神様〜!!この世を去る前に、一度でいいから、好きな人とmake loveしたい。

<br /> TitleDPNY.jpg

***

台湾人のゲイ、エリックは・・・
アメリカ人の彼と一緒に先月から同棲を始めた。
それで引っ越し祝いパーティーの招待が来たので、行ってきた。

私の目的は、彼らの同棲開始を祝うことよりも、エリックの友達、F4くんに会えるかも!!という
よこしまな目的だったのは皆さんご存知の通りであ〜る。

***

ところで、話は逸れるが、台湾、中国、韓国から来た人々は英語名を使っている。本国の名前があるのだが、
アメリカ人が発音し難いからなのかもしれないが、理由は今度聞いてみよう。私たち日本人は親からもらった名前をアメリアでも使っているので、彼らが英語名を使用しているのに違和感を私は感じる。
もしアメリカ人が発音できないからという理由で変えるのであれば、発音できないのはアメリカ人の問題であって合わせる必要はないと思う。名前は自分のアイデンティーでもあるのだから・・・と思う。

***

カールくんとクリスチャンも招待されていた。
待ち合わせが面倒なので、別々に行く事にしたが、地下鉄のプラットフォームで偶然にカールくんと
ウガンダ・プノンペンに会う。
ウガンダ・プノンペンのことはいてもどうでもいい心境に達している。

しかし、言わせて欲しい。
私を無視するウガンダ・プノンペンは毎週、別の州からわざわざニューヨークに来ている。
毎週である!!!
実は、そのことは、前夜、ヘルズ・キッチンのゲイバーThe Ritzで、カールくんの元恋人(元になったと思う・・・)ヨーハンも文句を言っていた。
前夜、カールくんの友達がお誕生日ということでThe Ritzに行ったのである。

ウガンダ・プノンペンはデブで不細工の上に全く社交的ではない。
ゲイバーに来ても話すわけではなくずっとケータイを見て座っている不気味状態。
私はデブで不細工だが、女は愛嬌!をモットーにフレンドリーにするのを心がけている。
デブで不細工ならば勝負するところは笑顔である!!!笑っても怖い顔でもだ!!

社交的で面白くて激しくて、みんなの中心になっているカールくんが連れて来ているから、
みんな付き合っているだけであって単独だったら誰も相手にしないと思う。

虎の威をかる狐ってウガンダ・プノンペンのことだなぁと思う。
カールという虎がいる!というのを本人は知っているからニューヨークに来るのである。

前夜のThe Ritzで、ダイスケくんに話し掛けたウガンダ・プノンペン。
「ちょっと〜、ダイスケくんは私の友達!あんたみたいな不気味は話し掛けないでよ〜」と言う。
もちろん心でね。
ダイスケくんがどんなに酔っても、例えこの世で女一人とウガンダ・プノンペンしかいない状況で
究極の選択を強いられたら、女を選び、ウガンダ・プノンペンとは絶対セックスしない、いやできない!!!
と信じているので、私は寛大でいられるわけだが・・・。

***

台湾人エリックの愛の巣に到着。
クィーンズにある。
クィーンズはめったに行かない場所なので新鮮だ。

既に10人位がいた。
ほとんどが台湾人。
女子も数人いた。ひとりはレズビアンかなぁと思わせるボーイッシュな女子だ。

私の目はF4くんをサーチ!
いた、いた!
髪の毛を切っていた。
でも、長い方が良かったのになぁ。
でも、ステキ!!格好いいぃ〜〜〜。
イケメン〜〜〜!!!

