。同性婚も異性婚にも両方発行しないという、いわば強制措置を取っている。

kazari2

連邦最高裁判所の決定は絶対的なものなので「結婚許可証」は発行しなければならないのであ〜る。

kazari2

私の知り合いで、同性婚が合憲になったからすぐに結婚したという人はいない。

一緒に暮らしていても、両親にゲイであることをまだカミングアウトできない!!とか、カミングアウトしていても父親に受け入れてもらえないとか、愛し合っていても結婚する気持ちがあっても家族の理解がないからと踏み切れないでいる。家族に祝福されて結婚したいのはセクシャリティーに関係なく人間なら誰でも願うと思う。

国が法的に認めている結婚なのだからーーーが、背中を押して、ゲイであることをカミングアウトできて、
国が法的に認めている結婚なのだからーーーが、ゲイであることは罪でも恥じることでもないということを世代の違う親達に分かってもらって、みんなが幸せ!
そういう日が一日も早く来るように願っている。

sag-pride
映画俳優・テレビ・ラジオ芸能人の労働組合である、SAG-AFTRAのゲイプライドでのマーチ。

DPNY_ICONGOKUSHO