オーマイガーな二丁目の夜

TitleDPNY.jpg 

***

現在、私は日本に帰国中である。

ニューヨークのゲイ友ゲイ友のひとり、クリスチャンがたまたま東京に来ていて二丁目で会うことになった。
夜は、クリスチャンの滞在しているホテルに一緒に泊まってもOKと言われ、しかも二丁目近辺のホテルなので
終電車のことを気にすることなく遊べるので私ひとりでウキウキ!!
クリスチャンも二丁目近辺だから予約したのだ。
東京はマンハッタンと比べるととてつもなく巨大な都市なので、タクシーでの移動も巨額(!?)になる場合が多々ある。
貧乏人の私にとって徒歩圏内にあるホテルとはサイコーである。

***

スウェーデン人のゲイ友が連れられていったゲイバーが大変楽しかったと聞いたので行ってみた。
外国人もたくさん来ると言う。
スウェーデン人のゲイ友大絶賛だったので期待度は★の数でいうなら、サイコーの★★★★★五つだった。

結論から言おう。
クリスチャンとお店と出た後、2人で仲通り(二丁目のメインストリート)で、Oh My God!!が
知らず知らずのうちに口から出て来た。カタカナの方が音的に私たちの心情を表すことができるかもしれない。

オーマイガー
オーマイガー
オーマイガー
オーマイガー
オーマイガー

「クリスチャン、私、胸がとっても痛いよ」
「メグミちゃん、ボクもだよ」

そのバーのマスターから、私達はいじめられた・・・。

***

マスター氏は最初はフレンドリーだったのだら、態度が豹変。
クリスチャンがアメリカ人で私がニューヨーク在住だと分かると、
私たちに聞こえるように他のお客さんに女言葉でこう言っていた。

「ニューヨークは一度しか行ったことがないけど、最悪、二度と行きたくないわ、あんなとこ」

「アメリカ人は笑顔だけど、心の中で差別しているのよ。その点、パリは隠さないで差別するし、
面と向かって言ってくるから私の合っているわ」

クリスチャンは日本語を完璧ではないが話せるし、分かる。
「ニューヨーク、好きじゃないの?」

「そんなの人の勝手でしょう。誰かみたいに押し付けがましいのがアメリカ人よね。
だから私はパリの方が合っているのよ」

クリスチャンと2人で顔を見合わせて「オーマイガー」!!!

ちょっとでもマスター氏の機嫌をなおそうとクリスチャンが
日本人のホストで茶髪の男の子のことを何と言うのか聞くと、
「ギャル男っていうのよ。でもあんな茶髪で二丁目を歩いていたら、石投げられるわね」

私は思いっきり茶髪だ。
「あのー、私も石を投げられるのでしょうか?」
「ふん、誰もここじゃ、女なんか気にしないわ」

「うげぇ〜」

テレビでは女の子と稲垣潤一が松田聖子の「あなたに逢いたくて」を唄っているのが流れていた。

私もそれで終われば良かったのだが、
「あのー、その女の子は誰ですか?」と質問してしまった。

「松浦亜弥よ。あら〜、海外に長いと何も分からないのね〜。かわいそうね〜。ふん」

「おげぇ〜」

***

「なんで私って、こんな酷いことを言っているのかしら・・・?」と独り言を言っていたが、
もちろん私たちに聞こえる声量だった。

しばらくして、マスター氏の姿が消えた。
他のお客さんがいたが、それは私に無言で「あんた達、気に入らないのよ!早く帰って!!」というサインだと思った。

常連らしいお客さんにお願いしてマスター氏を呼び戻してもらう。
「お会計お願いします」と言って、彼から金額が提示されて、お金を払った。

「すみませんでした」と悪いことをしたとは思ってはいないのだが、
日本人的にお詫び的な言葉をマスター氏に言ってお店を出たのだが、
「そうね」という返事で、また「オーマイガー」!!!が口から出た。

***

マスター氏は最初は笑顔で親切だったのに、意地悪モードに切り替わった、その理由は、なんなんだろう。

かつて二丁目でよく飲んでいた時にもこういうことがあったのを思い出した。
この感じ・・・懐かしいと思いつつ、堪えられるものではない。
私のことを「鮎原こずえ」と呼んでくれるバーテンダーさんがいるバーでは人気者だったが、
別のバーのママさんからは、そんな酷いことを言わなくてもというくらい毒舌を吐かれて、
二度と行かないお店になった。

私が女だから?
クリスチャンがアメリカ人で私たちがニューヨーク在住だから?
私たちの会話はほとんどが英語だった。
英語を話していたから?

