断固拒否することは相手を尊敬していることでもある。

<br /> TitleDPNY.jpg

***

カールくんとまたまたTherapyで会った。
首の噛み跡は生々しく、傷の周りは紫色とは言わないまでも変色してた。

ヨーハンは「オーバーリアクトだった」とテキストを送ってきただけで、謝罪の言葉すらなく、電話もないとカールくんは怒っていた。

恋愛関係のエキスパートでは全くない私だが、それでもカールくんに言った。
「別れたんだから会わない方がいいと思うよ。連絡は自分から絶対しないで、連絡が来ても無視するのが一番」
カールくんは「別れても会いたいって言われたから会っただけで・・・」と別れた後も会っていたのは相手のせいにしている。
自分だって、いざ別れたものの寂しいから会っていたのに・・・。

「別れたのに会いたいって言えば、喜んで会ってくれるのは、まだ気持ちが残っていているからでやり直せるって向こうは期待しちゃうんだよ。気持ちを弄ぶことになるんだから! またの鞘にもどって付き合うっていうなら話は別だけど、連絡して、仲直りのセックスをすればいいだけじゃない」と思っていることをはっきり言った。

いつも笑顔の彼の顔が真剣になっていた。

「また付き合うことはないし、会わないと思う。あんなサイコ!」
とカールくん。まだまだ怒っているようである。

***

自分から別れを告げたとしても急に寂しくなって、振った相手を恋しくなる気持ちは誰でもある。そして会って、やさしくされたら、誰でも期待してまう。
しかし、その気持ちを振り切らないとお互いのためにならない。
言うのは簡単だが、当事者になると非常に辛い。

ここ数年の最大の痛手は、イェール大卒の優秀な英語の先生に思いっきり
振られたことである。
「付き合わなくてもいいから、セックスだけしてぇ~」といわゆるニューヨークの高級ホテルのロビーで迫った!!あれから、3年の月日が経つ。

振られても友だちでいられるはずだと思っていたが、やはりそれは無理である。
今となっては断固として連絡を断ち切った彼に「やさしさ」を感じる。

(それにしても美化しているなぁ~(笑)
単に私と連絡を取るのが、恐ろしいだけかもしれないが・・・。)

変な思いやりで彼が私と会い続けていたら、私は期待しすぎて、欲望が膨れ上がり、自爆か、ヨーハンのように相手の首筋を噛み切っていたかもしれない。

連絡を取らないことも、ある意味、相手を思いやり、尊敬していることになると思う。

***

ところで、カールくんに私はLAでの熊さんバーに行って、非常に興奮したことを語っていた。

カールくんは「今夜は熊さんに会いに行こう!!」と突然、言い出した。
Therapyを後にして熊さんバーに出掛けた。カールくんは一度も行ったことはないし、熊さんはカールくんの好みではない。
理由は明確には言わなかったが、彼なりに気分を変えたかったのかもしれない。

ところで、熊さんとレザー着用のSM愛好者は重なることが多いと思うが、
毛むくじゃらだからSM好きになるわけでもなく、肌を露出するから、毛むくじゃらが目立ち、かつ、太っていると目につくのではないかと思う。

***

熊さんバーはチェルシーのはじの方の少々怖そうな場所にあった。
短パンにTシャツ姿の普通のおじさんが外に立っていて、話しかけてきた。
酷く酔っていて何を話しているかは不明だったが、カールくんに
「ブロージョブさせてくれ」とお願いしていたのははっきりと聞き取れた。

「うげ~~~」

すると全身刺青男がどこからか登場し、ドアの鍵を開けて、「10時オープンだから」と告げてお店の中に入っていった。
10時まで30分ある。
30分間、この酔っ払いおじさんと一緒にいるのは流石の私も遠慮どころか、
いたくなかったので、熊さんバーはまた次回ということになった。

いつかご報告したいと思う。

***

ストリートを歩きながら、首を噛むまねをした後、手についた血を見て驚くという冗談を何度も何度もカールくんと2人でしたが、冗談で笑えるうちは本当にいいと思った。

eagle
これがニューヨークの熊さんバーの外観であ~る!