カールくんと一緒にF4くんと挨拶する。
F4くんはカールくんに「12月にゲイバーで会ったよね?」と言うが、
カールくんは「そーだった?ごめん、覚えていない」とつれない返事。
その時、私はカールくんの足を軽く踏み、この人が私の気になっている人よ〜のサインを送る。

しばらくするとクリスチャンも到着。
3人でカウチにすわる。
するとカールくんは突然「メグミは白とグリーンが大好き!!!」と大声で叫ぶ。
「アディダスも大好き!!!」さらに叫ぶ。

クリスチャンはカールが何を言っているか全く分からないが、
私はすぐに分かった。

F4くんは袖にグリーンの三本線の入った白いアディダスのシャツ着ていた。

カールくん・・・お願いだから、止めて欲しい。
F4くんにバレちゃうじゃない私の気持ち・・・。

クリスチャンはその点、やさしい。
立ち上がってF4くんのところに行き彼に話し掛け始めた。
そして、しばらくして「メグミ、おでいよ〜」と私を誘ってくれた。

3人で話すが、F4くん、話がつまらないというか、まじめ過ぎて退屈系なのは否めない・・・
クリックするものが何もない。
うーーん。
映画とか音楽とか好きではなさそうなタイプだ。
うーーーん。
うーーーーん。
うーーーーーん。

でも、私は彼の「外見」に恋心を抱いているので、マイナスな部分を否定しようと努力する。
すると、初めて会う台湾人の眼鏡を掛けたいかにもまじめそうなサラリーマン風のストレート男子が私に話し掛けて来た。ミスター・オクレと荒川良々くんと足して二で割った感じの20代後半の青年だ。

どこに住んでいるのとか、
日本食の話とか、
彼の仕事の話しとか。

話はスムーズに運んで、それに話していてとっても楽しい。
どうしてF4くんのような格好良いハンサム男性とは話が弾まず、
ミスター・オクレ良々のような愛嬌はあるけど決してイケメンとは言えない人とは盛り上がる・・・。

F4くんともっと話したい!
F4くんがいいぃ〜〜。
抱かれたい!!
組み敷かれたい!!
彼に脚を開かれたい!
あぁ〜〜〜ん。
しかし、話が弾まない。
ミスター・オクレ良々とは楽しい。

うーーーーん。

と勝手に悩んでいると、クリスチャンが「ミスター・オクレ良々かわいいね」と私にささやく。
「えっ?かわいくないよ」
「かわいいよ」

クリスチャンの趣味が悪いのは定評がある。
イケメンなクリスチャン。
でも、みんなが格好良いとは思わない人が好きである。
クリスチャンがダイスケくんに踏み込めない理由は、ダイスケくんがおしゃれで格好良いからだからだと思う。
格好良いから、愛せないって、そういうことも世の中にはある・・・、のだろうか?

「ミスター・オクレ良々、ストレートでしょう?」と私。
「違うよ。ミスター・オクレ良々はゲイだよ。ストレートに見えるけど、ゲイなんだよ」

えええええ〜〜〜?

で、私も話が弾み、楽しかったのには納得。
彼がゲイだったからだ・・・。
ストレートF4くんとはやはり縁がないのだろうか?

***

私はおしとやかな女を演じようと決意していた。
F4くんがいるからに他ならない。
彼に好きになって欲しいから。

下ねた厳禁!!! make outもしない。

料理の話とかガーディングの話しかしないと決めていた。
料理も大得意で、お菓子も焼くのよと嘘の自慢をし、気を引く・・・というプラン。
現実の私とは全く違う人間像を演じる。
アジア系の男は家庭的な女が好きなはず。

***

ところで、カールくんは前夜のThe Ritzで友達の女友達、カールくんと同じ180cm、体重はカールくんの1.5倍はある大柄の女性を駅弁しようと持ち上げたら、腰に鋭い痛みが走り、持ち上げることができないばかりか、
腰を痛めてしまったのだった。
夜も寝れなかったという。
さずがに自分で自分には注射できず、痛いぃ〜痛いぃ〜とずっと言っている。

私が帰った後の出来事だった。

「私に隠れて浮気するからよ〜。天罰が下ったのよ!!!」と私。
「そーだね〜。もう、これじゃ誰にも持ち上げられない・・・」
とカールくんは腰をさすっている。

(・・・ということで、momoたん、安心してください!!)

