ぞぞぞぞぞ〜〜〜

<br /> TitleDPNY.jpg

***

***

イケメンのはずだったのに22歳中国人大学生の目は一重!
切れ長の韓流スターの目ではなく腫れている感じの目。
う〜〜ん・・・嫌!その目!

愕然とはまさにこのこと。
Beer goggles(ビール・ゴーグル)をかけるとあら不思議〜!
醜男も美男子に変身〜〜〜!!

幻想王国の王子様マジックに掛かってしまった!

それに何度もの予定変更もイケメンだからこそ許せる!!
このまま帰ろうかと思ったが、2時間の道のりをわざわざ来たのだし、それに私は彼よりは大人!
だから不細工なのも予定を変更したことも許してあげようと彼に向かって一応笑顔をつくり手を振った。

22歳中国人大学生も笑顔で対応。

「こんにちは」と日本語で挨拶をする。
彼も「こんにちは〜」。

***

中国語のかなりヘビーなアクセントの英語で、
「高校時代の友達の誕生会がフラッシングであって9時にはここを出なければならないんだよ〜」
「ええええええっ?そうなの?」
「うん、昨日、分かったんだ」
「どうして昨日の時点で言ってくれなかったの? ディナーとか他の予定も組んだのに。
言ってくれたら今日別に会わなくても良かったのに!!
それって、それって、それって・・・」と私は絶句。

美容室の予約といい、お誕生会といい・・・。
美容室に行っていたら私に会うのは1時間位かまたはドタキャンでOKぐらいに思っていたのだろうと
こんな子供にないがしろにされた事実をひしひしと感じ、悔しいと思うと歯をくいしばってしまい
口の内部を自ら噛んで出血してしまった!!!

期待が大きかっただけに、中国の王子様が不細工でしかも合計で3度も予定を変更し、
それも前日分かっているのなら前日言ってくれればこっちも対応できるのに・・・。

なぜ言わなかったの?
なぜ?
なぜ?
なぜ?

常識がない!?

ゲイガイズは大抵予定を気軽に変更する傾向にあるので
こういう状況には慣れているとはいえ、それにしても酷い!!!!

***

友達のディナーパーティーはキャンセル。
それにレオン主催のディナーパーティーもキャンセルすることになる。
そしてカールくんと相談して立てた予定が全てパーーッに!!!

嗚呼!嗚呼!嗚呼!
ドドドドドーーーーーーンと落ち込む。

なんなの、この身勝手な行動は?
これって中国人だからなのか?
すぐ国の文化に結びつけるのはどうかと思いつつも結びつけてしまう。

これまで中華人民共和国の友達はひとりも持ったことはない。
国の問題ではなく彼がそういう性格だからなのだろうか?
学生だから予定を組んだらそれに合わせて行動するといういわば社会のルールに慣れていない?
中国の一人っ子政策で甘やかされて育っているからやりたい放題なのか?
背景を探りたいと思った。

***

しからしながら、怒りの気持ちと反して、私の脳内のアドレナリンは溢れている。
恋のケミカル、アドレナリン!
なかなか通常通りに下がってはくれず、
22歳中国人大学生と少しの時間でもいいから、一緒にいたいと強く願っているのである!!!
恋しているって負けだ。
少しでもいいから側にいたい!

***

「分かった!じゃ9時まで何かしよう」と私は提案。
つくづく恋している方って負けだと思う。
強気に出て「お誕生会にすぐに行けば!」と言えたのに・・・。
その代わりに私が言ったのは大人の言葉だ。
「どこか行きたいところはある?ダウンタウン周辺で」
彼の返事は、「ううん、別にない」。
「どこもないの?」
「うん」
「じゃ私が決めていいの?」
「うん、決めて」

うげぇ〜〜、不細工!と思ったが、落ち着いて見れば、実はそんなにそうではないことに気が付く。
カールくんのようなジェジュンのような韓国男性のソフト・マッチョな彼を勝手に描いていたわけだが、
背は高く痩せ形で、ドラマ「ラブシャッフル」の時のやさしい雰囲気のDAIGOに似ているといえば似ている。


