おすすめの恋愛指南書はなんですか?

<br /> TitleDPNY.jpg

***

心臓の鼓動が激しくなり、思わず涙が出てしまった。
というのは、知人のアメリカ人から「ニュース速報で、TOKYOに大地震が発生。マグネチュード8.9だよ」
と知らされたからだ。
「えええ〜東京に直下型地震が・・・!?」
911の時と同じくらいの衝撃が走る。

それで心臓が激しく、涙が出たのだ。
「東京が、東京が・・・」

怖くてYomiuri OnlineやAsashi.comを見る事ができなかったが、勇気を出して見てみると、
地震は東京ではなく伊豆・静岡地方で発生した。
重軽傷者も出た大規模な地震だったようだ。

某YAHOOニュースではTOKYOで発生したと報道されていたが、伊豆・静岡も東京に近いとはいえ東京でない。
アメリカ人の日本に対する感心というか知識のなさに悲しみを覚えるニュースであった。

地震で被害を受けた方にはお見舞い申し上げます。

***

ところで、ルームメイト氏はデートの申し込みがあり、暴力仏蘭西人と別れてまだ時間が経ってないけどぉ〜行くべきかどうか迷った挙げ句、断らずにデートをした。

別れてまだ時間が経っていないけど・・・と悩んでいるが、悩む以前に肉欲は正直で、
見知らぬ人とゲイプールパーティーでmake outしたりしてたではないか?と突っ込みたかったが、
人生は1回しかないんだから、デートすれば〜と相談された時に言った。

そのデートの相手とはユダヤ人だ。
ルームメイト氏はユダヤ人の恋人もしくは夫を持つのが夢で、その一環としてマドンナも信仰する宗教に入った。
信心も全ては恋人探しのためである。
ユダヤ人は苦難の歴史を歩んで来たから、それから脱却するためにだと思うがユダヤ人の家庭は教育熱心なので、
高学歴で、いろんな歴史的背景もありつつお金持ちも多く、成功した人が多い。
ルーザーじゃない恋人・夫にはユダヤ人しかいない!とターゲットを絞っていたが、
ちょっと道草を食って、暴力仏蘭西人(カソリック)と出会ってしまったわけだ。

ニューヨークはゲイの街だが、ユダヤ人の街でもある。
私の知人の日本人女性はユダヤ人と結婚している人が多い。
みなさん、医師に弁護士に立派な旦那さんをお持ちだ!

それに日本文化の良さを理解できる繊細な心を持つのはゲイとユダヤ人である。
そして彼らが日本文化の素晴らしさをアメリカに伝えたと某大手出版社の編集者が私に教えてくれたことがあった。
日本人女性を妻に持つのもそういうことからか?
単にユダヤ人がニューヨークには多いからだと私のユダヤ人の友達は言ったが・・・。

まさにユダヤ人でゲイという両方の要素を持つ最高に繊細な心の持ち主からルームメイト氏はデートに誘われた。

***

そして、お互い心が惹かれてあったようで、またデートするという報告が来た。
お相手の男性からは「もっとキミのことを知りたい」と言われたようである。

おおお〜、やっと理想の男性に巡り会えた気配!
嗚呼、良かった!
お互い好きなサイズで(もちろんペニスのね)、体の相性も最高に合いますようにと遠いニューヨークから祈っている。

***

ルームメイト氏にカールくんが若い女に夢中で私を無視したことを報告。
きっと私が若くないからで若い女の方がいいからだ。
ゲイもストレートも男はみんな若い女が好き!と愚痴メールする。

ところで、カールくんはルームメイト氏の悪口を言うのでカールくんの前では二度とルームメイト氏のことは話題に出さないようにしている。ルームメイト氏もカールくんのことは自分大好きで、中心にいないと気が済まないクィーンと言っている。
お互い気が合わなかったようである。

ルームメイト氏は「若いからとか年齢ではなく、単にカールは新しい人から注目されるのが好きなだけだと思うわ!個人的なことと受け取らず、気にしないことが一番よ」とそれって当たっていると思える言葉だった。
カールくんは注目されて、誰よりも白人男性にモテるのをモットーとしている。

