10

結婚しまぁ〜す!・・・・・・・・・・・・・・となるのだろうか?

TitleDPNY.jpg 

***

昨夜はお誕生日飲み会をセラピーでした。
世間では誕生日といえば、1 家族が祝ってくれる、2 恋人が祝ってくれる
以上2つが定番であるが、孤独ニューヨーク生活者、菊楽恵には1も2もない(酷暑だが北風が吹く!ひゅーーー)。
ひとりきっりで誕生日を過ごすのだけは避けたい!!
どうしても避けたい!
ゲイ・ボーイフレンドであるカールくんはカリフォルニアに所用がありいない。
ひとりぼっちになってしまう可能性が高い!
ヤバイ!
だから、あまり仲良くもないゲイ友にもテキストを送り、
セラピーに来てぇ〜一緒に飲んでとお願いをした!!

招待テキストの内容:

みなさん!

私の誕生日がやって来ます!
シャネルのバッグはいりません!
隣に座って一緒に祝ってくれるボーイフレンドもいりません!
でもひとつだけ欲しいのがあります!
一緒に祝ってくれる「友」です!
一緒に孤独な私と飲んで〜〜

メグミ

***

たまたまスロバキア人のルームメイト氏の元彼がロサンジェルスから来ていて彼も参加してくれた。
新バブリー・チャイナくんは期待を裏切らないバブリー度で来てくれた。
グッチの大きいバッグとグッチの靴で登場!
薔薇をプレゼントしてくれた。
生まれて初めて薔薇を女性に贈ったという。
私が新バブリー・チャイナくんの初めての女でぇ〜す♥♥♥(アホか)

うふふふ〜〜〜!!

カケル青年、ダイスケくん、ヨーハン、チャーリー、ジャッキー、ジョニーというブログによく登場するゲイ友の他にも
ゲイ友が来てくれて、総勢15名!!

プレゼントもたくさんいただき、飲み物もご馳走していただき、恐縮するとともに感謝であ〜る!
ひとりぼっちで誕生日をアパートで過ごすというかなり悲惨な最悪の状態を回避できることができたのも
ゲイ友もおかげだ。
ありがとう!

ゲイ友ばかりではない。
拙ブログ唯一のストレート男児読者であろうエリート駐在員、世之介さんも来てくれた。
世之介さん曰く「男の子達に囲まれ、メグミさん、ハーレム状態ですね〜〜〜」

うふふふ〜〜!

世之介さんの言葉でメグミ・キャッスルの基礎は固まりつつあるのを実感した。

あっ・・・
キャッスル(城)とスケールの小さいことを言わずに、「メグミ・ゲイの万里の長城」を目指すことにした!
新しい歳になったのである!
目標を大きくしてみた!
ちなみに、万里の長城は英語でGREAT WALLというのであ〜る!
オリジナルはロマンチックなのに、英訳はかなりあっさりしている(笑)。


人民のおじさんがピンクのシャツを着用している!ところで、このように、おじさん腹出しファッションは北京では流行のよう(!?)で至る所で見られた。

***

ところで、母にはカールくんのことをいつも報告している。

韓国系のアメリカ人で医師という職業についても言っている。

カールくんと夕飯食べた。
カールくんちに泊まった。
カールくんと映画を観た。
カールくんとバーに行った。

しかし、カールくんがゲイであることは言っていない。
母が、「そんなにしゅっちゅういるということは彼氏なの?」とある時、質問して来た。
私は「ううん、単なる友達だよ」と言ったが、いつも特定の男性と一緒にいるが恋人ではなく単なる男友達というのは
一般常識から考えて有り得ない状況なんだろうな。
それならば、真実を言った方がいいのではないかと思い、
「彼は同性愛者なんだよ。男性しか愛せない」と言った。
「三島由紀夫な人なんだね」と母。

***

家族にも職場にも秘密にしていることを母に言った。
カールくんの家族は彼が結婚する日を楽しみにしているが、失望させるので言えないということ、
そして、カールくんがカミングアウトする時は
両親が亡くなった後、お墓の前でするということも伝えた。
我が母は、「三島由紀夫も子供を作ったんだから、結婚できないことはないんでしょう?」と私に聞く。
「まーね、女性とは絶対無理らしいし、結婚もしたくないらしいよ」と答える。

すると我が母は、
「セックス嫌いなんだし(私が)、仲が良いんだったら、結婚すれば〜。生活は安定しているだろうし、
いいんじゃないの。子供もひとりぐらいは人工授精でね」。

いきなり我が母が結婚に賛成!
カールくんからはプロポーズも何もされていないのだが(笑)。
私からそれこそ「結婚してあげてもよろしくってよ!!!」と言ってみる!?
もし決まったら、カールくんのご両親が日本の我が実家に挨拶に来たりするの???
指輪をもらったり、結婚式したりするの〜???
アレコレ考えてしまった。

***

新しい歳になり(いくつになったのかは聞かないで欲しい。心はFOREVER 21!永遠の21歳のままなのだから(笑)、老いを意識しないといえば嘘になる。
だから、カールくんとの結婚も考えなくはないが、ストレート男性との恋愛を諦めることはできない!!!!
のが正直な気持ち・・・
しかし、もう若くはないのだから、そろそろ考える時か?