また事件!? ゲイの差別用語を連呼されて・・・

<br /> TitleDPNY.jpg

***

今夜もカールくんと会った。
ゲイエリアではなく、今ではすっかりおしゃれになったミートパキング・ディストリクトでデート!
ウィンドーショッピングを楽しんでいると、
「何見てるんだ!このオカマ野郎!!見てんじぇねーよ、FAGGOT!!!」と後ろから叫ぶ声がした。
振り返ると黒人がいた。
30歳ぐらいだろうか。
ホームレスではない。

FAGGOTとは、英語で同性愛者を侮蔑する言葉で、日本語で言ったらホモ野郎だろうか。

私にとって英語は第二言語なのでニュアンスの感じ方が分かり難いのだが、
それでも侮辱的で差別的でキツくて酷い言葉だと思う。

その男は、黒人男性がよく冠っているストッキングのようなものが不格好に頭にあり、腹が出ているデブだった。
ファッションセンスは全くなく、美しさのかけらもなかった。
全身高級ヨーロッパ・ブランドも非常に悪趣味だが、美しさは少しはある。
しかも、呂律(ろれつ)が回っていなかった!!
ドラッグか? 
アルコールか?

「FAGGOT!気持ち悪いんだよ!!!FAGGOT! FAGGOT! FAGGOT!」とカールくんに連呼しつづけ、
カールくんは無視すればいいのに「FAGGOT!とはなんだ!」と中指(F*CK YOU)を立てて黒人男性に向けた。
黒人男性は明らかにムッとして、ドシドシと私達に近づいて来た。

もし彼がナイフや銃を持っていたら・・・?
ヤバイ!
命は大切にしなきゃ。
時々死にたくなるけどまだ死にたくない!
日本には年老いた両親がいるし、バブリー・チャイナくんに会いたいし・・・
と思うと闘うべきではなく、ここは逃げるであ〜る。
そう、逃げるが勝ちである!!!

私は「走ろう!逃げよう!」とカールくんの服の袖を引っ張る。
しかし、カールくんは応戦の構えだ。
私は「無視!無視!無視!行こう!行こう!」と叫んで走った。
カールくんは幸いなことに私の後について走ってくれた。

近くのビアガーデンに避難。

***

ビアガーデンの植え込みの陰から黒人男性が去っていくのを見届ける。

***

高校時代からの女友達(第一夫人)だったら応戦して闘うのに!とカールくんに言われた。
それこそまた警官が来たら、また違反切符をもらい、まだ裁判沙汰!?
1月のゲイクラブでの暴力事件があり、裁判も免訴になったばかりなのに!
それこそお金も時間もかかるわけで、自分が損するだけだし、
万が一、相手が武器を持っていて殺されてしまったら?
悲劇である。
医師になるために大変な努力をしてきたのに一瞬にして泡と化してしまう。
残された家族は?

見るからに頭のおかしい人間と怒りに任せて闘う必要はない!
言っても分からないバカなんだし、無視して逃げるが勝ちだと私は思うとカールくんに言った!!!

カールくんは「頭に来る!」と言い続けていたが、私は私で「無視!無視!無視!逃げる勝ち」と
言い続けた。

***

ビアガーデンは本格的なドイツのビールが飲めるところであった。
折角来たのだからビールをいただく。
おつまみは、ソーセージとプラツェル。
カウンターでオーダーする。
私はテーブルに座って、カールくんがソーセージをオーダーしに行ってくれた。
笑顔で帰って来た。
担当の女性が奥さんにあげて!とパンをひとつおまけにくれたそうだ。
奥さんとは私のことである。

カールくんは「これまではガールフレンドだったのにワイフと言われるとはボクが歳を取った証拠かな」と
がっかりしていたが、年増だけどハンサムで年下の若い夫を持つ女に見られたことにまた嬉しくなった。

***

それにしてもFAGGOTとは!
黒人に対する差別英語というものは存在する。
私たちはそれは言わなかったし、思いすらつかなかった。
同じレベルに落ちてはいけないのであ〜る。

不細工でデブな黒人にカールくんが色目視線を送ったはずはなく、
FAGGOTと言ったのは別にカールくんがゲイに見えたわけではなく
相手を怒らせる侮辱的な言葉なら何でも良かったのだと思う。
因縁をつけて自らのストレスをリリースしたかったのだと思う。

***

応戦して闘った方が良かったのか?とふと思ったが、
逃げるが勝ちの選択は正しかったと思う。

また事件!? ゲイの差別用語を連呼されて・・・」への8件のフィードバック

  1. momoたん

    東欧に東方!!
    ポーランドでも韓国ドラマが大人気らしいですよ!