雰囲気は同じ。オタクでなよ〜ってしている中国人っていう感じであ〜る。

***

「どこかに座って変更の予定テキストを送りたいからワシントン・スクエア・パークまでまずは行こう」と提案。
2人で並んで歩き始めた。
時々彼の腕が私の腕に触れるがこれってゲイガイズが私に触れるのと違うように感じるのは
恋のケミカル、アドレナリンのせいだろうか?
多分、そうだと思う。

***

激しい中国語なまりの英語。
私の耳も慣れてきたので何を言っているか理解できるようになった。
彼はよくしゃべる。
頭が良いのだと思う。
アクセントは激しいが英語はペラペラ〜だ。

***

奨学金を得てアメリカの大学に高校を卒業後、留学したこと。
私費留学ではなく奨学金を得てアメリカに留学とは非常に優秀な証拠だ。
アメリカは好きではないから大学を卒業したら早稲田大学に交換留学生として
入学したいと言っていた。
(早大の日本語プログラムはアメリカでも有名だ。我が母校の名前がちっとも出て来ないのがちと悲しい(笑))

早大の話もアマリアで会った時に話したらしいが、私はすっかり覚えておらず
「ごめんね〜、酔っていたから〜、全然覚えていない」と謝る。
そんな話もしていたんだ。
本当に、全然覚えていない(汗&笑)

ワシントンスクエア・パークには行かず、喉が渇いたから、何か飲みたいとNYUのスターバックスに入る。
このスターバックスは私を思いっきり振ったYALE出身のオタク男と何度か来た縁起の悪いスターバックスだ!
できるなら寄りたくはないが、そういうことを気にしていたらどこも行けないので、一生懸命過去の思い出をかき消す!

***

年上として彼の分も払おうとすると別々でいいぃ〜と言う。
実は全て支払う覚悟で財布には現金を多めに入れていた。

私はサンペレグリノを購入し飲む。
すると22歳中国人大学生は「これ何?」と興味を示す。
「イタリアのスパークリングウォーターだよ」と説明すると「えっ?何?」という顔をして
「飲んでもいい?」と聞いてきた。

きゃぁ〜〜〜〜〜!
間接キッス!
こんなことで感動するなんて私は小学生か。


サンペレグリノの子瓶を飲む。

***

どんな風に飲むのかな〜って気になって見ると・・・
そう私たちはMAKE OUTしている関係なので、うふふふ〜〜、思いっきり口をつけて飲むのかと思うと、
顔を思いっきり上げて口を開けて、ビンの口をつけないように液体を流し込んだ。
潔癖性なのか? それとも逆に意識しているのか?
どっちなのだろう?

かわいいぃ〜と思うが、
余りにも若いのでこんな子供とMAKE OUTした自分って・・・と冷静に自分を見つめ、
酔っていたとはいえ悪いことをした罪悪感に責められる。
自己嫌悪にも陥る。

「私って、いたいげな子供に何をしたの・・・」

***

私はディナーパーティーに出席できないお詫びのテキストを送り、チャーリーとカールくんには「中国人大学生は子供だった!!」と報告のテキストを送る。

***

スターバックスを出る。
「次はどこに行こうか? ゲイバーなら案内してあげられるけど。アメリカで一番古いゲイバーとかすぐそこだよ」
「ゲイバーはいいよ」とあっさり却下。
もうちょっと乗ってくるかと思ったら、全然そうではない。

「ゲイなんでしょう?何度も聞いて申し訳ないけど・・・」
「何度も言っているけど、I DON’ T KNOWなんだよ」
「男の人に惹かれたことはあるの?付き合ったことはあるの?」
「ううん、ないよ。これまで一度も男性との経験はない」
「したいと思うの?」
「それは分からない」
「彼女は?」
「いないよ」

「I DON’ T KNOW」と言い続けるセクシャリティーとは?
もしかして女性にも男性にも性的興味がないAセクシャルじゃないかとふと思った。

***

世界最大の人口を誇る中国。
しかし、中国系アメリカ人のゲイ友はいるが、本土出身の知り合いも一緒に食事をするような親しい
中国出身の友人はいない。
だから、中国人と一緒にチャイナタウンを歩いたことがなく、しかも中国人と一緒に中華料理も食べたことがない。
じゃ、これこそ絶好の機会!
一緒にチャイナタウンを歩き、今まで食べたことがない中華料理をオーダーしてもらって食べるというのはどうだろう!とアイディアが浮かび提案すると笑顔で快諾!

