ソウルに行って来ました!目指すはHomo Hill!

<br /> TitleDPNY.jpg

***

某旅行会社H・☆・Sのソウル3日間のツアーに参加した。
仁川空港からの送迎付きで、明洞のホテル指定(エコノミークラス)で、3万4千800円也。
航空運賃もホテル代も込みでこの値段!
我が故郷、福島から京都や大阪、九州の国内に旅行するより遥かに安い!!!

***

仁川空港(イチョン)に到着する際に「北朝鮮をプロパガンダするものを持っている人は入国できません」のアナウンスがあった。アメリカではナチスに関係した人は入国できないと観光で入国する際にI-94に書かれているがアナウンスはない。

仁川空港(イチョン)ではガイドさんが迎えてくれて、ツアー参加者を各ホテルに送ってくれた。
ガイドさんは韓国人の女性で日本語がペラペラ。
「日本はいいですよね〜。南北に分断されていないので・・・」との言葉にどう言葉で表現していいか分からない気持ちになる。

***

ホテルはエコノミークラス。
清潔さやおしゃれさは値段に見合った感じではあるが、東京でよく宿泊する銀座や新宿のホテルよりも広かった。
ホテルのフロントの女性も日本語がペラペラだった。

さっそくソウル一の繁華街に出てみると、私は一目で日本人と分かるのか、歩く度に
お店の人から日本語で話し掛けられ、中には腕を掴む人もいて、お店(化粧品)に連れ込まれ、
激しく商品を売り込まれる。
この激しさに圧倒される!
「すみません。後で来ます!」と日本語で言い訳をしてお店を出た。
日本語がいとも簡単にあっさり通じて、世界を旅行するアメリカ人ってこんな気持ちなのかなと思う。
ニューヨークで今でも英語で苦労しているのは夢!?とすら思えてくる。


大混雑の明洞!カップルで溢れていた!アメ横のような、竹下通りのような・・・。

韓国人の女性は黒髪が自慢で、染めるのは稀らしいと何かで読んだ。
私は思いっきりの茶髪だから、日本人と分かるのだろう。
明洞のストリートを歩き思ったのは、韓国人は男女ともに日本人より体が一回り大きいということだ。
茶髪、私の背の低さで日本人と即効で分かるのかもしれないが、祖国ニッポンからアメリカに移り住んで
10年になるが、まだまだ日本人の雰囲気は失っていないんだと韓国での反応を見て認識し、ほっとした。

朝青龍を彷彿させるモンゴル系の顔と立派なガタイをしている人もいれば、東方神起!インソンさんにも負けない長身のイケメンもたくさんいて、目がキョロキョロ〜!
クリスマスということもあり、若いカップルだらけで日本のようにクリスマスケーキが至る所で販売され、
カップルの男子の方がケーキを片手に持ち、片手では女子の肩を抱くという光景をたくさん見る。

「ソウルにはレズビアンが多いんだなァ〜。それにしても堂々と手をつなぎ、腕を組んでいるとは進んでいる」
と感心するほど、女性同士のカップルも多かった。

しかし、後で気が付く!
レズビアンではなく仲が良い女同士の友達なのだ!
チャイナタウンでもよく見かけるが、アジア系は女同士が腕を組むのだ。
東京ではあまり見かけない光景だ。
それにカップルのベタベタ度は東京を0とすると、ニューヨーク70、ソウル100である。

かつては人前でベタベタするバカップル(死語ですか?)と言われていたが、東京でのカップルの
ベタベタ度はソウルに比べれば全くベタベタしていないに入る。

***

街の雰囲気は日本にも似ているけど、でも言葉も文字も全く異なるまさに異国で、でも看板には必ず日本語があるし、上野のアメ横みたいだけど、原宿の竹下通り的でもあるし、人も似ているようで違うし、おしゃれだが黒を基調としたファッションで遊びがないようにも見え、髪型は日本男児の方が細部にこだわってまるでアニメキャラだが、韓国男性はシンプルな男らしい感じで、歌舞伎町のような猥雑さも危険な香りもなくかなり健康的で、
似ているようで似ていない双子を見ているような感覚に捕われた。

***

ところで、髪型といえば、東方神起のユチョン、ジェジュンのようなボブカットのヘアスタイルをたくさん見かけた。
ニューヨークのコリアン・タウンのウェイターさんもそうだった。
ソウルでは流行っているのは確かのようであ〜る!


ソウルでは流行っているヘアースタイルのようであ〜る!

***

実は、最初に行ったのはサンリオのソウル店(笑)
目的は韓国ご当地のHello Kitty!!!!
あった!!!
しかし、日本円でも1,000円ぐらいで高額で驚く。
高い!!!!
どれを買おうか悩み、2つを厳選する。そして1個はカールくんのおみやげに選ぶ。

***

お腹が空いたので、とりあえず、行列のできているお店ならば美味しいだろうと行き当たりばったりのお店に入る。
テーブルにある鉄板でキムチと何かを炒めて食べるというのがそのお店の名物らしく、ニューヨークのコリアン・タウンで見た事もない食べ方だったで、わくわく。シーフードとトッポギをオーダーする。
韓国のビールといえば、OBばかりと思っていたがCASSというビールも飲んだ!

アメリカでビールをオーダーすると小瓶だが、日本も韓国も大瓶が出て来る。ガーッと大瓶一本を飲む!

***

辛かったが、おいしかった!

しかし、この食事の後、激しい胃痛と胸焼け、そして下痢になり、ホテルに帰り、寝込むことになってしまった!

拾い食いしても(笑)、頑丈な胃腸を持っているはずだったのに・・・。
先月、コリアン・タウンに通って体調を崩したことがあったが、
私の体には辛いキムチ系の食べ物は合わないのだろうか(泣)

ジェジュンのガールフレンド、インソンさんの恋人になるのは無理なの???
でも、キムチを食べられない私ですけど、いいですか???

この体調では、Homo Hillのあるイテワン(梨奏院)に行くことはできない・・・。
泣く泣く夜遊び計画は断念・・・。
カールくんから「くれぐれも浮気をしないように!!!韓国のゲイガイズの貞操を犯さないように!!」と釘を刺されていたが、「うん!そんなことしない」と言いながら、心の中では韓国のゲイガイズと出会うことをもちろん期待していたわけだが、カールくんの思念が腹痛を招いたのかもしれない(笑)!

まさかこんなことになるなんて・・・。

***

水を買おうとホテルの近くのFamily Mart(日本かと思った!!!同じでびっくり)に寄る。
店員のお兄さんがなんと、なんと、なんと、長身、茶髪のロック系のハンサム!
激しくイケメン!
これからデビューするのかしら?と思える程、ステキだった!
目つきが色ぽっい!
はるかに年下!若い!ヤングマン!
日本語がペラペラ〜でこれまた驚く!
きっと日本人女性観光客で私のように、ときめいてしまう人は大勢いるはずだ!

腹痛で辛かったが、幸せな気持ちになり、ちょっと痛みが治まる。
「彼が恋人だったら・・・?」と妄想しながら、痛みに堪えつつ、眠りにつく。

***

短編フィルム・ノアール!!!
MiLiUEが発売!!!

脚本&プロデュースを担当!

お買い求めはIndieFlixのサイトへ!
ココをクリックするとサイトに飛びます!

jean.jpg