Deeeeep! New Yorkがもしドラマ化されたら、あらすじはこんなのはどうだろう。修正・加筆してみた!

TitleDPNY.jpg

***

ジャスティンを忘れている!!と思っていたところにyamamiさんのコメントが!!
その通りなのだ!
ジャスティンを忘れていた!!
本人が知ったら激怒だ!!
ジャスティンごめん!!
yamamiさん、ジャスティンを覚えていてくださってありがとうございます!

***

本物のジャスティンはどこのゲイバーに行ってもモテモテだった!!
彼のようなモテモテのゲイガイには会ったことがない!
誰もが彼を欲しかった!!
だから、そのキャラをイカしてカールくん(ジェジュン)のライバルとして登場させる。
ジャスティンの職業は弁護士。
本物のジャスティンも弁護士を目指している。

あらすじを修正&加筆してみた。
読んでいただき、ご感想をいただけたら幸いであ〜る!

********

Deeeeep New Yorkがもしドラマ化されたら、あらすじはこんなのはどうだろう。

メグミ、アラフォー!!
彼氏はいない!
セックスはずっとしてないない!
貯金もない!
一緒に遊んでいた女友達みんな結婚して家庭に入り子育てに忙しい。
おひとりさまを満喫する日々。
東京で一人暮らし。

アラフォー!でも夢見る乙女!
「セックス・アンド・ザ・シティ」に憧れ、素敵な女子には必ず素敵なゲイ友がいる!
そう思ったメグミはオンラインの広告を出した。

「ゲイ友募集!女子です!私と友達になってください!」
たくさん返事が来ると思ったらたった1人しか来なかった。

がっかり・・・

しかし、実際会ってみると、とってもステキだった。
二の腕の筋肉がモリモリのイケメン韓国人、カールくん(ジェジュン)。
お医者さんである。
彼がストレートだったら友達にも彼女にもしてもらえない「高嶺の花」だ。

イケメンの外見と医師という職業とは全く裏腹に彼はゲイクラブで騒ぐは踊るは、
Make outするは、狙った男の子のお持ち帰りは朝飯前!!!
もう「大変な人物」だった!!!

メグミはカールくん(ジェジュン)を介してたくさんのゲイガイズに出会い、
ストレート達と過ごす世界では見ることはできなない華麗なゲイの世界に足を踏み入れることができたのだった。

***

カールくん(ジェジュン)がゲイクラブでいつものように、
男の子をお持ち帰りしようとモーションを掛けた!
良い雰囲気になり、そろそろと思っていた所、颯爽と登場してきたのはジャスティンだった!!
あっという間に狙った獲物をかっさらってしまった!!

悔しがるカールくん(ジェジュン)!!!

***

ジャスティンはマスコミにも登場する人気の弁護士!!
しかし、世間には秘密だ。
女性にも人気だ。

TOPゲイ!
ボトムゲイガイズが一度は抱かれたいと思う人気ゲイでもある!
ブツも大きい!!!
背も高く、脱いだらスゴいのであ〜る!シックスパックスである!カニ腹だ!

カールくん(ジェジュン)もジャスティンには負けていない!!
年収も顔も背も人気度も!

負けず嫌いでCenter Queenのカールくん(ジェジュン)は「こいつだけには負けたくない!!」
といつも思っているし、好みが似ているのか、いつも男の子を奪ったり、奪われたりしている。
2人はライバルというのはゲイの世界では有名だ。

「くそ〜!今度は俺が奴の獲物を盗ってやる!!!」と意気込むカールくん(ジェジュン)。

「俺は病気の人を助けている!奴は金持ちしか取引しない悪徳弁護士だ!!」といつも悪口を言っている。

***

カールくん(ジェジュン)はゲイであることを家族にも職場にも秘密にしている。
ジャスティンの家族は父親の仕事の関係で長年アメリカで暮らしていたのでゲイについての知識があり
オープンマインドで、家族だけにはゲイであることをカムアウトしている。

ジャスティンの母親は息子とゲイバーに行ったことがあるくらいゲイについては理解がある。
それもカールくん(ジェジュン)は知っていて、内心とてもジャスティンがうらましい。

***

モテモテ・ジャスティン役は水嶋ヒロはどうだろう。

モテモテ・ジャスティンが日本人だったら水嶋ヒロは???

***

カールくんはゲイクラブで、モロ好みの男性(松田翔太)に知り合う。
自分と同じくらいの背の高い男が好きなのだ。
周囲をキョロキョロし、今夜はライバルであるジャスティン(水嶋ヒロ)がいないことを確認!!

