最高の理解者を失った時・・・

<br /> TitleDPNY.jpg

***

アレキサンダー・マックイーンが自殺したというニュースを読んで、驚いたのは私だけではないはず。

彼の服が買えるような生活を送っていないので彼の名前がタグについた服は持ってはないし、
彼のブティックにも行ったこともない。

アラフォーという同世代ということもあるが、ニュースの一行を読んでから、単なる有名人が
死んだという事実以上のものを感じて、心が非常に痛い。

彼はゲイである。

***

ニュースの一行とは・・・

マックイーンの母親が先週亡くなった。
後を追うようにして自らの命を絶った。

***

先日、大学時代の親友と電話で話した時に、「ご両親は元気?」と聞かれた時に、
「両親は元気だが、できるなら両親より早く死にたい・・・」とぽろっと常々私が思っていることが
口から出てしまった。

親より先に死ぬのは親不孝なことだし、兄亡き後、両親を見送ってから私も人生を終えるのが私の使命なのも自覚しているが、親を失ったら私はどうやって生きていけばいいのだろうか、と不安なのだ。
親が死んで私がひとりぼっちになるのが怖い。

両親とは私が大学入学のために上京してから一緒に暮らしたことはないし、
現在も遠くに暮らしているし、年に2回は里帰りをしているがそれもここ2年のことだ。
それでも3日間一緒にいたらお互い辟易する。

でも、距離も時間も超越するほど、私は精神的に親に依存しているのだ。
どんなに離れていてもいつも励ましてくれるのは親であり、私の味方で理解者である。

兄弟や家族や我が子がいたら、両親の死を乗り切れるかもしれない。
しかし、私には一緒に乗り切ってくれる人がいない。
若い生命というのは未来を希望で溢れさせてくれて、肉親の死を乗り越えられる原動力になると思う。
肉親の死がもたらす果てのないように思われる喪失感にのまれて私も死を選んでしまうかもしれない。

母親の後を追うようにして自ら命を絶ったアレキサンダー・マックイーン。
他人事に思えない。

こういう時に、追い打ちを掛けるように落ち込む出来事が続く。
ヴァレンタイン・デーを一緒に過ごす予定だった「行けない」の連絡が・・・。
先日の吐瀉物の人だ。

精神的なことで胸が痛いのか、胸焼けなのか分からないが(笑)、胸が痛く、今夜も泣いた。

***

ご冥福をお祈りします。

最高の理解者を失った時・・・」への4件のフィードバック

  1. momoたん

    Beginは名曲です!
    私はStep By Stepが好きです!
    前向きになるから。
    ダーリンたちのベストアルバムは売れまくっているようですね~。
    大人気!
    円高なので、買うのはもう少し後になりそうです。

  2. アレキサンダー・マックイーンの死は驚きでした。彼は社会的にも非常に貢献していたので、何でまたそんなことに!?と思っていました。

    昨日は体調崩してつらかったのでダーリン達の「BEGIN」を聴きました。
    これで救われるくらいだから、まだまだ私は元気だな。
    めぐたんもつらい時は、大好きな「BEGIN」聴こうね!

  3. 私も他人ごとではありません。
    私は父一人・子一人で、尚且つ今はパラサイト状態(物心ともに依存中)。

    あまり上手くいかなくて、何年も連絡しなかった時期もありましたが。
    幸いというか精神的な支柱をあまり父に求めていないというか、理解されるという関係ではないのですが(人生の相談は大体別の人で、父とははなしませんねぇ~~、その人が居なくなっても大変でしょうね・・・私は)。

    人は一人より二人、誰かがいてほしいものだとおもいます。
    子供もですが、何かを共有して分かち合うパートナーが欲しいなぁと思いますね。
    仲が良ければ兄弟なんかでも良いのかもしれませんが・・・。
    一緒に老いていけるというかなんというか。
    思い出を共有して感じあえるような。

    それがないと恵さんのおっしゃるように肉親(特に親)の死というのは、打ちのめされるものではないかと思いました。
    もちろん、老いたらパートナーとの別れも有りますし、それを癒すのは若い命なのかもしれませんが。
    でもそれは共に悲しんで、痛みを共感してくれる人(若い命・希望)がいればなおさら良いのかもしれませんね。

    最近、相談者と父の老いを感じると、不安になりますね。
    それがパートナーを欲する原動力かもしれませんが。

    • 玲さん

      共感していただいて嬉しいです。
      この気持ちを分かってくれる人がこの世にいるだけで心強いです。
      肉親を失うのが本当に怖い・・・
      みんなどうやって乗り越えたのでしょうか?

コメントは受け付けていません。