ひとつの愛が終わった・・・

TitleDPNY.jpg 

***

結婚も秒読み!?の幸せなカールくん。
その一方で、不幸せの海に漂うルームメイト氏がいる。

去年の12月、事実婚ではあるが、LAで盛大な結婚式と披露宴をした。
が、先月、離婚!!!
夫は出て行った!!

***

9ヶ月の結婚生活!
早っ!

***

女子とも結婚・離婚!
男子とも結婚・離婚!
こんな経験をしたのは僕くらいのものだぜ〜〜〜!!あははははは〜!

と、連絡をくれたルームメイト氏。
なんと言っていいのか分からず困った。

***

元夫は、週7日、365日、24時間働く仕事大好き人間。
ウエストハリウッドに美容室とレストランを経営する実業家だ。

昨年、2人でニューヨークを訪れた。
元夫さんは、歩くのが超早く、興味があるものを見つけると手に取るだけではなく店員にたくさんの質問を投げ掛ける。
絶えず動いている印象があった。
悪く言えば、落ち着きが全くない。
また、その時、元夫さんは、マカロンに凝っていたので3人で5軒のお店に行って試食した。
凝り性だ。
実業家はスゴいなぁ〜と思ったのを覚えている。

ルームメイト氏は典型的なカリフォルニアンで、しゃべるのも歩くのもゆっくり。
元夫とは正反対だ。
三歩下がって後ろから付いていくような、かつての大和撫子のようだった。

***

元彼のDV仏蘭西人のことを思い出した。
とっても嫌なんだけれどもその気持ちを言わず、相手の言いなりになってしまうルームメイト氏。
今回もそうだった。
そういえば、お仏蘭西人の元彼は、怖いオーラを発していて怖かったなぁ。

「そんなに働かないで週に一日は休んで一緒に過ごして欲しい」とは言えずにイライラ〜。
構ってもらえないと寂しい。
誰だって寂しい。
だから、ルームメイト氏はオンラインに走った!!
知り合った人達とオンライン浮気!!
実際に会わないがチャットでエッチなことを言ったりしていた。
それが元夫さんに発覚し、揉めた!
関係の修復を試みたが、365日働く生き方は変えられず、離婚となった。

***

「ふん、あんな小汚いレストランと美容室!関係なくなって、清々したわ!!」と
叫んでいたが、離婚は辛く悲しく鬱になってしまい、抗鬱剤を服用している。

***

魔法のノートは再開したらしい。

「今度こそステキなパートナーに出会う」

世の中には初婚の相手と生涯幸せに暮らしている人も大勢いるわけだが、
結婚の1回や2回はまだまだ〜!!
エリザベス・テーラーは8回!
それに男女ともに結婚の経験があるなんて、誰にでもできるものではない!!

人生これからだ!!

ルームメイト氏に幸あれ〜!!!

***


KENと踊る!こういうことをしてくれるから大好きなのである♡♥♡♥

ひとつの愛が終わった・・・」への2件のフィードバック

  1. あー、ルームメート氏。離婚してたのですね。
    バランスって難しいよね。時間があり余るととお金がない。お金があると時間がない。
    人間は自分にとってちょうどいいバランスがほしいから。

    オンラインでそういうのってアメリカで流行ってるの?最近読んだアメリカ人の作家の本にも
    旦那がオンラインで楽しんだ形跡を妻が見て離婚。って場面があったので。

    • momoたん

      さすが、的確なことを言うmomoたん!
      自分にとっての良いバランスと相手自身にとっての良いバランスとのバランスがリレーションシップでは
      大変なんだよね〜。

      何年もオンラインでチャットのみの関係もあるみたいで、
      アメリカは広いし、周囲が保守的で自由になれない場合がなど、
      地理的にも環境的にも日本よりは流行っているかもしれないですね〜

コメントは受け付けていません。