理由は何であれ、兎に角、私たちが気に入らなかったのは明白だ。
でも、なぜ? なぜ? なぜ?
クリスチャンがお仏蘭西人じゃないから?
私がパリ在住じゃないから?

紹介してくれた日本人が一緒だったら、こういう辛くて痛いことにもならなかったかもしれない。

***

ニューヨーク在住そろそろ10年。
日本の日本人とは考え方が良くも悪くもアメリカナイズされて違っているのは感じる。
そしてアメリカ人には「英語が分からない」と言われて、「けっ」と冷たい態度を取られ、
ひとりぼっちのアパートで悔し涙を流すことも度々である。
本国の日本人にもアメリカ人にもいじめられる状況である(号泣)。

私が大好きなゲイガイズが集まる二丁目のバーで、初めて会った人に自分を完全に否定されてしまった・・・
そんな感じがして、胸が痛くなってしまった・・・。

この胸の痛みはクリスチャンと共有できたことが救いだった。

一緒に、

オーマイガー
オーマイガー
オーマイガー
オーマイガー
オーマイガー

を言う事で痛みが軽減されたのも確かだ。

私1人だったら、悲しみの奈落の底に突き落とされて身動きが取れなかったに違いない。

ところで、この二丁目の夜はまだまだ終わらなかった・・・。

(つづく・・・予告:今回はこのブログを読んでくださる方の期待を裏切らない東京、二丁目の夜になった・・・)

***

追記:

「メグミちゃんはニューヨークのゲイにはモテるのに、日本じゃダメだね〜」とクリスチャンに言われたことを
私の名誉のために(笑)、付け加えておこう(笑)。
ストレートもゲイガイズも日本男児には嫌われてしまうようである(泣)。

オーマイガーな二丁目の夜」への18件のフィードバック

  1. オーマイーガー。

    でも残念ながら、アメリカ~ンなゲイと、ジャパニィ~ズなゲイは、本当に違うと思います。最初に知り合ったゲイはアメリカ人。それはもう楽しくて楽しくて、夢は「アメリカ人のゲイと結婚してグリーンカードゲットォ♪」でした(笑)

    私の場合は、日本に住む(短期で)アメリカ人でしたが、彼らにフレンドリーな人を差別はしませんでしたねぇ、ええ。

    ところがジャパニィ~ズゲイは、まだまだ仲間でのみつるむ、「外の人間」は、利点がないと入れない(金持ちとか、有名とか、そういうの)感じです。あ、これはわたしの知り合いのゲイが、美容、芸能関係のゲイだから、ということもあると思いますけどね~。

    かなり自覚のあるfaghugのわたし。それを知っているはずの彼(ゲイ)。以前も投稿した記憶あり、ですが、未だに素敵パーティーにはお誘いがありませんの、うふ。既にあきらめましたわ。

    そのうち、アメリカンな素敵ゲイと友達になって、そして有名人になって、見返してやろう!と密かにたくらんでおりましてよ♪

    まぁね、きっと素敵なゲイもいると思いますけどね!でも彼を見るたび、「あぁ、なんだかんだで、日本のゲイ事情もまだまだやねぇ」と思っとりますです、はい。

    てことで、オーマイガーなfaghugは、恵さんだけじゃありませんからね!二丁目レポート、待ってます♪てか、一緒に遊びたかった~~~~!次回の来日時は誘ってくださいね♪

    • 舞姫さん

      『アメリカンな素敵ゲイと友達になって、そして有名人になって、見返してやろう!と密かにたくらんでおりましてよ♪』
      その意気!見習いたいと思います!

      私の夢はゲイバーのオーナーなのですが、世界各国からのお客さんが集まるバーにしたいです。その時は、ぜひ、セレブの舞姫さん、ハンサムなゲイガイズを引き連れていらしてくださいませ〜。

      人生、前向きになりました!

  2. 何十年(!)生きていても・・・
    「えええ~っ!!!」或いは「オーマイガァァ~ッ!!!」なことってありますよね。

    読んだだけで胸が痛みます(涙)。

    でもでも!そんな了見狭くてイケてない人はイケてない人生を歩んどけ!と思ってドブに流してください!!短い人生、そんな人が何を考えてるのか思い煩うなんて時間がもったいないです!!←まさに言うは易し。自分にも日々言い聞かせますが・・・道は険しいです。

    わたしたちの期待通りと思われる二丁目の夜レポート・その2、楽しみにしてます♪

    • satokoさん

      気にしちゃうことって、忘れたくても、ずーーーーと思ってしまうんですよね〜。嬉しいことや楽しいことよりも忘れなかったりする・・・。
      satokoさんの仰る通り。
      でも、おかげさまで前向きになりました!!YAY!