腰を痛めたカールくんだったが、私を放ってはくれなかった・・・。
腰以外は元気だと言って、胸をもまれ、口にキスを何回もされて、
ボクの足だけはストレートといって、微妙な指の動きで私の股間を直撃され・・・。
それもF4くんの前で・・・。
いつもより気合いが入っているように思える・・・のは、それはF4くんが目の前にいるから・・・?

うううううううううう(泣)

初めて会う他の台湾人のゲイガイには「あの2人は何なの? ストレートのカップルなの?」と
クリスチャンに質問しているのが聞こえた。
「あの2人は、いつものことだから。カールはゲイだよ」

***

カールくんは床にうつ伏せになり、「メグミーーー、上に乗って〜〜。腰を揉んで〜、揉んで〜〜〜」
と要求してくる。
だだっこのようだ。
もう。
ハンサムなF4くんを見つめている暇もない。

カールくんの腰を揉んでいるよりは、F4くんと話したいのはやまやまだが、
私はカールくんの上に立ったり、脚に座り腰を揉む。

クリスチャンが「浣腸しなよ〜」とけしかけて来る。
エンターティナー精神(!?)がむくむくと起きてきて、腰を揉みつつカールくんのお尻に浣腸攻撃!
F4くんはすぐそこにいる。

あ〜〜〜、私、何やっているの???
と思うが、周囲のゲイガイズの受ける声を聞くと止められない。
私は三度目の浣腸攻撃をカールくんにしようとしたその瞬間、
F4くんが「ボク、もう帰る・・・」と言って立ち上がった・・・!!

えーーー、帰っちゃうの?
えーーーー。

私は顔を上げられず、カールくんの背中を見つめていた。
きっとこの状況に堪えきれず、つまり、気に入っている私が他の男性といちゃいちゃしているのを
見るのが堪えられず帰る!!!
と無理矢理自分の都合の良いように解釈。
本当は他に用事があるのだろうが、人間、自分に都合の良い方向に解釈するものであ〜る。

カール君はうつぶせになりながら、彼に「バイバイ〜〜〜」と挨拶しているが、
私は何も言えなかった。
顔を見たかったけど見る勇気さえ出なかった。
これってまさに恋の症状・・・。
あーあ。

しかし、玄関を見るとF4くんは台湾人の女の子と一緒に帰っていった。
なんだ、彼女やっぱりいたんだ・・・。

がっかり・・・。
はぁ〜〜〜。

エリックの彼氏に聞くと、一緒に帰ったのはF4くんの元彼女らしい。

元彼女と一緒に帰る・・・
それって・・・。
元彼女とまたつるんでいるあたり、良くないと思った・・・。
元彼女と友達だなんて、あり得ない。

***

F4くんが帰り、私は本来の自分を取り戻し、押さえることなくやりたい放題したのは言うまでもない(泣&笑)。

***

帰り道、カールくんとクリスチャンに愚痴る。
「F4くん、帰えちゃった。カールといちゃいちゃして、腰なんか揉んだからだよ〜」。
涙は出なかったが、胸は精神的に痛かった。
「嫉妬して帰ったのかな」とクリスチャン。

カールくんの金魚の糞、ウガンダ・プノンペンは先に歩いている。

カールくんはこう言った。
「退屈な男だよ。見た目はいいど、つまんないから即効飽きるよ〜」

クリスチャンは「彼はプレイヤー(何もの人と付き合う人)だよ。カールの言う通り話はつまんないし、退屈だよ〜」。

「ストレート・ガイズは女が下ねた言ったりするのを嫌いだよね。だから私は嫌われる・・・」。

「そうなんだよ。ストレート・ガイズは下ねた話す女を受け入れらないんだよね」とカールくん。
「なんでだろう」と私。

この世にいないの?? そういうストレート男子は!!!
いないだろうな。

「下ねたを恥ずかしがらず言って、そして極端なことを言うキミが僕たちは大好きだよ」とクリスチャン・・・。
「We love you, Megumi!!」とカールくんが抱き締めてくれた。
そして、丁度、ケータイにはLAのルームメイト氏からテキストが来た。

***

台湾人のイケメンF4くんへの思いは何にも発展せずあっけなく砕けた・・・。
してみたかったけど、もちろんセックスをね、でも、できなかった・・・。

この世を去る前に、一度でいいから、好きな人とmake loveしたい。
神様〜!!

masani
さようなら〜〜〜、F4くん!台北に移住する必要もなくなり(妄想で移住の心の準備はしていた)、ニューヨークでがんばります(笑)!!!