NYUからラファイエット・ストリートを南下してチャイナタウンに行く。

***

その間の22歳中国人大学生の話が日常とはかけ離れていて驚くことばかりだった・・・。

彼の目の下にはキズがあった。
そのキズはなんとブルクッリンに行った時に黒人に顔とお腹を殴られてi phoneを強奪された時にできたらしい。
なんと強盗には2回も遭って全てi phoneを奪われているらしい。
2回も!
「欲しいって言ってくれれば殴らずともあげたのに」と22歳中国人大学生。

2回の強盗事件以来、ニューヨークの街用にはi Phoneではなく、普通のケータイを買って使っていると見せてくれた。
それは私が使用しているケータイである。
「殺されずに命があって良かったね」と言ったが、冗談ではない。

アジア系学生はお金を持っていると思われ、強盗のターゲットになりやすい。
実際留学しているのは裕福な家庭の子供。

確かに彼の身なりはピカピカ〜で「お金持っています」の雰囲気だ。
これでニューヨークの街を歩くのは非常に危ないと思う。

***

「アメリカで暮らすのは大変でストレスを感じるといつも買い物をしてしまうんだ!
Shoppingholic買い物依存症なんだよ」

大学生の買い物といったら、ユニクロやH&Mあたりで洋服かなぁ〜と思ったが、
SoHoや五番街のヨーロッパの高級ブランド店でつまりルイ・ヴィトンやプラダやグッチで
お買い物をするという。

ええええええ〜〜!!!!!

トートバックのようなものを持っているが、それってグッチ!?

「チャイナタウンで偽物買うんじゃないよね?」
「ううん。SoHoや五番街だよ」

中国と言ったら、偽物!コピー製品と思っていた私。
失礼だった。

「車が欲しいって親に言ったら2万ドル(約二百万円)を送金してくれたんだけど、車を買う必要がなくなり、
全部、洋服と靴とバックと化粧品に使った」
「えええええ〜、2万ドル(約二百万円)も!?」
「うん」
「何を買ったの?」
「グッチの靴10足にヴィットンのバックは何個だったかな? ディーゼルのジーンズは10本買った!」
「えええええ〜。親は何も言わないの?」
「ううん、何も言わない」
「仕送りはしてもらっているんでしょう?」
「うん。2千ドル(約20万円)送ってもらっているけど、他の中国人の友達は5千ドル(約50万円)毎月
送ってもらっているよ〜」

***

最近の中国人の羽振りの良さと中国の景気の良さは聞いていたが、チャイナタウンで働く中国人は
見るからにまだまだ貧しい装いをしている。
しかし、本土ではスゴいことになっているようだ!
それを示す事実をここに!!!!!

***

22歳中国人大学生のコート:Dior Homme 2千ドル
私のジャケット:H&M 30ドル

22歳中国人の靴:Gucci 500ドル
私の靴:ALDOのセールで買ったブーツ60ドル

22歳中国人大学生の財布:ルイ・ヴィトン エピ 600ドル
私の財布:アベニューAの雑貨屋さんで購入のメキシコの財布 20ドル

22歳中国人大学生のバッグ:Gucciのトート 2千ドル
私のバッグ:祖母からもらった70年代のビンテージのハンドバック 0ドル

22歳中国人大学生のケータイ: i phone 200ドル
私のケータイ:モトローラ それでも150ドル

***

22歳中国人大学生が身につけているものの総計:5,300ドル(約53万円)
私が身につけているものの総計:260ドル(約2万6千円)

ひえ〜〜〜!

***

日本に住んでいる時から私はヨーロッパのブランドのバッグには興味がなかった。
高くて買えないし、みんなで同じバッグを持ってもね〜という気持ちもあった。
お昼ご飯を我慢して貯めてヴィトンのバッグを買うというような人の気持ちが信じられなかった。
成金趣味で、お金もないのに身分不相応だと思う。

そしてこの22歳中国人大学生!
ドカーーン!と思いっきりの成金趣味であ〜る!

