迷っていても好きな気持ちには変わりません!好きです♥♥♥

<br /> TitleDPNY.jpg

***

「クイズ100人に聞きました」という関口宏さん司会の番組があった。
ゲイガイズ100人に「22歳中国人大学生はゲイでしょうか? ストレートでしょうか?」と聞いたら
「ゲイ」と全員が答えると思う。

***

Therapyに行った時、「今、Therapyにいるんだ!」と22歳中国人大学生にテキストを送った。
「Therapyって?」という返事が来た。
むむむ〜、Therapyを知らないゲイっているの???
もしかしてストレートという期待が膨らむ!!!
ゲイな彼も好きだが、ストレートだったら愛の幅が広がるのも事実。

以下、彼とのテキストのやりとりであ〜る。

***

私:「ニューヨークで人気なゲイバーだよ。今度連れて行くよ!」
と彼の反応をみる。
ぜひ!行きたいと返事がくれば、彼は!00%ゲイであ〜る!!

大学生:「なんでゲイバーばっかり行くの?」
私:「ゲイガイズはハンサムでセクシー。だからゲイガイズが大好きなの」
大学生:「クレイジーだね!w」
私:「私の友達はゲイガイズしかないし、それもたくさんいるよ!この間、送った写真で一緒に写っているのはベストゲイ友だよ(カールくんのこと)。今度、彼も含めて私のゲイ友を紹介するよ」

紹介!という言葉を使って、これに喜べば彼はさらに完全ゲイである。

大学生:「OK!キミのゲイ友に会ってもいいよ」

会ってもいいよ〜〜〜とは、そんなに積極的ではない発言だ。
これははっきり聞いた方がいいと思った。

私:「ゲイなんでしょう?」
大学生:「どうしてそう思うの?」
私:「私のゲイダーは性能がいいのよ!」
大学生:「・・・」
私:「・・・って?」
大学生:「クラブでも言ったけど、I AM NOT SURE.なんだ」
私:「あっ、そうだった。すっかり忘れていた(とぼける)。
私はアナタが女の子を好きでも男の子と好きでも両方好きでも別に気にしない。
アナタが好きよ」

おお〜、愛の告白!!!
しかし、彼はやっぱりゲイだ!

大学生:「そう言ってくれてありがとう!でもボクは気にしている」

気にしている・・・ということは認めるのが怖いんだと推測。

私:「あの写真の私のベスト・ゲイ友はお医者さんなんだよ」
大学生:「そうなんだ」
私:「そろそろ友達のところに戻らないと。またね」
大学生:「またね」

***

カールくんの職業を唐突に伝えたのは、彼に自信と誇りを持って欲しいと思ったからなのだ。
想像するに中国ではゲイでることは隠さなければならない恥ずべきことだと思われているに違いない。
中国に限らず、アメリカでもゲイである自分を自覚した時に自分自身を受け入れることは中々容易ではないのは
ルームメイト氏をはじめ話を聞いているので理解しているつもりだ。

ストレートの人は自分のセクシャリティーについて疑問すら思わないから、”I AM NOT SURE”とは言わない。
彼自身、男性に惹かれてしまうのを知っていると思う。
しかし、ゲイである自分を認めるのが怖いのだ。
家族の期待を裏切ることになるからとか、そういう背景があるのかもしれない。

現在、大学で応用数学を専攻しているという22歳中国人大学生。
将来、何になりたいかはまだ聞いていないが、
カールくんの医師という職業を伝えて、ゲイであることで立派な人間になれないということはない、
寧ろストレートよりも成功している人が多いということを伝えたかった。

***

カールくんにこのことを話すと「ストレートになろうと努力しているんじゃないの。ストレートになれるものならなりたいと思っているんだよ。ボクだってなれるものならストレートになりたいもん。女性にチャレンジしたいんだから試しにやってみればいいじゃん」とシリアスな話題に下ねたを交えてユーモラスにいうカールくん。私はそんな彼が好きなのだが。

***

私の恋心ボルテージは上がっているが、
22歳中国人大学生が自分のセクシャリティーに誇りを持てるように
日本人の年増だけどサポートできればとおこがましいと知りつつ思っている。

***

ところで、22歳中国人大学生にときめきつつ、ジェジュンにも胸を焦がし妄想で大忙しの私だが、
最近はジェジュンよりも超新星のソンジェくんの方を鑑賞する方がかなり多くなってしまった!
ソンジェく〜〜〜ん!
激しく美形だわ!
妄想で大忙し!

真ん中の一番大きい扱いが、ソンジェく〜〜〜ん!22歳中国人大学生も負けずに美形だ!i
うふふ〜〜〜