8

ゲイガイズと宝塚男役スター・・・

<br /> TitleDPNY.jpg

***

日本から帰国して初の週末!
実はゲイクラブにも行かず、ゲイ友とも会わず、なんとストレートの人々と過ごした。
昨日は独立記念日の花火があったのだが、カールくんのお誘いを断ったのである!
意図的にそうした。

かつてはゲイの友達が欲しいと努力した。
結果、ゲイ友がたくんできて、今もその数を増やしている!
しかし、一方で、ストレートの男子の友達がいなくなり、ストレートの男性と出会うにはどうすべきなのか?
と悩むようになり、それで今回、ストレートの世界に久しぶりに飛び込んでみた。

***

私はゲイガイズの手や腕や背中や太ももを触りたい時に触っていた。
考えもしないで手が伸びて、すり〜すり〜すり〜、ピタ〜ピタ〜ピタ〜
さわりたい放題だった!
一緒に歩けば気にしないで腕を組んで手を握りたい時には握って歩いていた。

しかぁ〜し、
それをストレートの男性には気軽にできないので、
イライラ〜、イライラ〜〜!

気軽に男性に触りたいのに触れない。
私が隣に座ったストレートの男性の太ももに手を起き、触ったら、
「この女、俺とやりたいのか?」と勘違いされてしまう。
それに私が触ったら、向こうからの触り返しもあるので、それはとても不快!
ゲイガイズは一方的に触りたいだけ触ることができて、触ってくることはないし、
触ってきても嫌らしさがない。

彼氏でも何でもない友達の男子に対しておわさり自由な点が私の心に平安をもたらすのである。
ゲイガイズとのスキンシップが恋しい!
欲しい!
満たされない、この気持ち。

あああああ〜〜〜!
イライラ〜イライラ〜イライラ〜

おさわり自由の世界に戻りたい!と心の底から願った週末であった。

***

ところで、日本に里帰りする時は必ず歌舞伎座に行き、歌舞伎を見るのだが、
今回は歌舞伎座が建て替え中でいわゆる大歌舞伎が上演されていなかったので
観劇ができず残念!!
大歌舞伎は新橋演舞場で今月から上演されるようである。
大歌舞伎とは、第一線級の俳優をそろえた一座の大劇場での歌舞伎興行(大辞林より)

でも宝塚劇場には行ってきた!
月組の公演であ〜る!

演目は『スカーレット・ピンパーネル』。
当日券を求めて朝並んだが行くのが少々遅く、立ち見席しかなかった。
が、なんと1,500円であ〜る。
立って観るので最後部席より高い位置から舞台を見られるのがいい。

宝塚といえばのお決まりのお仏蘭西革命が舞台のネタで、そのコテコテ感と
さらにコテコテのラブ・ストリーで3時間ずーーーっと立ちぱっなしであったが
足の疲れを全く感じることなく、感動で涙をダーーーッと流した!!!
宝塚は乙女(永遠)の心を掴むのを知っている!!!


一緒に観劇したのはKEN!!

***

ところで、私は雪組の彩吹真央さんのファンなのだ!
劇場に隣接されているQuatre Reves Online キャトルレーヴ(グッズ販売店)
に彩吹さんのプロマイドを大人買いしようと行く。
探したのだが、ない。
どこにもない!
ない!
ない!

一抹の不安が・・・!
トップスターの水夏希さんが退団の予定なので男役二番手トップの彩吹さんがトップスターに
なるに違いない!!と期待していたのだが、どうにも様子が・・・おかしい。

後でネットでサーチして判明!
彩吹真央さんは4月に退団していた!!!

ええええ〜〜!
知らなかった!!
涙・涙・涙!!

外見も実力もある素敵な男役で、フィナーレの大階段で、誰よりも大きな羽を背中につけて
歌いながら降りて来る彩吹さんを観るのを楽しみにしていた。

ネットでは、なかなか主役になれない実力派などと書かれていることが多く、
退団は劇団の意向があるのだろうが、トップスターになれなかったとは残念で仕方がない。
本当に残念だ!!
胸をときめかせながら彩吹さんのトップスターの男役を見たかった!!!!
しかし、今後も彩吹さんを応援して行きたいと思う。


彩吹真央さんのCD コレクションのジャケット!!!ジェジュンも好きだけど、彼女の「男役」にも胸をときめかした!!

***

いやらしく触ってくることは決してないゲイガイズと勃起!挿入!がない宝塚の男役が
好きな私は雄々しい男がどうにも好きではないようであ〜る。

元祖バブリー・チャイナくんも女性的でかわいいぃ〜〜かんじの男の子だった。
これを日本では草食系って言うのよね?