    チェコの人(プラハの君)に「チェコも含めて東方もとい東欧の人ってハンサムよね〜」と言ったら、「チェコは中欧です!」と言い直されちゃいました・・・。中欧らしい・・・。

    チェコのビアガーデン!ミートパッキングと比べて値段も安いし、食べ物もおいしいです!

  2. うわっ、やっぱりそんな低次元なことを言ってしまう大人がいるのね。
    ほんっとに有り得ない!!!
    めぐたんの言うとおり、どんだけ話しても闘っても、その人の心には
    響かないよね。余程痛い目に合わない限り。でも合うと思うよ。
    (自分にも言い聞かせてます)
    ところでそのビアガーテン、9月に行ったな。
    ビールたくさん飲んで、トイレに駆け込むの大変だった(笑)

    • momoたん

      そうなんですよ!
      カール君はニューヨークが大嫌いになった!と言っています(泣)
      好きになって欲しい!

      ビアガーデンにも行ったのね!
      今度、momoたんが来た時はクィーンズのチェコのビアガーデンに行こう!

      • きゃ~~~~!チェコのビアガーデン。魅惑の東欧ね♪
        東欧って入力しようとしたら指が勝手に東方と入力。

  3. めぐみさんが正しいですよ〜相手は頭がクレイジーなんですから本当に銃やナイフを持っていて命を失う危険だってある訳ですし。クレイジーな人にはきっと勝っても何も残りませんよ〜正論は通じないし。本当に無事でよかったです。美味しいビールも飲めた様ですしね〜
    バブリーチャイナ君に会うんですね〜しかもギャルソンチャイナ君に変身した姿で!楽しみですね〜会うまでにまた妄想で楽しめちゃいそうですね。

    • TAMAさん

      正論を言っても通じない・・・まさにそんな相手でした!!
      ホント、ナイフで刺されなくて、拳銃で撃たれなくって良かった!
      ご心配ありがとうございます!

      ギャルソン・チャイナくん!
      受けました!!!
      私はH&MとFOREVER21の激安ファッションで行きます!

      ストレートの男性で洋服に興味があってたくさん買うってことはないのでゲイですよね〜(やたら気になっています)

  4. 恵さんの判断が正しかったと思いますよ!

    カールくんの気持ちもよーく理解できるし、しばらくの間は最低の気分から抜け出せないと思います。でも、話を聞く気がない相手には何を言っても会話にならないし、そんな人を相手にケンカして勝ったとしても、根本的なことは何も解決しないわけで・・・。それに伴う色んなリスクを考えたら、やっぱり無視する以外の選択肢はなかったと思います。今回、恵さんは「姉さん女房」として、上手くカールくんを誘導したんだと思います(笑)ムダなケンカを避けて、美味しいビールにありつけた。カールくんは、隣に恵さんがいてラッキーでしたね!!

    • もんくうさぎさん

      こんにちは!
      こちらはお天気です!

      もんくうさぎさんの仰る通り、「しばらくは最低の気分から抜け出せない」そんな状況にカールくんは陥っています。
      そうなんです・・・

      ケンカする方向に持っていかなかった私をしばらく責めるかもしれませんが、私の選択は正しかったと私は言い続けます!

      黒人男性は男性で、いろいろ問題を抱えていると思います。
      自分より下と思っているアジア人(でも実際はアジア人は勤勉なのでアメリカで成功していますが)をいじめることで憂さ晴らしをしたかったのだと思います。

      人間のいじめ体質は悲しいですよね。

コメントは受け付けていません。