忘れないで〜と願う。

<br /> TitleDPNY.jpg

***

gleeを観て泣いてしまった・・・。

泣いた理由は「良い話」で感動したのであ〜る。
gleeは皮肉たっぷりで(多分、脚本家はゲイと想像しているが)、いじめっ子といじめられっ子の話もあり、
人には知られたくない秘密もいっぱいで、歌とダンスを見れば元気が出て、非常に前向きになるのであ〜る!


FOXチャンネルのドラマ。全13話。最近、はまっていま〜す!

***

ところで、「魔法のノート」には悪口などネガティヴなことは一切書かないようにとルームメイト氏からのお達しがあった。時々、何かに感謝することも書くのもいいらしい。
日常生活は「ネガティヴ」なことばかりなので、もう十分!だから、「日記」にはポジティヴなことしか書かない!とルームメイト氏。
日常生活は「ネガティヴ」なことばかりなので、もう十分!・・・良いことを言うな。

***

ルームメイト氏は恋人ができたので、次に叶えたい願いは「元妻」に直接会いたい!!ということだという。
かつて結婚したことがある3人のゲイガイズに会ったそうで、みんな元妻に離婚後数年経ってから会った。
3人の元妻は全員再婚。
3人とも元妻とは友達になっていない・・・とメールに書いてあった。

そこから読み取れるのは、ルームメイト氏は余程、元妻と友達になりたいらしい。
それに自分との結婚生活がなかったら、現在の旦那さんにも会っていないだろう〜〜とまで書いてあったので、
だからボクのことを忘却の彼方にしないで〜!ボクのこと完全に切り捨てないで〜!
それこそ「ボクに感謝して〜」とまで言っているように聞こえる。

この愚痴(!?)を聞かされているだろうスペイン人の彼、フィリオは週7日忙しく働いている人で良かったと思う。
遠く離れていてもこの話題をメールでいつもいつも読まされる私は「あ〜、またぁ〜、始まったぁ〜!他の話題はないの???」とうんざりするのだから、近くにいたら、たまったものではない。
でも、現在は愛の力で乗り切っているのだろうが。

これがミュージカルだったら、ルームメイト氏はスペイン人の恋人フィリオを前にしてこう唄うはずである。

「ゲイって分かっていても〜〜♪ カムアウトする勇気がなく〜〜♪♪♪ 女性と結婚して離婚して〜〜〜♪♪♪
暴力恋人にいじめられて〜〜♪ だから、アナタに会えた〜〜〜♪♪♪ だから、アナタに会えた〜〜〜♪♪♪」

そして見つめ合い、熱いキスを交わす!!!

gleeの影響で、最近、日常の妄想がミュージカル化している(笑)

***

ところで、妻は「忘れたい!!忘れたい!」と強く思っているとは思っているが、機械的に「きっと元奥さんはルームメイト氏のことを忘れた時はないし、いつも思っているよ〜」と思っていなことを毎回返答していることに罪悪感がないと言ったら嘘であ〜る。
恋愛の「愛」でなくても、そこまで想われるって羨ましくもある。

***

(以下、私の妄想ミュージカル)
スペイン人の恋人と熱いキスした後は、ルームメイト氏は自宅のバックヤードに行き、
プールサイドに立ち、東方神起の「忘れないで」を熱唱する。
元妻を想いながら〜。

東方神起の「忘れないで」より。
ジェジュンが作詞!

風になって♪ そっと包みたい♪
君がいる世界に♪ すぐ飛んでゆきたい♪
逢いたくても♪ 逢いたくても♪
待ってるから♪ ただ 忘れないで♪


東方神起の歌をカラオケでそれも上手!に唄う謎の白人男性のyoutube!結構、かわいいぃ〜

***

忘れないで〜と願う。」への11件のフィードバック

  1. な~~~~に~~~~!
    こんなかわいい男の子がいるのですか!?
    「忘れないで」いい歌だよね。
    ジェジュン作曲もしてなかったっけ??

  2. 愛していますよ。
    長い月日の積み重ねの中で、
    愛を差し出しつづけてきてくれたこと、
    愛するということを、手探りで引き受けてきてくれたこと。
    そうした彼の人としての強さをいとおしいと思います。

  3. 魔法のノート、なにかこのブログを見ている人たちの間ではやりそうな予感ですね。私も始めてみようかなぁ。心理学的に言えば、潜在意識にpositive thinkingを訴えることで、自分を変えていくということを意味しているのでしょうか。

    ルームメイト氏の元妻さんへの気持ち。難しいですね。

    私の好きな物書きの方に石井ゆかりさんという人がいます。彼女がその本の中で面白いことを言っているんですよ。有名なアンデルセンの「人魚姫」という例の悲恋のお話について。

