熊さんに出会った♪ ハードゲイバー

TitleDPNY.jpg 

***

LAは散々だった!
LAでは惨めな思い出でしかない!
ネガティヴなことで頭がいっぱいだったが、実はニューヨークでは体験したことがない
刺激的なことがあったことを思い出し、これをご報告しなければと思い、非常に前向きになった(笑)。

実は、ジャスティンにあるゲイバーに案内された。
ルームメイト氏のことで落ち込んでいる私を励ますための一環だった。
カールくんやその仲間は絶対行かないようなところだ。
そう「全くおしゃれではない」ところだ。
場所はSilver Lakeという地域。
ジャスティンには確認はしてないのだが、ウエスト・ハリウッドがニューヨークでいうところの
チェルシーとかヘルズ・キッチンで、Silver Lakeはイーストビレッジ系ではないかと思う。

***

まずはバスハウス。
もちろんゲイ専門の。
日本でいうところのハッテンバだ。
女人禁制なので入り口まで。
とにかく高い垣根があって、外からは一切見えないが、その内側にはプールがあるらしい。
プールとはまさにLA的だ。

ルームメイト氏と来たことがあるとジャスティンが言った。
もう男はやることしか頭にないのだろうか。
とまたピリピリ、プリプリする私。
そう、ルームメイト氏のことになると、嫉妬の力でそういう言い方をしてしまうが、
ジャスティンのことを中心にして考えると、そこでもきっとモテてやりまくったんだろうな、
と前向きな意見になる。
恋人がいたから、ジャスティンは具体的にナニをしたかは言わなかった。

バスハウスを後にして、次に連れていってくれたのはゲイバー。
入った途端、驚いた!!

Bear! Bear! Bear! Bear!Bear!

ある日 ♪ ゲイバーの中 ♪ 熊さんに出会った♪ 
欲望渦巻く♪ ゲイバーの中♪ 熊さんに出会った♪ 

思わず、森のくまさんを替え歌を作り、口ずさんでしまった(笑)

パンツ一丁のもじゃもじゃ熊さんがわんさか、わんさかでぎゅうぎゅうの満員御礼状態だった。
熊さん以外にも映画Cruisingを彷彿させるような、これこそ「ハードゲイ」
も御仁もいた。
全員パンツ一丁だった!

dd_cruising01.jpg
映画Cruisingより。アル・パチーノ演じる覆面刑事が踊るシーンはこの映画の見所でもある。

***

女は私一人。
アジア人も私一人。

熊さんのもじゃもじゃ白人ゲイ、それもおっさんに囲まれ、私のアドレナリンは噴出!
年齢層は非常に高かった!!
一挙に幸せになった。
そう私は熊さんに囲まれるのが長年の夢だった。

男の「やる気」が店内に爆発寸前の勢いで充満していた。

「言葉の装飾などいらぬ、俺はやりたい!」という男の本能がむき出しになっていた、と
書いた方が、官能的かもしれないが、
「この夜のために抜かずに来ました!」というのが、ありありと見えて、それも私を興奮させた。

ポルノビデオが流れていて、それがまた燃えた!萌えたではない!燃えたのだ!

体が大きく、胸毛も背毛もある、強面の見るからに強そーな熊もじゃ男が、ハンモックで吊るされて、
しかも開脚させられて、無防備な格好でやられていた!!!
強そうな男が受け身っていうのはすごく、すごく好きである。
男性社会への反抗だろうか?と少々、自己分析(笑)。

服を脱いで、ちゃんと預けられる場所もあり、といっても素敵なロッカーがあるわけではなく、
服はプラスティックバック(あのスーパーで買い物した時にくれる袋)に入れて
床に置くだけのようである。
管理しているお兄さんはいた。

ウエスト・ハリウッドみたいに気取っていないところも気に入った。
プラスティックバッグに服を入れて、ぐるりとしばって終わりみたいなところだ。
おしゃれして、クールなインテリアのバーで、カクテル飲んだって、
結局はみんな「やりたい」ことしか考えていないわけだから、虚飾がなく、率直に欲望丸出しの方が嘘がなくていいと思った。

***

ジャスティンは私の好みをバシッと突いて来る。
かけがえのない友達だ!
期待していないところに期待以上のものを経験すると人間幸せになるものである。

ニューヨークにも熊ゲイバーがあるらしいのだが、行ってみたい!

LAでの楽しい思い出をお届けした。

***

silverlake
ゲイバーの中にあった飾り物。お店の名前はFortline。木曜日がパンツ一丁熊&レザー(ハードゲイ)の日であ〜る。

熊さんに出会った♪ ハードゲイバー」への4件のフィードバック

  1. うわ~~~~~~!!!!!!!めちゃ行ってみたいです^^!!

    NYなんだしNYのどっかにもあるんじゃないんですかね!?また報告まってます(笑)
    ルームメイト氏のことや体調不良などで大変でしょうが、いつも応援してますよ!!
    男なんてストレートでもゲイでもしょせんは男です^^がんばりましょ~!

    • とん子さんも熊さん好きですか???
      ニューヨークのウエスト・ビレッジにあるらしんですが、
      熊さん好きのゲイ友がいないし、一人では行けないので、思案中です!

  2. ははは、熊さん! 私はもじゃもじゃ系は苦手ですが、
    夢がかなってよかったですね。
    私もこの間のパーティーで熊さんに遭遇しましたよ。
    ポロシャツの首元から胸毛が湧き出ていました。
    人いわく、ふた昔前はとってもきれいなシティーボーイ風だったそう。
    翌日、ビーチで水着姿でであったら、ほんとうのもじゃもじゃで
    あれには感心しました。

    私もたまにゲイのパーティーで
    ホルモンが部屋を満たしているみたいなのに遭遇します。
    みんな目がぎらぎらしていて、すごい。
    なんか噛み付きそうですよね。
    そして私の友人はいつも噛み付かれそうです。
    本人、ぜんぜんその気がないんですけど。

    思うんですけれどね、
    うんと仲のよいゲイの友達を探すのなら
    もうしっかりと落ち着いたカップルになっている人を
    探したらいいかもしれませんよ。

    • かかしさん

      そーですね。
      落ち着いたリレーションシップにあるカップルと友情を育めば、
      他の男に目がいって「捨てられる」ことはないかもしれませんね。

      熊さん!あー、また囲まれたい!

コメントは受け付けていません。