断固拒否することは相手を尊敬していることでもある。」への7件のフィードバック

  1. 別れを決めた時は“バッサリと関係を断ち切り連絡も取り合わない”というのが、ある意味、本当の優しさですよね。同感です!
    それにしてもカール君と歩きながら冗談を言って笑い合える関係って素敵ですね・・・。

    いつか、熊さんバーのご報告を楽しみにしています♪
    (外観だけでもドキドキ~。)

    そして、遅ればせながら・・・☆お誕生日おめでとうございます☆
    組織検査の結果が良好であることを祈っています。

    • ライラックさん

      ありがとうございます!
      流血事件でしたが、楽しい時間を過ごせました。
      ライラックさんは旦那さんとご一緒にお祝いするのですか?
      って、いつかお目にかかった時にいろいろ教えてください。

      振られた方は未練がたらたらなので無理なのかもしれませんが、
      振った方は、連絡を断ち切って、相手に過去を振り返らせず、未来を歩いてもらう!ぐらいの気合があった方が私もお互い幸せだと思います。

  2. ヨーハンのテキスト、ナイスです。ごめんね、はナシ!
    メグミさんのBlogを読んでると、誰もが多かれ少なかれ(そして大半は無意識のウチに)隠したり打ち勝とうと戦ったりしている『人の弱さ』を改めて痛感します。その『弱さ』がときには魅力的だったり愛しかったりもするんですけどねー。
    別れてもトモダチ、というのは、双方にその気と相当の根性がない限り無理ですよね。特に根性。恋愛対象としてだけでなく人間としても好きだった相手ならば別れてもトモダチで!と個人的には思うのですが・・・何せ人は弱いので(苦笑)。

    • satokoさん

      返信遅くなってごめんなさい!
      誠次さんにも書きましたが、疲れて寝てしまう日々でしたので
      失礼しました。

      別れてもトモダチは理想ですね!
      でも個人的には無理かも。
      でも、振られた相手とはトモダチになれるかもと思いましたが、
      また好きになって、振られて、泣いて~のサイクルの悪夢が再び!?
      う~。

  3. 僕は大きくって毛深い人が好きなのでたまにベアー系のクラブに行きますけど、なんでしょう、あの独特の雰囲気には興奮と恐怖心が入り混じっています。笑
    シアトルと言う土地柄なのかは良く分かりませんが、シアトルのベアークラブだと白人ばかり居るので僕はその気まずさも入り混じっているのかもしれません。
    でも、とりあえず、みんながみんなセクシーに見えます!!何でクラブの中でBDSMグッズ売ってるのー!!と興奮していたら店員さんにストラップされたりやたらとコンドーム渡されたり、普段行っているところとは確実に違う独特さにやられますねぇ。笑

    • 誠次さん

      お返事が遅くなってごめんなさい!
      気に掛かっていたのですが、ブログをアップ!
      速攻寝る!の生活だったものですから(言い訳ですけど(汗))

      LAも白人ばかりでした!
      ニューヨークはどうなのかな?と確かめたいです!!
      ぜひ、シアトルの熊さん&BDSMバーにも行ってみたいなぁと思っています。
      熊好きの(!?)誠次さん、連れて行ってください。
      細くてモデルタイプの人も好きですが、熊さんも大大大好きです!
      って、そのことをカールくんに言ったら、「よーするにペニスがあれば誰でも好きなんでしょう?」と言われてしまいました(赤面)。

      • シアトルに来たらもうとりあえず、僕の知っているクラブすべてご提供させていただきます笑
        ペニスがあれば誰でも好き・・・笑
        Yes, I am としか僕には返答できませんね笑
        僕はイケメンはあんまりタイプじゃないので(相手にもされませんけどね。)小太りで髭が生えていてなぜかT-シャツ少し小さくない?って言う服を着ていて、友達少なそうでマザコンみたいな人が好きですね笑
        何でしょう、イケメンとかは声かけるのに何も抵抗無いんですけど、そのかっこよくないけど可愛い!と言う僕のドストライクな人に会うともう、うつむいて、声をかけるなんてできない!!ってなってしまいますからね。

コメントは受け付けていません。