    あのお話は、王子に恋をした人魚姫が、声と引き換えに人間にしてもらって、その恋を実らせようとして、でも、だめで、海の泡になってしまうわけですが、それを引き合いに出して石井さんがこう書いているんです。
    >「アタシは人魚なんだから人魚で勝負する!と息巻いていたら、も>っとちがった展開があった、のかもしれない」
    (石井ゆかり「星なしでラブレターを。」より)

    ルームメイト氏がゲイでも、彼が恋愛というのとは違う愛の形を追求していたら、或いは、ゲイと分かっていても結婚や恋愛という形でない愛の形を元妻の女性が引き受ける覚悟があったら、どんな風だったんでしょう。

    起きてしまったことについて「もし」という仮定で話をしても意味はないのですが。

    きれいごとと言われればそれまでですが、確かなものって何なのかなぁ、と。ルームメイト氏が男性に恋愛感情を抱く人だったということ。でも、彼の中に、元妻の女性に対する、大切に思う気持ちがあったこと。

    それを「恋愛」とか「結婚」という形のうえになぞらないで追及していたら何が現れたのでしょうか。そういう形をなぞらない「愛」に意味も存在する余地も本当にないのか。

    で、「アタシは人魚だから人魚で勝負する!」だってありなんじゃないかなぁって私は思うんですけれどね。どうなんでしょう。

    愛って、形や静止した状態ではないように思うのです。もっと永続的なやり取りの中でのみ現れる何か、じゃないのかなぁ。確かに「恋愛関係」とか「結婚」という枠を外からはめたら、その分、ある程度は安定するかもしれないけれど、実際、「私たちお付き合いしています」とか「結婚しています」という事実の枠組みが、愛を保証することなんてないのですよね。

    形があったほうが分かりやすいし、安心するけれど、形が内容を決めるわけではないですから。

    どんなに相手を大切に思っていても、生きていればいい時も悪い時もあるし、互いのその波をいつもいつも理解できるとも限らないし。言葉が通じないことも、どうしても分かってもらえないこともある。もう嫌になってしまって、止めてしまいたい時だって、自分以外の人と間近に向き合っていたら、いくらでもあるように思います。そういう時に、相手に対して何ができるのか、自分は何を引き受けられるのか。過程としての愛情って、そこにしか現れないし、それしか確かなことはないように思うんです。

    形があってもなくても、逃げる人は逃げるし、引き受けない。踏みとどまって努力したり、工夫する人は、形がなくてもやはり同じことをするように思います。形にならないから引き受けることができない、というのは、どうしようもない行き止まりでも、抗いがたい運命でもなくて、それを選ばない人の、選ばない自由でしかない、と私は考えてみたりします。

    • かかしさんと親友の方の愛の形を書かれたのではないかと思いました。
      かかしさんは親友の方を陳腐の言い方で申し訳ございませんが、愛しているのですね。

  4. 東方神起の歌を上手に唄う謎の白人男性!!ホント可愛いんですよね!!!!

    私はコレ↓がツボです:)

    • どりこさん

      ねー、この彼、かわいいですよね〜。
      部屋の様子から、日本に住んでいるんですよね!
      学生? それとも英語の先生でもしているのかな〜。

  5. 魔法のノート、ネガティブなことは書かないのですね。
    ダイエットノートもよいことを書いたほうがいいです。
    私はネガティブなこともパワーにしましたがつらかったです!(^^;)

    今日あったよいことは
    私がipodで英単語を聞きながらよろよろ坂を登っていると
    小学生が何か言ってるな~と思っていたら
    私に「こんにちは!こんにちは!」と言っていたのです。
    気付いてこんにちはと言い返すととても嬉しそうに満足した顔をしていて
    私までとても幸せな気持ちになりました(*^^*)
    今の子なのでイヤホンをしているので無視されたとは思ってないだろうけど
    聞こえなくてもへこたれず声をかけ続けて屈託のない笑顔を見せるので相手からもよい反応が返ってくるのですよね。
    秋葉原の事件の記事を読んだ後なのでよけいに彼の笑顔が心に染みました。

    私は人見知りするタイプで自分からはあまり声をかけれるタイプじゃないですが
    年上の人にやさしくされたように自分ももっと声をかけれる人になろうと思いました!

    • むいむいさん

      今日遭遇した良いことを教えていただきありがとうございます。
      そう魔法のノートにはポジティヴなことだけ書くのだそうです!
      きっとマドンナもしていると思いますよ!

      人の笑顔って幸せにしてくれますよね。
      私もニコニコするように心がけたいな。

コメントは受け付けていません。