最後に大文字のBYEが!

<br /> TitleDPNY.jpg

***

私の仕事関係で大変辛い状況にあったのは先日の記事で書いた。
経済的にも精神的にも非常に困難な時だった。
そんな時、ほぼ毎日のように会ってくれて、私のために食事を作ってくれて、
励ましてくれたのはカールくんだった。

ルームメイト氏にも私の辛い状況をテキストでつらつら語った。
カールくんのような同情や慰めを期待していた。
ルームメイト氏は「レクサスを買いました!!!ボクってなんてラッキーなんだろう!経済的に恵まれて!!」
というテキストが送られて来た。
それも何度も。
そして新しく購入したレクサスの写真も送られて来た。

***

「ボクってなんてラッキーなんだろう!経済的に恵まれて!!」という文を私になぜ送る???
余りにも無神経なルームメイト氏の態度に私は彼からのテキストを完全無視。

ルームメイト氏の人となりは、なんとなく感じていた。
好きだったから嫌な部分を見ないように心のフィルターを掛けていたのだ。

人の痛みを分かろうとするというよりは、自分の痛みだけを人に分かって欲しいタイプなのだ。

こんな人の精子を使って人工授精しないで本当に良かったと思った。
本当に良かったと何度も何度も心から思った。
ま、彼の少ない精子ではいずれにしても失敗だっただろう。

ストレートの男性がしてくれるように心からの同情とか慈しみをゲイのルームメイトに
要求する私が間違っているのだ。

ゲイは友達!!!恋人ではない!!!ストレートの男性でもない!!

私の過剰要求なのは否めない。
しかし、それにしてもだ。

***

ジャスティンから電話があり、ルームメイト氏が私から無視されているということを
ジャスティンに言って来たと聞かされた。
私はジャスティンに理由を言った。
彼の無神経な態度が嫌だから。

ジャスティンは理解してくれた。
後日、ジャスティンはルームメイト氏に私が避けている理由を伝えたと電話があった。

それでもルームメイト氏は「なぜ、無視するの?」と毎日テキストを私に送って来た。
理由を知っているのに、なぜ?

***

そして3週間後、

「無視をするならば理由を言ってくれればいい。
何も言わないなんて、なんて醜い心なんだ。
6月にニューヨークに行く予定だったが、行かない。
BYE」
と最後に大文字のBYEが!!!
これは、明らかに絶交テキストだ。

「あなたの無神経なテキストが私を傷つけた。
いつもニューヨークに来るって来ないくせに!嘘つき!」
と私もカウンター・テキストを送信。

***

送信後、悲しくなった。
涙が出て来た。

好きで、何度か彼に会いにLAに行った。
彼の精子を使い、人工授精をしようとコロンビア大学の専門のセンターを受診した。

LAに行けば、私を無視して見知らぬゲイとMAKE OUTしたり、元恋人とセックスしたり・・・
ストレートの男性がしてくれるようなことを期待した私が馬鹿だったということを思い知らされた。
所詮、ゲイはゲイにしか反応もしないし、愛情も喜びもゲイの間だけにしか存在しない。
頑張って介入しようとしたが、露西亜のアフガニスタン侵攻と同じように所詮無理矢理なことなのだ。

***

私の最後のテキスト以来、彼からのテキストはない。
ジャスティンは私とルームメイト氏との絶交を喜んでいる。
心から・・・。
ジャスティンもルームメイト氏が大嫌いだから。
自己中で大嫌いだとジャスティンはよく言っている。

ルームメイト氏の呪縛から解放されたようで正気なところほっとしている。

***

バブリー・チャイナくん21歳中国人大学生・・・
そう、彼もゲイなのだ。

新たなゲイの呪縛が・・・!!(笑)

ゲイであることを否定しようと頑張っているが、彼がゲイじゃなかったら、誰がゲイなの?くらいゲイなのに・・・。
ゲイに恋して、ストレート男性と同じようなことを期待して、また傷つき、絶交して・・・
こうなる運命なのかと思うと気が重い。

最後に大文字のBYEが!」への10件のフィードバック

  1. またまたご無沙汰です〜
    新しくバイトを始めて何だかバタバタしてました。
    なんだかルームメイト氏って〜〜と読みながら呆れてしまいました。ゲイが皆こうでは無くてルームメイト氏がこうなのですよ〜絶交して正解〜きっとまた少ししたら何事も無くメールしてきそうですね。
    それよりカール君優しいですね!自由奔放なカール君のイメージがガラリと変わりました〜素敵!
    NYに行く時は是非会いたいです

    北京はいつ行くんですか?バブリーチャイナ君と行くリアルチャイナ日記を楽しみにしてます

    • TAMAさん

      お元気でしたか?
      きっとまたメールして来そうと実は私も思っています。
      完全に縁を切るのができない人・・・それがルームメイト氏。

      北京は6月に行きます!

  2. わ~、相変わらずのルームメイト氏。
    これってゲイ云々の問題じゃなくて、本人の性格の問題ですよね。
    女性って一度好きになったら、無駄だと分かっててもなかなかその思いを
    捨てれないでしょ?でも時間が経ったら、あ~やっぱり無駄だった。
    良かった今のうちでって思えるし。
    そして、嫌なことされて怒っても、次に嬉しいこと言われたりすると
    好きだった人なら簡単に許してしまったり。そして同じことの繰り返し。
    根本的な物は変わんないって、どこかでちゃんと分かってなきゃダメだよね。(自分にも言い聞かせ)

    • momoたん

      ほんと、momoたんの言う通りです!
      でもやっと呪縛から解放されて嬉しい!
      ルームメイト氏のセクシャリティーの問題ではなく性格の問題・・・、
      そうだね!

      DVの構図!
      好きだと変だと思っても受け入れてしまう・・・
      気をつけなければ!

コメントは受け付けていません。