***

もうやけです!
私はこんな女です!!
それでもよければ・・・。

DSCN2435
カールくんに襲われている(笑)

meroom
ルームメイト氏に胸をもみもみされている!!

神様〜!!この世を去る前に、一度でいいから、好きな人とmake loveしたい。」への15件のフィードバック

  1. ピンバック: 半島を通過して本土に行ったと思ったら海を越えて台湾!? « Deeeeep! New York! 2010

  2. Yukanさん
    いいですねぇ~。そんな方がいて!
    羨ましいです!
    ストレートの男性ですよね~~~
    私もそんな男性が欲しい。
    話が合って、自分の好みの顔で・・・。

    私も太っているので、デブ専の人いないかなぁ~。
    街でハンサムとデブ女のカップルを見ると、「私でどうですか?」
    と言いたくなります!
    あんなデブ(ウガンダ・プノンペン)にも彼氏がいるんだもん、世の中、分からないです(酷い!?)

  3. 誠次さん

    PNPにはそういう意味があったんですね~。
    のりピーを思い出しました・・・。

    気が付かなかったけど、ほんとだ、巻き毛になっている!!
    じゃ、カァーリィーという英語名はどうかな?

  4. 私が今までに会った台湾、中国、韓国出身の人たちは、ほぼ全員イングリッシュネームを使ってますね。そして日本人は基本オリジナルで、いても呼びやすいように名前を短くしてるだけとかですね(としや→トシ etc.)アメリカ人が読みにくいのはアジア系だけに限らないですから、私も「変える必要ないのになー」と思ってました。私が聞いた理由は、やはり相手の発音のしやすさでした。

    F4くん、話が弾まなかったんですねー。うーん残念っ。
    外見も大切ですが、話してて楽しいって結構重要ですよねぇ。最近似たようなシチュエーションがあって、顔より話が合うって大切かも…と思ったところでした。あーん、両方兼ね備えてればベストなんですけど!!天は二物を与えず?!

    • Yukaさんのコメントを読んではっとしました。
      外見も大切だけど、話していて楽しい、フィーリングが合う!!!
      っていうのが一番大切!!
      すっかり忘れていました!!

      両方兼ね備えているゲイガイズはたくさんいますが、
      顔が好みでかつ話も合う、ストレート男子は存在するのでしょうか?

      Yukaさんも似たようなシチュエーションがあったんですね!
      どうですか?その彼とは?

      • たまに二人で会おうと誘われて会う人がいるのですが、特に話は盛り上がらないんです。“私と会っておもしろいのかなぁ?”といつも最後に思っています。いい人だと思うんですけどね。
        で、最近、別のお友達と他愛ない話をして楽しかったときに、ああ、話が合うって大切だな、と思ったのでした。
        ちなみに私かなり太いので「実はデブ専?」と女友達に言ったらたしなめられましたけど(笑)。ははは。

  5. 顔を見れないってそういうことデスよね~。いいなぁーそういうドキドキ感。そのドキドキを得るために、ジャニーズにはまるひともいますよ~、日本では。

    同じnyに居るのだしもう少し気長に考えては?

    • akiさん

      次のドキドキを探します!

