美意識崩壊の危機にさらされた

<br /> TitleDPNY.jpg

***

ストレートの同棲カップルが主催するホーム・パーティーに招待されて行って来た。
男はお仏蘭西人で女は韓国系アメリカ人だ。
なぜ彼らを知っているとのかと言えば、女性の方と6月にゲイバーで知り合った。

彼女の親友がゲイなので、彼のお誕生日会がチェルシーのゲイバーで開催されていて、
私は丁度そのゲイバーのHappy Hourにクリスチャンと行っていた。

韓国系アメリカ人の彼女は、カールくんの女親友と同じで親友がゲイなので
一緒にゲイバーに行くが、私のようにゲイメンに固執しているわけではない。

***

ホーム・パーティーは2人の愛の巣であるキラキラ〜ゴージャス高級コンドミニアム(日本風にいえば高級マンション)で開催された。ゴミ溜めのようなイースト・ビレッジの怪しい拙宅とは別世界である。
招待されていたのはストレートの人達だった。
カップルもいた。
男達は、腹がたぶたぶで、「トドですか?」と言いたくなるデブの白人ばかりだった。
私は拷問を受けているのかと思った。

しばらくしたら、韓国系アメリカ人の女性の親友のゲイ友(ラテン系)が友達のゲイ友、日本男児と一緒に来た。
彼らとは6月ゲイバーで会った以来だったが、すぐに打ち解けた。

ストレートの不細工・不気味・デブ白人から話し掛けられるが辛くて話が続かず、結局ゲイの彼らと話す。
腹筋のシックスパックの強化のためにしばらくはお酒を控えているというアレキサンダーくん。
美のためには禁欲生活を強いる!
ビール飲み過ぎのストレートの男に見習ってもらいたい!!!

ゲイの彼ら2人がいなかったら、私は昏倒していたかもしれない。
それくらい、トド男の集まりだったのである!!!!

***

しばらく歓談した後、帰ることにした。
やっぱりというか、話が盛り上がったゲイガイズと一緒に帰ることになった。
日本男児マキトくんが「あんな醜い男を観たら、目と心の浄化が必要だ!!メグミ!ゲイバーに行っていい男を見ないと!!」と力説。

このままでは悪夢を見そうだったし、心の浄化が必要と私も切に感じていたので、
マキトくんとゲイバーに繰り出す!!!
イェーーーーイ!!
Go Go ボーイを見て、ハンサムなゲイガイズに囲まれ、ゲイ日本男児マキトくんと一緒に幸せな気持ちになる。

マキトくんは「ストレート男があんなんだから、きれいなゲイに走る気持ちが分かる」と私の気持ちを理解してくれた。

ニューヨークの美形といえばゲイである。
アジアの美形といえば、東方神起のように・・・(きゃっ、赤面)

***

パーティーではスーパー・トドの激激デブの白人とアジア人女性のカップルがいたが、
どうやってセックスするの???
あんな体でできるの???
気持ちいいの?
男はトド体で腰が動くの???
と、つぎつぎと疑問が・・・。

あんな男ならセックスしなくてもいいし、自分で慰めて一生終わっても全く後悔はない!!
妄想の世界でスターに恋したまま我が人生終えても全く後悔はない。
セックスがなくてもハンサムなゲイガイズに囲まれて生きている方が100万倍も幸せだ。

あんなトド男でも彼女にとってはかけがえのない素敵な男なのだろう。
やさしくて、お金も持っているのかもしれない。
腰は巧く動かせなくても、舌使いや指使いが素晴らしいのかもしれないが、
私は絶対!!!トド男とは一緒にはいたくはない。
私の美意識が崩壊してしまう!!!

トド男は嫌いだが、熊さんは好きなのであ~る。
この違いを分かっていただけるかしら?

***

短編フィルム・ノアール!!!
MiLiUEが発売!!!

脚本&プロデュースを担当!

お買い求めはIndieFlixのサイトへ!
ココをクリックするとサイトに飛びます!

jean.jpg

美意識崩壊の危機にさらされた」への2件のフィードバック

  1. すごいわかります。
    私もすごい太っている人と、背が低い人はちょっと駄目です・・・。
    多少はげてても、毛深くても平気なんですけど。

コメントは受け付けていません。