「どうしてそんなにカールのことを気にするのか分からない・・・。全く魅力的には思えなかったから〜」
とルームメイト氏は付け加えた。
ルームメイト氏もカールくんも同じくイースト・ビレッジのゲイバーは大嫌いなタイプだと思うのだが、
本当に気が合わないようである。

ルームメイト氏からの言葉をもらって心が軽くなった。
カールくんはフランク達と旅行に出掛けて、しばらくニューヨークにいない。
「今、何しているの?」とテキストも送るつもりもないが、カールくんからも何もない。
実はそれも大変嬉しく、距離を置くのはいいことだと思う。
先日のカールくんのご乱心は私が胸が痛くて苦しんだ、酷い胸焼けと同じく私の心に潰瘍を作った。

***

さて、ベクトルが幸せの方向に向いて来たルームメイト氏は恋愛を成功に導くために恋愛の指南書をたくさん読んでいるらしく、それもストレートの。

「私は一体、どっちのパート!? 女? 男?」と聞かれたが、
答えに迷った。

「女の心を持っているようだけど男だし、男だと思う」と答えると、
「ペニスが好きなレズビアンだと思う」とルームメイト氏。
「レズビアンは女だし、男じゃないから、それは違うと思う」と私。

ヘテロ・セクシャルのカップルにゲイ・カップルが当てはまるのだろうか?
でも、恋愛ものも女性と同様に大好きなわけだが、その場合は女性の方に自分を投影して観ているのだろうか?
多分そうだろう。
Mr. BIGに自分を投影させて観ているゲイがいるはずがない。
だからセックス&ザ・シティが人気なわけだ。

しかし、抜くことを考えて、やるだけやったら忘れるのは女性にはないし、
それはストレートもゲイも男だから全く同じだし、
女心が分かるといえば分かるかもしれないが、そーでもないし。

知り合いのゲイ・カップルはボトムの方がバリバリ稼ぎ、かつ彼はトップしようとすると
勃起できない真性のボトムで、パートナーはヴァーサタイルで、「挿れて〜」とお願いするがパートナーは
勃起不能になるから、受けは無理なので、トップするしかないのだが、トップをする方が掃除、洗濯、料理の家事全般をこなし、2人は将来子供を持つ計画らしいが、ボトムは稼ぎ、いわば父親の役割を果たし、挿入する方が子育てをする母親になるという。

ヘテロセクシャル・カップルの場合は、ボトムな女性がお母さんで、トップな男性がお父さんだ。
現実的に生物学的な構造から逆になるのは無理だ。

ゲイカップルの場合って、こうヘテロセクシャルのように分かりやすい役割分担ってあるのだろうかと疑問に思った。
ルームメイト氏にアドバイスできないでいる・・・。

***

おすすめの恋愛指南書はなんですか?」への2件のフィードバック

  1. 恵さん、ご無沙汰しています。
    体調はいかがですか?
    う~ん、自分がどっちかではなくて、相手が男性なので相手が男性的だと思う分だけ、女性の立場で研究したらしたら良いのではないかと思いましたが。

    トップとボトムの関係ですけど、性的には男女のカップルでは宿命的に役割は決まっていますが、家庭の主権とか単にカップルの主導権でも尻に敷かれた男性は多くいますし、セックスの場でも女性上位が好きな男性って多いと思います。
    トップであってトップでないというか。

    まぁ、女性は挿入は出来ないわけでされるばかりですが(挿入されたい男性もあまり多くないかと思いますが)。

    最近私の周りには、妻に養って貰う男性がポチポチ出現しその関係からか、相手が年上なら食事にいっても女友達に多く出して貰うことが気にならない男性現れ始めたもので、なんとも言えないところです。

    • 怜さん

      ご無沙汰しています。

      真剣なお答えありがとうございます!

      確かに相手が男性的だと思える点では女性的見地で、そして自分が男性的だと思える点は相手を女性だと思って恋愛書を見る・・・。

      若い男の子と出会いに某島に休暇ごと行っていた女の友達はいつも上位ですると言っていました。精神的にもトップなのだと思います。

      年上で経済的にも女性の方が上なら奢ってもらって嬉しい男子・・・
      そーですね、そーですね、いますね。

      勉強になりました!

コメントは受け付けていません。