通常、MAKE OUT後、そのままホテルか自宅アパートに誘い、速攻ベッドに行くカールくん(ジェジュン)
だったが、この男性は大切にしたいと直感!
体だけの関係では終わりたくないと思ったのだった。
キスだけでケータイ番号を交換するだけにした。

カールくん(ジェジュン)にしては、珍しくデート1回目も2回目もディナーとキスだけで
セックスはしなかった。
しかし、抑えきれず3回目のデートでモロ好み男性(松田翔太)とセックスをする。

カールくん(ジェジュン)はサイズが大きいのが大好き!
新しい男性(松田翔太)は期待を裏切らなかった!!
大きかった!!
しかも顔も外見も好みで大大大好きになる!!
新しい男性(松田翔太)は銀行員だ。

病院では看護士に「カール先生、何か良いことあったんですか?」と言われる程、思い出しては幸せ気分に浸っているカールくん(ジェジュン)であった(笑)


ジェジュンがカールくんになって男同士で抱き合ったり、キスしたり!?鼻血ぶーーーーっ!

***

すぐに、2人は恋人同士の関係に。

カールくん(ジェジュン)の友達はゲイ・プレイボーイが「安定した関係」を築いていることに驚く。
日々、カールくん(ジェジュン)と恋人(松田翔太)との愛情も深まるが、
カールくん(ジェジュン)は男である!
そう、ゲイである!

恋人(松田翔太)が出張で東京を留守の間はもちろん、激務なのに時間を見つけては、
男と出会い、体だけの関係を持つカールくん(ジェジュン)。

心と体は別なのだ!

お節介な友達からカールくん(ジェジュン)があるゲイクラブで男とMAKE OUTして、どこかに消えたという話をボーイフレンド(松田翔太)は聞き、してはいけないと思いつつカールくんのケータイをチェックすると知らない男からのメールばかりで愕然とするボーイフレンド(松田翔太)・・・。

***

カールくん(ジェジュン)がゲイだけを招待した自宅パーティーを開く。
その中に紅一点としてメグミが招待される。
イケメンに囲まれて幸せなメグミ(笑)。

同僚でかつて女性と結婚していたゲイの医師ルームメイト氏(谷原章介)もいた。
ゲイであることが妻にバレて、妻が出ていたのであった。
ルームメイト氏(谷原章介)はメグミのタイプで一目惚れをしてしまう。

ルームメイト氏(谷原章介)は酒に酔い、ゲイである苦しみを語るのであった。
そして、妻には恋愛感情は抱けなかったが愛していたことをメグミにトクトクと話す。
ルームメイト氏(谷原章介)は酒の力もあり、同情したメグミを自宅アパートに誘い、
ゲイなのだがセックスをしてしまう!!!

ルームメイト氏(谷原章介)はその夜の後もメグミを無視することはなく、
まめに毎日ケータイ・メールを送る。

メグミはそんなルームメイト氏(谷原章介)を好きになってしまうが、
ルームメイト氏(谷原章介)はゲイである。
肉体的には結ばれても心は結ばれない運命である。
ゲイのパートナー(浅野忠信)もいる。
ルームメイト氏(谷原章介)はゲイのパートナー(浅野忠信)から暴力を振るわれていた。

メグミからルームメイト氏(谷原章介)とセックスをした!好きになった!
と聞いたカールくん(ジェジュン)は非常に面白くなかった。
ゲイの自分は女を愛せない。
しかし、親友であるメグミが同僚のルームメイト氏(谷原章介)を好きになったのが嫌なのである。
イライラがつのるカールくん(ジェジュン)。

メグミはカールくん(ジェジュン)に恋の相談をしてもなぜか冷たくされ話は全く聞いてくれず、
話題を別の方向に持っていくカールくん(ジェジュン)に失望していた。
友達のはずなのに・・・
が、カールくん(ジェジュン)の親友(もちろん彼もゲイ)チャーリー(向井理)が
話を聞いてくれ相談にのってくれた。

「ゲイでも女に欲情するということは私のこと好きなの??好きになる可能性はあるの??」。

「ボクは女とはできないな〜。ゲイが女とセックスしたとしても心はいかないね、
やっぱり、相手は女だから・・・。男だったら恋愛に発展するかもだけど。
ごめん、辛いかもしれないけど、俺らゲイだから女は好きにはならないよ」。

ガーーーン!(号泣)


谷原章介さんは好きな俳優の一人だ!背も高い!声もいい!顔も好み!!!

