強い女になりたい!!! (肉欲がない、理想的な精神的な恋人・・・)

<br /> TitleDPNY.jpg

***

レズビアンになる!!!とルームメイト氏、カールくん、クリスチャン、カケル青年に宣言したが、
みんな私の宣言に反対論を唱える。

彼らはホモセクシャルである。
レズビアンもホモセクシャルである。
そう彼らは同性を愛するホモセクシャルである。
なぜゲイガイズが私が彼らと同じホモセクシャルになることに対して反対するのか???

クリスチャンがこう私に言った。
「レズビアンは男が嫌いだから怖い。でもストレートの女の子は男が好きだからゲイメンにやさしい」。
カケル青年も「レズビアンは殴られそうで怖い」と言った。

私はクリスチャンとカケル青年の言葉で私がなぜレズビアンになりたいかのか分かった。
ホモセクシャルは選択ではなく、生まれながらにホモセクシャルなわけなのだが、
私はできるならばレズビアンになりたいと思ったのには、
そストレートの男を排除した生活を送りたいからなのだ!!

男がいなくてもOKな女になりたい!
その理想像がレズビアンなのである。
子供が欲しければ精子をどこかから調達してくればいいわけで、
恋愛も必要もなく、男に媚を売る必要もない。

私は某Y売新聞のオンラインの人生◉談と大◉小町の投稿欄を読むのを日課としているのだが、
先日、人生◉談に、50代後半の女性の悩み相談に涙してしまった。
夫は彼女がセックスを拒否すると激怒するという。
セックスを兎に角すれば機嫌が良いという。しかし、妻は苦痛。
しかし、怒られるので嫌々応じているが、どうしたらいいのだろうかという悩み相談だった。
50代後半の女性である。
閉経もしているだろう。
しかし、夫に怒られるからしたくないのに脚を開かなければならない。
涙が出る。

男はセックスを第一に考える生き物なのである。
私のかつての経験でも、まずセックスをしてから、食事、買い物、映画・・・となる。
まず会って最初にするのはセックスで、精液を放出してすっきりしてから次の行動となるのが男なのである。
とにかく出す!!!
ロマンチックなんてものは何にもない。
女は食事、買い物、映画・・・そして最後に愛の証としてのセックス・・・と考えるのだが、
男は違う。

***

レズビアンになりたい・・・

女性だけで生きて行けたらきっと戦争はないだろう。
なんて最高なのだろう。
理想郷である。

しかし、私はゲイメンが男を求めるように私も自然に男を求める。
そう私はヘテロセクシャルのようである。

クリスチャンが私を説得。
「ゲイと一緒にいれば、セックスはないから、一緒においしい食事に、ショッピングに、映画を楽しめるし、
レズビアンになるより現状のままの方がいいよ」

ゲイメンは男でも女性に性的なものを求めないから、あの強要される性がない理想的な精神的な恋人なのである。
しかし、説得されてもレズビアンになる!は私の夢であ〜る!

***

短編フィルム・ノアール!!!
MiLiUEが発売!!!

脚本&プロデュースを担当!

お買い求めはIndieFlixのサイトへ!
ココをクリックするとサイトに飛びます!

jean.jpg

強い女になりたい!!! (肉欲がない、理想的な精神的な恋人・・・)」への14件のフィードバック

  1. 台湾では最近「負け犬」という流行語が日本から入ってきて最近すごく流行っています。

    語源はある日本人の作家の「負け犬の遠吠え」という著書で、主に30歳過ぎても彼氏がいないあるいは結婚相手が見つからない女性を意味する言葉なんですが、私から見るとすごい差別的用語だと思います。

    彼氏がいるから結婚相手がいるから勝ち犬というわけではないと思います。ライス前国務長官だって独身ですし。そもそも負け犬とか勝ち犬とか負け組とか勝ち組なんて一体誰によって定義されるのか本当にその本の著者に聞いてみたいです。

    • 台湾人さん

      こんにちは!
      「負け犬の遠吠え」という本を実は読んでいません。
      読んだ人の話を聞くと、反語的らしいです。
      結婚してなくて子供もいないのは自由で束縛のない幸せな生活が送れる云々・・・。実際本を読んでいないので分かりませんが・・・。

      でも、負け犬、勝ち犬と定義されてしまうのって私も反対です。幸せの価値観は人それぞれ違うわけだし・・・。
      台湾で流行っているんですか・・・。

  2. 私も実は男がいなくても強くたくましく一人でプライドを持って生きていけるような人間になりたいと思います。その理想のアイドルはイギリスの女優ジャクリーン・ビセットなんですよ。

    彼女もスイスの男優ヴァンサン・ペレーズなど芸能界の男性と付き合うという交際歴を持っていますが、今でもなお独身で結婚していないようです。しかし、依然と芸能界で活躍しており、映画に出演しています。

    あとイギリスの女優ヴァネッサ・レッドグレーブも私のアイドルなんです。前夫のトニー・リチャードソン監督はバイセクシュアルでフランスの女優ジャンヌ・モローと浮名を流していたので二人は離婚し、後にリチャードソンはHIVで亡くなりました。

