オーマイガーな二丁目の夜 5

TitleDPNY.jpg 

***

東京は新宿のゲイ・ディストリクトである二丁目のとあるバーで
知り合った日本男児のクリスチャンにLOVE LOVE光線を送ったLOVE LOVEくん。

一旦別れたが、東京の最後の夜!という焦りもあったと思われるクリスチャンはLOVE LOVEくんのケータイに
電話をする。そしてLOVE LOVEくんを連れて部屋に戻ってきた・・・!

私は化粧も落とし、ホテルが供給しているガウンを来て、ベットの上に寝そべっていた。
「おおお〜〜〜LOVE LOVEくん」

LOVE LOVEくんは恥ずかしそうにしているが、嬉しそうである。

クリスチャンはLOVE LOVEくんにいきなり「ハミガキして!」と日本語でいう。
直訳の日本語だから、かなり直接的に聞こえる。
日本語は英語と違って直接的には話さない。
あまりにも唐突だったので私がフォローする。それにロマンチックではない。
「キスしたいからだと思うよ」。

LOVE LOVEくんはそっかぁ〜と素直に従ってバスルームに行き、歯を磨いて戻ってきた。
その後、クリスチャンも歯を磨きにバスルームに行った。
これで2人のキスは準備は整った。

***

2人はぶちゅーと私の前で立ってキスをしている。
2人ともかわいい感じではあるが、日本男児の方がムキムキ〜度が高いので、クリスチャンが
守られている風である。
男同士のキスって何度、見てもいいなぁ〜と思う。

ニューヨークの場末のゲイバーで、おじさん同士のキスを見る事もある。
例え外見が素敵でなくても、見るのは好きである。

ホテルには大きなベットがひとつ。
クリスチャンとLOVE LOVEくんは私の隣になだれ込んできて、抱き合って夢中でキスをしている
邪魔は承知で、クリスチャンの股間に背後から手を忍ばせると、立派な硬度であった!

***

ニューヨークでお金持ちのゲイの男性に知り合い、
「ゲイメンのセックスを見たい!」と半分冗談で言ったら、「OK」と話があれよ〜あれよ〜という間に
話が進み、ニューヨークの某高級ホテルのマンハッタンを一望できる一室で、それもバスルームは大理石
という環境で、「ゲイ・ポルノ」が目の前で実際に繰り広げられて、Dream Came True!?したのは2年前だった。
高級ワインも飲み放題だったなぁ!
(男女のと違って、かなり静かだったので、正直驚いたのだが・・・。男はあっさりしている!?)

以下、18歳禁です(って私のブログ自体がそうだったか・・・)!!

クリスチャンの硬度120%の股間をまさぐりながら(きゃっ)今夜、舞台を東京に移して・・・と、
過去に思いを馳せつつ、「私も参加させて〜〜」と、
私はクリスチャンのジッパーを開けて、直接クリスチャンの暴れん棒の分身をパンツから引きずり出して、握り、握るだけでない、激しく上下に動かし、彼は女に触られていると分かっていても「野獣の部分」が抵抗できず、「もっと早く」などと私に注文、LOVE LOVEくんは初めて見る白人男性のものにいてもたってもいられず、私と一緒に握る一方で、クリスチャンはLOVE LOVEくんのジッパーを開け、ビューンと飛び出してきたものは硬度130%で、クリスチャンはこれが欲しくてはるばるニューヨークから来た訳で、クリスチャンはキスしていた口をLOVE LOVEくんの移動し、LOVE LOVEくんもクリスチャンのピンクのかわいい色をした先端に舌を這わせて・・・

・・・というのは私の妄想であった。
現実は、私は2人のキスの音を聞きながら、眠ってしまった(笑)!!

期待させない展開!!と引っ張ってしまったが、実は、やはり期待させるような展開はなしだったので
私の誇大広告だったことをお詫びします!ゲイガイズ2人と同じベットで眠った!だけである。

日本語も英語も「寝る」という言葉は、実際に睡眠を取るという意味以外に、セックスも意味する。
カールくんのボーイフレンド、ヨーハンに「3人で寝たよ」とチャットで言ったら、
それが3P英語ではスリーサムしたと伝わってしまったのだ(笑)!
文字通り「寝た」だけなのだが・・・(笑)。

***

後日、カールくんに言ったのだが、クリスチャンが私の好みだったら、
貞操観念は吹っ飛び3P英語ではスリーサムをしていたに違いないと言った。
カールくんも私の気持ちは分かると言ってくれた。
人間、動物だが、誰でもいいというわけにはいかない。
クリスチャンはかわいい。
キスはできるが、キスをしても全く何も感じない。

クリスチャンがルームメイト氏だったら? プラハの君だったら、話は別だ!
「よろしくお願い致します!」と三つ指をついて、本で読んだテクニック(笑)を披露しようと努力したに違いない。
外見が好きではないと行為には及ぶことができないということを認識した新宿二丁目の夜だった。

