シンガポール人のゲイガイズと会う。

<br /> TitleDPNY.jpg

***

今夜はクリスチャンの友達2人がシンガポールからニューヨークに遊びに来たということで、
ヨーハンと5人でディナーを共にした。
カールくんは仕事で来れなかった。
クリスチャンはシンガポールに3ヶ留学したことがあり、その時に友達になったという。
シンガポールの公用語は英語なので、コミュニケーションは英語。
英語のパワーを感じる時である。
しかも、彼らは日本語を勉強したことがあるので、5人で日本語を話すという状況もあり、
感動したのは言うまでもない。
クリスチャンはペラペラ〜。ヨーハンは日本語をクラスを取っている。

シンガポール人の2人とも筋肉隆々!!クリスチャンは兵役があるから〜と言っていた。
スウェデーンも兵役がある!

(彼らは、中国の名前。恥ずかしながら中国人男性の名前について全く分からないので、
仮名(ブログ名)が思いつかない。三国志といえば、私が、一番好きなのは『劉備玄徳』!そして『諸葛亮孔明』なので、玄徳くんと孔明くんと呼ぶことにする。浅はかで許してください。余談だが、『劉備玄徳』は色白で、クチビルが紅い美青年だったらしい♥ うふふふ〜♥)

***

ニューヨーク州でゲイの同性婚の議案が却下された話になった。
玄徳くんと孔明くんは驚いていた。
ニューヨークといえばゲイの街という印象があるからだ。

ヨーハンが説明してくれた。
来年、選挙があり、対抗する共和党に「ゲイの結婚を認めた民主党の議員をあなた達はまた投票するんですか?」
と突っ込まれないたいめに反対に回ったということである。
それは、民主党が必ず勝てるという強固な地盤があるわけではなく、
もしかしたら負けるかもしれないという不確かさがあるからだ。
そうニューヨーク市以外は保守的つまり信心深いクリスチャンなのである。

ヨーハンの国、スウェーデンはヨーロッパで5番目に同性婚を認めた国である。
BBCのニュース記事をどうぞ!
スウェーデンの国民の4分の3はルター派で、ルター派教会も11月からゲイ・カップルが教会で結婚式を
挙げるられることになった。
つまり、牧師の前で宣誓することができるようになった。

同性婚を認められている国と認められた年
オランダ 2000
ベルギー  2003
スペイン 2005
ノルウェイ 2008
スウェーデン 2009

ヨーハンもストレートの友達と同じことを言っていた。
「ゲイの結婚は民主主義の多数決で決める問題ではなく、人権の問題なのだから、国が決める問題」
また非常に的が当たっていることも言っていた。
「マイノリティーの問題なんて大多数の人達にしてみればどうでも良いことであり、それこそ最初から関心がないし、もっとも彼らにしてみれば他に気にすること、医療問題だったり・・・、ヤンキースのことだったり・・・。それは悲しいけど事実」。

ゲイバーに行くと、男はゲイガイズしかいないのだろうかと錯覚するが、
それは錯覚であって、彼らはマイノリティーなのである。
その事実を改めて思った発言だった。

***

玄徳くんと孔明くんが教えてくれたのだが、シンガポールにはソドミー法があり、肛門性交は違法。
つまり、ゲイのセックスは違法。
男女の肛門性交も違法。
ブロージョブも違法だが、膣に挿入することを前提ならば、ブロージョブはしていいらしい。
肛門性交の前戯のブロージョブは違法になる。

ソドミー法が存在するシンガポールにはゲイバーはないのかと思ったら、
たくさんあるらしく、それも楽しいゲイバーが!!
隣国のマレージアからもたくさん訪れるという。
黙認という状況で、ゲイバーに警察が取り締まりに来ると言うことはないという。
ぜひ行ってみたい!シンガポール!

***

ところで、玄徳くんと孔明くんに「「東方神起」と「インソンさん」を知っている?」と聞く。
残念ながら、知らなかったが、「レイン」と他に数人の韓国の俳優の名前を挙げていた。
日本では「木村拓哉が格好いい〜」と絶賛だった!!!
キムタクはアジアのゲイガイズに人気ということが判明。
格好いいもんね!

2人とも日本男児と付き合いたいと言っていた!
私は二度とストレート日本男児とは付き合いたくはないが(日本男児の方も私とは付き合いたくはないだろうが)、
日本男児がモテる話を聞くのは大変嬉しい!!

***

短編フィルム・ノアール!!!
MiLiUEが発売!!!

脚本&プロデュースを担当!

お買い求めはIndieFlixのサイトへ!
ココをクリックするとサイトに飛びます!

jean.jpg