負げねー!くじけねー!がんばっぺ東北!!

<br /> TitleDPNY.jpg

***

ニューヨークでは今日の午前、スカイプで大学時代の親友Aさん(東京在住)と話していた。
Aさんは物資があまり届かない福島の僻地に住む私の父母に宛に食料品やマスクや日用品を送ってくれた。
遠い親戚より近くの他人とはまさにこのことで、親不孝で心が痛い。
Aさんのやさしさと気遣いに父も母も涙を流して感謝していた・・・そんな話をしていた。
本当に我が両親は泣いていた。

***

突然、Aさんが「地震だ!」と叫んだ。
「大きい」「怖い」「危ない」「ごめん、ちょっと切るね」。

しばらくしてまた掛けて話をする。
また大きな地震が来たらしい。

信じられなかった。
また大きな地震が来るなんて・・・!
フクシマ・ダイイチは大丈夫だろうか?

震源地は宮城県沖と教えてくれた。
「福島も大変なんじゃない?」とAさんに言われて実家に電話をする。

***

すぐに電話はつながった。
母も大きな地震だったと言っていた。
311よりは時間が短かったが、兄の位牌を抱き締めながら収まるのを待ったと言っていた。
母にとっては兄の位牌が何よりも大切なのだ。

***

すぐにニューヨーク在住の岩手の友達と日本LOVEのヨーハンからテキストが来た。
「また大きい地震が来たけど大丈夫?」
みんな心配している。

***

USTREAMでJ WAVEの放送とYOKOSO NEWSがNHKのニュースを流してくれて、またラジオ福島も聞けたので
状況が分かったが、東北の広い地域で停電だという。

YOKOSO NEWSにTwitterで停電でテレビが観れないけど、ケータイでUSTREAMを観れるので
NHKのニュースが聴けるのでよかったという書き込みがあり、ケータイでインターネットが観られるのは
重要だと思った。

***

今月中旬からは新幹線も在来線も復旧するというニュースを読み、「すごいなぁ〜日本」と思っていた矢先の大きな余震。
現在も停電で、復旧したライフラインがまたストップ・・・
また東北が苦しめられている。

「神も仏もいねーのかぁ〜」と叫びたくなる!!

でも、負げねー!くじけねー!がんばっぺ東北!!

涙・涙・涙