私がニューヨークにいない間に変わっていたこと。

TitleDPNY.jpg 

***

私がいない間にニューヨーク州の同性婚が合法になっていた。

大きな前進だ!!

しかし、連邦政府が認めてくれない限り意味がないという人もいる。
アンジーとブラピのカップルは連邦政府が同性婚を合法するまでは結婚しないと言っているらしい。

***

私がニューヨークにいない間に変化していたことがもうひとつあった。
カールくんがニューヨークからいなくなってしまった。
6月にカリフォルニアに引っ越ししたのだ。

金曜日にはクラブに出掛け、平日は映画を観たり、夕食を共にしていた。
週に2、3回は会っていた人がいなくなってしまった。

落胆・・・
胸に大きな穴・・・
やる気がでない・・・

体調も悪いのでさらに気分は落ち込む。

カールくんを思い出すと涙が出て来る。
こんなにも大きな存在だったのかと思い知らされる。
彼と知り合って2年以上。
私のニューヨーク生活は本当に刺激的で楽しかった。

「カールがいなくて寂しいでしょう?」と他のゲイ友に言われると涙がはら〜はら〜はら〜と出て来て言葉に詰まる。

体調が悪かったり、気分が落ち込んで出掛けたくない時、カールくんから強引に誘われて人の気持ちを全く
理解してくれなくて自分の都合ばっかり押し付けて「もうぉ〜〜〜!!!」と怒りを爆発をしたり、
お母さんのように「あれしろ〜、これしろ〜」と言われて、
「うざいぃ〜!うるせ〜〜」とムカムカしたことがあったが、強引にでも誘ってくれたカールくん、
私のお尻を叩いて叱咤激励してくれたカールくんがとっても恋しい。

***

私が日本に帰るすこし前の4月某日、カールくんとお別れディナーをした。

リボンがついた大きな箱をくれた。
箱を開けてびっくり!!!

「僕がニューヨークにいなくても、こいつがずっと側にいるから!!!」と
カールくんにそっくりなKENサイズの人形をプレゼントしてくれたのだ。

いやぁ〜〜〜、カールくんにそっくり!!

洋服もカールくんが好んで着ている服とてティストが同じ。
「本物カールと同じだろう??」とカールくん自身も言っていた。

洋服も人形もKENのマテル社から発売されていない。
一体、どこで???と聞いたが、入手方法は秘密!と教えてくれなかった。

私の好きなものを分かって贈り物をしてくれるなんて!
なんてパーフェクトな人なの!!!!

***


カール人形と同じポーズをするカールくん

***

本物のカールくんがいなくても私のアパートにはカール人形がいる。
だけど、話し掛けても答えないし、本物のカールくんの方がもちろんいいに決まっている(笑)

***

背景の写真は、水曜日のOCCUPY WALL STREETのデモに参加した時の写真です。
貧乏移民のひとりとして参加して来ました。

私がニューヨークにいない間に変わっていたこと。」への6件のフィードバック

  1. す、すごい!
    カール君、似てますね!!!びっくりしました。

    NY同性婚。
    連符政府はまだまだ厳しいのですかね。
    ですが、I ♡ NY 僕には最高に嬉しいニュースです。
    年老いてからのことだと思っていました。

    • Fumiさん

      コメントありがとうございます!
      私もびっくりしました!!

      ニューヨークは合法になりました!!
      でも連邦政府では合法化になっていないので、
      外国人のパートナーの場合はグリーンカードのサポートができません!
      でもいつかアメリカもヨーロッパの国のように合法化になると思っています!

  2. さすがカール君!デキる男は違いますね!!

    少し遅れてしまいましたが、「お帰りなさい!」
    また恵さんのブログが読めて、すごく嬉しいです。

    • もんくうさぎさん

      ただいま〜です!

      嬉しいコメントをありがとうございます!!
      完全復活には時間が掛かりそうですが、これからもよろしくお願い致します!

  3. すごい似てる!!!うしろに写ってる口元までそっくりじゃないですか!
    カールくん、流石ですね~素敵(^-^)

コメントは受け付けていません。