***

妻に離婚を突きつけられ、慰謝料として財産を全て失ったルームメイト氏(谷原章介)。
職場の大学病院では離婚の本当の理由を知っているのはカールくん(ジェジュン)だけ。
他には当然秘密である。

嘘をつかないくてもいいという安堵感もあるが、喪失感ははるかに大きく、
夜な夜なゲイクラブに通い、そこで知り合ったジャスティン(水嶋ヒロ)と3Pをしたこともあった。

***

メグミは女友達にルームメイト氏との恋の相談をするが、
「ゲイとセックスしたの?じゃエイズになっちゃうじゃん!
いやだぁ〜!きもーーい」とはっきり拒否反応をされた。
きもいとまで言われ非常に傷つき、女友達にはもう二度と相談できないと思ったのであった。

また世間がHIVもエイズについて一緒くたになっていることにゲイに対する差別を見た思いがし、
正しい知識を広めることの必要性を感じたのであった・・・

***

朝の通勤電車!

中吊り広告!
「人気弁護士ホモ疑惑!!!」

路上でジャスティン(水嶋ヒロ)が男とキスをしているのがパパラッチされて、
週刊誌に写真がドカドカと載る!

実は、路上でキスをしていたのはカールくん(ジェジュン)のボーイフレンド(松田翔太)だった!!!

カールくん(ジェジュン)はその週刊誌をボーイフレンド(松田翔太)に叩き付け、追求する。
実は何度もジャスティン(水嶋ヒロ)に誘われていて、ジャスティンのアパートに行ったという。
カールくん(ジェジュン)は、その夜は緊急の手術が入り、アパートに帰ったのは翌朝だった。

「お前はジャスティン(水嶋ヒロ)とやったのか?」と涙目のカールくん(ジェジュン)。
「やっていない。口だけ」とブロージョブしたことを告白。
「口でやってもな、オーラル・セックスって言うだんよ!セックスには変わりねーよ」と叫ぶ!

「カール(ジェジュン)、お前だっていろんな男とやっているだろう。ボク、知っているんだよ。
ケータイ、見ちゃったもん」

たじろぐカールくん(ジェジュン)。
言い訳とも逆切れともとれる発言をする。

「俺は体だけの関係だ。愛なんてない。お前も男なら分かるはずだ。
それにジャスティン(水嶋ヒロ)と俺がライバルっていうことを知っていて
お前は奴の誘いにのったんだろう? 認めろよ!!!」と恋人(松田翔太)に詰め寄る。

「俺の男だと知って奴は〜〜〜!!ジャスティン(水嶋ヒロ)なんて卑怯な奴なんだ!」
と怒りをあらわらにするカールくん(ジェジュン)!

***

記者会見では言い訳をせず「ゲイであること」を認める。
週刊誌、ワイドショーは「人気弁護士ホモを認める!」で持ち切りになり、日本中のお茶間に衝撃が走る!

ジェスティンに怒り心頭のカールくん(ジェジュン)だったが、世間にカミングアウトしたジャスティンの勇気を讃え、サポートしたいと思った。
恋人(松田翔太)とのことは水に流すことにした。

今後、2人はライバルから親友となる。

***

ドラマには必ず定番シーンというのがある。

「セックス・アンド・ザ・シティ」ではダイナー、「フレンズ」ではコーヒー・ストアだ。
我がドラマでは二丁目のゲイバーがその定番シーンとなり、
カケル青年(桜井翔)とダイスケくん(ウエンツ瑛士)がそのバーで働くかわいいバーテンダーだ。

***

ルームメイト氏(谷原章介)を諦める・・・
友達になるのだと言い聞かせたていたある日、定番のゲイバーでメグミは留学生の中国人青年と出会う。
彼がバブリー・チャイナくん(ジロー・飛輪海)だ。
全身ヨーロッパ高級ブランドの恐ろしく金持ちの中国人留学生で、これまでの中国人のイメージを払拭する。

「二丁目に来るということはゲイなんでしょう?」と質問すると
「分からない!女の子も好きだし、男の子にも興味があって〜。でも男の子とは何もしたことはないけど」

「じゃゲイだよ!アンタはゲイ!!!じゃ友達になろう」とメグミはケータイ番号を交換する。

かなり年下のバブリー・チャイナくん(ジロー・飛輪海)はゲイのはずなのに、それに歳の差あるのに、
ストレート男子のような振る舞いでメグミを誘う。
2人はデートを重ね、キスもする(赤面)。

恋の相談相手、チャーリーに相談する。
「その若さだとまだよく分からない場合があるんだよ。ボクは5歳からゲイだって分かっていたけどね。
家庭環境とか世間のプレッシャーでストレートにならなくちゃっていう思いが強いから、
ゲイであることを抑圧しているんだよ。ストレートになれるかもって年上のメグミに賭けているのかもしれない!!!」

定番のゲイバーのバーテンダー、カケル青年は
「明らかですよ!メグミさんが好きになるってことはゲイですよ!ははは〜」

ーーー

バブリー・チャイナくんは箱根に行きたいと言う。
2人で温泉につかろうと箱根(笑、北京じゃなくってね)に旅行に行く!

