起きた後でも幸せな気持ちが続くロマンチックな夢を見られるのは健康の証。

TitleDPNY.jpg 

***

今年は己の体調が不調で、しかも故郷は千年に一度という大震災、さらに追い打ちをかけるように
放射能汚染という想像もしなかった状況にあり、身も心も環境も絶不調で「ため息」しか出ず、
ブログを更新出来ない日々が続いた。

しかし、体調も良くなると気分も上向きになり、やっとブログを再開する気になった。
すると思いがけず、こんなブログでも再開を喜んでくれるコメントをたくさんいただき、
ジーンと胸が熱くなり、涙がぽろり。
Deeeeep! New Yorkの読者のみなさま、ありがとうございます!

***

ところで、昨晩、久しぶりに夢を見た。
なんと男性に抱かれているのである。
この私が!!
「あ〜ん、いや〜ん、アナタが入ってくるのね〜」とうふふ〜と思ったすぐ後に、
私の膝と膝の間から血が大量にドバドバドバーと吹き出した。

潮吹きなんていう艶ぽっいものではない。
消防自動車の放水だ!
いやダムの放流!
デモを阻止する高圧放水砲のほうが合っているかもしれない。
相手の男性は高圧血の噴射で吹き飛ばされてしまったようだ!!

服も壁も布団もあたりはまさに血の海に!!

「こんなに血が〜、止まらないよ〜、死んじゃうよ〜、ひえ〜、どうしよう!!」

と非常に困ったところで目が覚めた!!!

お腹がズキーン、ズキーンととても痛く、非常に不快だったが、あまりの豪快さに笑ってしまった!!
この腹痛がB級ホラー映画のような夢を見させたに違いない。

***

起きた後でも幸せな気持ちが続くロマンチックな夢を見たのはいつだったかな。
そんな幸せな夢が見られるということは健康な証なんだと思う。


この写真はナイアガラ瀑布!私の膝と膝の間から吹き出した血はナイアガラに負けないくらいだった!ひえ〜