「ゲイメンは美しい」と言ったのは・・・

<br /> TitleDPNY.jpg

***

ヨーハンと一緒にミスター精神科医のパートナー、レオンのサプライズ・誕生日パーティーに行ってきた。
ところで、ヨーハンとカールくんは安定した関係で、幸せなのが伝わって来て、
以前、イライラして喧嘩してばかりしていた頃に比べると断然一緒にいて私も幸せな気分になる。
別の言葉で言い換えれば、私は仲の良い両親の子供になった気分である。

ミスター精神科医とレオンは付き合って9年、一緒に住んで6年のゲイ・カップルだ。
私は彼ら以外長い関係のゲイ・カップルを知らない。
ヘテロ・カップルは女性の方が忍耐強く、「子供」がいても分かれる人はいるが「子供」というファクターは大きく、
ゲイ・カップルに比べると関係は長いのが一般的だ。

レオンはファッション関係の仕事をしている。
仕事が終わってアパートに帰ると、「お誕生日おめでとう!!!」と私たちがいて驚かすという
典型的といえば典型的なサプライズ・パーティーのプランだ。

***

驚いたことがある。
驚かすメインの人達は、レオンの両親と妹と妹の夫だったからだ。
友達はヨーハンと私ともう一人の3人だった。
レオンを待っている間、両親はミスター精神科医と普通に接し、もてなしの料理をお母さんと妹は作っていた。
レオンの家族はゲイである息子を受け入れていた。
それも普通に。
レオンの妹の結婚式の写真にはミスター精神科医とレオンのカップルも「普通」に写っていた。

ドラマではありそうだが、現実に接するのは初めてだった。
カールくんはゲイであることを両親に隠してるクローゼットのゲイである。

***

ミスター精神科医が普段そうじしないのに一生懸命掃除していたし、
部屋の前に来ると普段は吠えないベス(カップルが飼っているメスの小犬)が思いっきり吠えていて、
「あ〜〜、サプライズだぁ〜〜!!!」とバレバレだったとレオンが言っていた。

***

レオンを待っている間、かなり飲んで食べてみんな幸せ気分だった。

お誕生祝いの乾杯をし、プレゼント(私はやおいマンガの英訳)を渡し、
お誕生日のケーキのロウソクをレオンが願い事をしながら吹き消すという一通りのお誕生会のやることをした後、
レオンのお父さんはどこかバーに行きたいとローワーイーストサイドのビア・バーに行くことになった。

ちなみにカールくんは仕事で来れなかったので一緒にカードを書いた。
カールくんは何でもできるが、絵も上手で、油絵もたしなむ。
素敵なペニスを2つほどカードに書いた!!!

ビア・バーでは私も知っている3人のゲイガイズと彼らのゲイの友達2人も来た。

ルームメイト氏のお母さんの言葉を思い出した。
「ゲイメンは美しいから、(私が)好きなのが分かるわ」。

レオンのお母さんは、ハンサムな精神科医の息子が増え、息子達の美しいゲイの友達がお祝いに駆けつけてくれて、
きれいな男性に囲まれてうらやましいなぁ〜と思った。
そして愛し合い仲睦まじい息子カップルを見るのは母親として何よりの幸せだろうなと思った。
子供の幸せは母親の幸せ!

お父さんはたくさんのおつまみもビールもオーダーして、みんなに振る舞い、全部払ってくれた!!!
レオン29歳のお誕生日。
素敵な両親と家族とパートナーがいて、こういうのが映画やドラマや小説でなく、現実にあるのが
すごいなぁ〜と思った。

***

ところで、Twilightの三作目Eclipseを読み終えて、
現在、第四作目Breaking Dawnを読んでいる。
Eclipseは、もうぉ〜〜、もうぉ〜、もうぉ〜、あははは〜〜ん!もやもや〜〜、むらむら〜〜
という擬態語がぴったりな内容で、なぜなぜ女子に大人気なのか分かった!!!

<以下、ネタバレ注意>

セックスをしない2人なのだ。

私もドキドキしてしまって、3回も繰り返して読んでしまった!
来年6月公開予定の映画が待ち遠しい!
どんな風にあの場面を映像化するのか!!!気になる!!
妄想してまた胸がドキドキ〜〜〜〜!


あのシーンはどんな風になるのか、今から楽しみだ!!!「したい!」「やりたい」と吸血鬼のエドワードに迫るベラ!

***

短編フィルム・ノアール!!!
MiLiUEが発売!!!

脚本&プロデュースを担当!

お買い求めはIndieFlixのサイトへ!
ココをクリックするとサイトに飛びます!

jean.jpg

「ゲイメンは美しい」と言ったのは・・・」への4件のフィードバック

  1. そんな風に言ってくださって、ありがとうございます。
    伝統的に社会の中で目に見えないようにされてきた
    LGBTの人たちが、こうして目に見える形で
    社会に出てこられるようになって。
    いろいろな形で、従来の「家族」の定義が
    変わってきていると思います。

    今年、友人のパートナーのお母さんが亡くなられたのですが、
    葬儀の場で、パートナーの親戚に私を紹介するのに、
    友人が私を
    「僕のいちばん身近な家族です」
    といってくれたとき
    心がしんとしました。

    ふと、友人のお父さんが亡くなられたとき
    彼のお母さんは、私を教会の最前列の席の
    家族席に座らせたことをそのとき思いましました。

    楽しい飲み友達から、
    めぐみさんにも家族が生まれるかもしれませんよ。

    • かかしさん

      『伝統的に社会の中で目に見えないようにされてきた
      LGBTの人たちが、こうして目に見える形で
      社会に出てこられるようになって。』
      ほんとそうですよね。
      でも残念ながら日本ではまだまだのようですが。

      お葬式に家族席に座る深いまさにご家族のご関係なんですね。
      妻ではないけど妻のような関係・・・かなと想像しました。
      素晴らしいですね〜。

  2. ゲイだろうがなんだろうが、子供は子供。家族は家族。
    いいですねぇ。
    私の回りはそういうゲイばかりですが。
    こればかりは、家族のバックグラウンドやら
    親子関係でいろいろケースが分かれるのでしょうね。
    私の親友のところも親子、本当に仲が良いですよ。

    感謝祭、友人カップルは、お母さんのところに行っていました。
    でも、クリスマスはお母さんがこちらに見えるので、
    私も含めて友人カップルの家で、家族水入らずで祝います。
    いままさに、クリスマスプレゼンの準備に忙しいところです。
    私にとっては大切な家族です。

    そして私のひそかな宝物は、
    友人のお父さんが、亡くなられる一月ほど前に
    最後のボート旅行から家族の寄せ書きで送ってくれた絵葉書。
    額に入れて大切にしています。
    見るたびに、夏の北の海の匂いを思い出します。

    • かかしさん

      かかしさんのお友達カップルと親との関係・・・
      仲が良くていいですね〜。
      仰る通り、宗教や人種やいろいろな背景で受け止め方が違うのでしょうが、家族が仲が良いのは良いことです!

      お父様の素敵なお話をお教えくださってありがとうございます!
      大切な家族とまで言える関係って素晴らしいですよね〜。
      私には残念ながらそこまで言えるゲイ友はいません・・・。
      楽しい夜遊び友達です。

コメントは受け付けていません。