私が目指しているのってゲイ界の森光子!?

<br /> TitleDPNY.jpg

***

カールくんのボーイフレンド、ヨーハン、ミスター・精神科医とパートナーのレオン、クリスチャン、
そしてミスター精神科医の友達でインド人のお医者さん、ポールくんと私の6人でディナーをした。
カールくんはまだ帰って来ていない。
ゲイガイズ5人と女1人という私の理想の状況である。
男性に囲まれてそれも年下の若いイケメン男性に囲まれて嫌な女がどこにいるだろうか。
しかも、エリートビジネスマン達とお医者さんという立派な職業でかつハンサムなゲイガイズである。
うふふふ〜♥♥♥
全員年下である!!!
一番若いクリスチャンは25歳!!
・・・と書いて、ふと浮かんだのが、私が目指しているのってゲイ界の森光子!?

***

ところで、インド人のお医者さんポールくんとは既に2回会っている。
非常に話が面白い!!!
私が何か言うと面白いことを付け加えて返答してくれる。
頭の回転が早い!
気が合う。
気難しくなく気さくなポールくん!
もちろん下ねたはバリバリ〜です!

***

ミスター精神科医はユダヤ人。カールくんは韓国系アメリカ人。ポールくんはインド人。
まさにアメリカの現在の医学界を象徴している。
アメリカでお医者さんといえば、ユダヤ人にアジア系にインド人なのだ。
マイノリティーが成功するには、勉強すれば手に入る医師という職業は魅力的なのだと思う。
勉強も猛勉強しなくてはいけないが。

私の内科医と胃腸の先生はインド人だし、婦人科と歯科医は韓国系である。
そういえばホワイト(WASP)のお医者さんに会ったことはないな〜。

***

クリスチャンが何かの話の流れで、昨年の5月に二丁目で日本男児をお持ち帰りをし、
3人で同じベッドで一夜を共にした話をした。
私はリスチャンの言動を思い出した。あの発言は驚いし、酷かったと言った。
彼が部屋に入って来た途端、「歯を磨いて来てよ!」と日本語ではっきり言って彼に歯を磨かせに行かせたのである。
「彼、スモーカーだったから」とクリスチャン。
それにしてももっと違う言い方とかお願いの仕方はなかったのかなと今でも思う。

クリスチャンは「メグミはボクのことを悪者的に言うけど、そっちだっていきなりポルノチャンネルを付けて、
まずはコレを観てから興奮して〜言うし・・・」。

あーーーー、すっかり忘れていたが、ポルノ・チャンネルをつけた・・・。
思い出した!!!
「有料だけど、クリスチャン払ってね〜」と言ったのも思い出した。

「女の喘ぎ声が部屋にこだまして、これからキスしようというロマンチックなムードが台無しだったよ〜」

ひぇ〜、気がつかないで、ごめんなさい!

ポールくんは「じゃその時は3Pしたの?」と質問。
「私は参加せずにベットの端で背を向けて寝ました」と言うと、ポールくんは
「メグミも混ぜてあげれば良かったのに!かわいそう。仲間はずれとね、ねぇ〜〜〜」と発言!
こういうことを言うポールくんが面白くて私は好きなのであ〜る。

ところで、100回のセックスを目指すならば、こういう話題は決してストレートの男の前では御法度である!
とんでもないエッチな話はゲイガイズに大受けであるが、ストレートの男には敬遠されてしまう。
100kmは引かれてしまうだろう。
彼の前でいろんな姿態を披露しても、そう大きな口を開けてスポーーンと彼のもの(ペニスも玉も同時に)を入れることができても、人前ではおちょぼぐちで下ねたはストレートの男の前では決して言っていけない。

ゲイガイズのパーティーでもF4くんのようなイケメン・ストレートが参加している場合があるので、ゲ
イガイズのパーティーだからと言って気は抜けない!

***

私が目指す(憧れる)のは、下記の写真のようなマリリン・モンローにマドンナ!
老女になっても私を持ち上げて、囲むのはゲイガイズ!!

しかし、ゲイガイズはスペシャルな女性が好きなので、有名人とかパリス・ヒルトンのように実家が大富豪とか、大富豪でもなくてもそこそこお金持ちとか美人とか・・・
残念ながらどのカテゴリーにも入っていないので、ゲイガイズに愛される女性になれるのは不可能なのは自覚はしている。しかし、超デブでブスな女性が超イケメンのゲイガイズと一緒に遊んでいる光景はニューヨークでは定番である。
デブ女とイケメン・ゲイガイズ!!