  3. メグミさん、こんにちわ!
    僕も18~21まで東京に住んでいて、一度地元沖縄には戻りましたが、また仕事で今名古屋にいて、今回GWは4年ぶりに東京へ遊びに行ってきました!
    それで3日間は2丁目にgayの友達とどっっっぷり遊んできました。
    メグミさん、オカマって奴は、マイノリティ派だからか、女性やよその国の方々を狭い視野で敵対視する醜いオカマも残念ながらいらっしゃいます。
    面白くも無いオカマ口調で、グチュグチュ人を見下すしゃべり・・・。
     せっかくの日本でのゲイ巡り、散々だったみたいで、残念です。
    と、同時につい最近東京にいたので、2丁目で飲めてたらなんて思っちゃいました。
    まあ焦らずゆっくりですね。
    僕もgayなんで、日本のgayの汚いとこも見てきました。
    あまり気になさらないでくださいね。
    もし名古屋にいらっしゃるのであれば、addにメール下さい!
    楽しみにしています。僕も名古屋のgaybarは一度も行った事はありませんので・・・。(笑)
    have a nice day!!

    • fumiさん

      近い将来、名古屋でお会いできたらいいですね〜!
      もちろんニューヨークでも。
      二丁目でも!
      Fumiさんに会う前に体を鍛えて痩せておかなきゃ(汗)

      おやさしいお言葉ありがとうございました!

  4. 若い頃は人に対して露骨に酷い態度で接したこともあります。
    が、年齢を経ると、それも疲れるし、怒りをあらわにした時の自分が可哀想な人間に思えるようになり、心の中で「おいおい」と思っても口にはしないようになりました(まあ、心の中で思ってるのだったら、口に出さなくても「そう思っている」という点では同じかもしれませんが)。

    マスター氏は可哀想な人ですね。
    と同時にそんなFYな人はGTHです(笑)。

    今の菊楽さんのお立場は、ハーフの人が若い時に経験する状況に似てますね。
    自分は何人なの?みたいな。
    私にも米国に住む日本女性の友達が少しいます。
    彼女たちも枕を涙で濡らす日もあるんだろうなとはなんとなく思っていました。

    とにかく、この日は共有できる人が居てよかったですね。
    友は大切です。
    Enjoy Tokyo’s nightlives!

    • megawattさん

      辛さがシェアできる仲間がいたのは良かったです!
      露骨に嫌がられるのも良い経験でした!と今では言えるくらいになりました。

      megawattさんのお友達もきっと枕を涙で濡らしていると思います。
      今夜は涙ではなく、よだれ〜になりそーなので、ほっとしています。失礼しました!

  5. わからーん!ほんとにオーマイガー!!
    何で初めて会った人にそんな態度になれるの〜!?!?
    ある意味商売下手じゃないか〜!
    人を嫌な気にさせてまで、そこまで素直である必要があるのでしょうか?っていうか、何が素直なんかも分かりませんね。

  6. オーマイガー( ̄○ ̄;)
    よっぽどそのマスターさんは強烈なトラウマでもあったのでしょうか?
    きっとそうだ!そうしとこう。←強引
    恵さんは強力ゲイサポーターなのにね(^○^)
    お互い不運な出会いでしたね(p_;)

    コアリズム効果があったら教えてくださいね!

  7. せっかくの2丁目の夜が、残念でしたね。
    昨年の夏にいったときに、仲通りのアドボケイツカフェには
    イケメンの外人ゲイがたくさんいてフレンドリーでしたよ~。
    観光客が多いようですが・・

    日本を楽しんで帰ってくださいね。

    • Coppeさん

      Advocates Cafeにも立ち寄りました。
      盛り上がっていました!
      アメリカ人がいないかと思いましたが、いませんでした。
      アメリカ人と会って同病相憐れむをしたかったのですが・・・(笑)。

  8. 恵さん、日本にいらしてるんですね~!
    二丁目でそんな辛い目にあったなんて・・・。
    でも続きがあるのですよね?期待しております。
    オフ会はないのですか?是非一目お会いしてご挨拶を・・・。
    あ、でもゲイガイズとの時間をもちろん優先して下さいませ(笑)

    • 水無月さん
      なかなかオフ会ができずごめんなさい!
      次回こそは事前に連絡して、オフ会実現させたいと思います!
      八重洲口は今回も通りまして、水無月さんを思い出しました!

  9. 恵さん、
    いやな思いをされましたね。そういうのは忘れてしまうに限ります。
    もし日本でお時間あるようでしたら連絡くださいね〜。 

    • akiさん
      お会いできませんでしたが、またいつか〜お会いできるのを楽しみしています☆ お体気を付けてください!痛みは忘れて、今はネタにしています!

コメントは受け付けていません。