もしかして久しぶりのセックスかしらん!と腹筋を鍛え、内股のシェイプアプ運動をして箱根行きに臨む。
年上の女としてコンドームは準備すべきか?
でも彼はゲイかもしれないし、女とはできないかもしれないし、
ゲイ?
ストレート?
ゲイ?
ストレート?
うううーーーーんと悩んだが、
ゲイでもストレートでも誰とでも寝る「やりまん」とは思われたくないからとコンドームは準備しなかった。

なんと箱根の旅館にはバブリー・チャイナくん(ジロー・飛輪海)を追って中国から来た人民女子がいた!!!

なぬーーー!

メグミが大浴場から部屋に戻ると、誰かが布団の中でごそごそしている。
あえぎ声も聞こえる。

「一体、何??」

布団の中には裸の女と洋服を着たまんまのバブリー・チャイナくん(ジロー・飛輪海)がいた。

アイヤー!

状況をつかめないでいるとバブリー・チャイナくん(ジロー・飛輪海)が慌てて説明をする。
女は中国からバブリー・チャイナくん(ジロー・飛輪海)を追って来た人民女子!
メグミがいない隙を狙い、誘惑。
バブリー・チャイナくん(ジロー・飛輪海)は優柔不断で断ることができず布団に入ってしまったのだという。

何、ソレ!
断れなかったというのが理由になる?
アンタ、ゲイじゃなかったの?
舐めるのもいい加減にしてよ!

失望のあまり、浴衣から速攻着替えてロマンスカーに飛び乗るメグミ。

コンドームは買わずに良かった!
無駄金使わずに良かった!とせこいとは知りつつ己をなぐさめるのであった・・・


実はロマンスカーに一度も乗ったことがない!乗ってみたい!

***

恋の相談相手チャーリー(向井理)もイケメンだ。
高校の教師である。

なんとなく影があるチャーリー(向井理)。

定番のゲイバーにて・・・

高校生の時に、ゲイであることを母親にカミングアウトしたら母は一ヶ月間泣き続け、
ゲイについては二度と話題に出さないで欲しいと言われた。

ゲイである自分に未来を見出せず、自殺未遂をしたこともあったと語ったチャーリー。
日本での10代の自殺者の大半はゲイのはずとチャーリーは言う。
遺書に書いてあっても世間には公表されないんだ!
揺れるゲイの高校生にアドバイスしたいと思ったから高校教師になったとチャーリー。

チャーリー(向井理)はボーイフレンドがいたりいなかったり・・・
特定の人と恋をするのを避けているようだ。

なぜなら、チャーリー(向井理)は実はカールくん(ジェジュン)が大好きだからだ。

バーの帰り、無理矢理、タクシーの中でカールくん(ジェジュン)のジッパーを開けて、
ブロージョプをしたことがあった。

カールくん(ジェジュン)は「やめろよ」と言わず、させるままにして射精。
しかし、「友達はそういうことはしないんだよ」と言って自分でジッパーを閉めた。
だから「俺、うまいでしょう。だから、友情の証のブロージョブだ」って取り繕ったらしい。
それに、恋人(松田翔太)とのLOVE LOVEな姿を見て、何もできないと思ったとメグミに語る。

私達って、報われない恋をしていると泣くチャーリー(向井理)とメグミであった!

***

ルームメイト氏(ジロー・飛輪海)を諦め、バブリー・チャイナくん(ジロー・飛輪海)との恋ごっこも終わった。

カールくん(ジェジュン)は、世間を騒がせた週刊誌に載ったジャスティン(水嶋ヒロ)とのキスを見て激しく嫉妬し、ボーイフレンド(松田翔太)のことを「愛している!!愛する男はこの世には奴だけ!!」
と確信した!!