    イタリア人男優フランコ・ネロとの間に子供もいるヴァネッサですがやはり今も独身のようです。この前彼女の娘女優のナターシャ・リチャードソンはカナダのモントリオールでスキーをしていた時頭を強く打って意識不明の状態に陥り最後は残念ながら目を覚ます気配はなく、生命を維持させる機械をストップさせたので、亡くなられました。リンジー・ローハンと「ファミリー・ゲーム/双子の天使」で共演して、リンジー・ローハンのお母さん役を演じていたナターシャ・リチャードソンの優しい顔と眼差しは今でも覚えています。

    私も彼女たちに見習って、自分の才能を発揮して自分を愛せるように頑張りたいと思います。

    • 台湾人さん

      いろいろ女優さんについて知っておられるので勉強になります!!
      ナターシャ・リチャードソンの死は私も驚きました。原作の「ふたりのロッテ」は私の大好きな本です。

      彼女の父、トニー・リチャードソン監督はゲイだから彼女の母、女優のヴァネッサ・レッドグレイヴと分かれたのかなぁと思いました・・・。

      強い女になろうと思うと残念ながらストレート男性との距離は広がりますが、強い女が好きなゲイガイズとは仲良くなれます!

      プライドを持つ・・・良い言葉ですね!
      私もプライドを持って生きたいな。

  3. その店員さん、先週急激な変化が出ました!
    たまたまレジに当たったので、思い切って「髪切ったよね?」って声を掛け…
    べた褒めしたところ、彼も嬉しかったらしく、2ヶ月ぶりに笑顔で見送ってもらえました☆
    次の日に、久しぶりに彼の踊るゲイバーに行って会ったんですが、目を反らされるどころか、微笑んでもらえちゃったので、すっかりハッピーです☆(単純)
    過去2ヶ月間は意味も分からず辛かったので、その反動が…♪
    ウガンダのようなブサゲイで性格悪いのもいれば、きっと自分と気の合うゲイガイもいますものね☆
    前向きに頑張ります!(すっかり立ち直った)

  4. ぅーーん…どちらかというと「無視」って感じでしょうか…。
    6月に初めて見て、Vネック姿でピンと来まして一目惚れし(笑)、お友達になろうと思って超ナイスにしてたんですけど…。
    この店員さん、実はよく行くゲイバーのGoGoボーイだったんです…。
    で、彼は、アタシがお友達だと思っていたGoGoボーイの親友でもあり…。
    夜も顔を合わせるようになったんですけど直接話すこともなく…
    気づけば昼も夜も避けられてるのか、以前のようにフレンドリーに接してくれることもなくなり…早2ヶ月。

    これ以上がんばってこれ以上嫌われても辛いので。
    なんたって昼も夜も会いますから…。

    • りこさん

      NEXTですよ!
      そんな無視する人は無視です!
      辛いでしょうが・・・。
      無視のお気持ちは痛いほど分かります。
      (ウガンダ・プノンペン!ふん)
      他にもゲイガイズはたくさんいますし、
      それも自分と気が合う人と出会えるはずです!

  5. クリスチャンの…
    >>ストレートの女の子は男が好きだからゲイメンにやさしい
    …っすごく納得してしまいました…。

    ちなみに…そうですね。東北は語尾に〔べ〕が付きますね。笑

    そういえば、最近文具店のゲイ店員に相手にされずチョッと凹んでいるので、久しぶりに(傷心)旅行したくてサンフランシスコへ行くことにしました♪
    日付が合ったらミニオフ会に参加させていただくと思うのでよろしくお願いします☆

    • りこさん

      相手にされないとは?
      無視されるの?それとも出掛けようと誘っても断られるとか?
      ちょっと気になってしまいました・・・

      SFですがぜひスケジュールが合えばぜひ!

  6. めぐみさん!もちろんレズビアンバーありますよ!
    しかもイベントとかもあるので私はノンケ(ストレート)ですが
    つれてってもらってます。この点は見た目は女なので
    クリアしてるんで、、、、。週末でもOKなんです(笑)

    めぐみさんが名古屋に来たら私のレズビアン友達に
    案内してもらいましょうね!

    • tamaさん

      恥ずかしいことに名古屋は一度も行ったことがないのです・・・。
      いつか行ってみたいです。
      未踏の地ですが、ういろう!は私の好物です。
      みそかつに、手羽先においしいものがたくさんあるんですよね~!

  7. 初めまして♪
    いつも楽しく読ませていただいてます。

    megumiさんの気持ちちょっとわかります。

    私は普通の男の人が苦手で、結婚したのは中身が乙女な男の人です。
    男の皮をかぶったレズビアンって感じでしょうか。

    口調も女の子みたいだし、動作もおっとりしていて家に「男」がいないととってもおだやかです。
    乙女系ストレート男性お勧めですよ。

    • mieさん

      はじめまして!
      書き込みありがとうございます!

      旦那さんは、オトメンと言われている男性ですね!
      ちなみに、マンガ持っていま~す!

      エッチを拒否しても怒ったりしない乙女系ストレートの男性・・・!!
      がいるといいですねぇ~。

      怒ったりしないと男じゃないような感じもしますが・・・。

      mieさん、お幸せで何より!羨ましいぃ~

コメントは受け付けていません。