中国人のビリオネアに出会うために・・・(笑)

<br /> TitleDPNY.jpg

***

バブリー・チャイナくんがダメならば、地球上の人類の5人に1人は中国人という
人口13億人を擁する中国にはきっと私を好きになってくれる人がいるはず!
いや、いなければならない!
そして億万長者の上を更にいく、ビリオネアがたくさんいる中国!

どうせ出会うなら、中国のビリオネア!
夢は大きく!

ボディーラングエージがあれば言葉はいらないかもしれないが、
床上手になれるほど経験は積んでおらず、テクニックもない。
それにボディーには全く自信がないので、本当の言葉を覚えて勝負だと思い立ち、
なんと中国語の家庭教師について中国語の勉強を始めた!!!

***

先生(老師)は、男性!
中国語では先生は、老師である。
20代の後半であ〜る!
中国系のアメリカ人。
ピーター老師。
中国語がペラペラで、日本語もペラペラ〜で韓国語もなんと話せる語学に才能がある人であ〜る。
母国語は英語なので、計4カ国語話せる人だ。

中国人のビオネアに出会って、デートをして〜という流れを中国語で
対応できるように教えてくれるという。

それになんと中国では日本人女性と付き合いたいと中国人男性が日本人女性に対して憧れを抱いているという!
かなり私は年齢的にはヤバイが暗闇で会えばまだいけるかもしれない(笑)!!

***

独学では中国語の数字の読み方を全く覚えられなかったが、
ピーター老師に教えてもらって覚えることができた。
日本語と英語をミックスして覚える方法で、あっという間に覚えてしまった!
先生の力は偉大だ!

それに時間の言い方も教えてもらった。
たどたどしいが、時間も言うことができるようになって、
ケータイ電話番号の交換と待ち合わせ時間を決めることが1回のレッスンでマスター!

これで中国人のビリオネアに出会う第一歩を踏み出した(笑)

***

你好。
我叫菊楽恵。
我是日本人。

***

韓国語を勉強しようかな〜〜って言っていたが、言っていただけで、実行はしなかった。
本も買わなかった。
私の中国語への真剣の度合いが違う。

中国語については家庭教師を探して、教えてもらってる状況にカールくんはかなり面白くなさそう。
カールくんは、北京に行ったことがあるので、どんなに最悪だったか、中国の悪口を私によく言う。
バブリー・チャイナくんについても「ゲイでしょう!彼はどこから見てもゲイ!ゲイ」と私に何回も言う。
カールくんには紹介はしていないし、今後も紹介するつもりもないのだが、彼から送られた来た写真を転送した。
私の彼への恋心を捨てろ!と言っているようにも聞こえるが、
悲しい哉、そう簡単には恋心というものは変わらない。

韓国人男性の方が中国人男性よりハンサムなのだが、
ハングルよりは漢語が魅力的なのは事実で、朝鮮半島を通り越して本土に行ってしまった。

カールくんは韓国系アメリカ人。
ルーツは韓国にあるとしてもやっぱりアメリカ人なので、基本的には中国の悪口にしてもジョーク的で明るいということを付け加えておこう!

***

バブリー・チャイナくんとは毎日テキストをしている。

アメリカの大学は5月が、学年末。
大学の試験が終了するとバブリー・チャイナくんは速攻で祖国、中国に帰国する。
5月末には帰ってしまうのだ。

「え〜〜〜ん、しばらく会えないよ〜」と悲しい気持ちになり、
バブリー・チャイナくんに思い切って「会いたい!」とテキストをした。

試験勉強で忙しいと言われがっかりしたが、「時間を作ります!会いましょう!」と連絡が来た。
ということで、今週の週末、4回目のデートをすることになった。

勉強で忙しいので、往復4時間の時間を節約できるから私が彼の大学の近くに行こうかと提案した。
しかし、面白い場所もないし、おいしいご飯も食べられないのでマンハッタンに来るという。
会えるのは嬉しいけど、気持ちのやり場に困ってしまうのも事実。

バブリー・チャイナくんと中国人の彼女のFACEBOOKの写真はではいつの間に見られないようになっていて、
私は勝手に彼が私に見られるのを恐れ、隠蔽工作をしたのではないかと推測。
推測というよりは妄想だが(汗)
そうならば、私のことを愛せなくても気遣ってくれている証拠だと勝手に思い込み、
嬉しくなって、またアドレナリンが上昇した(笑)


心は中華人民共和国に!

中国人のビリオネアに出会うために・・・(笑)」への2件のフィードバック

  1. ますやんさん

    突然の前向きな展開!
    そう言われて、さらに前向きになりました!

    高額所得者だけでも日本の人口と同じ。
    中国の10%が富裕層ということですね〜。

    大和撫子は中国でも人気のようです。
    私はかなり古い大和撫子で、しかもアメリカ在住なので、
    かなり偽物的ではありますが、そのブランドのふんどしを拝借して相撲を取ろうと思っておりま〜す(笑)

  2. いろいろお悩みだったようですが・・・
    いきなりの中国語勉強って、なんか急に明るく前向きな展開。
    スバラシイです!

    算数は弱いのですが、確かに13億人という人口の多さ
    確か高額所得者だけで、日本の総人口に匹敵する、とかなんとか
    聞いた事がありますし、10%といわれる我々モーホー人口よりも
    90%同志のストレートの恋愛確率は飛躍的に高そうですね。

    全世界で通用するらしい大和撫子ブランドは中国でも健在なのですね。
    あとは「妻にするなら日本人、料理人には中国人・・・」とか言われてますし、中華鍋を自在に操れるようになれば、向う敵無しなんじゃーないすか??

    ガンバッテくださいねー!

コメントは受け付けていません。