「二度と浮気はしない!!」と決意し、「ジャスティン(水嶋ヒロ)との浮気もなかったことにする!
忘れる!!パートナーになって欲しいんだ!結婚(養子縁組)も考える!!!親にも言う!!!」
とボーイフレンド(松田翔太)に申し込んだが、
「浮気性は変わるものじゃないよね。カールといると落ち着かない。別れようよ」とあっさり振られた。

ジャスティン(水嶋ヒロ)と付き合うのかと思ったら、ボーイフレンド(松田翔太)はジャスティンともあのパパラッチ騒動のあの晩、1回きっりでそれ以上は会ってはいない。

***

「俺は恋人なんかいらね〜〜〜!男なんか嫌いだぁ〜〜!ストレートになる!!!カムングアウトで悩まなくてもいいし、俺はストレートになるんだぁ〜!!」
と二丁目定番バーでストレート男ならウィスキーをストレートでがぶ飲みするのだが、
ゲイなので「アップル・マティーニ」を何杯も飲み、くだをまきならがメグミにからむカールくん(ジェジュン)であった・・・・

***

カールくん(ジェジュン)は失恋の余り、食事も喉を通らず痩せたが、
かわいい男の子を見ると元気が出て(笑)、「ゲイに生まれて良かった!!」と叫ぶ!
現金だ!

ルームメイト氏(谷原章介)は暴力恋人とはすったもんだの後、別れた。
インテリア会社を経営する新しいパートナー(藤木直人)と出会い、幸せいっぱいである。
カナダかオーストラリアかオランダか、ゲイの結婚が認められている国に行き結婚をする予定である。

***

ジャスティン(水嶋ヒロ)は難しい法律から恋の相談までのってくれるイケメン・ゲイ弁護士として大活躍!
テレビ番組を数本掛け持ち、今度は政界に打って出るという噂がある。
ジャスティン(水嶋ヒロ)が政治家になったら日本でも同性婚が認められる日が来るかもしれない。

***

カールくん(ジェジュン)は「お互い、恋人同士とか結婚とか決まりきったリレーションシップには向かないんだよ!!ルームメイト氏も結婚って〜〜、つまんねーよ!結婚はゲイにもストレートにも人生の墓場だせ!
お互いシングルで楽しもうぜ!」とメグミに言う。

2人は友情以上だけど恋愛未満。
でも、男女としては決して結ばれることは決してない2人。
メグミがカールくん(ジェジュン)を男性として好きになる可能性はある。
しかし、彼にはない。
全くない。
カールくん(ジェジュン)はゲイだから。

2人は友情を誓う合うキスを夕日を背景にした。

終わり!

***

「メグミ」役はHeidiさんご推薦の「夏川結衣」さん!!いいぃ〜〜
ドラマ「結婚できない男」を観た!
おもしろい役もできるし、それに美しい!!

万が一、億に一、ビリオンに一、実現したら、

夏川結衣さんがジェジュンとキス!?
夏川結衣さんが飛輪海のジローともキス!?
いいなぁ〜〜
じゅるりん♥♥♥


彼女もアラフォーなのね〜!美しいし、かわいいぃ〜!もしも実現したら、きゃぁ〜〜〜(卒倒!)まだまだ日本ではゲイがメインのドラマは難しいかもね〜

***

私の妄想劇場!におつきあいいただき、ありがとうございました!
日本でも妙に誇張して女ぽっくしていない、フィクションでも本当の姿のゲイガイズが描かれる
イケメンのゲイガイズがメインのドラマが製作・放映される日が来ますように!!

Deeeeep! New Yorkがもしドラマ化されたら、あらすじはこんなのはどうだろう。修正・加筆してみた!」への6件のフィードバック

  1. すごく面白かったです!一気に読んじゃいました。
    (書き込みのタイミング、遅れてスミマセン)

    まずは漫画でファンのベースを作って、そこからドラマ、映画に展開!ってのもありかも??

    大ヒットで、メグミキャッスルが一気に現実のものになるかも知れません!!

    • もんくうさぎさん

      面白かった!と言っていただき嬉しいです!!YAY!!!

      描いてくれるマンガ家を探す!?
      まずは同人誌で!?
      誰かマンガ家さん、ご存知ないですか(笑)?

      大ヒットでメグミ・キャッスル!ゲイの万里の長城!!
      完成の暁には、もんくうさぎさん、遊びに来てくださいね!

  2. ニヤニヤしながら読んじゃいました。
    キャスト最高です☆

    ぜひ実現してほしいな~。

    • ざき子さん

      コメントありがとうございます!

      宝くじがドカーン30億円当たったらぜひ自主製作したい!!
      妄想から実現しますように!

  3. オモシロかった〜!
    でもやっぱり舞台はNY,世界Versionにしましょうよ〜。制作する時は会社辞めてお手伝いします(役に立たないだろうが)

    • akiさん

      おもしろかった!という感想をいただき、ちょっと安心!
      舞台はニューヨークで世界バージョン!

      カールくんは誰にしようかな?

コメントは受け付けていません。