      元彼女とまだ遊んでいるというのが嫌です!
      過去なんだからと気にしなくてもいいのかもしれませんが、
      けじめがなさそうで。

      万が一、付き合ったら、元彼女の存在で苦しみそーです。
      付き合うことはないですけど、想定してみました(笑)

  6. F4くん!!そして、カーーーーーール!!と思ってしまいましたね。笑
    顔も見れないって言うの分かりますよ。そんな時僕は心が少し苦しくなります。
    笑ってバイバイさえ言えばいいのにぃーと心の中では言うのに僕も本当に好きな人がいるとできませんからね。
    チャンスはいくらでもありますし、願えば何でも叶いますから
    めぐみさんがんばってください!

    確かに!日本人以外のアジア人の人たいていイングリッシュネームもっていますよね!僕はあれは宗教的なものなのかと思っていましたよ!
    どうなんですかね?
    でも、台湾人や韓国人の名前って発音するの難しすぎてたまに申し訳なくなります。僕の知り合いにティン・ティンと言う人がいますけど、少し恥ずかしい気持ちになってしまいますね。

    ちなみに、PNPでふとめぐみさんのブログ思い出しボールに注目して見ましたよ!後ろから見るゴールデンボールと言うのは面白いなぁ~と思い笑いましたね。

    • 誠次さん

      PNPとは??
      後ろから見るゴールデンボール・・・実はこれも大好きです!
      かわいいですよね〜!

      洗礼の名前なのかな。
      韓国系だったらあり得るかもしれないけど、中国系もですからね〜。
      読み方が難しいからだと私は思いますけど。
      私が英語の名前を付けたら、リングネームと思われそーです(笑)

      • PNP…タイポですねぇ。パーティーってかっこよく!Partyって打ったつもりが、今ウエブページ作っていてPNPって良くタイプしていた為PNPに予測変換的なことになったみたいです。ごめんなさい。
        でも、PNP…プレイアンドパーティーの意味もありますね。
        ドラッグしながらセックスだぜぇ!的な。笑

        え!!!大丈夫です。めぐみさんはとっても可愛い英語の名前になりますよ!
        髪の毛巻いてるし!!

  7. F4さん駄目だったんですね。。。でも、徐々に心引かれていくパターンもあるのでまだ諦めちゃ駄目っすよ!もしかして彼はムッツリスケベで実は下ネタ大好きな可能性も大です!

    ウガンダとは菊楽さんのおっしゃる通り間違いはおきませんね。笑 すごく酔っ払ってもゲロをBUKKAKEしても、大事なオタマジャクシちゃん達はBUKKAKEしません!笑 てかおっしゃる通りオタマジャクシちゃん達も出てきてくれないですね。笑

    ミスター・オクレ良々。。。新たな敵!?笑 諦めようとしてもクリスチャンから電話があると喜んでいる自分が嫌です。笑

    • ダイスケくん!!

      ウガンダ・プノンペンにゲロのBUKKAKE!!
      受けました!!!
      ダイスケくんのゲロなんてもったいないですよ!
      拝んで喜びそうです!!

      あっ!弁護士の彼がいるじゃないですか!?
      ぷよぷよくんだけど、背も高いし、かわいいし、それに弁護士だよ〜!

  8. カール君が腰を痛めたの行で、よしよし、とほくそ笑んでしまいました。ごめんね、カール君。だけど次の行で、腰痛めてるとこうなっちゃうの??と新たな不安がよぎりました(笑)

    ストレート男子に下ネタ言っちゃうと軽く見られたりするんですよね~。
    あとは、そこから先は真剣にはなりませんとか。

    • momoたん

      『ストレート男子に下ネタ言っちゃうと軽く見られたりするんですよね~。
      あとは、そこから先は真剣にはなりませんとか。』

      そうなんですよね〜。
      頷きつつ、泣いています!!!
      私もそろそろ学ぶべきかもしれませんが、ゲイガイズと一緒という状況で、下ねた言わないって無理ですよね〜(泣)

      初めて会うmomoたんには、駅弁ができないからと言って
      胸もんだり、足で股間攻撃はしないと思いますので安心してください。もし、万が一そうなったら、私が助けます!!!

コメントは受け付けていません。