ということで全てのゲイガイズに愛されずとも、お笑いデブ部門だったらちょっとはいけるかな(笑)

***

ルームメイト氏の朝の挨拶が、「昨日はセックスした?」になっている今日のこのごろ。
答えはもちろん、NO!である。
今日も立派に堂々とゼロの日を更新中!!

私が目指しているのってゲイ界の森光子!?」への6件のフィードバック

  1. お久しぶりです~あけましておめでとうございます!
    100人ってかなりハードル高いですね。
    年齢と同じ数の男性を知ってるのが大人の女よ~と何かに書いてありましたが(笑)

    今日本はオノヨーコさんがメディアに結構出ていて、その扱いがかなり酷いです。純粋にジョンの嫁としてだけの紹介がほとんど。
    彼女自身むちゃくちゃ面白いと思うんですが、日本ってやっぱり奔放なところのある女性って肩身が狭いんでしょうか。
    HIV検査受けただけでやりまん呼ばわりですからね。
    HIV検査も早く日本でも唾液で検査出来るキットが認可されればいいんですが・・・。

    まぁそんなこんななので、日本には帰ってこない事をお勧めします(笑)
    今年もNYからのパワフルなお話聞かせて下さい♪

    • mieさん

      今年もよろしくお願い致します。

      いえいえ「100人」の百人斬りではなく、「100回」です。
      回数の方が現実的でしょ?

      日本には帰ってこない方が・・・それはすごーーーく実感しています。
      しかも若くない海外生活の長い熟女は日本では全く必要とされていないのを遠くにいても感じています。悲しいけど、それが男社会バリバリの日本の現実です・・・。

  2. 健康的かあ〜!!! 確かにっ!(ガッテン納得)
    余談ですが、今シェアさせてもらっているカップルさん方、
    昨日「妊娠!!」が発覚いたしました!(おめでとうございます)
    僕も突然の事にただ驚き、急遽3人でワインで乾杯しました。
    しかし、旦那のアメリカ人さんは、喜びよりも戸惑い、不安、しかも
    飼っているネコちゃん達を今後どうやって日本(奥さんが日本人、あ、まだ結婚してませんが)or NY or SF??に連れて行くかで頭いっぱいのようでした。
    旦那さん、もっと一緒に二人の赤ちゃんを喜んで祝福してあげれば良いのに。。。と言うのが正直な気持ちでした。

    • Fumiさん

      それはおめでとうございます!

      旦那さんの反応はよく話に聞く、一般的な男性の反応だと思われます。男性は生まれたての我が子を見ても実感が湧かず、子育てしていくうちに父親としての愛情が湧くと聞きますので、彼は正直どうしていいか分からなかったのだと思います。きっと大喜びするのはドラマや映画だけ!?

  3. ルームメイト氏、cynicalな人ですね。
    そう思うのは自分だけだったら良いけど。

    にしても、現代のアメリカの医学を象徴するメンツ!
    しかもゲイガイズ!

    セックスするから幸せ。セックスしないから不幸せ???
    う〜〜〜ん、最近してしまった自分が言うのも気にさわるかもしれませんが、ステキなメンツと時間を共に過ごし、happyであれば、
    俺は一年に100人とmakeloveなんてしなくても、と思っちゃいます。中学生の会話みたいでなんか。。

    好きな一人の男性と年に12回(月1)できれば、十分幸せかも。
    不特定多数と、どんだけHしても空しい気持ちは埋められないからなあ。。。ヤればヤるだけ空しく感じることも。。
    僕は「量より質」ですね。

    メグミさん、100人?or100回のmakeloveよりも、メグミさんが
    一人の素敵な男性と愛し合えることを、僕は信じてますよ!!!!

    • Fumiさん

      そうですね。相手が好みじゃなかったら後悔や自己嫌悪やらで大変です。
      空虚感は免れません。
      でも、幸せと不幸とは話が違ってきますが、健康な人間なら性活動は健康な証なので
      しないよりはする方が断然、健康的なのだと思います。

      この人なら~と思える男性はたくさんいるんですけどね~(ただし、東方神起以外でですよ~(笑))。

コメントは受け付けていません。