***

朝、9時に私はホテルを後にしたが、クリスチャンとLOVE LOVEくんは抱き合って眠っていた。裸で。
クリスチャンは無事にニューヨークに着いたので飛行機には間に合ったということだろう。

オーマイガーな二丁目の夜 5」への12件のフィードバック

  1. メグミさん、こんちわっす!
    お金持ちのマッチョなイケメンGAY!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    もう・・・もう・・・・想像・・・妄想するだけで・・・・・・・・・・・・・・・・///////////////////にんまり。。。(笑)
    鼻血ブーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    大出血大サービスですよ!!(笑)
    すみません、昼から興奮してまいました。

    メグミさんとNYで会って、お酒を沢山たしなみながら、色々なお話を聞けるのを楽しみにしています!
    メグミさんは見る側なんですね!見るのはタダ!って言いますもんね!
    見たモン勝ちですね!
    今日も良い一日を!!!!!!!! 😉

    • fumiさん

      なんでもプロのするのってスゴいじゃないですか!
      野球もアイススケートも。
      それはポルノも同じで、素人のを見ても眠くなってしまうだけで・・・。プロは楽しませる方法を知っているんです!
      目の前で行われていても、つまらないと寝てしまいます(笑)
      だから、見る側ではなく、ぜひ参加の方に!
      だったら、眠らなくて済むかなぁ〜なんて。

  2. わぁお♪ドキがムネムネで読んじゃいましたよ!嫉妬しながらも(笑)さすがmegumiさまです、そこで寝てしまうとは!かくいう私は・・・・いえ、やめておきましょう、リンク張り付いてるし!

    次はLA!ですね!ルームメイト氏を癒せるのはやはりmegumiさんだけですよ!楽しんできてくださいね!

  3. クリスチャン、可愛いけれどけどタイプではないですか~。
    でも、寝ちゃって、勿体ない~〈笑)

    LOVELOVE君と出会ったお店は良さそうなお店ですね。
    女二人で行っても大丈夫なお店でしょうか?
    よろしければ店名を教えてくださいませ。

    • Coppeさん

      スナックのようなマスター(ママさん)がいるところではなく、ニューヨークのバーを彷彿させてくれるところなので、バーテンダーさんの機嫌も取ることもないので気軽に行けると思います。私は二度足を運びましたが、平日しか行ったことがなく、金・土は混雑していそうで、多分ダンスクラブになるのかなぁ、楽しいだろうなぁと思いました。Advocate Cafeの近くです。Annexというバーで、白いドアが目印です。
      行きましたら、感想などなど、ご報告してくださ~い!

  4. いや~、めぐたんさすが、やるな~と思って読んでました(笑)
    そんな夜もきっと美しい思い出ですね☆

  5. メグミさ~ん!!
    こんちわ~!!
    なんともエッチィ~な今回のブログ。いつも職場のPCで弁当を喰いながらブログを読んで返信していますが、今日は白昼からエロエロな展開に、軽く目が血走ってまいました!(笑)
    NYでは高級ホテルでgayguyzのチョメチョメを生でご覧になったとか!!!?!
    ああ~・・・憧れのNEW YORK!!! 色々な意味で羨ましいですね~!
    クリスチャンさんやカールさんなど、顔を妄想するだけでも。。。(笑)
    長身でイケメンで。 やっぱ外人LOVEを再確認しました。(笑)
    お次は、待ちに待った「LA!!!!!!!」ですね~!!
    報告楽しみにしています!

    • fumiさん

      どこまで書いていいのか困っているのが、高級ホテルでの一夜の件です。詳細はまだ公表していません。18禁〜☆
      なので、お会いした時にでも。うふふふ〜。
      こんなことがあって、こんなことしていて、こんなこともしたよ〜。
      でも、そんな人の話よりも、お金持ちのゲイに出会って、fumiさんが・・・、うへへへへ〜〜〜の展開になる方がいいですね〜。その際は、私も参加(!?)させてください!

      お昼休みに読んでくださっているんですね〜。
      嬉しくなりました。

  6. 途中まで超ドキドキしながら読んでましたよー。
    そんな状況で眠ってしまえる恵さんが逆に凄い!
    クリスチャンとLOVELOVEくんはただ眠っただけじゃないんでしょうね、もちろん・・・。

    ところで、ルームメイト氏、別れて良かったですね。
    彼の傷付いた心を恵さんが癒してあげてくださいませ。

    • 水無月さん

      2年という月日で、良くも悪くもいろいろ経験して、ドキドキしなくなってしまったのかもしれません。爆睡の原因は。妄想していた時代、そこれこそQAFを観て、実際どうし(やって)ているの〜?と興味津々だった頃が懐かしい(笑)です!

      LOVE LOVEくんとクリスチャンはただ眠ったわけではないとは思います、私も。

コメントは受け付けていません。