ある意味、ここまで極めたら素晴らしいかもしれない。
それも本物で!

でも、ヨーロッパの高級ブランドに身を包めばいいってもんじゃないのに!
粋じゃない!

私の人生ではGucciのバッグなど一生持てないかもしれないが、
持てないことに悲しいとか思わないし、持てる人はそれはそれで持てるのだから良いとは思うが、
しかし、親のお金で全身高級ブランドとは、
寒い!怖い!恐ろしいぃ〜〜〜〜〜!

ぞぞぞぞぞ〜〜〜〜

***

私はお金を稼ぐことに問題があり、悩みがある。
22歳中国人大学生はお金を使うことに問題があり、悩みがある。
人それぞれ抱える悩みは違うわけだが・・・。

(つづく・・・)


東方神起の新曲「時ヲ止メテ」!メンバー全員のシーンがあり、思わず涙する!

ぞぞぞぞぞ〜〜〜」への6件のフィードバック

  1. 誠次さん

    FITはファッションで有名な大学です!
    FITを少し下ればそこはゲイエリア!チェルシー!
    ちょっと上に行けば、ゲイエリア!ヘルズ・キッチン!!
    学生の本文は勉学ですが、楽しいアフタースクールが待っています!
    知り合いのゲイ友の中にFITの学生がいますよん。

    プラットもアートスクールとしていい大学らしいですが、
    場所がブルクッリンです。

    汚いアパートですが、KENとみそ汁が飲めます(笑)ので
    いらしてください!

  2. 2時間かけてきてるって事はコーネルあたりですか?であれば、恵さんの好きな高学歴じゃあないですかっ!
    ちゃんすの神様は前髪だけです。

  3. 凄い!!バブリー君じゃないですか!!
    僕なんて、お腹がすいても、すいていない事にしよう。と日々飢えをしのぎ、
    英語で一番使う言葉はスタービングではないのか!
    そして、一番好きなお店は?と聞かれたら
    グッドウィルかバリュービレッジと張り切って答えてしまう様な生活ですよ。笑
    確かに、留学生ってお金持ちの子多いですよねぇ。特に中国、台湾、韓国の子は皆グッチかヴィトンのリュックかショルダーバックをぶら下げて学校に来て
    僕の様に、ウォルグリーンのビニール袋に荷物を入れ99セントのアリゾナを飲みながら学校に来ている人は確かに見ませんね。笑
    この前は張り切っておしゃれをし、道ばたでタバコを吸っていたらおばあさんに一ドル渡されてコーヒーでも買いなさいって!!
    住む世界が違いますねぇ。

    • 誠次さん

      お近くにお住まいなら、ぜひ私のアパートに来て欲しいです!
      料理は得意ではありませんが、ごはんにみそ汁、最近、食べようと努力しているキムチがありますので・・・。

      誠次さんがデザイナーになったら、バブリーな中国人に似合うかどうかは置いといて(酷い!?)ガンガン買ってもらい、あれよ〜、あれよ〜と言う間にパリでアパルトマンを所有ですよ!
      応援しま〜す!

      日本人は庶民でも優秀でなくても留学できますが(バカで貧乏な私でも私費留学できましたから)、中国、韓国、台湾はドルに対して通貨価値が低いですからね〜、余程お金持ちか優秀じゃないと無理なんだと私も思いました。

      • 是非、伺いたい!!
        まだ良くは分かりませんが、後数年したら僕はニューヨークの大学にトランスファーする予定です。プラットかFITと言うファッションでは一応有名な大学で学校の先生が推薦してくれるとの事ですが、僕的にはあまり親にも負担をかけたくないのである程度のディグリーを取り最終学歴をどちらかの学校で欲しいだけなので、なるべく安く卒業したいんですよね。

        そしたら、メグミさんのお家に是非伺いたいです。ケンとメグミさんと一緒にご飯食べれたら最高です。それまでに、メグミさんの恋がお手伝い出来る様に勝負下着の作り方マスターしておきます!!

コメントは受け付けていません。