星をつなげて遥か遠く中国大陸にいるアナタの姿をマンハッタンの夜空の上に作っています!

<br /> TitleDPNY.jpg

***

バブリー・チャイナくんと毎晩チャットをしている。
いつも夜の10時から午前1時からがテキスト交換時間だった。

ニューヨークと中国の時差は12時間。

ニューヨークの深夜零時から午前1時の間、中国ではお昼から午後1時までの間、チャットしている。
いつも私の方が先に寝るので「今らベッドに行きます!おやすみ!晩安!」とテキストをしていたが、
そのパターンは変わらずで、バブリー・チャイナくんに「おやすみなさい!そちらでは良い一日を!!」と
送ってチャットを終わる。

声を聞くわけでもなく、デジタルのテキストの交換だけなのだが、同じ時間を共有することで
こんなにも幸せになるなんて・・・!

ダイスケくんに「母国に帰国後もチャットしている関係って、好きの種類はどうであれ、
バブリー・チャイナくん、私の事、好きだよね〜〜??」と第三者に「そうだよ!好きだよ!」
と言われたくてわざわざ確認してしまった。
ダイスケくんはとても良い人なので、「そうですよ!好きですよ」と言ってくれた。
(ありがとう!ダイスケくん)

恋愛の好きでなくても、友情の好きでも私とチャットで話したいと思ってくれる!
それだけでもしばらくは生きて行ける!
ぼろいイースト・ビレッジのアパートの窓から中国の方向を見る。

マンハッタンからは夜空は見えないけど、東方神起の『時ヲ止メテ』の歌詞を思い出して、胸が熱くなってしまった。
星をつなげながら、バブリー・チャイナくんの形を作る・・・

♪♪ 時ヲ止メテ ずっと君の そばにいたい
見上げた空 願い込めて
ひとつひとつ 輝く星 繋げながら
君の形… 探してた ♪♪


実は毎朝6時に起きてヨガに行っているのだが、目を覚ますのが大変!この曲を聞いて気合いを入れて毎朝早起きしている!

***

幸せ〜〜!と思っていたのも束の間、

昨日まではなかったのだが、バブリー・チャイナくんのステータスに気になる中国語があった。
日本語にすれば、自己愛。

自己愛は日本語漢字で中国からの漢語ではないと思われる。

つまり、ナルシスという意味だ。

むむむ〜〜、なんだろうと気になり、いろいろ検索してみると、「羅志祥」という台湾人の歌手が
そのタイトルで歌を唄っていた。

中国人のゲイ友ジャッキーに「この歌を知っている?」と聞くと、
バイセクシャルの映画の主題歌だと教えてくれた!!!

なぬ〜〜〜!?
バイセクシャルの映画の主題歌のタイトルを自分のステータスにしている!!!!
それは私だけが見られるわけではなく誰もステータスは見ることができるのだから、
世間に好評しているの???

バブリー・チャイナくん!!!!!!
とうとう、自分のことを認めたのね? 分かったのね?
私の定義ではバイセクシャルとは、ゲイだけど女性ともセックスできるゲイ・・・!!!
あなたはゲイであることを認めた!!!
しかも、女ともセックスできるゲイとして!!!

***

しかし、またもや複雑な気持ちになる。
彼が段々真実のセクシャリティーを認めた点では友人として嬉しいが、
女としてはドーーーーーーンと落ち込む。
2つの気持ちでまた激しく動揺(笑)。

***

ところで、ジャッキーが映画の題名を教えてくれた。
台湾の映画で『盛夏光年』という。
邦題は、『花蓮の夏』。

DVDのジャケット!この女子もゲイを好きになってしまう性癖のようだ(笑)

***

ネットをサーチしてあらすじを読んだ結果、ジャッキーが言った「バイセクシャルの映画」
というのはあまり映画の内容には適してはいないと思う。

舞台は台湾!
幼なじみの男同士の友達のひとりはゲイで、ずっと思いを寄せている。
高校生になり、女子が転校してくる。
ゲイなんだけどその女の子と付き合うが、うまく行かない。
行くはずがない!だってゲイなんだもん!

しかし、好きな男の子と彼女がなんだかいい感じになって来て、
あ〜〜〜、ボクの大好きなダーリンを取らないで〜、このブス!泥棒猫!
ってというような筋の映画ではないかと想像。

ジャッキーがDVDを持っているらしく、英語の字幕付きだったら貸してくれるという。
見てみたい!


『盛夏光年』の予告編をどうぞ!

星をつなげて遥か遠く中国大陸にいるアナタの姿をマンハッタンの夜空の上に作っています!」への4件のフィードバック

  1. 連日ジュンスがテレビに出てるので、ウホウホしておりますよ♪
    「時ヲ止メテ~、ずーっと君の~」ってジュンスが最後に出てくるあの音、
    さすがだよね~と惚れ惚れです。

    おぉ~、台湾映画にもなかなか大胆なものがあるのね。
    チェックメイトしてみます!(ユノ風)

    • momoたん

      ダーリンさん、ソロデビューとオリコン初登場第二位おめでとうございます!

      私のダーリン、ジェジュンより格好ソロデビュー!
      なんでジュンスの方が・・・と、対抗意識むき出しの嫉妬の炎はメラメラ〜ですが、お祝い申し上げま〜〜〜す(笑)

      ジェジュンも二の線で出てくれることを祈りつつ。

  2. めぐみさん、恋におちてしまいましたねー。 ^_^

    彼も、同じ気持ちなんじゃないでしょうか。。。

    お互いの気持ちがはっきりわからなくて、図り合うこの期間って今から考えたら一番熱くてせつない(いい意味で)期間だったような気がします。

    • Leitaniさん

      こんにちは!

      コメントを読みまして、そうだなぁ〜と思い、胸がどきんとしました。

      どんな恋でも相手は自分のことをどう思っているのだろうと確かめるような発言をしてみて、一喜一憂したり、「両想い(中学生だ)でありますように」に祈ったり・・・。
      相手に想いがないのも分かる時期でもあり、片想いであることを分かっているのだけど必死に否定するのもこの時期です・・・。

      実る恋でも実のならない恋でもこの時期が一番楽しいかもしれません。

コメントは受け付けていません。